window
 
トップページ > 記事閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加
* オーストリアよ、こんにちは 第5話

日時: 2016/03/11(金) 18:05:15 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022

第5話です。
ジークフリート=フォン=ラビット。

本日3/11は東日本大震災の日。
宮城県民として、この日思い黙祷を捧げます。

それではどうぞ。
 
Page: [1]
* Re: オーストリアよ、こんにちは 第5話 ( No.1 )
日時: 2016/03/11(金) 18:05:48 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022




・オーストリア TV局(ビル) ー ビスケットカデンツ放映場所 ー

壁画の男は…。

「ん〜〜〜〜。」

倒立(逆立ち)をする事で起き上がる。

「ジークか。君の事も良く見ていたよ。」


ジーク。

「気軽にジークと呼ぶなピョン!」


壁画の男は気にせず。

「でもねぇジーク。君の事よりも、私はうたのおねーさんが気になるんだ。」

「いい年した女性がそんな野暮ったい格好をして、とてもサワヤカな事ばかりしている…。」

「それが堪らなく凌辱欲(りょうじょくよく)を高めてねぇ。」

「キャベツ畑やコウノトリを信じている可愛い女のコに、

 無修正のポルノをつきつける時を想像するような下卑た快感さ…!!」

「そりゃあ勃起しますよ!乳首ビンビン丸じゃあありませんか!!」


ジークは吐き捨てる。

「クズがッ!」


壁画の男は倒立を止め、仁王立ちしながら、構わずこう言う。

「ジーク。君は私に倒されて、おねーさんがメス犬のよーな喘ぎ声を挙げるのを聞く。」

「さぁ…。S○X前の一運動だ…!!」

壁画の男が動き出した!!




            ・
            ・
            ・
            ・

            ・

            ・


            ・





・・・・




○クロガネの賛歌 第5章 “オーストリアよ、こんにちは”



 第 5 話 「 ジ ー ク フ リ ー ト = フ ォ ン = ラ ビ ッ ト 」




・・・・
* Re: オーストリアよ、こんにちは 第5話 ( No.2 )
日時: 2016/03/11(金) 18:07:02 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022







壁画の男は笑いながら近づく。

「アッハッハッハッハッハッハッハッハ!!」

「アッハッハッハッハッハッハッハッハ!!」

「ジーク!君は偉そうな態度をする中国拳法家や、

 マナーのなってないカスどもの駆逐をするのを得意とするが…。」

「規格外の私にどこまで通じるかな…?」


ジークは答える!!

「クズは黙っていろッ!!」

壁画の男は左フックを繰り出す!!

「ほぅら!くらえ!!」

 ヒ

 ュ

 !

ジーク!!

「馬鹿が!!」

左フックの内側に入り込み、そのまま壁画の男の左膝(ひざ)を巻き込む!!

“ ビ ク ト ル 式 膝 十 字 固 め ” で あ る ! !

 ガ

 シ

 ィ

ジーク!!

「今考えていることの逆が正解だ。でもそれは大きなミステイク。」

「お前には打撃すら生ぬるい…!骨を折らせてもらう。」

「 私 が ア ン チ ェ イ ン だ ! ! 」

ジークは壁画の男の左膝を思い切り捻(ねじ)ったッ!!

 そ

 の

 時

 で

 あ

 っ

 た

 !

メ コ ゥ … ! !

何とも間の抜けた音がする!!

ジークは違和感を感じる!!

「折れぬだと?」

壁画の男は答える。

「私はね。超軟体生物なのだ。」

「骨あるが自分の体を折り畳む事が出来るぐらい柔らかいのだよ♪」

「残念だったねぇ、ジークくん♪♪」

ジークはこう言う。

「何を粋がっている?なら洒落にならんぐらいに捻(ひね)ってやるぜ…!!」

 ス

 タ

 !

ジークは立ち上がり!

グルグルグルグルグルグルグルグルグルグル!!

壁画の男の股関節を支点に左脚をグルグルと捻りに捻った!!


壁画の男!

「ほう、面白い。捻り続けてみろよ。」

然る後に!!

 ブ

 チ

 ィ

 !

壁画の男の左脚は千切れた!!

ジークはその左脚を捨てながらこう言う!!

「パワーこそが全てだ!見たまえ、この逆三角形を!!」

 し

 か

 し

 !

ヒ ュ ン ! !

捨てた壁画の男の左脚が、元の箇所へと飛び戻る!!

そして!!

シ ュ オ ン … ! !

再 び 繋 が る ! !


壁画の男は得意げにこう言う。

「超再生能力だ♪」

「四肢が千切れ飛んでも、くっつける事で元通りになるんだよ♪♪」

 ス

 タ

 !

