window
トップページ > 記事閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加
* 黒の伝説re:write第6話

日時: 2020/02/19(水) 12:41:38 メンテ
名前: REO=カジワラ
参照: https://www.pixiv.net/member.php?id=7098022

第6話です。
ルール無用。

それではどうぞ。

『パシフィックリム(1作目)』見ました!
序盤から中盤にかけて中だるみを感じたモノも、
ロボットアクションは圧巻でしたね!!
戦い始めてからは息を飲みまくりでした!!
コイツァ、すげぇーッ!!
 
Page: [1]
* Re: 黒の伝説re:write第6話 ( No.1 )
日時: 2020/02/19(水) 12:44:05 メンテ
名前: REO=カジワラ
参照: https://www.pixiv.net/member.php?id=7098022




失われていくモノがある。

武道で言うなら…。

『危険な技』。

相手のその後の人生なんて、
知ったこっちゃない。

後遺症が残る技。


または…。


死に至る技である。


こう言った技は廃れていく。


何故なら、競技人口が減るからである。


後遺症が残っては、

競技を続けられない。

死んだらもう出来ない。


故に…。


こう言った技は無くなって行くのである。


尖(とが)り過ぎた牙はもがれるのだ。


そして、ここに…。


スポーツの中で『廃れた“技”』があった…ッ。


昭和の時代ッ!高校野球にてッ!!

歴代最高の高校言われる高校が在り…ッ!!


 そ

 れ

 は

 !


“ドカベン”「山田太郎」、

“男・岩鬼”「岩鬼正美」を始めとする、

超高校級の選手を擁(よう)した最強校『 明 訓 高 校 』であるッ!!


その最大のライバルとして一つ挙げるなら…。

“球道くん”「中西球道」擁する『青田高校』?

“灼熱の男”「不知火守」擁する『白新高校』?


私はこの高校を挙げたいと思う。


曰く!“殺人野球”『土佐丸高校』であるッ!!


殺人野球。

それは…!

ルールの際どいトコロをついた『ラフプレイ』…ッ!!


危険なスライディング。

頭部を狙った投球。

捕手殺しのタックル。


限界ギリギリ。

危険、故に有効な“技”の数々…ッ!!


「土佐丸高校」は、「明訓高校」相手に、

“殺人野球”にて、幾度となく高い壁となり、

“激戦”を繰り広げていった…ッ!!


しかし、時代が移り変わる事によって、

そう言った“技”は『禁じ手』とされていった…。


スポーツ精神に反する行為であるし…。

中には大怪我を負うケースもあるからだ…。


そうして“殺人野球”は歴史の遺物となって行ったのだ…。


 そ

 う

 !


この男を除いては…ッ!!

それは…。
野球のユニフォームを着た
小柄な男であった。

ボサボサの長髪。
右目に眼帯を付けている。
左目の下には隈(くま)が出来ており…。

一本の出っ歯。
怪しくも嗤(わら)うニヤケ面(づら)。

おおよそ、スポーツマンと言えない、
狂気に満ちたその風貌。

その男は笑みを浮かべながらこう語る。


「キヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒ…。」

「俺(おりゃ)あよぉ…。」

「犬鳴 了(いぬなき りょう)ってぇ言うんだっちゃ…。」


「今は無き遺物される『殺人野球』の申し子よぉ…。」


「ベェスボォルじゃよぉ。

『殺人野球』を使えねぇんだもんだから、

“実戦”で『殺人野球』を使い続ける…、

 まぁ『 狂 人 』だわなぁ、キヒ♪」


「今回、ORGOGLIO(オルゴーリョ)の

 トーナメントに呼ばれた訳だがよぉ。」

「俺(おりゃ)あ、行儀が悪(わり)ぃからなぁ。」

「一体どうなるか…。」

「まぁ…。それがORGOGLIOの狙いのようだがなぁ…♪」


「キヒヒヒヒ ヒ ヒ ヒ ヒ ヒ ヒ  ヒ  ♪  」




    ・
    ・
    ・
    ・

    ・

    ・


    ・





・・・・




○クロガネの賛歌 亜種 『黒の伝説re:write』



 第 6 話 「 ル ー ル 無 用 」


 原案・手拭
 筆者・REO=カジワラ




・・・・
* Re: 黒の伝説re:write第6話 ( No.2 )
日時: 2020/02/19(水) 12:48:13 メンテ
名前: REO=カジワラ
参照: https://www.pixiv.net/member.php?id=7098022







