window
トップページ > 記事閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加
* ショートストーリー 最終話

日時: 2017/10/27(金) 06:13:26 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022

最終話です。
百文字の休日。

それではどうぞ。
 
Page: [1]
* Re: ショートストーリー 最終話 ( No.1 )
日時: 2017/10/27(金) 06:14:11 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022




○現在 レゼルヴェ国 百文字宅 居間


休日である。

緊張感、漂(ただよ)う戦争中ではあるが…。


アフリカ南部に駐在していた、

ボギヂオ部隊が撤退をした事により、

少々ではあるが余裕が出来たのだ。


その為、今日と言う日を休日にあててみた。


「ハンドレッド。」

「ビスケットカデンツが始まるわよ。」


妻のレディ(・ミィラ)が呼ぶ。


そう。ワシは…!

『耐撃の百文字(たいげき の ひゃくもんじ)』!!

サイボーグにして、レゼルヴェ国の支配者(オサ)であり…!


超巨大ロボット『ギガント28号』と共に、

外宇宙からの侵略者『アムステラ神聖帝国』と、

戦争を繰り広げる者である!!



      ・
      ・
      ・
      ・

      ・

      ・


      ・





・・・・




○超鋼戦機カラクリオー外伝

 クロガネの賛歌 第8.5章 ー ショートストーリー ー



 最 終 話 「 百 文 字 の 休 日 」






・・・・
* Re: ショートストーリー 最終話 ( No.2 )
日時: 2017/10/27(金) 06:15:10 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022






☆ビスケットカデンツ主題歌


『 ジャガってしまえ 』


 なやみを、かかえてしまったら

 そこでたちどまらず

 いっぽふみだしてみよう


 きりむすぶ

 たちのしたこそ

 じごくなれ


 ふみこみ

 みれば

 あとはごくらく


 かべなんて

 ジャガってしまえ

 じんせいとは

 ゆうきのさんか


 ビスケッケッ ビスケッケッ

 ビスケットットッ カッデンツ


 ビスケッケッ ビスケッケッ

 ビスケットットッ カッデンツ





・・・・





ワシ。

「この『ジャガってしまえ』を聴く度思うのだが。」


レディ。

「なぁに、ハンドレッド?」


ワシ。

「この歌には『それいけアンパンマン』の歌詞に通じるモノがあると思うのだ。」


レディ。

「そうね。どっちの歌も幼児番組でありながら、人生をテーマにしているものね。」


ワシ。

「ビスケットカデンツが根強い人気を持つ一因であろうな。」

「ジークに目が行きがちだが、このような一面も持っている。」


レディ。

「ハンドレッド。『ジークチャレンジ』が始まるわよ。」


ワシ。

「此度(こたび)は何にチャレンジするか?ジークよ…!」





・・・・
* Re: ショートストーリー 最終話 ( No.3 )
日時: 2017/10/27(金) 06:16:12 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022






TVに集中するワシ等。

此度、ジークがチャレンジするのは…!


『 プ ロ レ ス 』ッ ! !


ゲストとして最近ブイブイ言わせているプロレスラー、

『 ン ー ・ ダ ム ン マ 』ッ ! !


がッ!

登場するッ!!



ダムンマはこう言う。

「ヘイ!ジーク!!」

「この人気プロレスラー、

 ンー・ダムンマ様が出演してやってるんだ!!」

「しょぼい事すんなよ、この兎野郎!!」


ジーク。

「人は兎には勝てない…。」

「太気拳もコマンドサンボもやってない兎にだ。」


ダムンマ。

「俺は勝てるなぁぁぁあああああああ〜〜〜〜〜!!」

「プロレスラーってのはなぁ!『超人』なんだよ!!」

「俺にかかりゃあ“拳王”『李白鳳』だって片手で5分だぜ!!」


ジーク。

「エフッエフッエフッ。」


ダムンマ。

「何だぁ〜?咳き込んでるのかぁ〜??」


ジーク。

「嗤(わら)ったんだピョン。」


ダムンマ。

「嗤っただとう!この兎!!」

「この超人様に対して、馬鹿にしてるのかぁ〜ん??」


ジーク。

「超人様なら、ファミレスでだべってろだピョン。」


ダムンマ。

「俺はスペシャルマンやプリプリマンじゃねぇんだよ!!」

「控え目に言っても、ロビンマスクだ!!コーホー!!!」


ジーク。

「馬鹿が。コーホーは、ウォーズマンだピョン。」


ダムンマ。

「う・うっせぇ!うっせぇぞ、コラァ!!」

「し・知ってんだよコラァ!!やんのかおい!!」


ジーク。

「その為の『ジークチャレンジ』だピョン。」

「『プロレス』。体験させてもらうだピョン。」


ダムンマ。

「へ…へへ。そうだなぁ〜〜〜。」

「リング。上がれよ。この兎野郎。」


  ダ

  ン

  !