壁画の男は立ち上がる。

「解ったろ?君は私には敵わない。私とおねーさんのS○Xを黙って見てろよ、兎。」

 ガ

 シ

 ィ

 !

ジークが壁画の男の両肩を掴む。

そしてこう言う。

「 バ  カ  だ  ぜ  ア  ン  タ  ! ! ! ! ! 」

      ッ

      ッ


   ゴ” キ” ュ” ッ ッ ! ! ! ( ジ ャ ガ っ た ッ ッ ! ! ! )



   ゴ” キ” ュ” ッ ッ ! ! ! ( ジ ャ ガ っ た ッ ッ ! ! ! )



ゴ” ッッッ  キ” ュ”ウ”ウ”ウ”ウ”ゥゥ ウ ウ ウ ッ ッ ! ! ! ( ジ ャ ガ っ た ァ ァアア ア ア ッ ッ ! ! ! )




 ジークは、その豪力にて!


 壁 画 の 男 を !

 『 ジ グ ザ ク に、 押 し 潰 し た 』の で あ る ッ ッ ! ! !




壁画の男は潰れた蛙みたいな声でこう言う。

「出た。ジャガる。だが残念ながら、大きなダメージは…!!」

ジークは更に潰し続ける!!

     ッ

     ッ

 ゴ ” ギ ” ュ ” ゴ ” ギ ” ュ ” ゴ ” ギ ” ュ ”

 ギ ” ュ ” ゴ ” ギ ” ュ ” ゴ ” ギ ” ュ ” ゴ ” 

     ッ

     ッ

 ゴ  ”  ギ  ”  ュ   ”  ラ  ”

     ッ

     ッ

壁画の男は!

「 グ ボ ォ ! ! 」

吐血する!!


ジークはこう言う!

「そこを通すんだ!コイツを倒すにはここじゃ手狭だピョン!!」

「 ち ょ っ と 屋 上 に 行 っ て 来 る ! ! 」


 ダム! ダム! ダム! ダム! ダム! ダム! ダム! ダム! ダム!


ジークは潰れた壁画の男の体を、バスケットボールの如く、操りながら、

階段で、屋上へ向かい走って行った!!


うたのおねーさん!

「頑張って〜!ジークー!!」


ジーク!!

「任せるピョン!!」


子供達も応援する!!

「「「ジーク!ジーク!ジーク!ジーク!ジーク!ジーク!ジーク!ジーク!ジーク!ジーク!」」」


スタッフも応援する!!

「「「頼んだぜぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!ジィィィィィィィィィィク!!!!」」」


皆の声援を後にして、ジークはビルの屋上へ向かった!!





・・・・
* Re: オーストリアよ、こんにちは 第5話 ( No.3 )
日時: 2016/03/11(金) 18:08:53 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022






・オーストリア TV局(ビル) ー 屋上 ー


ベンキマンに肉団子にされた超人の如く球体になった壁画の男はこう言う。

「ダメージはある。」

「しかし、回復力が追いつくだろう。」

「私は規格外なのだよ。こんなトコロに来ても無駄だよ、ジーク。」


ジークはこう返す。

「君はとんでもないことをしてくれたね。私に殺意を感じさせたのだから…。」

「うたのおねーさんに対する、様々な卑猥(ひわい)な言葉の数々…。」

「  最  早  許  し  難  い  ッ ッ ッ ! ! !  」


ギ ” ュ ” ン ” (ジークは!)

ギ ” ュ ” ン ” (壁画の男を!)

ギ ” ュ ” ン ” (思い切り“ジャイアントスイング”する!!)


    ッ

    ッ


ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ”


    ッ

    ッ


ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ”


    ッ

    ッ


ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ”


    ッ

    ッ


ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ”


    ッ

    ッ


ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ”


    ッ

    ッ


ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ” ギ ” ュ ” ン ”




   何 回 転 も !


       何 回 転 も !


           何 回 転 も !


               何 回 転 も !







     ギ ” ュ ” ウ ” オ ” ォ ” オ ” オ ”オ ”





                ギ”ュ” ル”ル” ル” ル”  バ” ォ” ゥ” ゥ”






         ウ ” ウ ” ウ ” ウ ” ゥ”オ”ォ”オ”ォ” ン ” オ ” ォ ” ン ” オ ”






                 ン ” ォ ” ォ ” ォ”オ”オ”ォ” ン ”ン  ” ゥ ” ォ ” ォ ” ッ ッ ! ! !




                    ー それは凄まじい回転であった!!

                    ー 竜巻でも起きんが如くの回転であった!!


                    ー 回転は遠心力を生み!!

                    ー 遠心力は臨界点に達しッ!!


                        “パ”

                        “ァ”

                        “ン”

                        “ッ”

                        “!”


