window
 
トップページ > 記事閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加
* オーストリアよ、こんにちは 第6話

日時: 2016/03/18(金) 21:02:36 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022

第6話です。
砂神嵐の結界。

それではどうぞ。
 
Page: [1]
* Re: オーストリアよ、こんにちは 第6話 ( No.1 )
日時: 2016/03/18(金) 21:03:15 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022




・オーストリア 田舎 ー 山の麓(ふもと) ー


ジークは問う。

「砂神嵐?」

百文字は答える。

「腕を回転する事により、脅威の風圧を誇る渦状の烈風を生み出す必殺技である。」

「くらえば大ダメージは免れられん。」

ジーク!
「再生したら腕を優先的に潰すか。」

百文字!
「超回復を誇る以上、何度も破壊するしかない。」

「此処からが正念場であるぞ!ジーク!!」

ジーク!
「ピョン!!」

百文字!
「ム…ッ!!」

百文字は感じ取る!

己が背後から聞こえる、回転音を!!


ギャルルルルルルルルルルルルルルルルルルルル!!!


百文字が叫ぶ!
「気を付けよ、ジーク!」

「ヤツめ、腕だけ既に再生させておる!!」


ジーク!
「く…!」





     グ ” ル ” ゥ ” オ ” ゥ ” グ ” ル ”ル ”





                ル”ゥ” ア”ア” ア” ア”  ア” ア” グ” ル”






         ル ” ル ” ル ” ル ” ゥ”オ”ォ”オ”ォ” ン ” オ ” ォ ” ン ” オ ”






                 ン ” ォ ” ォ ” ォ”オ”オ”ォ” ン ”ン  ” ゥ ” ォ ” ォ ” ッ ッ ! ! !



                     ・
                     ・
                     ・

                     ・

                     ・


・・・・




○クロガネの賛歌 第5章 “オーストリアよ、こんにちは”



 第 6 話 「 砂 神 嵐 の 結 界 」




・・・・
* Re: オーストリアよ、こんにちは 第6話 ( No.2 )
日時: 2016/03/18(金) 21:04:12 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022







ジークと百文字!

二人は横に跳ぶ事によって、回避をする!!

そして発射方向を見る!!

其処には、小動物程度の大きさの両足が生えた、

壁画の男の“腕”があった!!

「アッハッハッハッハッハッハッハッハ!!」

壁画の男の声を響き渡る…!!

「いやいや、予想外だったよ。」

「ジークが其処まで強いとはねぇ。」

「そして例の“神回”で登場した『耐撃の百文字』まで一緒とはね。」

「こうなればなりふり構っては居られないなぁ。」


ジークが問う…!

「ほう…。どうする気だ?」


その声に呼応するように…!!

  ド

  ン

  !

足の生えた壁画の男の腕が…!!

  ド

  ン

  !

一つ…!!

  ド

  ン

  !

また一つと…!!

  ド

  ン

  !

ジークと百文字を囲むように…!!

  ド

  ド

  ン

  !

現れるッ!!


ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴゴゴゴ ゴゴゴ ゴゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ


壁画の男!!

「“砂神嵐の結界”だよ。」

「私にこれを出させるとは大したモノだ。」

「だが四方八方から巻き起こる砂神嵐の烈風を一体どうする?」

「どうするどうするどぉする?君ならどうする〜??」


壁画の男は高笑う!!

「アッハッハッハッハッハッハッハッハ!!」

「死んでしまいな、この玉無しヘナチンがァーッ!!」

   ッ

   ッ

   !

「  砂  神  嵐  ( す な が み あ ら し ) ッッッ !!!! 」





     グ ” ル ” ゥ ” オ ” ゥ ” グ ” ル ”ル ”





                ル”ゥ” ア”ア” ア” ア”  ア” ア” グ” ル”






         ル ” ル ” ル ” ル ” ゥ”オ”ォ”オ”ォ” ン ” オ ” ォ ” ン ” オ ”






                 ン ” ォ ” ォ ” ォ”オ”オ”ォ” ン ”ン  ” ゥ ” ォ ” ォ ” ッ ッ ! ! !



                     ・
                     ・
                     ・

                     ・

                     ・


   歯  車  的  砂  嵐  の  小  宇  宙  … ! !


   四 方 八 方 か ら 逃 げ 場 無 く

   発 射 さ れ た 砂 神 嵐 は 、

   百 文 字 達 を 一 片 の 肉 片 す ら

   残 さ ぬ 凄 惨(せいさん)に … ! !


