window
 
トップページ > 記事閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加
* ギガント破壊指令 21話中編

日時: 2010/03/05 18:37 メンテ
名前: カジワラ

21話中編です。現実となれば、驚天に動地ッッ!!
前話に引き続き、闇夜八行衆のデスロイドと投稿して頂いたキャラ達がメインのお話です。
後編を執筆の予定でしたが、長くなったので中編が入りました。この後、更に引き続き後編の執筆に取り掛かります。

後編は3/7(日)・・は、日数が少なく多分無理なので、3/10(水)の予定です。


それではどうぞ。
 
Page: [1]
* Re: ギガント破壊指令 21話中編 ( No.1 )
日時: 2010/03/05 18:39 メンテ
名前: カジワラ




感動をした。心が震えた。

予想だとか。想像だとか。考察だとか。策謀だとか。
おおよそ『こうなるであろう』といったモノを超越しきったモノが其処にあった。

これまでの戦況。
推し量れる『侵入者(デスロイド)』の戦闘力。

QX団No.3の戦闘力を持つサイボーグ、企業戦機(モビルスーツ)・ジャック=ダグラスが、
柔装甲(ジェルメイル)を持ってしても打ち倒す事が適わなかった『 絶望にして脅威的な 戦 闘 力 ! ! 』


勝ち得る目など10割無く、如何にして『時間(とき)』を稼ぐか。

その時間(とき)を用いて、如何にして『活路(次の一手)』を見出すのか・・・。


幸いにして、邪曲家(エビルソングライター)・ダークフーゴーのサイボーグ能力は、
長時間の戦闘には不向きではあるが、短時間の戦闘に置いて攻略し難い『歪(いびつ)さ』がある・・・。

また、教授(シナプスアイ)・エロイ=エチャノバ=アイザックのサイボーグ能力にしても、
隙に乗じての一撃が成功し得るならば、僅かながらに『一矢報いる』と言う可能性も無いとも云えぬ・・・。


だが。

結論を言おう。



  ー  期 待 は、 外 れ た !


     予 想 よ り も 、 遥 か に 短 い 時 間 に て 、 決  着  !



     そ し て 、 二 人 は 『 討 ち 死 』に し た ! !




この魔妖香酋長(まようがしゅちょう)・プカハンタの策謀。
銀装隠密(メタルハイド)・オレグレイ=カレロフの『真の覚醒』を望むなら『悲愴的で無様な死』こそが相応しかった。

この魔妖香酋長(プカハンタ)が望んだシチュエーションは・・・。



  ー グロテスクで汚らしい死骸を晒す、邪曲家(ダークフーゴー)。

    教授(EEE)は、目の当たりした『頼れるナイスミドルの変わり様』に絶望をし、発狂をする。


  ー 逃げる!逃げる!逃げる!!言葉にならぬ、喚くちゃ声を発しながら、教授(EEE)は逃走。

    だが侵入者(デスロイド)は冷静に。そして無慈悲に、教授(EEE)の脚部を撃ち抜く・・・。


  ー 逃げる事も適わず、ズシリズシリと迫りくる侵入者(デスロイド)に更なる恐怖を覚える、教授(EEE)・・・。

    その時、教授(EEE)は何を思うのか?


    走馬灯に浮かぶモノは何?

    こうでありたかったと言う希望?

    あるべき日常を想いを寄せる切望?


    だが何を望もうと、何を願おうと、侵入者(デスロイド)は止める事は無く、定められた運命の様に『教授(EEE)の顔面』を・・・・!!




     ・・ ・ ・ ブッッッ シ  ャァァアアアアア ア ア ”ア ”アア” ア ”ア ア”ア ア” ! !” !” !”





このような最期。

このような結末こそが望ましかったハズ。


だが・・・。

今の今・・・。

この老婆の胸に去来をするモノ。


それは、実に『熱いモノ』。


既に4名の同志を屠り去った、憎きは侵入者(デスロイド)。

彼奴にすら『敬意』を覚えてしまうのは『 何 故(なにゆえ)に ? 』



ああ・・。

覚えがある。


覚えがあるぞ、同志・ヂェロニモよ。


そうじゃ。

踏み躙られたモノは『尊厳』。

全てはあの日より始まったのであったな・・・。




  ー 住む土地を追われ、ようやく手に入れた辺鄙な土地にて『先祖伝来の生活』を送っていた我等が部族。


    そうじゃ、ヂェロニモ。
    お主の妹と、ワシの息子は『婚約者同士』。


    お主の妹と違い、ワシの息子は不細工で・・。
    下衆とも言える性格は、決して人から好まれるモノでは無く『釣るし上げられる男』とでも言うべき、ワシの息子を・・・。