○日本 人工島 “ORGOGLIO(オルゴーリョ)ドーム”『控え室』


俺の名は『ワックス・ワイズ』。
偽名だ。

アルファベットの最後の四文字…。
wxyzを名前風にしただけの事…。

そう。名を隠す理由がある。
俺は覆面レスラー。

ギミックは…。

『 忍 者 』。


忍者さながらのアクロバティックなムーヴで、

客を沸かすのがお仕事なのさ。


アクロバティックな動きは、
『カポエイラ』をやっていたから、
お手の物だし…。

忍者としてのダークな部分。
反則技も元々闇レスラーだったから、
むしろ得意だってモンだ。

え?カポエイラって何かって??
足技を中心とする、ダンスに近い格闘技。
とでも、頭に入れといてくれや。


それはともかく…。

“カポエイラ”

“反則技”

この2点で、そろそろ気付く者も、
いるんじゃあないか?

そう…。俺は…ッ。

『マスク・ド・サンキストの一族』

の者だ。


〇マスク・ド・サンキストの一族

『オーレンジな覆面』を常に身に着けている謎の格闘家集団。
元々は世界中の裏社会に生きる、総勢数万人のカポエイリスタの一族であったが、
地下プロレスラーとして活動していた『一族の男』がオーレンジな覆面を被り、
カポエイラ+反則攻撃を行ったトコロ、地下プロレスファンのハートを鷲掴み。

以来、鍛え抜かれた一族の男達はこの『オーレンジな覆面』を被り、
『マスク・ド・サンキスト“○○○”』と名乗り、
地下プロレスの一大ムーヴとなった。

それが…。あの日。40年前日本。
地下プロレスリングに現れた新人(グリーンボーイ)。

人型に巨岩を削ったが如くの体躯を持ったそのレスラー。
名を。『ジ・ハンドレッド』…ッ!!

そう。ORGOGLIOトーナメント出場した、
“大蛇(おろち)流のデンジャラスライオン”
カロ籐清登(かろとう きよと)の師。

大蛇流空手の総帥…。
“人喰い大蛇”大蛇毒砲(おろち どっぽ)と、
引き分けた『地下プロレスの王者』である。

その王者の初死合がこの『マスク・ド・サンキストの一族の男』…ッ!!

『 初 代 マ ス ク ・ ド ・ サ ン キ ス ト 』であったのだ…ッ!!


圧倒的な強さで持って、

初代マスク・ド・サンキストを殺した、

『ジ・ハンドレッド』…ッ!!


その日から『サンキスト一族の復讐の日々』が始まったのだ!!


サンキスト“ブロス”。
サンキスト“ゾンビ”。
サンキスト“フロリダ”。
サンキスト“チャイナ”。
サンキスト“愛媛”。
サンキスト“フロリダセカン”。
サンキスト“イヤミDaシェー”。

etcetc…。


皆、地下プロレスのリングで、
ジ・ハンドレッドに挑んでいった。

そして地下プロレスのリングで死んでいった。

そうして、恨みを募らせていき…。

あの日。


『地下プロレス最期の日』。


非合法で行われていた日本地下プロレスに『公務の機関』が介入。
そのまま日本地下プロレスは、解散される事になってしまったのだ。

そして、ジ・ハンドレッドの行方は解らなくなった…。

それでも尚…ッ。
マスク・ド・サンキストの一族は探し続けたッ。

ジ・ハンドレッドをッ!!


恨みを晴らすッ!!

そ の 為 に ッ ! !


そうしてついに見つけたのが、
アフリカ南部の新興国家『レゼルヴェ国・支配者』…ッ!
『耐撃(たいげき)の百文字(ひゃくもんじ)』である訳だが、
今この時、ワックス・ワイズはそれを知らないモノとする…。


  ・
  ・
  ・
  ・

  ・

  ・


  ・



ワックスは思い返す。

俺の父、マスク・ド・サンキスト“エックス”は、
地下プロレスの王者『ジ・ハンドレッド』に殺された。

父はこう言った。

「そこにリングがあり。

 そこに恨むべき相手が居るのなら…。

 俺はリングに上がるッ!!」


「見ているのだ息子よ…ッ!!」


「最高の“ショー”を見せてやろうではないか!!」



ってな。

だが父は、ほぼ何も出来ずに死んだ。


そうして俺はジ・ハンドレッドの恨みに、

“父の仇”をも秘めて修練に励む事になった。


しかし…。

時は流れ、ジ・ハンドレッドは行方不明になった。


仮に見つけたとしても、

それは『リング外で戦う事』と、

なるだろう…。


キストキストキスト(笑い声)。


リングに咲く事無く、

裏の世界で暗殺業務…。


そう言う生き方もある。

そう言う生き方もあると思うが…。

だがなぁ…。

だがなぁ…ッ。


 だ

 が

 な

 ぁ

 !


