window
トップページ > 記事閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加
* ギガント破壊指令 21話前編

日時: 2010/02/28 19:30 メンテ
名前: カジワラ

21話前編です。紡ぐは”生者”。
前話に引き続き、闇夜八行衆のデスロイドと投稿して頂いたキャラ達がメインのお話です。
この場面で次話に続くとしても良いのですが、頂いた感想的に『一か月待たすのも悪いな』と思うので、
引き続き後編の執筆に取り掛かります。

後編は3/7(日)の予定です。


それではどうぞ。
 
Page: [1]
* Re: ギガント破壊指令 21話前編 ( No.1 )
日時: 2010/02/28 19:08 メンテ
名前: カジワラ




それは美しい音色であった。
それは力強い音々であった。

それでいて、儚く。
それでいて、切なく。

かのようでいて、狂気に満ちた・・・。

一度でも耳にしたら、忘るる事なんて出来やしない、蒼くも深い『 鎮 魂 歌 』。


  ー 邪 曲 ・・・ 。


  ー 蒼 い 運 命 の 鎮 魂 歌 ( ブ ル ー デ ィ ス テ ィ ニ ー レ ク イ エ ム )


    E  E  E  (  エ  ロ  イ  ・  エ  チ  ャ  ノ  バ  ・  ア  イ  ザ  ッ  ク  )




 邪曲家(ダークフーゴー)の死体を中心に・・・。


『 半 径 2 0 m 』。


 今まさに『圧倒的なるは、 破 壊 の 空 間 』が 生 ま れ ッ !


 怪音波、流るるままに、邪 曲 が 、『 織 り 成 さ れ よ う と し て い た ・ ・ ・ ! 』



「・・・ッ!」


 デスロイドは、その鎮魂歌(レクイエム)をこう解釈する。


   ー 付かず離れずに・・・。

   ー 半径10mを破壊射程とする邪曲家(フーゴー)との小競り合いを続け・・・。

   ー 機を見る事、逸脱する事無く、敵者2名を撃ちて倒したその直後、故に・・・ッッ!!



「 回 避 不 能 ! 」



 デスロイドは分析を続けるッッ!!


   ー 損傷を覚悟するのなら。


    『電磁フィールド』による『 防 護 』は可能。


     だが・・・ッ!



「( 脚部『右』。)」


「( 破損確率100%。)」



   ー 先の戦闘。


     企業戦機(モビルスーツ)・ジャック=ダグラスが放った、


    『柔装甲(ジェルメイル)一点集中における、 左 下 段 の 廻 し 蹴 り 』を被弾した、


    『 脚部・右の、 関 節 部 』は・・・ッ!



     行動にこそ支障は無いが、如何に電磁フィールドを張ろうとも、


    『 圧倒的破壊空間 』とも言える『 この鎮魂歌(レクイエム) 』に対して、


    『 耐え得る事が 出 来 る 状 態 で は 無 か っ た ッ ッ ! ! 』



     そして、それが意味するモノは『 一 つ で あ る ッ ッ ! ! 』




「( 『 内蔵型爆撃ミサイル弾 ー 004(ハインリヒ) ー 』の、 誘 発 爆 発 ・・・・ッッ!! )」 



    ・
    ・
    ・

    ・

    ・

    ・



○『 内蔵型爆撃ミサイル弾 ー 004(ハインリヒ) ー  』


 脚部・右に内蔵された『 高性能小型ミサイル弾 』。デスロイド最大の攻撃能力を持つ『 必殺兵器 』である。
 直撃すれば自身をも破壊し得る『 爆発力 』を秘める為。「頑強な外殻」「透視機能へのジャミング」「電磁フィールド」・・・等々と。

 耐爆と誤爆に対して、二重三重の防護策が張り巡られている。が。
 しかし、この場合(ケース)・・!


   ー どれも、これも・・・!!


   『 その防護(意味)を為さないッッ!! 』


   ー そして、最悪なるは『 内部の爆発ッ!! 』


     頑強な外殻は元より、電磁フィールドもまた『 内部破壊を 止 め 得 る モ ノ で は 無 く ッ ! ! 』 


     全 て を 無 と 帰 す 『 誘 爆 自 爆 』と な る だ ろ う ッ ッ ! ! !



     そ・し・て ! !


     そ・れ・こ・そ、 そ・れ・は ぁぁあああああああああああ あ あ ああ ! ! ! !