      ッ

      ッ


   こ  ・  こ  れ  は  ッ  ッ  ! !
* Re: オーストリアよ、こんにちは 第6話 ( No.3 )
日時: 2016/03/18(金) 21:05:47 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022


ド ド ド ド ド ドドドド ドドド ドド ド ド ド ド ド ド ド ド


 穴 で あ っ た !

 百 文 字 と ジ ー ク は 攻 撃 を さ れ る そ の 一 瞬 、

 “ 穴 ” を 掘 っ て 攻 撃 を 免 れ た の だ ッ ! !


      そ

      し

      て

      !

    ド ォ ン ! ( 百 文 字 と ! )


    ド ォ ン ! ( ジ ー ク が 大 地 よ り 現 れ る ! ! )


  ジ ー ク !

「 百 文 字 ! 腕 を 拾 い 上 げ ろ ! ! 」


  百 文 字 !

「 了 解 で あ る ッ ! ! 」


      ダ

      ッ

      !


  百 文 字 と ジ ー ク は 円 状 に 広 が る

  壁 画 の 男 の 腕 を 駆 け な が ら 拾 う ッ ! !


  ジ ー ク !

「 ヌ ゥ ゥ ウ ウ ウ ウ ウ ウ ウ ウ ウ ウ ウ ウ ウ ウ ウ ウ ン ン ! ! 」


  百 文 字 !

「 ヌ ゥ う ゥ ぉ お お お ぉ ぉ ォ お お お お お お オ 雄(オ)ッ ! ! 』 」



  両 者 共 に 、 そ の 腕 を 締 め 上 げ … ! !

  捏(こ)ね て 球 状 の 形 へ と 変 え て 行 く ッ ! !


      そ

      し

      て

      !


  ジ ー ク !

「 百 文 字 !

  ジ ャ イ ア ン ト ス イ ン グ を し た 後 、

  コ イ ツ を ブ チ 当 て る ピ ョ ン ッ ! ! 」


  百 文 字 !

「 了 解 で あ る !

  バ ラ バ ラ に し て や ろ う ぞ ッ ! ! 」


    ッ

    ッ


ギ ” ュ ” ン ” (百文字とジークは!)

ギ ” ュ ” ン ” (壁画の男の腕を!)

ギ ” ュ ” ン ” (思い切り“ジャイアントスイング”する!!)


    ッ

    ッ


ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ”


    ッ

    ッ


ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ”


    ッ

    ッ


ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ”


    ッ

    ッ


ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ”


    ッ

    ッ


ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ”


    ッ

    ッ


ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ”




   何 回 転 も !


       何 回 転 も !


           何 回 転 も !


               何 回 転 も !







     ギ ” ュ ” ウ ” オ ” ォ ” オ ” オ ”オ ”





                ギ”ュ” ル”ル” ル” ル”  バ” ォ” ゥ” ゥ”






         ウ ” ウ ” ウ ” ウ ” ゥ”オ”ォ”オ”ォ” ン ” オ ” ォ ” ン ” オ ”






                 ン ” ォ ” ォ ” ォ”オ”オ”ォ” ン ”ン  ” ゥ ” ォ ” ォ ” ッ ッ ! ! !



                    ー 回転は遠心力を生み!!

                    ー 遠心力は臨界点に達しッ!!


                        “パ”

                        “ァ”

                        “ン”

                        “ッ”

                        “!”


 壁 ” 画 ” の ” 男 ” の ” 腕  ” は  ” 互 ” い ” の ” 前 ” 方 ” に ” 飛 ” ん ” で ” っ ” た ” ! ” ! ”


         ッ

         ッ


ドッッ ッッ ッ パ ァ ァァ ァ ァ ァ ァア アアアアア ア ア ア ア ア ア アアア ア ア ア ア ン ン ンン ン ! ! ! !

* Re: オーストリアよ、こんにちは 第6話 ( No.4 )
日時: 2016/03/18(金) 21:07:04 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022




破裂音が起こった。


先にジークが壁画の男をそうしたように。


真赤な液体と・・・。

千切れて、爆(は)ぜた無数の肉片が飛び散った。

  だ

  が

  !

声が響き渡る。

壁画の男だ!

「良い戦術だ。」

「私が超回復を持たなければね。」

「次に“砂神嵐の結界”を張る時は、地面も気を付けよう。」

「次はどうする?空でも飛ぶか??」

「そんなの良いマトになるがねぇ。」

壁画の男は高笑う!!

