window
 
トップページ > 記事閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加
* 黒の旋風 破血の巻

日時: 2016/02/14(日) 21:07:35 メンテ
名前: ふぁん

いろいろ設定が開示される回

ここまでの黒の旋風
序【http://bbs12.aimix-z.com/mtpt.cgi?room=karakuri&mode=view&no=365
壱【http://bbs12.aimix-z.com/mtpt.cgi?room=karakuri&mode=view&no=370
弐【http://bbs12.aimix-z.com/mtpt.cgi?room=karakuri&mode=view&no=372
惨【http://bbs12.aimix-z.com/mtpt.cgi?room=karakuri&mode=view&no=375
死【http://bbs12.aimix-z.com/mtpt.cgi?room=karakuri&mode=view&no=379
伍【http://bbs12.aimix-z.com/mtpt.cgi?room=karakuri&mode=view&no=381
六【http://bbs12.aimix-z.com/mtpt.cgi?room=karakuri&mode=view&no=383
死地【http://bbs12.aimix-z.com/mtpt.cgi?room=karakuri&mode=view&no=385

四天王キャラ募集はまだいちおうやってます【http://bbs12.aimix-z.com/mtpt.cgi?room=karakuri&mode=view&no=382
 
Page: [1]
* Re: 黒の旋風 破血の巻 ( No.1 )
日時: 2016/02/14(日) 21:09:29 メンテ
名前: ふぁん

〜〜破血の巻 「ハラキリ・アンド・ニンジャ(後編)」〜〜


「“シルバー四天王”デッド・イーグル。自己批判せよ」

そこは化学ニンジャ隊の本拠地『機岩城』。その大広間にて、ある弾劾が行われていた。
居並ぶ面々は“四天王”“シルバー四天王”“暫定四天王”などの上級忍者ばかりである。
彼らに威圧されながら、広間中央ではデッド・イーグルが陳述を始めるところだ。

「自分、デッド・イーグルはマスク・ド・サンキスト・BOの援護に間に合わず、おめおめと手ぶらで帰りました。
 その後の日本軍基地への工作にも失敗し、一人で逃げ帰りました……。
 更に、ほぼ毎日新聞社の幹部の拉致計画も失敗し、化学ニンジャ隊の名に泥を塗りました」

三度立て続けの任務失敗を自己否定として述べさせられるのは、とてつもない屈辱であった。
これらの任務失敗はいずれも黒装束の男――化学ニンジャ隊を執拗に狙う忍の妨害によるものだ。
デッド・イーグル以外にも幾人もの工作員が奴に倒されている。

「どうでしょう。シルバー四天王の地位、デッド・イーグル殿には重いように思えます」

口を開いたのは女性のサイボーグ忍者だ。しかしその身体は浮遊椅子に固定されて、腕が六本と見るからに異様である。

「まず降格は間違いないな。組織へのケジメを付けるため然るべき処罰も必要だ」

酷薄な声。こちらはしなやかな長駆をビーズの散りばめられた装束に包む忍者だ。顔には金色のペイントを施しており、実際忍んでいない。

「残念ですが私も、スパイダー・クィーンさんとダイアモンドパープルさんに同意ですね。
 イーグルさんは一からやり直してもらうべきです」

物腰の柔らかなのはスーツを着たサラリーマン風の男である。
忍には見えない場違いな格好だが、そんな人物がこの場に居合わせている事実こそが、彼の非常ならざる内面を示唆している。

「甘い、甘いわセンセイ! コヤツには化学ニンジャを名乗る資格はない!
 仲間を死なせておめおめと逃げ帰ったのじゃ、即刻厳罰に処すべし!」

老婆のしわがれた声が容赦なく突き刺さる。
この忍は魔女のようなシルエットをして屈んでいるように見える。だが実際には、下半身が無限軌道の無慈悲で無骨なサイボーグ戦士なのである。

「(ボソ)切腹でしょう……」

いま一人スーツ姿の忍が呟く。これを聞いたデッド・イーグルは蒼白になり、一同にもどよめきが広がった。

「切腹ですか……」
「ああ切腹! こいつは切腹ものだな!」
「切腹じゃあ!」

衆議は次第にデッド・イーグルへ極刑を下す意見が増えだした。

「然り、切腹してもらいましょう」
「切腹!」 「切腹!!」 「切腹せよ!!!!」

広間は切腹コールに染まってしまった。
プレッシャーに耐えかねたデッド・イーグルは、震える手で短刀を抜くと躊躇いながらも腹に当てた。
弾劾者たちも口を閉じそっと見守った。
その時――