 壁 ” 画 ” の ” 男 ” は ” 思 ” い ” 切 ” り ” 飛 ” ん ” で ” っ ” た ” ! ” ! ”


         ッ

         ッ


  ー ジークフリート=フォン=ラビットの恐ろしさは此処からである!!
* Re: オーストリアよ、こんにちは 第5話 ( No.4 )
日時: 2016/03/11(金) 18:09:52 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022


「ピョン。」


ドッヒュォォオオオオオオオオオオオオ!!!


ドッヒュォォオオオオオオオオオオオオ!!!


ビルからビルへと!

跳びて移りながら、

己が放りて投げた壁画の男を追う!!


そしてやがて追いつき…!!


「ピョン。」


ズドォォオオオオオオオオオオオオオオ!!!


壁画の男に頭突きを見舞う!!


グォォオオオオオオオオオオオオオオオ!!!


壁画の男は更に飛ぶ!!


ドッヒュォォオオオオオオオオオオオオ!!!


ジークはそれを追う!!


「ピョン。」


ズドォォオオオオオオオオオオオオオオ!!!


頭突く!その繰り返しである!!


ズドォォオオオオオオオオオオオオオオ!!!


最中こう言う…!


ズドォォオオオオオオオオオオオオオオ!!!


「人は兎には勝てない…。」


ズドォォオオオオオオオオオオオオオオ!!!


「太気拳もコマンドサンボもやってない兎にだ。」


ズドォォオオオオオオオオオオオオオオ!!!


「ならばどーする?」


ズドォォオオオオオオオオオオオオオオ!!!


「 な っ ち ま え ば い ん だ よ  兎  に  ! ! !  」


ズドォォォォォォォォオオオオオオ オ オ オ オ オ オ オ オ ! ! !


壁画の男は、いつの間にか田舎町まで飛ばされていた!!

そして、山の麓(ふもと)に達した時!!

ジークはこう言う!!

「オーケーオーケー。これから君は大変なことになるがいいかね?」


壁画の男は!!

「フ…ゴ…!フゴ…ゴ…!!フゴ…!!!」

最早言葉すら発する事が出来ない!!


ジーク!!

「 こ れ が お 前 の “ シ リ ア ス プ ロ ブ レ ム ” だ ぜ ! ! 」





     ズ ” ッ ” ッ ” ッ ” ッ ” ッ ” ッ ”ッ ”





                ド”ォ” オ”オ” オ” オ”  オ” ォ” ゥ” ゥ”






         ウ ” ウ ” ウ ” ウ ” ゥ”オ”ォ”オ”ォ” ン ” オ ” ォ ” ン ” オ ”






                 ン ” ォ ” ォ ” ォ”オ”オ”ォ” ン ”ン  ” ゥ ” ォ ” ォ ” ッ ッ ! ! !



                   ー ト ド メ の “ 零 距 離 頭 突 き ”


                     哀 れ 壁 画 の 男 は 、 地 面 と 激 突 し … ! !





    ドッッ ッッ ッ パ ァ ァァ ァ ァ ァ ァア アアアアア ア ア ア ア ア ア アアア ア ア ア ア ン ン ンン ン ! ! ! !





破裂音がした。


そして次の瞬間。


真赤な液体と・・・。

千切れて、爆(は)ぜた無数の肉片が飛び散って。


  霧散をする・・・。



これには、流石の壁画の男も死した…。


  か

  に

  見

  え

  た

  !


 ズリ…

   ズリ…

     ズリ…


 肉片が集まる…!!


 再び再生を始める!!


 ジーク!
「何度でも破壊してやるピョン。」

 コキ!コキ!

 首を鳴らして、近づこうとするその瞬間。


 ???
「ワシも手伝おうジーク。」

「ソイツが脱走した時点で、

 壁画の男の始末を

 ルドルフより依頼されておる。」


 ジーク!
「百文字か!」


 百文字!
「気を付けよ。ヤツは“砂神嵐”と言う技を持っておるぞ…!!」

 レゼルヴェ国の真の首相!
“耐撃の百文字”の登場であるッッ!!!







* Re: オーストリアよ、こんにちは 第5話 ( No.5 )
日時: 2016/03/11(金) 18:11:22 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022

ーーーーーー





 ・・・続く。



* Re: オーストリアよ、こんにちは 第5話 ( No.6 )
日時: 2016/03/11(金) 20:20:38 メンテ
名前: 春休戦

刀語のワンシーン「死なないからって、殺し続けて死なない訳じゃないだろう?」を思い出すジークの猛攻!
つーかジークってばマジに化学ニンジャ四天王達と素で殺り合っても、状況と相手にもよるが勝てるんじゃね?