ジークとダムンマ!

共にリングに上がる!!


ダムンマ。

「さぁて。子供達に大人気なジークくんが…!」

「“超人”ンー・ダムンマ様の前に悲鳴を挙げる様をご披露しちゃおうかね!!」


  カ

  ァ

  ン

  !


ゴングが鳴った!!


  ダ

  ゥ

  ン

  !


跳んだ!

ダムンマが跳んだ!!


  そ

  し

  て

  !


ダムンマ!

「“必尻(ひっけつ)ッ!”ダイナマイト・ヒップ・アタックーッ!!」


  ッ

  ッ


ダムンマの必殺技である!!


  ッ

  ッ


ドッッッッッグシャァァァァアアアアアアアアア〜〜〜〜〜!!


  ッ

  ッ


ダムンマのヒップ・アタックが!

ジークの顔面にHITするッ!!


  し

  か

  し

  !


ジーク。

「遊戯(ゆうぎ)に等しい。」

「これでは『プロレスの受け』を見せられない。」


  ッ

  ッ


ジークは微動だにしない!!


  ッ

  ッ


ダムンマ。

「え…?ええ…??」


  ッ

  ッ


ダムンマは冷や汗をかく…!


  ッ

  ッ


ジークは。


  パ

  ン

  パ

  ン

  !


己の頬(ほお)を叩き。


「ここを殴るんだピョン。」


と、挑発する!!


  ッ

  ッ


ダムンマは…!

「オ・オキャァァァァアアアアアアアア!!」


  ッ

  ッ


絶叫をするように叫び声を挙げ!!


  ッ

  ッ


ドッッッッッガアアアァァァァアアアアアアアアア〜〜〜〜〜!!


  ッ

  ッ


ダムンマのグーパンチが!

ジークの頬にHITするッ!!


  ッ

  ッ


ジークはピクリとも動かずに。

「君はつまらん。」


  ッ

  ッ


と言い放ち…!!


  ガ

  シ

  ィ

  !


ジークはダムンマの両肩を掴む。

そ  し  て  !  !


      ッ

      ッ


   ゴ” キ” ュ” ッ ッ ! ! ! ( ジ ャ ガ っ た ッ ッ ! ! ! )



   ゴ” キ” ュ” ッ ッ ! ! ! ( ジ ャ ガ っ た ッ ッ ! ! ! )



ゴ” ッッッ  キ” ュ”ウ”ウ”ウ”ウ”ゥゥ ウ ウ ウ ッ ッ ! ! ! ( ジ ャ ガ っ た ァ ァアア ア ア ッ ッ ! ! ! )




 ジークは、その豪力にて!


 ダ ム ン マ を !

 『 ジ グ ザ ク に、 押 し 潰 し た 』の で あ る ッ ッ ! ! !


  ッ

  ッ


ダムンマは…!

「ほぎぃ…。ほぎぎぃ…。」

と呻(うめ)く。


  ッ

  ッ


ジークは言い放つ!

「今考えていることの逆が正解だ。でもそれは大きなミステイク。」


  ッ

  ッ


「 私 が ア ン チ ェ イ ン だ ! ! 」


  ッ

  ッ


そう言うとジークは…!


『これ見よがしの逆三角形』を見せつける…!


此度の『ジークチャレンジ』も大成功であった!!





・・・・
* Re: ショートストーリー 最終話 ( No.4 )
日時: 2017/10/27(金) 06:18:28 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022