「やめよ、デッド・イーグル」
* Re: 黒の旋風 破血の巻 ( No.2 )
日時: 2016/02/14(日) 21:16:13 メンテ
名前: ふぁん


地の底から響くような声。集団でプレッシャーを掛けてきた忍たちも、これには一斉に静まり返った。
声の主は化学ニンジャ隊首領、機械将軍である。

「デッド・イーグルよ。皆の言うとおりそなたの度重なる失敗は許し難い。
 だがしかしな、そなたの今までの功績と、そして得難い才能は失うわけにはいかぬ。
 いま一度挽回の機会を与えよう。それまでに傷を癒やし、研鑽を積んでおくように」
「はっ……ハハァ!」

地に頭を打ちつけるデッド・イーグルはほぼ泣き出していた。
彼は機械将軍への忠誠を篤くすると同時に、黒装束の男への憎悪を燃やすのだった。



物影から様子をうかがっていた人影が身じろぐ。

「将軍も甘いよねえ。あんなやつ切り捨てちゃえばいいのに」
「……」

まだ少年じみた忍のあっけらかんとした言葉。
サイバーゴーグルの忍は無言で応じる。
さらには斧を携えた戦士、ガスマスクをつけた迷彩男、筋骨隆々のレスラーじみた忍など、ここには色とりどりの忍がひしめいている。

ここは化学ニンジャ隊の本拠地『機岩城』。機械仕掛けの陰謀が渦を巻く場所……。


◆◆◆◆◆


日本防衛軍基地。

日本防衛軍空軍長官・柳生月心斎は部下一人を連れて、情報部の一室を訪ねていた。
出迎えた情報部の一色一佐は寡黙で表情に乏しく、事務的な軍官僚という印象を与える。

「長官、本日はどのような用件でしょう?」
「なぁに、ちょっと雑談しに来ただけだよん」

月心斎はひょうひょうとしているが、一色の表情は動かない。
従卒が出したお茶をすすった後、月心斎は話を切り出した。

「君に聞いてみたいことがあってね。数日前、夜の散歩をしていたら、ちょっと興味深いものを見たよん。
 そう、あの工作員が侵入した日だ」

それはデッド・イーグルたちが防衛軍の基地に忍び込み、黒装束の男と月心斎に返り討ちにあった日のことだ。

「報告したから聞いてると思うけど、その黒尽くめの男。彼の使っていた技が話にだけ聞いた体術と似ていたんだよね」
「ほぅ……それは如何なるものです?」

一色がやや関心有りげに問う。

「……“ 大 日 本 帝 國 忍 者 ”」

月心斎の発した言葉に、一色は凍りついたように静止した。
なぜ月心斎はこの話題を彼に持ち込んだのか?
それは、情報部所属・一色重蔵にかねてより流れる噂……彼が“忍者”であると聞き及んだからだ。

「大日本……帝國忍者……」
「帝國忍者? 皇国忍者のことですか?」

月心斎の部下が素人くさい質問をした。彼が言っているのは小説や映画で有名な『皇国の忍者』のことだ。

「ほっほっ、それは作り話の忍者だがな。その元になった影の忍たちが旧世紀には実在したのじゃよん」
「あれは与太話じゃなかったと言うのですか長官?」

「左様、帝國忍者は実在しました」

一色である。その言葉には明確な断定の意志があった。

「少々長くなりますが……」
* Re: 黒の旋風 破血の巻 ( No.3 )
日時: 2016/02/14(日) 21:17:54 メンテ
名前: ふぁん


前置きして一色が語る。



日本国が『大日本帝國』を名乗っていた旧世紀以前。帝國を影から支える忍者集団が存在した。
その起源は聖徳太子の用いた忍たちと言われ、大化の改新、蝦夷征討、源平の合戦、南北朝の騒乱、戦国時代と、朝廷を支え続けてきた。

彼らは朝廷と天皇家に仕え、時代の変わり目に必ず現れては数々の事跡を残してきたという。
例えば平将門や源頼朝、足利義満、織田信長などの死には忍者が関わっていると言われる。
また、日本の実力者たちが朝廷に取って代わろうとしなかったのは、朝廷の忍たちを恐れたからだといのが歴史家の共通見解だ。

