window
トップページ > 記事閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加
* 地下プロレス最期の日 第8話

日時: 2017/06/30(金) 11:58:18 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022

第8話です。
拝みやがれ!これが二段返しだ!!

それではどうぞ。
 
Page: [1]
* Re: 地下プロレス最期の日 第8話 ( No.1 )
日時: 2017/06/30(金) 11:59:16 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022




「『 フ シ ャ ォ ォ ォ ォ ォ オ オ オ オ オ オ オ ウ ! ! 』 」


デビル・クラーケンは、喉張り裂けんばかりに慟哭(どうこく)した!!

親父が!親父が俺を庇(かば)って倒れた!!

親父!親父ィ!!親父ィィィイイイイイイイイ!!


九螺魔(くらま)!

「ん?ショックかい、デビル・クラーケン??」

「親父に激似(そっくり)な男(ロートル)が倒されたのがそんなに悔しいかい??」


  グ

  ィ

  !


九螺魔は車慶兵衛(くるま けいべえ)の変装をしている

大蛇毒砲(おろち どっぽ)の首を掴(つか)み持ち上げる。


そして九螺魔はこう言う。

「良いモン見せてやるよ。」


  ビ

  リ

  ィ


九螺魔は毒砲の覆面を破る。

そして、眼帯をした禿(は)げた頭の毒砲の素顔が露わになる。

「じゃーん(はぁと)」

「この男は君のパパちゃんじゃありませんでしたぁ〜(はぁと)」


それを見ても尚、クラーケンは…!

「オ…ヤ…ジ……!」

「ソ…イ…ツ…ハ…!!」

「オ…レ…ノ…ッ!!」


正体など、どうでも良かった。

あんな元気な親父が見れたのだから。

初めて見た瞬間から、ソイツは親父じゃないと解っていた。


  そ

  れ

  が

  ど

  う

  し

  た

  ?


親父だ!ソイツは親父なのだ!!

誰が何と言おうとソイツは親父だ!!

親父以外何者でもないのだ!!


  ッ

  ッ


九螺魔!

「ふ〜ん、そう言う事言うんだ?」

「そんな愛する親父の首が…。」

「首チョンパになってしまったら、君はどう思うだろうか?」


  ッ

  ッ


クラーケン!

「フシャオウ!!!!(よせ!!!)」


  ッ

  ッ


九螺魔は顎(あご)をカチカチさせながら…!

「この顎(あご)…!よぉく切れるんだぜ?」


  ッ

  ッ


クラーケン!

「フシャオオオオオオオオオオオオオウ!!!!(よせぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!)」


  ッ

  ッ


九螺魔!

「良い貌(かお)してるぜ?」


「もっと。」


「もっと『良い貌(かお)』にしてやるよ(はぁと)」


  ッ

  ッ


「 『 オ  ォォォォォ オオ オ オ ………… … …  ラ  ッ ッ ッ  ! ! ! ! ! ! ! 』 」


  そ

  の

  時

  で

  あ

  っ

  た

  !


ド ド ド ド ド ドドドド ドドド ドド ド ド ド ド ド ド ド ド


地鳴りであった!


九螺魔!

「何だァ?」


その地響きに九螺魔は動きを止める!


クラーケンもまた!

「…???」

不思議がる!


ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴゴゴゴ ゴゴゴ ゴゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ


地鳴りが近づく!!


そして、その部屋に居る者はそれに気付く!!


               ッ


               ッ


「 「 「   ジ ッ !  ハ ン ド レ ッ ド ッ ッ ! !   」 」 」


               ッ


               ッ


「 「 「   ジ ッ !  ハ ン ド レ ッ ド ッ ッ ! ! !  」 」 」


               ッ


               ッ


「 「 「   ジ ッ !  ハ ン ド レ ッ ド ッ ッ ! ! ! !  」 」 」


               ッ


               ッ


「 「 「   ジ ッ !  ハ ン ド レ ッ ド ッ ッ ! ! ! ! !  」 」 」


               ッ


               ッ


       それは地下プロレスの観客達であった!!


       これぞ!レディ・ミィラのもう一つの策!!


       デビル・クラーケンのデモンストレーションと化した死合を!!