ワシ。

「うぅむ、見事。」

「さすがはジークである。」


レディ。

「伊達にハンドレッドと互角のパワーを持っていないわね。」

「ちょっと、昔(地下プロレス時代)を思い出しちゃったわ。」


ワシ。

「うむ。ワシも昔(地下プロレス時代)を思い出した。」

「あの時は互いにガムシャラであったな。」


レディ。

「今も大概ガムシャラだけどね。」


ワシ。

「フッフフ。そうであるな。」


などと歓談(かんだん)をしながら、

ビスケットカデンツを視聴し続け…。


歌のおねーさん。

「それじゃあ皆♪まったねぇ〜〜〜〜♪♪」


ジーク。

「次も見るだピョン。」


と、番組が終了した。


ワシ。

「ふむ。面白かったな。」


レディ。

「これ見てると休日なんだなって気がするわ。」


ワシ。

「では、レディ。」

「一つ頼まれてくれぬか?」


レディ。

「『耳掃除』ね。」

「いいわよ。」


ゴロン。

ワシは横になり。


トン。

レディの膝枕に頭を乗せる。


ワシ。

「フゥゥウウウ………。」


レディ。

「ハンドレッドの耳は、

 10km先の針が落ちる音すら聞き分けるモノね。」


「ちゃんと手入れをしなくちゃ。」


ワシ。

「頼む…。」


ワシの耳はいわゆる『カリフラワー耳』である。

ワシが人間であった時。

ワシの師『巴 二十八(ともえ にじゅうはち)』の柔道訓練の際、

耳介(じかい)という外耳道(がいじどう)と外耳で構成している部分の、

皮膚と軟骨の間に血液がたまって腫れ耳介血腫(じかいけっしゅ)となり…。

この耳介血腫が耳が腫れる、俗にいう「カリフラワー耳」になったのだ。


通常の耳より…。硬くて強い。

しかし、そんな耳を持ってしても、

超聴力『ハンドレッド・イヤー』は繊細(せんさい)な箇所だ。

時折掃除が必要になる。


敏感な箇所を掃除される事により…。


ワシは…。

「ムゥ…。」

「フゥ……。」

心地良さを覚えるのだ。


レディ。

「はい。終わりよ、ハンドレッド。」


ワシ。

「次はワシの番だな。」


ワシはブラシを持ち。

「獣化せよ、レディよ。」


レディ。

「この姿も久しぶりね。」


ヒュォオ…ン……。


レディはオオウ星人の姿。

『半獣半人。』

人と犬の合いの子。
世にも奇妙なその姿を、露(あら)わにする。


そんなレディの体毛を。


サァ…。サァ…。と。

優しくブラッシングをしてやるのだ。


レディは。

「ン…♪」

と心地良さ気な声を挙げる。


レディは白く綺麗な毛並みをしている。

ワシはレディのこのオオウ星人として姿こそ美しく感じるが…。


この地球。異形の者が生きていける程、平穏な星じゃあない。


包帯で身を覆った姿も美しくもあるが。


いつの日か。レディには…。サニー=グレーデンには。

オオウ星人として姿で生きて欲しい。

そう思うワシが居る。


「終わったぞ、レディ。」


レディ。

「この姿の時は『サニー』と呼んで…。」


ワシ。

「そうであるな。」

「終わりだぞ『サニー』。」


サニー。

「ありがとう、ハンドレッド。」


そして、サニーはレディ・ミィラの姿に戻った。





・・・・





夕食である。

レディの食事は、出会った頃、ワシが教えた日本料理。

ワシの食事は…。

「慣れたとは言え味気ない物だな。」

「ガソリンと言うのは。」


そう。

ワシの食事は『ガソリン』のみ。


ワシの体に使われている『レアメタル・スターシルバー』は、

ガソリンを循環(じゅんかん)させる事により、

神経と同じ働きをし、その神経によって、手足を動かす事が可能なのだ。


故に食事は『ガソリンのみ』。

人間であった時好きであった『プリン』が恋しくもなる。


レディがこう言う。

「せめて、味でも付けられれば良いのにね。」


ワシ。

「甘い物が恋しくもなるな。」

「21世紀のプロレスラー『真壁 刀義(まかべ とうぎ)』のように、

 ブログでスイーツを紹介する程好きと言う訳ではないが、

 20年経っても味の記憶と言うのは残るモノだ。」


レディ。

「それじゃ、キスの味で忘れさせてあげるわ。」


ワシ。

「今のワシの口は『ガソリン臭い』ぞ?」


レディ。

「何言ってんのよ?『夫婦』じゃない。」


ワシ。

「レディ…。」


レディ。

「なぁに、ハンドレッド?」


ワシ。

「ありがとう。」


そうしてワシ等はキスをした。





・・・・





翌朝である。

休日は終わり、多忙な日常へと戻る。


ワシは…。

この地球を守る為に戦う。

かけがえのない地球(ほし)だ。

数々の者達と“絆”を結んで来た星だ…。

それを傷つける者は許さない。


  だ

  か

  ら

  !


ワシは力の限り戦う!


レディと共に!

ギガントと共に!!

そして、かけがえのない仲間達と共にな!!


ゆくぞ、ギガント!!


ギガントが応える!!

「グ”ギ”ャ”オ”ォ”オ”オ”オ”オ”オ”!”!”」


ギガントの蛮声が轟(とどろ)き響いた!!








* Re: ショートストーリー 最終話 ( No.5 )
日時: 2017/10/27(金) 06:20:49 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022

ーーーーーー





 最終話「百文字の休日」


 ・・・完。




* Re: ショートストーリー 最終話 ( No.6 )
日時: 2017/10/27(金) 06:22:32 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022

〇あとがき
『地下プロレス最期の日』
『暗殺!ゴブオバ・ボブド』
『ショートストーリー』
3編ご愛読ありがとうございました。
これで、今まで謎になってた箇所を、
書き終えられたかな?