    お主の妹は・・・。


   『 愛 し て く れ た な 』。


    そしてあれだけ素行の悪かった、ワシの息子は『みるみるうちに、 変 わ っ て い っ た 』。


    きっと二人は幸せになる。


    そう思った『矢先の事』であった・・・。





・・・・
* Re: ギガント破壊指令 21話中編 ( No.2 )
日時: 2010/03/05 18:41 メンテ
名前: カジワラ






二人の婚礼前の話じゃ。
ワシは一族伝来の『祝物』を創る為に。

ヂェロニモと二人で、集落を離れ高山へと向かった。
薬学に長じた我らが部族にとって、最上の『祝物』とされるモノはやはり『 薬 物 』。

下世話な話じゃが『精力増強剤』の元。高山でのみ咲き誇る『薬草』を求め其処へと向かったのじゃ。

そして一月ほどして、ワシ等は山を降り。


思いを巡らすは二人の喜ぶ顔、と・・・。


「フヘラフヘラヒケェー!
 帰ったら二人に、『夜もハッソーせいよ』と冷やかしてやろうかのぉ〜〜〜?」

「一口飲めば、WOOFHOFHOOOー!!(ウーフォーフォォォオオオオオオー!!)ってなモンだろーズラ。」

 しっかしズラ。おはんの息子ッチも、モノ好きなものズラぜ。
 あの口煩い妹のドコが良いズラやら・・・。」


「ヒヒヒヒケケケケー!

 ヂェロニモぉ〜〜!!
 お主も、とっとと『嫁さん』貰ったらどうなのじゃあ、ハホハホハホヒィイイイ〜〜〜???」


「ウララウララのウラウラよォ、ズラぜェー、婆っつぁん?
 大きなお世話ズラぜよぉぉおおお、プカハンタの婆っつぁんっっよぉぉおおー。

 HYaーHAAaーー?(ヒィャーハアアァーーー?)」



等々と・・・。
テンションの高い会話を交わしながら、訪れるであろう二人の幸せな時を思いながら・・・。


ワシ等は、集落へと戻った。



  ー 其処で。

    ワシ等が目にしたモノとは・・・!!




ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴゴゴゴ ゴゴゴ ゴゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ




  ー それは・・・。

    数多の銃弾を撃たれ、死した『部族の者達』であった・・・!

    血の海であった!
    叫び声を挙げながら死したのか、大口を開けて絶命をしている部族の者達!!


    地獄だ!

    悩み多き生なれど、今此処で目の当たりしているモノを『地獄である!』とワシ等は言い放てる!!



    次に目にしたモノは・・・!!



  ー それは・・・。

    それは・・・!!


    裸で横たわり!


    額の銃痕(キズ)から鮮血が爛(ただ)れて、流れ出る!!



    無残と言うには余りにも無残な姿にて、死に絶えた『 ヂ ェ ロ ニ モ の 妹 』で あ っ た ! !



    これが『婚礼前の花嫁の姿』であって良いモノかッッ!!


    何があったのかなど・・・!


    何があったのかなど、口 に し た く も な い ッ ! !



    そして、もう一人!!



  ー 出血は多量・・・!!


    四肢両手足に、何発もの『銃弾をブチ込まれてッ!!』


    動くにも動けなく『 悔やんでも悔やみきれぬ! 』と 言 っ た 顔 を し な が ら ! ! 


    今にも”絶命しようとしている”『 ワ シ の 息 子 』が、  其  処  に  居  た  ッ ッ ッ  !  !  !




ワシ等は息子へと駆け寄った!!


何と言う事じゃ!

かける言葉すら、鞭打つようなモノ!!


だが慌てふためく事だけは、せまい!!


こうして駆け寄ろう!こうして寄り添おう!!


嗚呼、息子よ!息子よ!息子よ!!


息子よぉぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!




そして息子は、息も絶え絶えに。


しかしながら『ハッキリとした口調』でワシ等に『こう伝える。』




それは・・!

それは突如!!


それは突如にも集落に現れた『白いタキシードを着たキザな男』とその『取り巻き達』ッ!!


その男は銃口を向けながら、こ う 言 っ た の だ ッ ッ ! ! !




「ンッウゥーン♪

 やあ。お初にお目にかかります。私は白いタキシードを着た『キザな男』だ・・♪

 今日は、ちょっと『カウボーイな気分』でねぇー。

 だから、君達『悪いインディアン』をやっつけに来たんだよ、 西 部 劇 の 王 道 ゥ ー ! ! 』 」



バキューンバキューン!


奇声を上げながら、銃を乱射する白いタキシードのキザ男。

バタバタと倒れていく一族の者を見ながら、絶好調に男はこう言う!



「あーはっはっは!

 こんな原始的な生活してるんだ!

 何も手立ては無いですよね!! ねっ! ねっねっ!!」


「クレー射撃よりもお手軽だなんて、同じ人間として恥ずかしい!

 いや、君達のような原始な存在は『 人 間 じ ゃ あ な い ! ! 』 」



「 ”獣”だ! 汚らしい”ケダモノ”どもだ!!


  ”ケ ダ モ ノ”は、 人 間 に 狩 ら れ る ん だ よ 、


  バ ッ ッ  キ ュゥ ゥ ウウ ウ ウ ー ー ー ー ン ! ! ! ! 」



俺は撃たれた体で、必死に婚約者へと這いずり寄る!!

それを見た、白いタキシードのキザ男は!!

憎たらしいという言葉では、とてもに足りぬ憤怒を覚える口調で、俺にこう言う!!!