俺は『レスラー』だ!!

復讐者である前に『レスラー』なのだ!!


『レスラーならば“リング”にこだわるッ!!』


そうして、俺は3年前に失踪(しっそう)したッ。

リングに上がるッ!

その為になぁッ!!


そして、俺は…。

一族の追っ手に見つからない為…。

偽名を使い、違う覆面を被り、

更にはマイナープロレス団体を、

渡り歩いて、生計を立てていった。


最初はリングに上がれるだけで満足だった。

恋て焦がれたリングの上。

その上で注目されるだけで良かった。


だが…。

人間、『欲』ってモンが出る。


ライジングプロレスの『ゴリアテ威場(いば)』や、

新世紀プロレスの『ドラゴンマスク』とかと、

熱いプロレスをやって…ッ!


観客達を“派手に沸かしたい”んだよ…ッ!!


こんなマイナーな団体でだけで!

やってくなんて満足出来ねぇ!!


そう…。

思っている時に…。


俺は『ORGOGLIO(オルゴーリョ)のトーナメント』に呼ばれたのさ。


こんなマイナーな俺にメジャー団体が?

そうも思ったが…。


 な

 る

 ほ

 ど


ちょっと役目が『特殊』って訳だ。


 だ

 が


出来ない事も無いだろう。


相手は『犬鳴 了(いぬなき りょう)』か…。

聞かない名前だ。実戦で磨かれたらしいが、

流儀の『殺人野球』ってのも謎だ。

だが、何にせよ、俺は俺の仕事をするまでだ。


痛い目見ると思うが、堪忍(かんにん)だぜ、犬鳴さんよぉ。


そうして俺は闘技場へ向かった。


お仕事をする。

その為にな…♪





・・・・
* Re: 黒の伝説re:write第6話 ( No.3 )
日時: 2020/02/19(水) 12:50:23 メンテ
名前: REO=カジワラ
参照: https://www.pixiv.net/member.php?id=7098022






○日本 人工島 “ORGOGLIO(オルゴーリョ)ドーム”『闘技場』


向かい合うは2機!

1機は犬鳴了の機体。
その名「犬隻眼(いぬせきがん)」

土佐丸高校のユニフォームに、
手を隠すように、だらしなく伸びた袖。
右目を隠す眼帯に、野球帽姿。

機体の大きさは小柄だ。
力こそ通常タイプに劣るモノも、
速度は折り紙付き。
そう言ったタイプの機体である。

観客達はどよめいている。
流儀『殺人野球』。
実戦で磨かれたとの事だが、
一体どういうタイプの戦法なのか…?

全ては謎である。


対するに1機。
ワックス・ワイズの機体。
その名「ニンジャ・レスラー」。

口元が開いた覆面姿に、
赤を基調としたその姿。

どことなく、
主に平成において活躍した、
グレート・ムタを彷彿させる。


ワックス。

「ここは一つ沸かすかね。」


ニンジャ・レスラーは両手それぞれの指を狼型

(影絵の「キツネ」を作り、その鼻に当たる部分を尖らせる)を作る。

それを同時に自らの唇に当てる。

その後、狼型を保持したまま、両腕を同時に上方へ高く上げ…ッ。


「 O R G O G L I O L O V E ッ ! ! 」


と、叫ぶ、ワックス!!


ドワァァァアアアアア〜〜〜〜〜!!


観客は沸く!!


グレート・ムタを彷彿させるワックスが、

グレート・ムタの正体「武藤 敬司(むとう けいじ)」の

ポージングを行った!!


これはウケる!

ウケざるを得ない!!


「「ワックス!ワイズ!!」」

「「ワックス!ワイズ!!!」」

「「ワックス!ワイズ!!!!」」

「「ワックス!ワイズ!!!!!」」


ワックスは恍惚(こうこつ)を覚える。


(ああ…これだ。)

(これがあるから、レスラーは辞められねぇ。)


犬鳴は…。


「キヒィー!!」


その隙を逃さなかったッ!!





・・・・





犬隻眼の左拳が、

ニンジャ・レスラーの顔面に迫る!!


ワックスは思考する。

おいおい。

まだ、銅鑼(ゴング)は、

鳴ってねぇぜ?