       アウェイを強いられたジ・ハンドレッドの為に!!


       彼を鼓舞する為に此処へと呼び寄せたのだ!!


     『 血 に 飢 え た 観 客 共 』を ッ ! !


               ッ


               ッ


 そ い つ 等 が 今 、 血 の 香 り に 誘 わ れ て 現 れ た の だ ! !


               ッ


               ッ


「「「どぉぉぉぉして隠すんだよぉぉぉぉぉ!!」」」「「「見たかったんだぜぇ!ハンドレッドvsクラーケン!!」」」


  「「「うぉ!何だァ、あのデカイ蟻(アリ)のような化け物は!!」」」「「「アイツもDr.劉が創り出したヤツなのか??」」」


「「「蟻(アリ)と戦っているのはデビル・クラーケンのようだぞ?」」」「「「もしかして暴走?マジヤベェー!!」」」


  「「「ハンドレッドは何処だよ!ハンドレッドは!!」」」「「「あそこに倒れてるじゃねぇーか!どうしたんだよ、ハンドレッド!!」」」


「「「見せてくれよ!プロレス最強のリアル・ファンタジー!!」」」「「「アンタこそが、絶対王者!地下プロレスのキングじゃねぇか!!」」」


                              ッ


                              ッ


 「 「 「  立 て ! 立 つ ん だ 、 ジ ・ ハ ン ド レ ェ ェ ェ ェ ェ ェ ェ ド ! !  」 」 」


                              ッ


                              ッ


                      そ の 歓 声 に よ り て ! !


    「『 ヌゥ う ゥ ぉお お お ぉ ぉォ おお おお オ雄(オ) ーーーー ー ー ー ッ ッ ッ ! ! ! 』 」



               ジ ・ ハ ン ド レ ッ ド が 立 ち 上 が っ た ! !



                      ・
                      ・
                      ・
                      ・

                      ・

                      ・


                      ・





・・・・




○超鋼戦機カラクリオー外伝

 クロガネの賛歌・番外 ー 地下プロレス最期の日 ー



 第 8 話 「 拝 み や が れ ! こ れ が 二 段 返 し だ ! ! 」






・・・・
* Re: 地下プロレス最期の日 第8話 ( No.2 )
日時: 2017/06/30(金) 12:01:51 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022






ハンドレッドはクラーケンを見やる。

そしてこう言う。

「クラーケンよ。貴様も“必殺投技”『地獄の大雪山』を知るのならば…!」

「知っていよう。『二段返し』の存在をッ!!」


クラーケンは…!

「…ッ!(コクリ)」


コクリと頷(うなず)く!!


ハンドレッドは言い放つ!

「『では、デビル・クラーケンよッ!!』」




「 『 地 獄 の 大 雪 山 ッ ! !  二  段  返  し  で  あ  る  ッ ッ ! ! 』 」





  地獄の大雪山・二段返しッッ!!


  そうッ!それはッ!!


  巴二十八と車慶兵衛が編み出した『合体投技ッッ!!』




九螺魔!

「二段返しだか、三倍返しだか知らないけど。」

「ボロボロのその体…。」

「そこからどうにかしようだなんて…。」

「夢を見過ぎじゃないのかね、お二人さん?」


ハンドレッド!

「フッフフ。」

「知らぬのか小僧。」


   ッ

   ッ


「プロレス最強の夢(幻想)を見せる事…!」


   そ

   れ

   が

   !


「 プ ロ レ ス 殺 法 で あ る ! ! 」


   ッ

   ッ


九螺魔!

「Peッ!」


九螺魔は唾(つば)を吐き捨てる!!


「見せて見ろよ。」

「そんな事が出来るのならね。」

「ま、無駄だと思うけど(はぁと)」


   ッ

   ッ


ハンドレッド!

「来るが良い!目に物を見せてやる!!」


   ッ

   ッ


九螺魔!

「ォォォオオオ!!」

「オラァァァァァアアアアアアアア!!」


九螺魔が突進をする!!


   ッ

   ッ


ハンドレッド!

「クラーケン!ワシが右方!貴様が左方である!!」


   ッ

   ッ


クラーケン!