「へぇ〜〜〜。ふぅむ・・。

 ケダモノにも『愛』ってあるんだぁ・・・。」



「教えて上げようかぁ〜〜。

 人間の『愛』ってモノはだねぇ・・・。」


「取って! 取られて!!

 奪い合い! しのぎを削る!!


 デ ィ ・ モ ー ル ト 『 ス リ リ ン グ な モ ノ 』な ん だ よ 、 ン ッ ウ ゥ ー ン ♪ ♪ ♪ 」



独善極まり無い、自分勝手な利己主義な主張で・・!!

『楽しんでますよー』ってカンジに、あれやこれやと俺を罵る『白いタキシードのキザ男』!!


俺はこの時!
ハッキリと解った・・!!

この男に、満ちてくる、ドス黒い『悪意の塊(かたまり)』が!!!

この男が、これから、俺の婚約者に『何をするのか』を!!!


俺はそれだけは『 耐 え ら れ な か っ た 』 ッ ッ ! ! !


それだけは!

それだけは!


それだけは!!


 ・ ・ そ れ だ け は ぁ ぁ あ あ ああ あ あ あ あ あ あ あ ! ! !



だが!!

白いタキシードのキザ男はッ!!!


そんな俺を尻目に、ニ タ ニ タ と 嗤 い な が ら 、

俺 が 最 も し て 欲 し く な い 、 そ の 事 を 今 に も ッ ッ ! ! ! ! !



    ッ



    ッ



    !




「 『 イ ン デ ィ ア ン モ ノ 、



    サ イ コ ォ ォ オ オ オ オ オオ オ オオ オ オ オ オ オ ! ! ! ! ! 』 」


* Re: ギガント破壊指令 21話中編 ( No.3 )
日時: 2010/03/05 18:44 メンテ
名前: カジワラ



    ・
    ・
    ・
    ・

    ・

    ・


    ・



「 『 ヂ”グ”ジ”ョ”ォ”ォ”ォ”オ”オ”オ”オ”オ”オ”オ”オ”オ”オ”オ”オ”オ”オ”オ”オ”オ”!”!”!”!”!” 』 」



慟哭であった!慟哭であった!!

その身がもうじき死に絶える程、衰弱をしているのに対し、息子は文字通りの『 断 末 魔 を 挙 げ る ! ! 』


そしてヂェロニモは、ワシの息子に手を掴みながらこう叫(い)う!!



「   オ ラ に ッ ッ ! !  」



「 『 オ ラ に 何 を し て 欲 し い ! ! ! ! ! !   』   」




息子の答えは!!



「 『 オ”ッ”ッ”ッ”ツ””ツ””ツ””ン”ギ”ュ”ヴ”



         ア”ブ”オ”ヴ”ァ”グ”グ”バォ”ォ”オ”ヴ”バ”ゴ”



           ギ” ッ” ツ” ツ”ヴ” ゴ” ゴ” ォ”オ”オ” 〜”〜”〜”〜” ッ” ッ” ッ” !”!”! ” ! ”  』  」



    ッ



    ッ



    !




言葉にもならない『嘆きと渇望ッ!』

だが、言葉は要らなかった!

言葉など『必要としなかったのである!!』



ヂェロニモが絶叫(こた)えるッッ!!!




「 果”た”し”て”や”る ッ ! !


  そ”の”願”い”果”た”し”て”や”る” ズ”ラ”ァ”ァ”ア”ア”ア” ッ”ッ” !”!”!” 」




「 オ”ラ”は”、今”此”処”に”誓”う” ッ”ッ” !”!”!”



『 こ”の”身”、悪”魔”に”魂”を”売”り”渡”そ”う”と”も”、 白”い”タ”キ”シ”ー”ド”の”キ”ザ”男”を”、



  地” 獄” に” 叩” き” 込” ん” で” や” る” ズ” ラ” ァ”ァ”ア”ア”ア” ア” ア” ア” ア” ア” !”!”!”!” 』 」




そして・・・。


ワシの息子は・・・。


『 息 絶 え た 』 。



親である。母である。

このプカハンタよりも、早くに・・・!!


アイツはダメな奴と、レッテル貼られていようとも・・・。


愛して止まなかった『我が子は』。

己の愚かさに気付き『幸せを掴むハズだった息子は!!』


このプカハンタを置いて、『 死 に 絶 え た の だ ! ! 』

『 このプカハンタ、たった一人を残して 逝 っ た の で あ る ! ! ! 』


元より我らが部族は、滅びゆく運命なのかも知れない!

この生活に嫌気がさし、集落を出る若者は後を絶えずであった!!


だがしかしであるッ!!

『大切な何かを、踏み躙られた最期』など!!


望 む べ き モ ノ で は な い の で あ る ッ ッ ! ! !



大粒の涙を流しながら、絶叫(ほ)えるはヂェロニモ!!


ワシは・・・!!


このプカハンタは『 涙 を 流 さ な か っ た ! ! 』


許せなくて!

許せなくて!!


気が狂いそうな位に『殺してしまいたい』と思っている憎っくき仇が!!

今日の事を『嘲笑いながら、酒でも飲んでいるのだろうか?』とでも考えると・・・!!!


哀しんでなんか、いられなかったし!!