「アッハッハッハッハッハッハッハッハ!!」

「どんなに強くても、超回復を持つ私には敵わなぁぁぁぁぁぁぁぁぁい」

「  ”  イ   ”   」

壁画の男は急に苦しみだす!!

「 イ ギ ャ ァ ァ ァ ァ ア ア ア ア ア ア ア ア ア ア ア ア ア ア ア ! ! ! 」


百文字!

「やはり、これが“核”であったか。」

百文字は『梅干し程度の大きさ』の『黒い球体』を指でつまんでいた。

百文字は続ける!

「どうにも違う音に気になっていた。ワシの超聴力は捉えていたのだ。」

「肉片と血、そして骨とも違う『鉱物』の音をな。」

「不思議に思い。拾うてみれば…。成の程。やはりこれが『弱点』であったようだな。」


壁画の男は焦る。

「そこ!そこはダメなのぉん!!」

「やめてやめてやめてやめてやめてぇん!!」

「いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!」


百文字は冷静に。

「ジーク。お前がケリをつけよ。」

「コイツの相手はお前が先約だ。」

  ヒ

  ュ

  ン

  !

百文字は、壁画の男の核を、ジークに投げ渡す。


ジーク!

「受け取ったぜ、百文字。」

今度はジークが、壁画の男の核を、指でつまむ。

「これを潰せば、お前は死ぬ。そうだな?」

ジークは壁画の男に問うた。

壁画の男はどもりながら。

「そ…そいつは…。どーでしょうねぇ〜。」

「ナハッ!ナハッ!ナハハハハハハハハハハハ!!」

ジークは、核をつまむ指に力を込める。

壁画の男は苦しむ!!

「ほわぁぁぁぁああああああああああああああ!!?」

「スンマセン!マジ、スンマセン、嘘ぶっこきました!!」

「そうです!それを潰せば私は死にます!!」

「だから、やめてぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇん!!!?」


ジークは冷たく言い放つ。

「ふざけるなピョン。あれだけの事をやっておいて。」


壁画の男は必死だ。

「そ・そうだ!ジーク!いや、ジークさん!!いや、ジーク様ッ!!」

「ジーク様ッ、マ○コに興味はありませんか!!」

「私、他の部位を腕にして量産した要領で、マ○コだって作れるんです!!」


壁画の男は続ける。

「もう、濡れっ濡れですよ!いわゆる“名器”ってヤツッス!!」

「何なら声も変えましょう!ロリ声の萌え萌えきゅんなヤツにします!!」

「出し入れする度に、アハンイヤン言いますッ!めっちゃ高まりますよッ!!」


そして壁画の男は言い放つ!!

「 マ○コォォォォオオオオオオオ オ オ オ オ ! ! ! 」


「 マ ○ コ ォ ォ ォ ォ オ オ オ オ オ オ オ オ オ オ オ ! ! ! 」


「 好 き に し ち ゃ っ て い い の よ ん !

  バ カ ん 、 い や ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ん ! ! 」


    ッ

    ッ


  ジ ー ク !

「 地  獄  で  や  っ  て  ろ  。 」



パ ァ ァァ ァ ァ ァ ァア アアアアア ア ア ア ア ア ア アアア ア ア ア ア ン ン ンン ン ! ! ! !




    ・
    ・
    ・

    ・

    ・


ジークが指に力を込めると、壁画の男の核は粉々に砕け散った。

そして、再生を続けていた、肉片や血の動きも止まった。

ヒュゥゥゥウウウウウウウウウウ………。

風が吹いた。

その風が壁画の男の“死”を暗示するようであった。



  ー 壁画の男 男  年齢 軽く2000歳以上

    必殺技 『 砂 神 嵐 の 結 界 』



        ・・・ ・ ・ ・ ・ 『  死 亡 ッ ッ ! ! ! !  』







* Re: オーストリアよ、こんにちは 第6話 ( No.5 )
日時: 2016/03/18(金) 21:09:21 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022

ーーーーーー





 ・・・続く。



* Re: オーストリアよ、こんにちは 第6話 ( No.6 )
日時: 2016/03/18(金) 21:43:17 メンテ
名前: 手拭

ジークと百文字!
一号ライダーと二号ライダーの共闘にも似た興奮!
そして壁画の男の弱点は核!
どうやって倒すのか気になっていましたが
確かに不死身キャラは核が弱点
ドラゴンボールのセルしかり幽遊白書の玄武しかり!成程!
それを見抜いた百文字の慧眼!いや慧耳!?
まさに百戦錬磨とはこの男のためにある言葉!