「 『 任 務 失 敗 ! 』 」


 そう!

 それは任務失敗の意味を持つッ!


 殺戮を旨とするゴーレムッ!

 兵器の人間ッ!!


 デスロイドの電子頭脳は『 任務失敗 』との判断を下したのであるッッ!!



   ー そう判断をするのならッ!


     如何にッ!


     如何にッ!!



     如 何 に 痕 跡 を 残 さ ず に『 死 す る 事 、  最  優  先  ッ  !  』




   ー 元より『闇夜八行衆(アンノーセス)』ッ!


     元より『兵器の人間(サイボーグ)』ッ!



     死刑囚の身にして、自由其処に無し、死人に口無し、殺戮を旨とするゴーレムは・・・ッ!!


   『 不利益な情報を残して死ぬ、 自  由  す  ら  無  い  の  で  あ  る  ッ  ッ  !  !   』




「 機 動 停 止 ・・・ 。 」



  そして電子頭脳は”不利益な情報を残さぬ為”に『機動停止』の選択を行った・・・!

  数秒も満たない内に『圧倒的な破壊の空間』は、鎮魂歌(レクイエム)を奏でながら、己が身を包み、全てを無に帰す誘発爆発へと導く事だろう。


  痕跡を残さずに『 死 す る 事 ・・・ ! 』


  何一つとして問題は無い。

  何一つとして問題は無い。


  そう何一つとして。

  そう何一つとして・・・。


  その判断は概ね正しい。


  間もなく、デスロイドは無と化し、塵と化す。



  その判断は概ね正しい。


  その判断は概ね正しい・・。



  だが・・・ッ!


  誤 算 が あ る と す る の な ら ・ ・ ・ ッ ッ ! ! !




            ・
            ・
            ・
            ・

            ・

            ・


            ・



* Re: ギガント破壊指令 21話前編 ( No.2 )
日時: 2010/02/28 19:13 メンテ
名前: カジワラ



・・・・




○クロガネの賛歌・第3章 ー ギ ガ ン ト 破 壊 指 令  ー



  第21話「  邪 曲 ッ !  そ し て 、 紡 ぐ は ”生 者 ”ッ ッ ! !  」




・・・・







機動の停止。
脱力でもしたかのように、ダラーンと下げられたデスロイドの両の腕。

義手を掴んだまま・・・。
エネルギー熱線銃(ロイドガン)を露出したまま。

力無く下がった両の腕。


だが・・・。

摩訶も不思議な事に。

その姿から連想されるモノは・・・。

死の直前を予感する、蛇に睨まれた蛙の如き、

絶命の瞬間をただ待ちうるのみと言う『 絶 望 的 な 虚 脱 感 』では無く・・・。


溢るるは『生命力』。
迎え討つは『困難』。

見据えるモノは『その先』。

そして・・・!!


『 生 へ の 渇 望  ・・ ・ ッ ! ! 』


否(いや)。

アリエナイ話であった。


否(いいや)。

アリエナイ話で、無ければならない。



デスロイドとは・・。

殺戮を旨とするゴーレムとは・・・!


『死刑囚』、または『怪我によってもう戦場には戻れない者』の『 肉体を 素 体 し 、作りだされた 兵 器 の 人 間 』で あ る !


  ー 記憶、感情すべてが取り去られている。

  ー 体のいたるところに、数多くの内蔵武器を搭載している。

  ー 性能テスト兼、他のメンバーの戦闘データを取るため開発者の意向で八行衆に加えられている。


   ー 強化人間開発とほぼ同時期に行われた『兵器人間(サイボーグ)計画』で作られた『 試 験 体 』・・・。



     人間らしさ、生物としての意味合い、生きる事の素晴らしさ、その全てから『かけ離れた 殺戮を旨とする ゴ ー レ ム 』が・・・。



          ー 『任務失敗』と判断をし、『機能停止』を採択したにも関わらず、


             その身に溢るるは、無機質な『塊(かたまり)』では無く、生命力に溢るる『 魂(たましい) 』の 権 化 ・ ・・ ッ ! !



「 ・・・ッ! 」


 電子頭脳は『機能』を取り戻し!