「フシャオウ!!(了解!!)」


  ガ ガ

  シ シ

  ィ ィ

  ! !


ハンドレッドとクラーケンが九螺魔を掴む!!

ハンドレッドが九螺魔の右半身ッ!!

クラーケンが九螺魔の左半身だッ!!


   グ

   ゥ

   ン

   !


二人はそのまま、後方へと倒れ込む…ッ!!


   そ

   の

   時

   !


3者は一瞬!宙に浮く!!


   瞬

   間

   !




   ギ ” ャ ” ャ ” ヤ ” ヤ ” ル ” ゥ ”ギ ”





              ャ”ア” ル”ギ” ャ” ヤ”  ル” ギ” ャ” ル”






         ギ ” ャ ” ル ” ギ ” ャ”ル”ギ”ア”ル” ギ ” ァ ” ル ” ギ ” ア ”






                 ギ ” ル ” ゥ ” オ”オ”オ”オ” ォ ”ォ  ” オ ” ォ ” ン ” ッ ッ ! ! !





 ーーー 『 回転(スピン) 』したぁぁぁぁああああああああああああああああああああ!!!


   ーーー 後方に!倒れる勢いを!!そのまま回転力として『大回転(ビッグ・スピン)』するッ!!


    ーーー その名もッ! その名もッ! その名もッ!



     ーーーーー→ 『 其 』 ッッ ッ の ッ 『 名 』ァ ァ ア 『 も 』 ォ オ オ オ オ オ オ オ オ オ ッ ! ! ! !





                     ・


                       ・
                   ・


                      ・



                    ・



                     ・


                     ・

                     ・


                     ・



                     ッ



                     ッ



                     !




 ド ” ッ ” ッ ” ッ ” ジ ” ャ ” ァ ” ア ” ア ” ア ” ア”ア”ア” ア ”ア ” ン ” ン ” ン ” ! ” ! ” ! ” 



「「『『  地 ” 獄 ” の ” 大 ” 雪 ” 山 ” ッ ! !  二 ” 段 ” 返 ” し  ” で あ る !  !  』  』  」  」



      ーー 『 ヴァァ ア ア アアア ン ! ! ! 』 ーー



           ー こ れ ぞ!


           ー 巴 と 車 の 合 体 投 技 ! !


           ー 相 手 の 突 進 力 と !


             二 人 の 回 転 力 に よ り !


             破 壊 力 を 生 み に 出 す ッ ! !


               こ

               れ

               が

               !


        ー 『 地 獄 の 大 雪 山 ッ ! !  二  段  返  し  ッ ッ ! ! !  』


               そ

               し

               て

               !


        ー 回転力(スピン・パワー)は回転の中心からの距離の『 絶対値 』ッ!!


          および『 回転運動の角、速度の二乗 』に比例して大きくなりッ!!


               そ

               れ

               は

               !


      ー 『  純 粋 な 破 壊 力 と 化 す ! !  』


               今

               !


    ー 『 両 者 の 後 方 に 「 九 螺 魔 」 を 叩 き 付 け る ! ! 』


               ぬ

               ぅ

               お

               お

               雄

               ォ

               !



     ゴ ” ォ ” ヴ ” ァ ” ヴ ” ァ ” ヴ ”ア ”





                ヴ”ア” ヴ”ア” バ” バ”  バ” バ” ゴ” ア”






         ゴ ” ゴ ” ッ ” ッ ” ッ”ヴ”ァ”ァ”ア” ア ” ア ” ア ” ァ ” ア ”






                 ア ” ア ” ァ ” ァ”ア”ア”ア” ァ ”ァ  ” ン ” ア ” ン ” ア”ァ” ア”





  ァ ” ン ” ア ” ン ” ア ” ア” ア” ア”〜”〜”〜”〜” ン ” ン ” ン ” ン ” 〜〜〜〜 〜 〜 〜 ッッッ ! ! ! !







 ーーー 頭 頂 部 ッ !


 ーーー 脳 天 か ら 床 に 叩 き 付 け た ッ ッ ! ! !



 ーーー 即  ち  は  必  殺  で  あ  っ  た  ッ  ッ  !  !