そして明治維新を迎えた。通説では江戸時代の終わりとともに忍の役目も終わったとされるが、事実は異なる。
忍びたちは形を変えながら時代を生き抜き、現代でも『甲賀モクモク衆』や『虎隠衆』などが活動を続けている。
中でも、朝廷の忍と日本中から選抜された腕利きの忍が再編され、帝國を守る忍集団“大日本帝國忍者”が誕生したのがこの時代だ。
近代化をすすめる日本の裏でも彼らは暗躍し続け、西南戦争や日清、日露戦争でも彼らの諜報と工作術は重宝された。

二十世紀、第一次世界大戦が勃発。
この時、戦争の影で各国の諜報員や工作員、そして忍者たちが世界規模で激闘を繰り広げ、その戦いは“ワールド・ニンジャ・ウォー”と呼ばれるようになった。
一連の戦いで帝國忍者たちは、中国の黒龍忍者、ロシアのコサック忍者、ドイツのゲルマン忍者などと戦い、世界にその名を轟かせていた。

さらに第二次世界大戦。
戦いの規模は一層広がり、“ワールド・ニンジャ・ウォー2”が繰り広げられた。
帝國忍者はゲルマン忍者、イタリアのローマ忍者らと枢軸同盟を結び、連合国を震え上がらせたが……。
その結果は歴史の示す通り……日本やドイツ、イタリアは次々と降伏していき敗戦。今の歴史につながっている。




「……では一色一佐。柳生長官が見たのは大日本帝國忍者の、その……末裔ということですか?」
「あれは中々の使い手だったよん」

月心斎とその部下が一色に問うたが、彼は首を横に振った。

「残念ですがそれはあり得ません。帝國忍者はもうこの世にいないのです」

帝國忍者闇の歴史には続きがあった。
ワールド・ニンジャ・ウォー2に敗北した日本。無条件降伏を伝える天皇陛下の玉音放送がラジオから流れたあの日。
帝國忍者の全ての忍たちは皇居の方角を向いて集団自決を遂げたのだ。
彼らの歴史はそこで終わり、以後歴史の裏表いずれにもその名が現れることはなかったという。

「彼らの系譜は絶たれ、その技は伝聞でしか伝わっておりません」

一色一佐は帝國忍者に関する資料の存在を幾つか示したが、彼らの存続については最後まで否定的だった。

「帝國忍者はいない……か」
「ですが、その人物の行方は情報部も追跡してみます」
「うん、よろしく頼むよん」

月心斎はその場を辞した。
彼らを見送った一色は、席に戻ると一人黙考した。

(彼らが今の時代に生き残っているはずはないのだ……)

ただ伝聞からそう思うのではない。情報部だけでなく一色自身も、帝國忍者の足跡を追って調べたことがある。
それでも彼らの、帝國忍者の残り香を見出すことは叶わなかったのだ。

一色はその後、最近頻発しているテロ行為と黒装束の男に関する資料を取り寄せさせると、更なる追加調査を行うことにした。
* Re: 黒の旋風 破血の巻 ( No.4 )
日時: 2016/02/14(日) 21:18:37 メンテ
名前: ふぁん


◆◆◆◆◆


――数日後。人々の遥か頭上、ビル群の上。
そこには元気に走り回る黒装束の男の姿が。

『ハイドーモー、聞こえてますかマイアです』
「良好だ」
『あ、良かったー。このイヤホンは骨伝導式(耳骨に震動を与えることで音を伝える)ですから周りには聞こえません。
 それに高度に暗号化してますから傍受の心配もありませんよー。
 新しくした忍び装束のほうは問題ありませんか?』
「軽くて動きやすい。この生地は本当に銃弾でも貫けないのか?」
『ハイ特殊な素材ですから。けど銃で撃たれたらやっぱり痛いですから気をつけてくださいね』

黒装束の男は竜造寺研究所において新たな装備一式を新調し、その稼働テストを行っていた。
通信機と装束の他にも、フックロープや手裏剣まで揃えてもらい、より一層化学ニンジャを屠ることが出来るようになったのだ。


『ようお前さん、竜造寺だ。今のうちにそれぞれ性能を確認しておくんだぞ。この後あのロボットも改修した分のテストを行うからな』
「わかった」
『しかしお前もロボも名無しじゃいい加減面倒だな。何か名前は無いのか?』
「……俺のことは“楔(くさび)”とでも呼べ。ロボのほうは梟(キョウ)でいい」
『ほとんど名前になってねーな』
『くさびさんにキョウちゃんよろしくですねー♪』
「やめろ」