不意打ちもプロレスの内だが、

コイツは実戦派だからな…。


一応防御を…。


「なッ!?」


ワックスは驚愕するッ!!





・・・・





「キヒヒヒ…!」

犬鳴は不敵に嗤(わら)う…ッ!


犬隻眼(おりゃ)あのよぉ。

この袖(アンダーシャツ)はのぉ。

伸縮自在に改造してるのよぉ〜。


伸びた袖が急激に伸縮するとよぉ。

目の錯覚が働き、

『腕が伸びた』ように見えるんだっちゃ。


「初弾イタダキじゃけぇのぉ〜!!」


ガヅッ!!


鈍い音が闘技場に響いたッ!!





・・・・
* Re: 黒の伝説re:write第6話 ( No.4 )
日時: 2020/02/19(水) 12:52:38 メンテ
名前: REO=カジワラ
参照: https://www.pixiv.net/member.php?id=7098022






ニンジャ・レスラーは、

犬隻眼の左拳を顔面に被弾した!!


ワックスは舌を巻くも…ッ。


くぅ!イテェ!!

だが、軽いな犬鳴さんよぉ!!

あんたの機体は小柄!

一撃一撃は軽いってモンよ!!


お!更に攻撃かい??


今度は袖を手が隠れるぐらい

伸ばしているな。

だが、しっかり防御すれば、

大きなダメージは無い!


まずは犬隻眼の速度を見切り、

そこから反撃と行こうじゃあないかい!!


どりゃ、まず一撃!!

 ッ

 ッ


「 グ ギ ィ ! ? 」


ワックスはうめき声挙げた!!





・・・・





「ヒキャアー!!」

犬隻眼は左拳で鉄槌(てっつい)を形作り、

何度もニンジャ・レスラーに叩きつける!!


犬鳴は薄ら笑みを浮かべる。


キヒヒヒヒヒヒヒヒヒ!

袖(アンダーシャツ)を伸ばしたのはよぉ。

鉄球を隠す為じゃけんのぉ。


先に素拳で殴っとるけぇ、

素手だと思わしちょるから、

まさか鉄球を握っとるたあ、

思っちゃねぇだろぉしよぉ〜。


ORGOGLIO(ここ)のルール的にも、

持ってるたぁ思わせないトコに

意味があるってぇモンだっちゃ。


このままいたぶるぜぇ〜ええ!!


 そ

 の

 時

 で

 あ

 っ

 た


「キヒ!?」


犬鳴は呆気(あっけ)にとられた!!





・・・・





ブッッシャァァアアアアアア!!!!


毒霧だァーッ!!

オレンジ色の毒霧を吐いたァー!!


ワックスは、ほくそ笑む!!


出来れば…。

もっと客を沸かしてからに、

したかったんだがなあ。


アンタの攻撃効き過ぎだよ、犬鳴さん。


これじゃあもう『お仕事』をするっきゃあない。


 そ

 う


俺のお仕事。

それは…ッ。


『相手を反則技で倒し、両者失格になる事』。


“リザーバー”に『ビッグネーム』が居るらしくてな。


その“サプライズ”をしたいんだとよ。


プロレスラーは沸かせてナンボ。

ガチの試合で、毒霧の反則。


その後カポエイラの蹴り技で、

相手をKO(ノックアウト)。


試合続行は不可能。

反則負けを告げられる俺。


そして、リザーバーが出場…と言う流れさ。

う〜ん完璧じゃあねぇか。


プロレスラーの俺だから出来る沸かせ方ってぇモンだ。



「キ!キヒ!?」


お、犬隻眼が顔面を手で押さえて、もがいてら。

見えねぇだろう?何せ蛍光塗料。

拭っても取れるモンじゃあない。


ほんじゃま…!


カッコ良く決めますか!!


 ッ

 ッ


土下座をするように大地に手を付いてッ!

そのまま、地面から『 強烈な遠心力 』を用いて相手を蹴り抜けるッ!!


『 カポエイラ 最大の必殺蹴撃 ッッ!!! 』

  ッ

  ッ


そ の 名 も !


『 メ イ ア ・ ル ー ア ・ ジ ・ コ ン パ ッ ソ (直訳は「コンパス蹴り」)! ! 』


こぉぉぉおおお〜〜〜〜〜〜〜れぇでぇええええええ!!!


顔面蹴り飛ばしてやんぜ、犬鳴了ォォオオオオオオオオオオオ!!