や る べ き 事 は、 一 つ で あ っ た の だ ! !



ワシはヂェロニモに『こう告げる!!』



「 言うたな、ヂェロニモ!!


  悪魔に魂を売り渡してでも『 地 獄 に 叩 き 込 む と な  ! ! !  』  」



ヂェロニモが絶叫(ほ)える!!



「 言うたズラぜ、プカハンタの婆っつあんんんんんんんんんんんんんんんん!!!!


  オラさ自慢の『トマホーク・チョップ』で!!


  キザ男のドタマ『 カ チ 割 っ て や る 』ズ ラぁ ぁ あ あ ああ あああああああ あ あ あ あ あ ! ! ! ! ! 」



そして、このプカハンタは、
ヂェロニモに『こうと言い放つゥーッッ!!!』



「 ならば、ヂェロニモよぉおおおー!

  共にこの魂(いのち)『 悪 魔 へ と 捧 げ よ う ! ! 』 」



「 そう!それは!!


  この土地を買い入れる為『魔道へと身を落とした女・プカハンタ』にして、こうと言い放つ!! 


  そうじゃああ! その名も忌名ぅうう!


『 魔 妖 香 酋 長 ・ プ カ ハ ン タ 』ッ ッ ! !



  そして・・・!!

  この魔妖香酋長・プカハンタにして・・・!!


  巡りも巡った魔道の中で!!

  知 り え て 恐 れ た 『 悪 魔 の 頭 脳 』を、 今 こ の 時 の 標(しるべ)と し よ う ! !  」



       ー そう・・・!!


         それは『 悪 魔 の 頭 脳 を 持 つ 科 学 者 』・・・!!!



       ー その名も・・ッッ!!!




       『  D  r  .  劉  』 ・ ・ ・  ッ ッ ッ ッ ! ! ! ! ! !




    ・
    ・
    ・
    ・

    ・

    ・


    ・



そして、ワシ等は・・・。

かつてこのワシ『魔妖香酋長・プカハンタ』が、幾度となく『違法毒物』を作成し続けた『秘密結社ブラッククロス』を頼り・・・。

旧知『Dr.劉』と再会をした。

劉は『改造人間の素体になるのなら?』との条件を出し。
ワシ等はそれに『YES』と答えた。

劉はヂェロニモに『人体改造』を施す。
ヂェロニモは『鋼線(ワイアード)』と呼ばれる、強靭な肉体を手に入れた。

動物の細胞を組み合わせる事により、飛躍的に向上した”身体能力”で・・・。
ヂェロニモは『米国・地下プロレス協会』のリングにて、幾度と無くその手で『対戦相手を 殺 め た 』。

それが研究データを欲する『劉』の望んだ”成果(データ)”であり。
ワシ等もまた『白いタキシードのキザ男』を探し出すのに『金銭』を必要したからである。

ワシもまた『一族秘伝の薬学』を劉へと伝えた。

その事柄が一因となったのか・・・。
日々完成へと進む『劉クリーチャー(RC)』の研究に、劉は愉悦を覚えているようだった。


殺戮に次ぐ殺戮。そして仇を探し出す『復讐の日々』・・。

遂に『待ちも望んだその日』が訪れる。


白いタキシードのキザ男は『日本地下プロレス』の『常連客』である事を知る。
ワシ等は『この地、最早、用は無し』と、日本へ向かった。

米国・地下プロレスにて連戦連勝を続けたヂェロニモは、すぐにもさま『地下プロレスの絶対王者』との対戦が決まった。


そして・・・。

その日が『 訪 れ た 』。





・・・・
* Re: ギガント破壊指令 21話中編 ( No.4 )
日時: 2010/03/05 18:47 メンテ
名前: カジワラ






「レスラーへの賛歌 その8!」


「北斗の流星と呼ばれた、戦う国会議員へと!!」


「 ワ シ は 、 こ の 『 G I A N T  S W I N G  』 を 捧 ぐる ゥゥウウウーーーー ッ ッ ! ! ! ! 」



グォォオオオ オ オ オ オ オ オ オ オ オ オ オ オオンオンオンオンオ ンオ ン ン ン ン ォ オ オオ オ オ ! ! !



「貴様の口内ごと顎を掴みッ!」


「ワシの剛力で持って、振りまわし続ければッッ!!!」



「その肺に溜め込んだ空気を、声帯を通して吐きだす事は出来まいッッ!!!!」




「 『 ちぇりぃぃいいいぁぁぁあああ あ あ あ あ ああああ ーーーー ー ー ー ッ ッ ッ ! ! ! 』 」






グォォオオオ オ オ オ オ オ オ オ オ オ オ オ オオンオンオンオンオ ンオ ン ン ン ン ォ オ オオ オ オ ! ! !



     剛力に任しッ!


     ヂェロニモをブン回し続けるは『地下プロレスが絶対王者ァー!!』


     その名も『百文字 豪介ッ!』



   『 ” ジ ・ ハ ン ド レ ッ ド ”  で  あ ぁ ぁぁ あ ああ あ る ゥ ー ッ ッ ッ ! ! ! !  』




それを見やるは観客席!

魔妖香酋長・プカハンタは、驚きも慄いたッ!!