 そしてこの現象を、否定する事無く『 ありのままに受け止めた!! 』



  IF(もしも)・・・。


  もしも、邪曲家(フーゴー)の戦闘方法が、データで測られるモノであったなら・・・。



  IF(もしも)・・・。


  もしも、教授(EEE)の最期が、死に恐怖をした無謀な行動と括れるモノであったのなら・・・。



    闇夜八行衆(アンノーセス)”殺戮ゴーレム”たる、デスロイドは、


    このような判断をしなかったであろうし、する意味すらも持たなかったであろう。


    だが・・・!


    今のデスロイドは『知り得ていた・・・!!』



    それは!



  『 人間とは! 』


  『 生きとし生ける者とは! 』


  『 例えその身を”機械化”させようともッ! 』



  『 困難に立ち向かい!


    勇気を持って、乗り越えていく!!



    溢れんばかりの、エネルギーに満ちた  ”奇 跡 の 存 在 ” で あ る と 言 う 事 を ッ ッ ! ! ! 』



  そして、デスロイドは『 こ う 理 解 す る ! 』



「 (これは体躯の慟哭。) 」


「 (それは体躯の欲求。) 」


「 (体躯は望まない・・・。) 」


「 (機能の停止を・・・!) 」


「 (『 再び死するその事を・・・!! 』 ) 」




    ー そうだ!


      体躯は、こうと叫んでいた!


      その細胞達は、こうも唸っていたのだ!!




     ”大脳が死にたいって、命令したって・・・ッ!”


     ”か弱く心臓が、鼓動を止めそうになったって・・・ッッ!!”



     ”体躯(おれたち)はッ!” ”細胞達(おれたち)はッッ!!”



     ” こんなにも 現在(いま)を、 生 き て い た い ん だ  ッ ッ ッ ッ ッ ! ! ! ! ”      


* Re: ギガント破壊指令 21話前編 ( No.3 )
日時: 2010/02/28 19:16 メンテ
名前: カジワラ



    ッ



    ッ



    !




この体躯・・!


この細胞・・ッ!



それは、自由を望んだ死刑囚の体なのか?

それとも「まだ闘いたい」と望む、再起不能(リタイヤ)した軍人の体を、殺戮ゴーレムと化したモノなのか・・?


・・・デスロイドは知り得ない!


知り得ない!

知り得ないが『理解』は出来た!!



 ー 『 どんなに記憶と、感情が取り去られようとも!! 』


   『 体 躯 は !  そ の 細 胞 達 は ・ ・ ・ ! ! 』



   『 生 き る 素 晴 ら し さ を 、 忘 れ る 事 は 無 い と 言 う 事 だ ! ! 』



         ー そ し て 、 生 き る 素 晴 ら し さ と は


         『 現 在( い ま )を 、 生 き 抜 く  素 晴 ら し さ ! ! !  』



         ー 歓喜も!欲望も!!


           慟哭も!絶望も!! 知 り 得 な い こ の 身 だ が ! ! !



         『 現 在 ( い ま )を 生 き る と 言 う 事 は 、


           素 晴 ら し い 事 で あ る と  理  解  が  出  来  た  ッ ッ ッ  !  !  !  !  』




              何 故 な ら 、 そ れ は ・ ・ ・ ・ ! ! !




                     ッ



                     ッ



                     !




「 『  肩 部 射 出 型 鋭 痺 地 雷 ( マ イ ン ・ パ ラ ラ イ ザ ー ) ! ! !  』  」




       シュババババババババ バ バ バ バ バ バ バ ッ ッ ! ! ! ! !



           ー 肩部の球体から、前方!!


             幾重にも幾重にも!!


            『 電 磁 地 雷 』よ、 射 出 に 連 出 ! !



           ー この地雷、特性特異にして、


             踏みしめた時に発する、そ の『 爆 発 現 象 』は ・ ・ ッ ! !



             体 躯 の 自 由 を 麻 痺 さ せ 、 奪  う  ッ ッ ! ! ! 




       ギュババババ バババ バ  ! ! !



       ギ ュ バ ォォオオオオオオ オ オ オオ ーーーー ー ー ー ー ー ッ ッ ! ! ! ! !




           ー 爆発!爆発!爆発!!


             爆(ば)ァァク 発(は)ァァツゥゥウウウウーーーーーッッ!!



           ー 幾重にも、前方射出した『鋭痺地雷(マイン・パラライザー)』は、


             迫りくる邪曲、鎮魂歌(レクエイム)『EEE(エロイ・エチャノバ・アイザック)』の怪音波によって『 爆 発 ! ! 』



           『 幾 重 に も 爆 発 を し 、 幾 重 に も 誘 爆 を 繰 り 返 す ッ ッ ! ! ! 』




       バォバ”ォ”ババォバ バ”ォ”バ”バ バォオ”オ”オ”  ! ! !