喰らいやがれ、片目犬野郎がぁぁあああああああ あ あ あ あ あ あ あ あ ! ! !


「あ?」


ワックスは目論見(もくろみ)が外れた…ッ!!





・・・・
* Re: 黒の伝説re:write第6話 ( No.5 )
日時: 2020/02/19(水) 12:55:30 メンテ
名前: REO=カジワラ
参照: https://www.pixiv.net/member.php?id=7098022






犬鳴は動じていなかった。


キヒ♪やるじゃないけぇ…!!

こりゃあよぉおお〜〜。

“仕事”をもっと気ぃ入れて、

やらにゃあいかんけんのぉ〜おお!!


 そ

 う

 よ

 !


俺(おりゃ)あの仕事は、反則負け。

戦場仕込みの殺人野球で暴れて、

勝ったトコロで、鉄球をボトリと落とす。


コイツ、道具を使っていた。

そんで反則負けってぇ寸法だったのよ。


リザーバーを出す為たぁ何だか言っちょったが、

結局のトコ、いつも通りに暴れりゃあ良いってぇ、

受け取ったのよぉ。


それが、このレスラー…。

毒霧(こんなモン)吹き付けてくるたぁよぉ。

侮り難しと言ったトコじゃけんのぉ〜。


 だ

 が

 よ

 ぉ


俺(おりゃ)あよぅ。

右目に眼帯してるんだけどよぉ。

実はこれ『見える』んだっちゃ…♪


相手を油断させる為に付けてるんじゃけ…ッ。


眼帯に、毒霧がくっついたけどよぅ。

外しさえすればよぉ…!!


 ッ

 ッ


丸見えなんだっちゃよぉぉおお お お お お お ! !


 ッ

 ッ


俺(おりゃ)あにアクロバティックな蹴り放っとるけぇ!!

じゃけんど、顔面ッ!


がら空きじゃけぇぇえええええ え え え え え え え ! !


 ッ

 ッ


ズサァァァアアアアア!!


 ッ

 ッ


殺人野球が常套手段ッ!!


スライディングタックルじゃけぇぇええええ え え え え え え え え ! !


 ッ

 ッ


犬隻眼は逆立ち気味のニンジャ・レスラーの顔面目掛け、

スライディングタックルを放ったッ!!





・・・・





ワックスは驚愕する!

馬鹿な!眼帯を外しただと!?

馬鹿な!見えているのか!?

馬鹿な!スライディングタックルだと!?

馬鹿な!俺の顔面目掛けてぇええええええ!!?


 グ

 シ

 ャ

 ア

 !


ニンジャ・レスラーの顔面に、

犬隻眼の左足裏が叩き込まれた!!


 巻

 き

 起

 こ

 る

 は

 !


「いぎゃぁぁぁああああ あ あ あ あ あ あ あ ! ! 」


激痛ッ!!





・・・・




犬鳴は勝利を確信し…!


キヒヒ♪仰向けで顔面を押さえ、もがいちょるのぉ〜♪♪


このままじゃあ、普通に勝っちまうけぇ…!!


確実に…!!


 負

 け

 る

 だ

 っ

 ち

 ゃ

 !


犬鳴は叫びながら鉄球を放る!!


「死神ボォォオオオ オ オ オ オ オ オ オ ル ! ! 」





・・・・




ワックスは激痛に悶える!!


顔が!顔がイテぇえええ!?

痛みに強いプロレスラーと言えど…ッ!

相手の視界を奪い無防備と思っている中からの反撃は…ッ!!


効き過ぎる!

効き過ぎる!!

効き過ぎるゥーッ!?


そうした痛みの中…!!

更なる鈍痛ゥ!!


 ギ

 ン

 !


犬隻眼が放り投げた鉄球が、

ニンジャ・レスラーの股間に命中!!

 そ

 し

 て

 !


ワックスの金玉はこの上無い程の痛みの渦の中に…ッ!!



「ィィイイイ〜〜〜〜〜〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 ! ! ?  」





・・・・




犬鳴は勝ち誇る…ッ!