   ー 馬鹿なぁぁあああああああ!!!


     Dr.劉が創り出した超肉体!

     更には、一族が英雄!
     かつてアメリカ大陸を『その足のみで横断をした男!!』

    ”音を奏でる男”サンド・アパッチオが伝承の、必殺奥義『 ア パ ッ チ の 雄 叫 び 』を 屋 内 で 受 け て 、


     何 ぁ ぁ あ あ あ ああああ 故、 動 け る ぅ ぅ ぅ う う う う う う う う う う う う う う う ! ! ! ?



ああ、ほんの一瞬!

あと、ほんのもう一瞬あれば・・・!


『 断 固 相 殺 叫 技 !  ア パ ッ チ の 断 末 魔 ! ! 』


ヂェロニモが放たんとする『アパッチの断末魔』にて!

『白いタキシードのキザ男』もろとも、『 死 す 事 が 出 来 た 』の に ・・ ・ ・ ! ! !



    ー 止めろぉぉおおおおおお!!


    ー 止めろ止めろ止めてくぅれぇぇえええええええええええええええええ!!!!





 グゥゥウウウウウン!!(最後の一回転ッ!)


   ウォォオオオオオオオオオオ!!!!(剛力終着、遠心力となりてッッ!!!)




ゴォォォォォォォォオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!(観客席、目掛けてッ!!)




    ヂェロニモを、ブン投げッ! 放り飛ばしたぁぁああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!





「 『 ウ ラ ラ ラ ァァ ァ ァ ア ア ア ア ア ア ア ア ア ア ア ! ! ! ! 』 」(ヂェロニモは叫び声を挙げるッッ!!)







    ドッッ ッッ ッ パ ァ ァァ ァ ァ ァ ァア アアアアア ア ア ア ア ア ア アアア ア ア ア ア ン ン ンン ン ! ! ! !




    ・
    ・
    ・
    ・

    ・

    ・


    ・



破裂音がした。


そして次の瞬間。


真赤な液体と・・・。

千切れて、爆(は)ぜた無数の肉片が飛び散って。


  霧散をする・・・。




ネイティブ・アメリカン。

『ワイアード・ヂェロニモ』と呼ばれる男は・・・。


  もう其処には『存在しなかった。』



そして、彼と。


魔妖香酋長とが、憎んで止まなかった・・・。


復讐と運命との決着を、望んだその男・・・。


『白いタキシードもキザ男』もまた・・・。



も う『 其 処 に は 』・ ・ ・ ! !



  ー 王 者 が 下 し た 絶 対 の 審 判 は 、


  ー 我 等 の 意 す ら も 汲 み 取 っ た『 粛 清 』。



静寂。

どよめきすらも起こらなかった・・・。


* Re: ギガント破壊指令 21話中編 ( No.5 )
日時: 2010/03/05 18:50 メンテ
名前: カジワラ



    ・
    ・
    ・
    ・

    ・

    ・


    ・



この時・・・。

この老婆の胸に去来をしたモノは。


それは、実に『熱いモノ』であった。


同志・ヂェロニモを屠り去った、憎きは絶対王者(ジ・ハンドレッド)。

だのに彼奴に『敬意』を覚えてしまうのは『 何 故(なにゆえ)に ? 』



  ー それは・・・。


  『 取り戻してくれたからだ 』 。


    こ の 老 婆 の ・ ・ ・ っ 。



    一 族 の『 尊 厳 』 を ・ ・ ・ っ っ 。



  ー そして・・・。


    何よりも。


    何よりも。


    何よりも・・・。


  『 ワ シ は 、 百文字(ハンドレッド)を、 愛 し て し ま っ た の じ ゃ よ ・ ・ ・ っ 。 』



         ー それは、実に『熱いモノ』であったっ。


           女としての幸せなど、とうの昔に捨て去った、魔道を行く女、魔妖香酋長にして・・・っ。


           彼を想うと『 熱いモノが込み上げてくるのだ・・・っ!! 』



         ー 理解(わか)っている!


           彼とレディ(・ミィラ)との間に、踏み込めない事など!!


           だが・・・!


           彼等が月夜の下で、愛を語り合う『ロミオとジュリエット』ならば、


           私はその足元で咲く『月見草』でも構わない・・・!!!



             ー 私は彼の・・・!


               彼の側に居たいと思ったのだ!!



             ー 彼が『表の世界』で生きる事が『許されぬ体』のなら、私もまた『許されぬ体』となろう。


               何の伝手もコネも持たぬ男が、得たいも知れない金属で構成をされた『サイボーグ』と言う存在になると言う事。


               表の世界どころか、裏の世界でさえも『研究材料』とされかねないその体・・・!!!




                    ー  守 っ て や る ! 



                    ー  守 っ て み せ る ! !



                    ー  そ の 『 尊 厳 』を !



                    ー  そ の 『 生 き る 場 所 』を ! !




             ド ド ド ド ド ド ド ド ドドドド ドドド ドド ド ドド ド ド ド ド ド ド ド ド




                        そう、この時!!


                        響き渡る『邪曲』と!!!


                        生と死とが織り成した『鎮魂歌』が結末はッッ!!