「オーケーオーケー。これから君は大変なことになるがいいかね?」
・・・も何も、普通ならばとうの昔に大変な状況ですがな。(www

この状況で“砂神嵐”を出せるかどうかも疑問ですが、百文字の参加はダメ押しだよなぁ。
“規格外”を誇る“壁画の男”に誤算があったとすれば、ジークもまた“規格外”だった事。
そこへ同等以上の“規格外”の百文字が来たとなれば・・・哀れすぎて何も言えネェ。

“壁画の男”がどういう足掻きを見せるか。成るか?ジーク&百文字の合体技?など次回にも期待しまする。(^^)
* Re: オーストリアよ、こんにちは 第5話 ( No.7 )
日時: 2016/03/12(土) 00:58:31 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022

>>春休戦さん
正に猛攻ですね。攻撃の嵐、回復能力を超えた攻撃の数々。
それは正に規格外と言っても過言ではない攻撃だと思います。
化学ニンジャ四天王達と殴り合うとどうなるか?まぁ、やはり
状況と相手にもよると思いますが、有利に運べるのではないでしょうか?

オーケーオーケーはそうですねwもう大変な状況ですねww
まぁミンチになる前だから言った訳ですが、普通ならとっくに死んでますねw

砂神嵐は、初見殺しな側面がある技なので、結構重要な情報だったりします。
まぁ出せるかどうかは疑問もあるトコロですが、直撃すれば、
一発逆転も大いにあり得る技だなと。

確かに壁画の男の男に誤算があるとすれば、ジークも規格外な事ですね。
そして百文字までやってきたとなっては、流石に分が悪いか壁画の男?

うい、次回もお待ち下され〜!!
* Re: オーストリアよ、こんにちは 第5話 ( No.8 )
日時: 2016/03/12(土) 08:54:14 メンテ
名前: ふぁん

今更だけど戦いの次元が違いすぎる…!
それだけやっても死なない壁画の男がマジ超越者で……
そして迎えたジークと百文字の共闘展開に期待大です!
S○Xなどさせない!
* Re: オーストリアよ、こんにちは 第5話 ( No.9 )
日時: 2016/03/12(土) 11:58:37 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022

>>ふぁんさん
相手が規格外だけなあって、戦い方も規格外ですね。
そもそも関節技が効きませんからね、
大味な戦い方になっています。

柱の男には波紋と太陽の光と言う弱点があり、
それらを喰らうと回復力がおっつかなくなりますが、
壁画の男はそれがないですからね。厄介な相手です。

あいよ!ジークと百文字の共闘期待して下され〜!!
ノーモアS○X!!
* Re: オーストリアよ、こんにちは 第5話 ( No.10 )
日時: 2016/03/12(土) 16:40:04 メンテ
名前: 手拭

規格外を追い詰める怪力無双!
怒涛の展開に感想が追いつかない!
追いつかないので気が付いたら絵を描いていた
超スピードとか(ry
ただただカッコいい!ジークフォンラビット!

そして来週は百文字との共闘!楽しみすぎます!
* Re: オーストリアよ、こんにちは 第5話 ( No.11 )
日時: 2016/03/12(土) 18:15:12 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022

>>手拭さん
追いつかない感想が生み出したモノがあの雄々しきジークなのか!!
熱い!熱過ぎるッ!!なっちまえばいんだよ、兎にッ!!
規格外を追い詰めるのは怪力無双!!力こそが戦闘の原点!!
超軟体も超回復にも怪力無双には敵わないッッ!!!
カッコ良いありがとうございます〜!!!

来週は百文字との共闘です!楽しみに応えられるよう頑張ります!!
* Re: オーストリアよ、こんにちは 第5話 ( No.12 )
日時: 2016/03/12(土) 22:02:09 メンテ
名前: 理海王

ジーク!ジーク!ジーク!ジーク!ジーク!ジーク!
ジーク!ジーク!ジーク!ジーク!ジーク!ジーク!
ジーク!ジーク!ジーク!ジーク!ジーク!ジーク!
ジーク!ジーク!ジーク!ジーク!ジーク!ジーク!
ジーク!ジーク!ジーク!ジーク!ジーク!ジーク!
ジーク!ジーク!ジーク!ジーク!ジーク!ジーク!

※細かい感想など無用だ!俺の熱い応援を受けっ取ってくれい!
* Re: オーストリアよ、こんにちは 第5話 ( No.13 )
日時: 2016/03/12(土) 23:51:27 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022

>>理海王さん
熱い応援ッ!受け取ったぜぇー!!理さんッ!!!
Page: [1]
 
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP
題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
添付FILE 文章合計600Kbyteまで
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

※必須
画像認証
     (画像の数字を入力)

   クッキー保存