原寸大
クリックするとオリジナルファイルを表示します

PR
評価

星の数未評価0件/0件)

評価の投稿
評価:
名前:
本文(全角換算200文字以内)
この記事はまだ評価されていません。
上のフォームから記事の評価を投稿できます。
題名札幌支部12月定期勉強会
コメント ※ 12月の札幌支部勉強会は東区民センターで開催します。

テーマ『上肢の認知神経リハビリテーション 〜両手動作の獲得に向けて〜』

今回は上肢の認知神経リハビリテーションのポイントについて解説していただきます。
3月にイタリアで行われたマスターコースのテーマであった両手動作に対する観察・訓練の流れに
ついても説明していただきます。
・ 患側の上肢を使用すると代償動作が出現する
・ 食事をしていると、患側の手はテーブルから落ちてしまう
・ 車椅子を駆動していると、患側の手はタイヤに挟まりそうになる
・ 日常生活を健側の手だけで遂行している
など、上手く行為を行えない場面に遭遇することはありませんか?

日々の生活において両手動作は数多くあります。
一見、片手だけの行為に見えても、反対側の上肢は一方の手の為に、
そして一方の手と目的を共有し、行為を行っているのです。

片手より両手動作の方が難易度が高いからと言ってしまえばそれまでですが、
行為を回復するにあたり両手の関係性を考慮することは無視できません。
そのような対象者に対して両手動作の訓練をどのように組み立てていくか、
症例の動画を見ながら解説していただきます。

イタリアで実践されている最新の情報を知る貴重な機会です。
基礎的な理論の説明から症例・実技も行いますので、初めて参加される方も
お誘いあわせの上、気軽にお越しください。

【勉強会の内容】
1. 上肢の認知神経リハビリテーションのポイント
2. 両手動作の特徴
3. 両手動作の観察・訓練の組み立て方
4. 実技(机上で行いますので、ジャージなどの準備は不要です)

お申し込みはこちらから↓
https://kokucheese.com/event/index/545628/

講師:竹中 準 先生(訪問看護ステーションHAYA 作業療法士)
    時田 美菜子 先生(中村記念病院 作業療法士)
日時:平成30年12月11日(火)19:00〜21:00(受付18:30〜)
会場:札幌市東区民センター 別館村川ビル2階 集会室A
住所:札幌市東区北10条東7丁目 村川ビル 地下鉄 東区役所前駅 4番出口徒歩2分
費用:200円
定員:20名(先着順)
埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

サイズ 960pixel × 720pixel (137 kB)
画像形式 JPEG
All Exif
ヒストグラム
掲示板URL http://bbs12.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=ETCH

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる

前のリスト 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 次のリスト