                        魔妖香酋長・プカハンタの最も『熱いモノ』に、


                       『油をブチ撒けた』が如くの『大火の信念』を生み出す結果となったのであるッッッ!!!



                        何故に生き!何故に死すのか!!


                        目の前の鼻の先に迫りくる『殺戮ゴーレム』を前にし!!


                        切り抜けなければならない、その為に為すべき事があると、その事のみに集中をし、


                        雑念一つ無く、邪道外道も辞さずに、


                        手を染めてきた老婆の細胞に『最も熱いモノ』を灯した事によりッッ!!!




                        老婆はッ!



                        魔妖香酋長(プカハンタ)は!!




                 『  最 終 最 後 の 、” 覚 悟 ”が 完 了 し た ぁ ぁ あ あ あ あ あ ! !  』



               そ  れ  こ  そ  、 そ  れ  は  あ  あ あ あ あ あ  ああ あ あ あ ああ あ あ ! ! !






                          ・


                            ・
                        ・


                           ・


                         ・



                          ・


                          ・

                          ・


                          ・



                          ッ



                          ッ



                          !


* Re: ギガント破壊指令 21話中編 ( No.6 )
日時: 2010/03/05 18:51 メンテ
名前: カジワラ



「 『 イ ン デ ィ ア ン モ ノ 、 サ イ コ ォ ォ オ オ オ オ オオ オ オオ オ オ オ オ オ ! ! ! ! ! 』 」



   ー それは!!

     最も口にしたくない”言葉”にて、策を遂行する”覚悟”であった!!


    ”インディアンモノ、サイコォォオオ”の掛け声を皮切りに・・・ッ!!!


     魔妖香酋長(プカハンタ)は、息子の口から『耳』にした『ドス黒い悪意の塊(かたまり)の数々』をッ!!


     目の前で己の婚約者が『嬲(なぶ)られた挙句に殺された時』に耳した『D4C(いともたやすく行われるエゲツナイ行為)』をッ!


     もう二度と『耳にしたくない』『思い起こしたくない』『口にするなど持っての他』なその言葉の数々を・・・ッッ!!!




   ー 今 こ の 時 、『 口 に し た 』 ッ ッ ! ! !



        ッ



        ッ



        !



「 『 ヒヘラヒヘラヒケェェェェェ!!!!


    辺鄙な土地(世界の僻地)で、必死こいて原始生活(生きる)だなんて、”ニート”だって生きてるちゃあ生きてわぁぁあああ、ンンッッウゥーン!! 』 」



        ッ



        ッ



        !



「 『 ニートが先祖(曲)だの伝来(科学)だのと、なぁに、ちっぽけな『辺鄙な場所(僻地)』でカッコつけてんだい!!ハァー!クンカクンカ!! 』 」



        ッ



        ッ



        !



「 『 プレイ終了(死闘の果て)して、コレモンよのぉぉおおお〜〜〜!!!


    キザ男(侵入者)に婚約者(二人)は絶頂(殺され)て、『イッた表情(無様な姿)』晒してらぁぁあああ、オエップップ汚ったねぇ顔(死に方)ッッ!!! 』 」



        ッ



        ッ



        !



「 『  ケダモノ(足手まとい)ってより、ムシケラレヴェル(裏切り者レヴェル)じゃてぇぇぇええええええええええええ!!!!



     ムシケラ汚ねぇ( 大罪許しがたきは、裏切りモノよのぉぉおお、)



     殺 虫 ( 銃 ぅぅぅ 殺 ) じゃ あ あ あ ぁぁああ あ あ あ あ ああ あ あ あ あ あ あ ! ! !  』  」





                    バ キ ュ ー ン 、 バ キ ュ ー ン !



                    バ キ ュ ー ン 、 バ キ ュ ー ン ! !



                    バ キ ュ ー ン 、 バ キ ュ ー ン ! ! !



                    バ キ ュ ー ン 、 バ キ ュ ー ン ! ! ! !




                        そ の ・ ・ ・ 。




                  瞬 間 刹 那 で あ っ た ッ ッ ! ! !








        ゴ”ッ”ッ”ッ”ッ”





          キ”ィ”ヤ”ァ”ッ”ァ”ア”ア”ア”ア”ア”ア” ア ” ア ” ア”ア”ア”ア” ア ”ア ”ア” ! ” !” !” ! ”!”



                                ッ



                                ッ



                                !




          ーーーー  トテモ ニブイ ”オ ト” ガ、 ヒ ビ キ ワ タ ッ タ ・・・・ ! ! ! !  ーーーー

* Re: ギガント破壊指令 21話中編 ( No.7 )
日時: 2010/03/05 18:53 メンテ
名前: カジワラ



                                ・
                                ・
                                ・
                                ・

                                ・

                                ・


                                ・



                    老婆は苦悶の表情を、浮かべると共に、内 心 笑 み を 浮 か べ る 。


                    耐撃の百文字(ジ・ハンドレッド)と鷲鼻のバトゥロ(エイグロン)が、


                    その身を構成させる金属『スターシルバー』によって”過敏過ぎる神経”を持ち、その結果、


                    個々が持つ”肉体の限界”を超えたパワーを生み出すのと『 原 理 は、同(おんな)じ 』・・・。



                    銀装隠密(メタルハイド)オレグレイ・カレロフのサイボーグ能力、


                    背景の投影による”透明人間化”など『その副産物』に過ぎないのだ。



                    それは『筋力』では無く!



