原寸大
クリックするとオリジナルファイルを表示します

PR
評価

星の数未評価0件/0件)

評価の投稿
評価:
名前:
本文(全角換算200文字以内)
この記事はまだ評価されていません。
上のフォームから記事の評価を投稿できます。
題名札幌支部7月勉強会
コメント テーマ『評価としての内部観察を身につける』

・ 認知神経リハビリテーション(NCR)のコースを受けたけど、臨床で実践できない
・ 質問するが、訓練が止まってしまう
など、うまく効果を上げられずに戸惑ったことはありませんか?
この場合、内部観察から訓練を適切に実施てきていない可能性があります。

今回はNCRを学ぶと必ず躓く内部観察について、
認知神経リハビリテーション学会 理事の木村 正剛先生より
内部観察が必要な理由の解説と実践について教えていただきます。

対象者の行為を改変するためにどのような問いを立てればよいか、
病態に合わせて問いを変えるポイントとテクニックについて
わかりやすく解説していただきます。

観察した情報のまとめ方や、整合性のある訓練の組み立て方を知る貴重なチャンスです。
ご興味のある方は友人・同僚お誘いあわせの上お気軽にご参加ください。
当日、皆様と一緒に学べることを楽しみしております。


講師:木村 正剛 先生(北海道立子ども総合医療・療育センター 理学療法士)
日時:平成30年7月10日(火)19:00〜21:00(受付 18:30〜)
会場:医療法人中山会 新札幌パウロ病院
住所:札幌市厚別区厚別東2条6丁目4−1
費用:200円(資料代として)
定員:20名(先着順)
埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

サイズ 960pixel × 720pixel (164 kB)
画像形式 JPEG
All Exif
ヒストグラム
掲示板URL http://bbs12.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=ETCH

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる

前のリスト 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 次のリスト