       オオ”オ”オ” ュ バ ォォオオ”オ”オ オ” オ” オ”オ” ーー ー” ー” ッ ッ” ! !” !” !”




           ー そして、巻き起こった『凄まじい爆発力』は、


             デ ス ロ イ ド を 吹 き 飛 ば す ッ ッ ! !



           ー 特性故、被弾したデスロイドの全身に『 多 量 の 電 流 』が流れた モ ノ も ・・・ ッ ッ ! ! !





「   『    電    磁    フ    ィ    ー    ル    ド    !    !    』    」




                     ッ



                     ッ



                     !




       バ ” リ ” バ ” リ ” バ ” バ ”リ ” ィ ” イ” イ ”



       バ ” リ ” ア ” バ”リ”ァ”ヴ” ァ ”ヴ  ” ァ ” ァ ” ア ” ッ ッ ! ! !




           ー 電磁フィールドを貼り、『電流を体外に流す事』で 軽 減 ッ !


             そして、これまでの挙動(ムーヴ)により、後部に吹き飛ばされた事により、


            『多少なりとて、怪音波が達するまでに 猶 予 が 出 来 た ! ! 』


* Re: ギガント破壊指令 21話前編 ( No.4 )
日時: 2010/02/28 19:18 メンテ
名前: カジワラ



        ・・・ィィィイイイイイン ( その合間、電子頭脳は思考をするッ! )



           ー 身に任すと言う言葉があるが。と。


           ー 赴くままに行動をしてみるモノだな。と。


           ー 鋭痺地雷(マイン・パラライザー)で受けた電流を、電磁フィールドによって体外に流す。


             無記載(ノー・データ)。


             こんな動き(ムーヴ)を、自分が起こせるだなんてな。と。



           ー そして、これまでの『 挙動(ムーヴ) 』があったからこそ、


             次の動作(ムーヴ)が行える。と。




                     そ れ は ・・ ・ ! !




             『 怪 音 波 』が『 空気の振動 』を通じて、迫りくる以上、



             『 空 気 の 壁 』を『 突 き 破 れ ば 』、『  事  は  済  み  ・ ・ ・ 。 』




               そ し て 、 宇 宙 全 域 、 空 気 の 壁、 突 き 破 る そ の 時 は ! !



             『 鋭 利 な 先 端 で 持 っ て 行 う 事 を  ” 良  し  ” と  す  る  ッ ッ ! ! ! 』




      『 V i m  ・・・ ッッ ! !  』 ( デ ス ロ イ ド の 両 眼 が 煌 め く ッ ッ ! ! )



      『 グ ゥ ・ ・・  ッッ ! !   』 ( デ ス ロ イ ド が 動 く ッ ッ ! ! )



      『 ゥ ゥ ウ ・・ ン ッッ ! !  』 ( 吹 き 飛 ば さ れ る ま ま 、 体 を『 水 平 』 ッ ッ ! ! ! )





            ー 『  頭 部 を 後 方 ! 爪 先 を 前 方 ! !



                 つまりは爪先を ”怪音波に向け ”、その状態にて ”バ ラ ン ス を 保 つ ! ! ”  』



            ー 『  そ し て 、 繰 り 出 さ れ る は 、 



                 デ ス ロ イ ド が ”内 蔵 兵 器 ィィィイイイイ イ イ イ イ イ ! ! ! ! ”  』




     ーーー  そ ・ の ・ 名 、もぉぉおおお お お お おお お お お お お お  お お お お お お おおお ! ! ! ! !






                          ・


                            ・
                        ・


                           ・


                         ・



                          ・


                          ・

                          ・


                          ・



                          ッ



                          ッ



                          !



* Re: ギガント破壊指令 21話前編 ( No.5 )
日時: 2010/02/28 19:19 メンテ
名前: カジワラ




   ーー「 『  ”変 足 尖 形 ”  ダ  ブ  ル ・ フ  ッ  ト ・ ド  リ  ル  !  !  !   』  」  ーー





  『ドリル』になったぁぁああああ あ あ あ あ ああ あ あ あ あ ああ あ あ ! ! ! ! !