                  『 1 0 0 % の 意 志 の 力 ! ! 』


                    そ れ す な わ ち は 『 体 躯 内 の 念 動( サ イ コ キ ネ シ ス ) ! ! 』



                  『 念 動 に て 、 己 が ボ デ ィ を 動 か す 事 』に よ り ッ ッ ! ! !



                  『 筋 力 』 や 『 神 経 系 統 』 ッ ! !


                    い い や 『 体 格 の 限 界 』を も 超 越 し た 、



                  『  超  人  間  バ  デ  ィ  』が 形 成 さ れ る の で あ る ! ! ! !



                        ー そ れ は 、突 然 変 異 に よ り、


                          生 ま れ つ き ”黒 い 肌”を 持 っ て、


                          生 ま れ て し ま っ た 男 の 秘 め た る ”能 力 ” ッ ッ ! !



          ”精 神 感 応 能 力 者 ”オ レ グ レ イ ・ カ レ ロ フ だ か ら こ そ 出 来 た 奇 跡 の ”肉 体 ”! !




           QX団が総統!


           そしてレゼルヴェ計画発案者『Queen X(クイーン・エックス)』が、


           魔 妖 香 酋 長 プ カ ハ ン タ に 下 し た 、 極 秘 の 指 令 ぃ ぃ い い い ! ! !




           も う 一 つ の ”Q X 団 ・ 最 終 兵 器 ” の 『  完  成  ッ  ッ  ! ! !  』



        そ ・ の ・ 名 も ぉ ぉ おお お お お お お おお お お お お おお お お お お おおおおお ! ! ! ! !



                                 ッ



                                 ッ



                                 !




    ” 超 人 間 ( ギ ガ ン ト ・ バ デ ィ ) ” オ レ グ レ イ ・ カ レ ロ フ の『 誕 ッ ッ 生 』で あ る ッ ッ ! !




○『 QX団最終兵器  ー 超人間(ギガント・バディ) ー 』


 レゼルヴェ計画・極秘指令に基づき、本部の警備よりをも優先事項にして調整をされている、
 耐撃の百文字の戦闘データと、レディ・ミィラの科学力との結晶が生み出した、QX団が最終兵器ッッ!
『 超巨人(ギガント・マシィン) 』と対を為す、QX団もう一つ『 最ッッ終! 兵  器  』で あ る ッ ッ ! !


 その理論『精神感応能力者』のサイボーグ化!!

 たださえ少ない精神感応能力者の中から、千人に一人とも言うべき適合性ッ!

 更には『強い能力者ほど、適合をする訳ではない』と言う技術的問題も合わせ、
『非現実的な兵器』と言わざるを得ないモノも、非現実的であるが故に『現実となれば、驚天に動地ッッ!!』


 正に!『世界に打って出る作戦ッ!!』
『超人間』が『超巨人』を動かすその時!

 世界最強を誇る『KGF』とも、対等五分に戦えると踏んだのである!!



 そして!

 その最終兵器が今、完成をしたのである!!



 もう一度言おう!!


 その名もぉぉぉおおおおおおおおおおおお!!!



”超 人 間( ギ ガ ン ト ・ バ デ ィ )” オ レ グ レ イ ・ カ レ ロ フ の『 誕 ッ ッ 生 』で あ ぁぁあ る ッ ッ ! ! !






・・・・
* Re: ギガント破壊指令 21話中編 ( No.8 )
日時: 2010/03/05 18:55 メンテ
名前: カジワラ



ーーー→ 後編に続く。


『透明全裸で横たわる男』は、真の力を目覚めた!

そして目覚めた全裸ッ!オレグレイ・カレロフがッッ!!?
* Re: ギガント破壊指令 21話中編 ( No.9 )
日時: 2010/03/09 18:00 メンテ
名前: 春休戦

なん・・・だと。そう繋がったのか!!
侵入者(デスロイド)と立ち向かう者達、双方の覚悟が爆発的に向上してゆく回ですねぇ。
これは〆のオレグレイまで目が離せませんよ。 *

そしてそういうアツい展開の中で、こそっと『断 固 相 殺』て。一体、どこの南斗ですか。(w
しかしそんな『くすっ』とするネタもそのまま、アツさの一端を担ってるのが凄いんだよなぁ。 *
* Re: ギガント破壊指令 21話中編 ( No.10 )
日時: 2010/03/06 01:05 メンテ
名前: カジワラ

>>春休戦さん
引っ張りに引っ張っただけに、繋がりは当初予定した設定+αかつ大々的に行ってみました!
最終局面も近いと言う事もあり、双方最終決戦に向けて、意気も揚々、覚悟は完了、いざ行かんいざ迎え討たんと、
作者のテンションも引っ張られるよーな勢いで、意識が高まっていくカンジですねぇー!!