「キヒヒヒヒヒヒヒヒヒ…♪」

「そいつぁよぉ。」

「『死神ボール』って言うんじゃけぇ。」


犬鳴は続ける。


「殺人野球の奥義みたいなモノでよぉ。」

「当たった時は平気でもよぅ、

 時間が経過するごとに痛みが増してくる

 ま、地獄みてぇな死球だっちゃ。」

「もっとも。金玉に当たったんじゃけ。

 初めからイテェだっちゃなぁ♪キヒヒ♪♪」


そして犬鳴はこう言い放つ。


「試合は両者反則負けの『無効試合』じゃろうけぇ。」

「邪魔したのぉ、レスラー。そして皆の衆。」


「キヒヒヒヒ ヒ ヒ ヒ ヒ ヒ ヒ  ヒ  ♪  」


 ・
 ・
 ・

 ・

 ・


ORGOGLIO最大トーナメント 第五試合

『犬鳴了』

 殺人野球

 乗機『犬隻眼』

 VS

『ワックス・ワイズ』

 ニンジャレスリング

 乗機『ニンジャ・レスラー』


結果:『両者反則負けの為“無効試合”』








* Re: 黒の伝説re:write第6話 ( No.6 )
日時: 2020/02/19(水) 12:58:47 メンテ
名前: REO=カジワラ
参照: https://www.pixiv.net/member.php?id=7098022

ーーーーーー





 ・・・続く。




* Re: 黒の伝説re:write第6話 ( No.7 )
日時: 2020/02/20(木) 19:32:51 メンテ
名前: 春休戦

今回は一種のエキシビションマッチなんだなぁー。多分、常連は無効試合を読んでいそう。(w
互いへ反則指令を出して確実な無効試合を狙うとは、流石ORGOGLIO、やり口が汚い。(www

まぁ両選手とも納得の上で反則負けを選んでるから、その件に関してはWIN-WINか。
逆に言えば、使い捨ての一発屋じゃなくてそういうヒールだって扱いで出番は確保されてるのね。

で、試合は同じ反則技使い同士でも、まず反則ありきの犬鳴とまずレスラーありきのワックスでは
反則の引き出し量で犬鳴が上だったかー。どちらもまぁ、別のトコでも出番があると面白そうな
2人なので、まずはワックスが復帰できる程度の負傷で済んでる事を祈っておきますか。(w
* Re: 黒の伝説re:write第6話 ( No.8 )
日時: 2020/02/21(金) 12:50:50 メンテ
名前: REO=カジワラ
参照: https://www.pixiv.net/member.php?id=7098022

>>春休戦さん
いわゆる出来レースってヤツですね。手拭さんの原案にも両者失格とあったので、
選手の出で立ちをアレンジして、こんな形の試合になりました。

常連は無効試合読んでそうですねー。私が数十年前に、プロレスを観に行った時、
前に座ってる人とその友達とで
「この試合、トーナメントだけど、
 ○○は翌日に他団体の試合組まれてるから
 負けると思うんですよね。」
とか話していたので、常連となると、ある程度どんな展開になるかは、
読めちゃうモノなのだなと思いました。まぁORGOGLIOにはガチの要素があるので、
全部が全部読めるって訳じゃないだろうけど、ある程度、強いの弱いの怪しいのの区別がつき、
結果もまた読めちゃうのかも知れませんね。そう言った中で番狂わせがあるのがまた熱い訳だし。

互いへ反則指令出すの、確かにやり口が汚いww
犬鳴もワックスも、まさか相手も反則負けのつもりだって思って無い訳でw
でも言うように、どっちも納得の上で反則負けを選んでいるので、
やはりWIN-WINだと思いますね。これも言うように使い捨ての一発屋じゃなく、
そう言うヒールって扱いで出番確保されてるのはWIN-WINの関係だと思います。

さて、試合内容。
書いてる時、どっちも反則負けになる事を意識して書いたのですが、
ワックス、あんまり活躍しなかったですねぇ。サンキスト属性が悪かったか!?
策に嵌めたと思って実は…!と言うのは、伝統的なサンキストの負け方だしw
もうちょい、読めない試合にしたかったですね。まぁ反則ありきの犬鳴の方が
レスラーありきのワックスより強いのはリアリティのある結果だったと思いますが。

今後の出番はどうでしょう?一応、トーナメントが終わった後は、
各選手の後日談を簡単に入れていきたいなと思っていますね。
更にその後を書くかはまだ未定ですが、まぁワックスの負傷の事は書いて良いかな。
ワックスの負傷は、3ヶ月は痛みは続きますが、回復する負傷ではあります。
犬鳴の元ネタの犬神了の死神ボールもそのくらいの効き目があったので、
それに準じた効能がある予定です。ワックスは復帰可能です。ご安心をばー。
Page: [1]
 
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP
題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
添付FILE 文章合計600Kbyteまで
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

※必須
画像認証
     (画像の数字を入力)

   クッキー保存