     両脚合わせて、両尖端を『中央!!』


        付かずとも離れない、『双尖突起!!』


          破っても見せよう、『振動の音壁!!』


             準備は全ても、『整ったのである!!』


     後 は ひ た す ら 、 ド ド ド ド ド ・  ド  リ  ル ゥ ゥ ゥ ウ ウ ウ ウ ッ ッ ! ! ! !  



ドリドリドリドリドリドリドリドリドリドリドリドリドリドリドリドリドリドリドリドリドリドリドリドリドリドリドリドリィ!!!


ルドルドルドルドルドルドルドルドルドルドルドルドルドルドルドルドルドルドルドルドォォオオオオオオ オ オ オ オ オ オ ー ッッ ! ! !




           ー 突き破れッ!突き破れッ!突き破れッ!!


             突 き 破 れ ぇぇぇええええ え  ええ え え ーー ー ー ッ ッ ! ! !



           ー 鎮 魂 邪 曲 v s 二 つ の ド リ ル ! !


             振 動 破 壊 v s 物 理 の 壊 撃 動 ! !



           ー データにドコロか、有史にすら、有り得たかどうかすら、解らぬ『 衝 突 』だ !


             少なくとも『殺戮を旨とする、兵器の人間』に置いて、必要とされなかった『 行 動 』だ !



           ー だが、今、己(デスロイド)は、そんな行動を採択している!


             だが、今、己(デスロイド)は、そのような行動に『 現在(いま)を賭けているッッ!! 』



           ー 現在(いま)を!現在(いま)を!現在(いま)を!!


             現 在 ( い ま )を、 生 き る と 言 う 事 は ! ! !




                        人 間 と は !



                    生 き と し 生 け る 者 と は ! !



               例 え そ の 身 を 『 機 械 化 』さ せ よ う と も ・ ・ ・ ・ ッ ! ! !






     ギ ” ャ ” ル ” ギ ” ャ ” ル ” ギ ”ギ ”





                ャ”ァ” ア”ア” ル” ギ”  ャ” ァ” ル” ギ”






         ィ ” ィ ” イ ” ィ ” イ”ィ”ヤ”ァ”ァ” ル ” ゥ ” ウ ” ウ ” ゥ ”






                 ォ ” オ ” オ ” ォ”オ”ォ”オ” ォ ”オ  ” ォ ” ォ ” オ ” ッ ッ ! ! !






                          ・


                            ・
                        ・


                           ・


                         ・



                          ・


                          ・

                          ・


                          ・



                          ッ



                          ッ



                          !




                     そ し て 、 


                     そ の 結 末 と は ッ ッ ! ! !



                          ・


                          ・

                          ・





・・・・
* Re: ギガント破壊指令 21話前編 ( No.6 )
日時: 2010/02/28 19:20 メンテ
名前: カジワラ






シィンとした、その場。

秘密組織QX団が本部・大講堂。
総統『Queen X(クイーン・エックス)』の大声(たいせい)にて、全隊員への『号令』を主旨としていた、その『 廃 墟 』は・・・。



 ー 瓦 礫 と。


 ー 静 寂 と。



   そ し て ・・ ・ ・ 。




 『 両の脚にて佇む ”殺戮ゴーレム”デスロイド にて、彩 ら れ い た ・ ・・ ! ! ! 』




その身は無傷では無い。

その身は万全とは言い難い。


だが・・・。

絶命と判断した『圧倒的な破壊空間』を前にして、

『回避不能』の状況に陥った事を考え見れば『 奇 跡 の 生 還 』と言わざるを得ないだろう。



V i m ・・・。 ( デスロイドの両の眼が光る。 )



   ー ( 損傷率18.6528%・・・。 )



   ー ( 行動。任務遂行に問題無し。 )



   ー ( ・・!! )



   ー ( ・・・・ッッ!!? )