まぁまだ色々ある気もしますが、
今回でSSとして『クロガネの賛歌』を書くのは、
休止状態となります。

今後は『新ロボットの漫画』を描きます。
物語の舞台は『南アメリカ大陸』になります。
主人公は『ペルー人』です。『スーパーロボット』に乗ります。

漫画はpixivに投稿し、リンクを絵版に貼る予定です。
SSと同じで週1の投稿を目指します。

その前の作業として『クロガネの賛歌・各話リンク』を
投稿しようと思います。現在、私のSSを読み直そうと思っても、
どこにどんな話があるか解り辛いので、ちょっとまとめてみようかと。
来週の金曜日までには告知絵込みで用意しようと思います。

次にwiki編集をしようと思います。今回、結構新キャラが増えたので、
ちょっと手間が掛かると思うから、11/17(金)をメドに編集を
しようと思っています。

そして『漫画』。とりあえず11/24(金)に投稿予定です。
初の事なのでこの日にちまでに描き切れるか解りませんが、
無理そうなら12/1(金)に延期しようと思います。

どの位の長さの話になるかは解りませんが、1年は描こうと思っています。
私がどれ程漫画を描けるようになれるかチャレンジをしてみたいのです。
なので、1年はやってみようと思います。

何分慣れてない事なので、お見苦しい点が多いと思いますが、
暖かく見守って頂ければ幸いです。

それではこの辺で。
* Re: ショートストーリー 最終話 ( No.7 )
日時: 2017/10/28(土) 08:23:34 メンテ
名前: 春休戦

ショートストーリー最終話まで完了。まずはお疲れ様です。

今回は百文字の休日風景。殺伐たる日々を過ごして来た彼にはそういう日も必要だろう・・・が。
ジークチャレンジじゃある意味、地下プロレス並みにサツバツだと思うんだー。(w

そしてレディ真の姿(犬型星人)でも変わらぬ百文字の愛情。
結果的に他星人も乱入してる現状なら、いずれ真の姿で生きられる選択肢が出るかも?

ラスト、夕食風景。食事、まさかのガソリンのみとは!
生身部分が維持できるの?とか、味覚ロストも非常に辛いなとか色々思わされます。
つまりバトゥロも同じモン背負ってるんだなぁ。
スターシルバー使って無い他の面子ならまだマシかもだが・・・何にせよ感覚ロストは辛い。

では、この後の編集や新作などにも期待しております。(^^)
* Re: ショートストーリー 最終話 ( No.8 )
日時: 2017/10/28(土) 20:20:16 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022

>>春休戦さん
おつありです!最終話まで書き終えました!!

元々このショートストーリー、日常を書く予定だったので、
百文字まで話が回ってきてようやく日常系らしきものが書けた感じですね。

ジークチャレンジ、他のスポーツ的な事にチャレンジするならともかく、
プロレスかつ、如何にもジャガられそうなマナーのなっていない、
プロレスラーがと言うのは巡り合わせが悪かったですね。
いや「マナーのなってないカスどもをジャガっていく」のが、
やはりウケてる要因にあるだろうから、今回のようなケースが、
多い印象があるけどw

レディの真の姿は百文字がレディ出会った時に
その姿だったと思うのと、その姿で一緒に
過ごしてきたんだなと思うので、今回のようなセリフを入れてみました。
お馴染みなのは包帯の姿だけれど、出会った時の印象があるから、
その姿も好きなのだろうなと。百文字の愛は深いですね。

現状、他星人も乱入しているし、いつかは真の姿で、
生きられるのかも知れませんね。そんなエピローグがあってもいいですね。

ラスト。そうなのです!実はガソリンのみなのです!!
生身の部分は、スターシルバーの効能に引っ張られて、
同化に近い形になると言うイメージですね。
ちゃんと設定は練っていませんが、イメージはそんな感じです。
味覚は残っているのですが、消化と言うか、
スターシルバーに循環させる為にガソリンを飲むので、
食べると故障の原因になってしまうのです。

バトゥロも同じですね。他のサイボーグも何かしら
人間らしい感覚が、失われている状態になっています。
やはりサイボーグは人ならざる者なので、
人間としての喜びを失ってしまった状況にありますね。
だからこそ、彼等が能力を発揮して戦う事は、
美しいし、それと同時に哀しい事だなと思っています。

この後の編集や新作に期待してもらってありがとうございます。
SSと違って、ちゃんと人物やロボットのデザイン考えないと
いけないの忘れてて、これ予定通り行くかな?と思っているトコですが、
そんな想定外も楽しみつつ創作していければよいなと思ってます♪
Page: [1]
 
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP
題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
添付FILE 文章合計600Kbyteまで
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

※必須
画像認証
     (画像の数字を入力)

   クッキー保存