・・・・
* Re: 地下プロレス最期の日 第8話 ( No.3 )
日時: 2017/06/30(金) 12:03:59 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022






九螺魔を叩き付けた両者は…。


バッタァァァ ァ ァ ン ! !


床に倒れ伏す。


ハンドレッド!

「渾身(こんしん)の投技であったな。クラーケン。」


クラーケン!

「アア…。」


そしてクラーケンはこう言う…!

「ジ…ハンド…レッド…!!」

「オレノ…!」

「オレノ…!!」

「ト…モ…ダ……!!」


  ッ

  ッ

  !


クラーケンは立ち上がり!

ハンドレッドの盾となる!!


ズッシャァァァァァァアアアアアアアアアアアアアアアア!!!


斬れた!クラーケン左肩から腰の右部まで!!


斬り裂いた者!それは!!


「ハァ…ハァ…!!」

「生きてるんだ…よ(はぁと)」

「この“ドラゴン・アント”九螺魔 彦一は…!!」

「そして、今、お前達を…!!」


それが九螺魔の最後の一言となった。




     グ ” ッ ” ッ ” オ ” ォ ” ォ ” ォ ”ォ ”





                オ”オ” オ”オ” オ” オ”  オ” ォ” ォ” ォ”






         オ ” オ ” オ ” オ ” オ”ォ”ン”オ”ォ” ン ” オ ” ォ ” ン ” オ ”






                 ン ” ォ ” ォ ” ォ”オ”オ”ォ” ン ”ン  ” ゥ ” ォ ” ォ ” ッ ッ ! ! !






    ド ” ッ ” ッ ” パ ” ァ ” ァ ” ア ” ア ” ア ” ア ” ア ” ア ” ア ” ン ” ン ” ン ” ン ” ! ” ! ”




       ーーー  ハンドレッドは最後の力を振り絞り“ハンドレッド・ヂェロニモン”を放った…!!


            狙いは…!九螺魔の頭部!!


            九螺魔の頭は真っ二つに斬り裂かれた!!


            そ し て 九 螺 魔 は 死 亡 し た … ッ ! !




            ・
            ・
            ・
            ・

            ・

            ・


            ・




  ー 九 螺 魔 彦 一  男  年 齢 2 1 歳



    特性 『 “ ド ラ ゴ ン ・ ア ン ト ” 人 間 と は 、 数 値 が 違 う 。 』




           ・・・ ・ ・ ・ ・ 『  死 亡 ッ ッ ! ! ! 』





・・・・





ハンドレッドは見やる。

瀕死の重傷を負ったクラーケンを。


ハンドレッド。

「クラーケン…。」

「すまぬ…。」


クラーケン。

「ハンド…レッド…。」

「オマエ…ハ…。」

「トモ…ダチ…。」

「ダカラ…。」

「アタリマエ…。」


ハンドレッド。

「クラーケン…!」


クラーケン。

「オレ…ノ…ナ…。」

「クルマ…ゲ………。」


クラーケンはそれ以上喋らなくなった。

そしてハンドレッドは最後の一言を超聴力で耳にした。


「眠れ。デビル・クラーケン。」

「いいや。車…。」

「『車 ゲッター』。」




   ・
   ・
   ・
   ・

   ・

   ・


   ・



海を渡りしホームランバッター『車慶兵衛』。

その大打者に一人の息子が居たと言う。

その名『車ゲッター』。

ガンガンガンガン。

親父と同じガンガン打つバッターになって欲しい。

だから、ゲッター。車ゲッター。

その数奇な生涯に今、幕を下ろした。






* Re: 地下プロレス最期の日 第8話 ( No.4 )
日時: 2017/06/30(金) 12:05:20 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022

ーーーーーー





 ・・・続く。



* Re: 地下プロレス最期の日 第8話 ( No.5 )
日時: 2017/06/30(金) 20:58:41 メンテ
名前: 春休戦

観客ゥ〜っ! レディの策の一つはハンドレッドを鼓舞する事だったか!
確かに! (興味のベクトルには眼を瞑るが)熱烈なファンの存在というのはレスラーへの励みになるんだなぁ。
日頃の言動はお下劣だわ、血の匂いに誘われてってお前ら鮫か?とでも言いたくもなるが、ファンには違いない。(w

この頃から既に、ハンドレッドはある意味では独りじゃあ無かったのだなぁ。

ここからの劣勢を跳ね返す『二段返し』もなるほど。
相手の勢いを回転運動に変換、空中で溜めて受身の取れぬ状況で脳天に直撃させるて感じか?