それは・・・。無意識の行動であった。


無意識が故に、電子頭脳(ずのう)は驚き。


無意識が故に、体躯は、そう『 行 動 を し た 。 』





          ・・・・・・  ス ゥ 。




                  そ れ は  ・・・・・・。






   ーーーーーーーーーー 『  ” 敬  礼  ” ー Salute ( サ ル ー ト ) ー  』 ーーーーーーーーーーーーーーーー





       ー 邪曲があった。



       ー ゴーレムが邪曲家を止むる時。



       ー 決した教授が、曲、紡ぎ・・・。



       ー 邪曲は最期の鎮魂歌を、奏で上げた。





         そして、その鎮魂歌は、死を悼み、死を惜しみ、死を慰めるモノだけに無くにもて・・・・。



         人としての死を迎えた者、兵器として甦った者をも、呼びて醒ましたのである・・・。




         そう・・・。


         呼び醒まされた者、その名・・・・。



          ・
          ・
          ・

          ・

          ・

          ・



      『  闇夜八行衆(アンノーセス)”殺戮ゴーレム”  デ  ス  ロ  イ  ド    』 





「 『 任 務 続 行 。 』 」



デスロイドはその手をおろす。


現在(いま)を生きる事は素晴らしい。
電子頭脳(ずのう)は、それが『真実』であるかどうかなど測りも知れない。

ノー・データ。

兵器の人間として必要としないデータであるからだ。


だが、現在(いま)。


現在(いま)の現在(いま)、デスロイドが感じる事は・・・・。



それは「震える体」と共に躍動をする『 ”生 命 の 咆 哮 ” 』



現在(いま)、自分は『生きているのだな』と感じられた。


それが『素晴らしい事であるな』と感じられた。



  ー 素晴らしい。


  ー 自分はこの言葉の意味を知らない。


  ー だが、この言葉が『浮かびては思い』、


    思いては『体躯が震え』、


    そして躍動をする『生命の咆哮』を覚えるのだ。




          『 生 き て い る の だ な 』と 感 じ ら れ る の だ 。



            そ れ が『 素 晴 ら し い 事 で あ る な 』と 感 じ ら れ る の だ 。





 ズシィ・・! (デスロイドは歩く!)


 ズシィ・・! (デスロイドは歩を進める!!)



  ー 任務を続行。


  ー 残り2名を削除する。


  ー 然る後に更なる指示を受ける為、『かの場所』にて待機をする。



 ズシィ・・! (デスロイドは歩く!)


 ズシィ・・! (デスロイドは歩を進める!!)




そして・・・。

邪曲にて呼び醒まされた者が、もう”二人”・・・。





・・・・
* Re: ギガント破壊指令 21話前編 ( No.7 )
日時: 2010/03/05 18:35 メンテ
名前: カジワラ


ーーー→ 中編に続く。


この全てを知りて得た『毒霧老婆』の胸中は如何に?

そして『透明全裸で横たわる男』は、その言葉を耳にした『瞬間刹那』・・・ッ!?

* Re: ギガント破壊指令 21話前編 ( No.8 )
日時: 2010/02/28 22:38 メンテ
名前: フィール

4人の戦いは無駄じゃ無かったっ!
デスロイドの外面だけでなく内面にも影響を与えた戦い、
これが残り二名との戦いでどう影響するか、そして現在の物語とどうつながって行くか凄く楽しみです!
* Re: ギガント破壊指令 21話前編 ( No.9 )
日時: 2010/02/28 22:50 メンテ
名前: 理海王

今更ながらTRPGネタかッ!!<蒼い運命の鎮魂歌
とっさに出たネタを使うなんて…カジワラさん恐ろしい子
* Re: ギガント破壊指令 21話前編 ( No.10 )
日時: 2010/03/02 01:51 メンテ
名前: カジワラ

>>フィールさん
ある程度の行動と、もって行く展開は決めていても、
最初からこの流れを決めていた訳では無いので、思いの外これまでの戦闘が繋がったカンジですねー。

受けたダメージとか行動とか・・。一個一個丁寧に読み直していったら、当初の予定よりも、ずっと内容の濃い話になってきているなと思いますね。
その分、もっとキチンと後の展開も書きたくなったので、こんな形にw

内容が濃くなった分、現在の物語に繋がるのは時間掛かっちゃうと思いますが、取りあえずは『残りの二名』。書いていきやしょう!!


>>理さん
実はTRPGネタなのだッ!!>蒼い運命の鎮魂歌
繋ぎ技程度に入れるかなと考えていたのに、凄い重要な設定になってて吃驚だよ!w

TRPGキャラ創ろう思ってて、何か延び延びになってるなー。まぁ、カットインも描かなきゃやし気長に考えるかー。


P・S
次回『後編』の予定だけれど、もしかしたら『中編』も入れるかも知れませぬー。
Page: [1]
 
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP
題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
添付FILE 文章合計600Kbyteまで
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

※必須
画像認証
     (画像の数字を入力)

   クッキー保存