〆もお楽しみ下さいませ♪

断固相殺は、そりゃあーもうてなモンでw>南斗
ヂェロニモ自体、キン肉マンから来ているし、ワイアードはJOJOだし、此処まで来れば、もっとやっちゃえーてなノリですわw

「アツさの一端を担ってる」嬉しい限りです、今後もネタを散りばめていきたいと思いやーす♪
* Re: ギガント破壊指令 21話中編 ( No.11 )
日時: 2010/03/07 10:22 メンテ
名前: フィール

>その理論『精神感応能力者』のサイボーグ化!!

 たださえ少ない精神感応能力者の中から、千人に一人とも言うべき適合性ッ!

 更には『強い能力者ほど、適合をする訳ではない』と言う技術的問題も合わせ、

マハン「つまり適合しなかったけどオレグレイより強い精神感応能力者も組織に存在したという事、
そいつはこんな時にどこで何やってる?」
EEE「多分貴方の事ですよマハンさん」

ともあれ、復活ッ、オレグレイ復活ッ!今までギャグ要員だと思っていてすまんかったーっ!!

* Re: ギガント破壊指令 21話中編 ( No.12 )
日時: 2010/03/07 12:06 メンテ
名前: カジワラ

>>フィールさん

投稿設定読んだカンジでは「サイボーグ」になる事によって「精神感応能力者(=ジェルメイル限定?)」となったのかなと思ってたけど、
何か設定的に膨らみそうだったら、マハンさんの事でOKですよー。ってより、マハンさんの事にしちゃいましょう!!

こっち的には、研究過程で検体が居た事と、ドクトルベイベーとレディ・ミィラ自体、異星の科学知識があるから、こんな事が出来た程度にしか考えてないしねw
(お話的にも「現在は生存していないキャラ」+「組織自体壊滅」という前提があるから「無茶振り行ってみました」な事が出来たとも言う)w


んでもって、オレグレイ復活!!
ギャグ要員と思うのは仕方なし。だって全裸だし、気絶したまま起きないし、同性にLOVEだしと・・・すまなかったーって言うのは私の方じゃん!!?(死)

まぁあんまり話すとネタバレになるけれど、今後の展開も含めて『必要不可欠なキャラ』だったんで、出番遅らせた。・・は良いけれど、
話の内容が濃くなった分、存在感まで透明になっちゃったのはヤバかったなー。汚名返上の使命を帯びて、最後の後半を書いてなきゃーですねぃー!
* Re: ギガント破壊指令 21話中編 ( No.13 )
日時: 2010/03/07 14:57 メンテ
名前: fan

驚きの展開、酋長一世一代の毒・・・!
ついに戦闘体勢入ったオレグレイどうなるか楽しみでたまりません。
* Re: ギガント破壊指令 21話中編 ( No.14 )
日時: 2010/03/08 00:09 メンテ
名前: 手拭

オレグレイ復活!オレグレイ復活!オレグレイ復活!
超人間オレグレイ「してぇ・・・・シークレットペニ スしてぇ〜〜〜〜〜」

>QX団もう一つ『 最ッッ終! 兵  器  』
ただの透明変態全裸野郎じゃなかった!!
覚醒したオレグレイ覚悟完了のプカハンタわくわくが止まりません!!
* Re: ギガント破壊指令 21話中編 ( No.15 )
日時: 2010/03/08 01:19 メンテ
名前: カジワラ

>>ふぁんさん
驚きの展開アリですー♪
プカハンタは設定的に、今までのお話と接点を結び付けやすかったので『難しい役割』を担って貰ったと思いますね。

話的に参謀役が居なかったら、この流れが出来なかったろーし、参謀役にしても、立ち位置が『古参に相応しい設定』じゃ無かったら、
この展開には持っていけなかったと思うので、痒いトコロに手が届くキャラで、有難い限りと思う次第ですわー。

そして、オレグレイ・・・!
ようやくと言いますか、何と言いますか・・・ッ!!

後編と言うトリを務める訳で、こっちとしても、持ってきた設定は元より、彼らしさも意識しながら書いてきたいトロコですねぃー♪
(今日はあんま書き進まなかったら、明日以降頑張らにゃあだぜー)(ぉぃ


>>手拭さん
普通に大爆笑したじゃあないですかッッ!!!wwwwwwwwwwww>シークレットペニスしてぇ〜〜〜〜〜
もっと他にやる事あるよ!?こう、パンツ履くとか!!?<いえ、そーゆう問題ではありませんw

そんでもって、あいよ!!>最終兵器
詳しくは後編読んでのお楽しみですけど、ヒジョーに使い勝手の良い設定が盛り込まれていたので、
設定を貰った時から、この立ち位置まで持って行ければ良いなと書き進めていました<話の密度的にあっさり終わってたら無理だったから、あくまで『良いな』ってぐらいだけれど

覚醒!そして覚悟完了!!あとは書き進めるのみッ!
月曜を迎えるって言うのに、こんなにテンション高いのも久しいなw こりゃあやるっきゃねぇーなって気持ちですよーッッ!!
Page: [1]
 
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP
題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
添付FILE 文章合計600Kbyteまで
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

※必須
画像認証
     (画像の数字を入力)

   クッキー保存