そしてデビルクラーケンの本名〜っ! ゲッターって。いやまぁ良いんですが・・・。
それも『月太』とかにせんで、敢えて片仮名表記なのが潔すぎる。(www
* Re: 地下プロレス最期の日 第8話 ( No.6 )
日時: 2017/06/30(金) 22:54:02 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022

>>春休戦さん
観客の登場です!最初書いた原案では出番は無かったのですが、観客にとって楽しみにしていた、
マッチメイクが見られないままと言うのは、やはり無念だろうと言う事で、ここでの登場になりました。
決して好ましい存在とは言い難い地下プロレスファンですが、長年地下プロレスの死合を見てきたと
言うのは、奇妙な結束があり、それは少なからずハンドレッドに影響してたのでは?と思うので、
彼等の声で立ち上がる事にしました。褒められた関係では無いのだろうけど、ハンドレッドは、
彼等に支えられていた面もあったのかも知れませんね。

二段返しは原案では名前だけ決めていて技の詳細を決めてなかったので、このシリーズを書くに辺り、
「この部分どうすっかなぁ?」と言う思いで、シリーズがスタートしました。でも、クラーケンが出た辺りで、
ハンドレッドタイフーンも大渦潮ハリケーンも回転するのだから、回転するのが良いだろうとひらめきを得て、
今回のような形になりましたね。言われる通り、回転して相手の脳天に直撃させる技になっています。

そして、本名!そのまんまでした!!wwwこれはゲッターしかないと思っていました。
だって、巴と車と来たら、號に行って大道剴とか、真ゲに行って伊賀利三佐とかになるしかないから、
それならもう潔く『ゲッター』にしようと!ゲッターはサッカー用語だから、歌詞にいって、
ガンガンガンガンってトコから来たにしよう!!とこんな感じになりました!!

カタカナ表記なのは、奥さんが外人の可能性もありますね。まぁ、年齢設定失敗しているので、
wikiでの年齢設定苦労しそうだし、奥さんの情報はほぼ書かないだろうから、今からwikiは大変かなぁと、
頭を悩ませているんですけどねwサンキストだけで7名も書かなきゃだよ〜!?(滅)
* Re: 地下プロレス最期の日 第8話 ( No.7 )
日時: 2017/07/01(土) 13:26:37 メンテ
名前: フィール

観客うー!前々から)頭おかしい連中と思っていたが勝負を左右するまでの行動力!
復活の百文字&クラーケンが九螺魔を撃破!
数値では上回っていたかも知れんが、元ネタのヒコイチ同様自分を過信して攻撃を無駄に受け過ぎたのが敗因か。
辰巳から生き汚さをもっと学んでおけばこうはならなかったのに。
さて、百文字の戦いは終わった、しかしこの先、地下プロレスはそうやって終わっていくのか・・・?
* Re: 地下プロレス最期の日 第8話 ( No.8 )
日時: 2017/07/01(土) 21:12:17 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022

>>フィールさん
ここに来て観客です!血に飢えていると言うとんでもない連中であるものも、
ここにきて、勝負を左右する重要な部分での登場!なかなかオイシイ役割でした!!
そして百文字&クラーケンが九螺魔を撃破!同じ技を元にするだけあって、
見事なコンビネーションと言ったトコロでしょうか!流石!!
数値では上回っていても勝敗が解らないのは勝負事で面白いトコロでしょうが、
やはり数値を過信する面はあったでしょうね。毒砲の攻撃わざと受けたりしてたし。
辰巳から色々教わっていればまた違った結果になっていたかもですね。残念ヒコイチ!
百文字の戦いを終えた状態。その後の地下プロレスはエピローグで語られる予定です。
お待ちあれ〜!
Page: [1]
 
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP
題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
添付FILE 文章合計600Kbyteまで
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

※必須
画像認証
     (画像の数字を入力)

   クッキー保存