原寸大
クリックするとオリジナルファイルを表示します

PR
評価

星の数未評価0件/0件)

評価の投稿
評価:
名前:
本文(全角換算200文字以内)
この記事はまだ評価されていません。
上のフォームから記事の評価を投稿できます。
題名函館支部11月勉強会
コメント 函館支部11月勉強会のご案内 

 今回のテーマは『セラピストの思考の手続き』です。
皆さん、観察から訓練の組織化に至るまでの思考の中で行き詰まることはありませんか。
今回は実際の症例を交え、どのように訓練を組み立てていくかお話させていただきます。

例えば腱板断裂の術後の患者様で、腕を重く感じる方や上肢の動きに対する肩甲帯や体幹の代償動作について訓練をどのように組み立てればよいか臨床で悩んだことのある方も多いのではないでしょうか。肩の疾患と聞くと円軌道を用いた訓練をすぐにイメージする方も多いかもしれません。しかし、「肩の疾患=円軌道」での訓練と捉えるのではなく、その患者様の思考をしっかり捉え学習可能性を推測した上で、セラピストが何を教えたいのかを踏まえた訓練が大切です。場合によっては円軌道が有効なときもあれば、移動軸不安定板が有効なときなど様々な可能性があるかと思います。
認知神経リハビリテーションでは行為をシステムと捉え、アプローチ可能な状況まで細分化します。細分化するためには、その患者様が身体部位をどのように感じているかが非常に重要で、訓練ではその“感じ”がどのように変化すればよいかが鍵となります。どのように訓練を進めれば良いのか、日々の臨床で悩むことも多いかと思います。今回の勉強会を通じて、皆様と理解を深めていければ幸いです。
初学の方の参加も大歓迎です。皆様の参加をお待ちしております。

【テーマ】
『セラピストの思考の手続き』
講師:渡邉友章氏(社会医療法人仁生会 西堀病院 理学療法士)  
■開催日時:平成30年11月19日(月曜日)
      18時30分から1.5時間程度
■場所:西堀病院 リハビリ室
■駐車場:無料 
■参加費:200円 (資料代として)
■定員:20名 完全先着順です
お早目にお申込み下さい。
■締切:平成30年11月18日(日曜日) 19:00

■申し込み方法
https://kokucheese.com/event/index/544271/
※上記URLよりお申込み下さい。
埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

サイズ 1280pixel × 720pixel (175 kB)
画像形式 JPEG
All Exif
ヒストグラム
掲示板URL http://bbs12.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=ETCH

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる

前のリスト 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 次のリスト