最後にとんでもない醜態をさらしてしまいましたが
(2000歳以上の癖にエロ本なんか読むからッッッ!!!)
恐ろしい奴だった・・・・!
* Re: オーストリアよ、こんにちは 第6話 ( No.7 )
日時: 2016/03/18(金) 22:44:19 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022

>>手拭さん
1話でジークの活躍を書けなかったので、
今回の6話と前回の5話で活躍が書けて良かったです♪
あと、共闘ですよね。やはり二人で戦うのは熱いなと…!!
一号ライダーと二号ライダーも二人で戦うってなった時は
めっちゃ燃えたので、そう言って貰えると有り難いです♪

壁画の男の弱点はこれしかないなと思っていました。
ドラゴンボールや幽遊白書もそうだし、
最近の漫画ではワンパンマンでもそうでしたよね。
見抜くのは目か耳か迷いましたが、目はよくあるので、
ここは超聴力を持つって事で、耳にしてみました!
百戦錬磨ありがとうございます!!

最後は醜態をさらしましたが、恐ろしい相手でしたね。
やはり規格外でしたね、壁画の男は。
* Re: オーストリアよ、こんにちは 第6話 ( No.8 )
日時: 2016/03/18(金) 23:10:30 メンテ
名前: 春休戦

「足が腕の代わりになるんじゃね?」程度は考えてたけど、腕分離量産は想像外だったー!
でも包囲網に対して瞬時に土遁を繰り出した辺り、ジーク&百文字の戦闘経験値もスゲェ。

そして悪役の常っちゃーアレだけど、どうして命乞いで地雷原にマッパ突入する言動をしますか。(www
いくら(比喩的な意味で)タマを握られてテンパってたからって、あの命乞いで「許す!」で言う図は浮かびません。(w

とは言え超再生力や砂神嵐も脅威だったから、ここで斃せたのは実に幸運でありますねぇ。
・・・オーストリア軍でこれらの力を解明・流用出来る様になってたら、それはそれでヤヴァ気だし。
* Re: オーストリアよ、こんにちは 第6話 ( No.9 )
日時: 2016/03/19(土) 00:19:22 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022

>>春休戦さん
足は考えて居なかったですね。でも、足を使うと単純に撃つのが増えるから強力そう!
腕分離量産は、柱の男や吸血鬼が出来ても不思議ではないなと思っていたので、
前々からやってみたかったので、今回書けて良かったです♪

土遁は最初跳んで避ける予定だったのですが、やはりその後動きが制限されて、
マトになってしまうのがヤバイなと思ったので、土遁にしました。
結果、ジーク&百文字の戦闘経験値を表現する事になって良いカンジになりましたね♪

命乞いは、壁画の男的には、されて嬉しい事を口に出したのですが、
怒りに燃えるジークには火に油を注ぐようなモノでしたねw

超再生力や砂神嵐は厄介でしたね。早急にジークと百文字が対処したのは良かったと思います。
また研究対象としても度が過ぎた能力だったので、ここで退場するのが良かった気がします。
* Re: オーストリアよ、こんにちは 第6話 ( No.10 )
日時: 2016/03/19(土) 08:27:28 メンテ
名前: ふぁん

砂神嵐の結界にふいたw
ギミックに玄武のようなものがあったとは、無敵ではあっても無欠ではなかったんだ…
突っ込みどころばかり残しながら消えていったけど何者だったのか…
ジークと百文字アリガトー
* Re: オーストリアよ、こんにちは 第6話 ( No.11 )
日時: 2016/03/19(土) 11:37:52 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022

>>ふぁんさん
砂神嵐の結界の結界は、法皇(ハイエロファント)の結界からヒントを得ました。
まぁ、元ネタ比べてあまりカッコ良くないですねw
無敵ではあっても無欠では無いは名言ですね。言い得て妙。
やはり強そうに見える能力には弱点があるモノなのでしょう。

何者だったかは計り知れないですね。もう死んじゃったし。
宇宙からやって来た災害とでも言いましょうか。
支配者になろうとした者の末路があるように思えます。

何はともあれジークと百文字のおかげですね♪
Page: [1]
 
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP
題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
添付FILE 文章合計600Kbyteまで
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

※必須
画像認証
     (画像の数字を入力)

   クッキー保存