原寸大
クリックするとオリジナルファイルを表示します

PR
評価

星の数未評価0件/0件)

評価の投稿
評価:
名前:
本文(全角換算200文字以内)
この記事はまだ評価されていません。
上のフォームから記事の評価を投稿できます。
題名札幌支部11月勉強会開催報告!!
コメント 11月17日に札幌支部勉強会「効果が変わる!知っておきたい3つのポイント〜明日から使える認知神経リハビリテーション士の視点と工夫〜」を開催しました。

今月の勉強会では札幌支部長である高見宏祥先生と私、横山航太の2名の講師がそれぞれ講義を行うという初めてスタイルを導入しました。

高見先生からは病態仮説から訓練の選択までの話をしていただき、認知神経リハビリテーションにおけるシステムアプローチの基本的な流れや機能システムに基づいた観察の仕方、訓練の構築の仕方などを実技も交えて詳しく説明していただきました。

私からは、2名の症例を提示して注意の使い方や運動イメージの使い方についてのポイントを解説させていただきました。

今回のテーマでもある3つのポイントですが、札幌支部の勉強会でも「基礎理論」、「臨床場面」、「実技演習」という3つの柱を常に意識しながら全てをバランスよく受講生の方々に学んでいただけるように日頃から心がけています。

参加して下さった受講生の方々が3つのポイントを臨床の中で取り入れて、患者様の回復のための一助となれば幸いです。
埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

サイズ 960pixel × 720pixel (244 kB)
画像形式 JPEG
All Exif
ヒストグラム
掲示板URL http://bbs12.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=ETCH

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる

前のリスト 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 次のリスト