他愛無い交信をしながら、ビルとビルの間を飛び越える。
――ふと、人の視線を感じた。地上から数十m離れたビルの上でだ。
通行人がふいに見上げたような感覚ではない、明確にこちらを伺う視線である。

(追尾されている……)

楔は足を早めてビルを飛び越し、壁を蹴りながら降下、地上に降りてビルの間を縫うように走る。
それでもなお、自分に突き刺さる視線を感じた。

「誰かにつけられている。しばらく返事はできない」
『な、なんだいったい?』
「わからん。念のため梟をいつでも出せるようにしてくれ」

楔はピッチを上げて町を離れた。やがて静かな倉庫街にたどり着くと、楔はようやく足を止めた。
視線はまだ感じる。方角はわからない。だが敵意のない感触だ。
条件はよくないがここは一般市民の気配がまるでない。近づくものがあれば、それがまず尾行者とわかるだろう。
そして戦いになっても敵を撒きやすいし人的被害も出にくいのだ。

「出てこい。いつまで隠れているつもりだ?」

……。

「フ……」
「!?」
「フフフ……噂通りのワザマエでござるな」

どこからともなく声。次の瞬間、周囲に煙幕が立ち込める!
楔は倉庫の屋根に飛び上がって周囲を見下ろす。
だがしかし、煙幕が薄まると、いつからそこにいたのか……巨大な人型ロボットが姿を現した!


「ドーモ、初めまして。ファントム・オーガです」
* Re: 黒の旋風 破血の巻 ( No.5 )
日時: 2016/02/14(日) 21:23:12 メンテ
名前: ふぁん

次回、二人の忍者の出会いが新たな破壊の渦を巻き起こす!
* Re: 黒の旋風 破血の巻 ( No.6 )
日時: 2016/02/14(日) 22:12:56 メンテ
名前: 春休戦

どうも、デッド・イーグルの件ではお騒がせしました。
あの痛打を受けて生きてたのに吃驚&セプク回避にまずは一安心。

四天王’sの描写が良いなぁ〜。短い間に次々と特徴を捉えてる。
しかし一堂に会すとマジに多様性重点ですなぁ。(www

そして話をややこしくするニンジャがまた増えたー!
いやまぁカラクリオー世界ですし。こいつの登場はむしろ妥当ではあるのですが。(www
* Re: 黒の旋風 破血の巻 ( No.7 )
日時: 2016/02/14(日) 23:31:19 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022

アドンリ・シーにセリフが!!数多く居る中でセリフがあったとは有り難いなぁ〜♪
ダブル・トマホークも存在が確認出来るし!!デッド・イーグル死なんで済んだか!
良かった!あの流れは切腹で死ぬモノとばかり思ったなぁ。機械将軍太っ腹だぜ!!

大日本帝國忍者にこんな由来があったとは…!
でも今はもう居ないハズなんだよね。じゃあ今いる楔はどう言う事なんだろう?
この謎。まだまだ解けそうにありませんね。

楔と言えば。ようやく名前が付きましたね!黒装束の男から、名前付きに!!
やっぱり名前付きの方が呼び易いですものね。ロボットは梟!どっちも呼び易いです!!

そして、出て来たファムトム・オーガ!!何しに来たのか気になるトコロです!!!
次回も楽しみにしていますー!!!
* Re: 黒の旋風 破血の巻 ( No.8 )
日時: 2016/02/16(火) 00:18:38 メンテ
名前: 手拭

意外!寛大!機械将軍寛大なり!
将軍と名乗るだけあって器が大きいですね!
続々登場した四天王達(四人とは言ってない)センセイが喋ってる!
感激ですがそれよりもバーニングババアの存在感はんぱねぇ!w
無限軌道の無慈悲で無骨!カッコいいぜ!

エロメイドの噂を嗅ぎ付けやってきたファントム・オーガ!(違ぅ
いやさ、続きが気になります!
* Re: 黒の旋風 破血の巻 ( No.9 )
日時: 2016/02/16(火) 19:02:13 メンテ
名前: ぱらのいあ

してんのうず「処す?処す?」
立場の弱い人に対するアパク=メンセツ。いじめよくない
機械将軍様は組織として厳罰化思想じゃないんですね、意外

ところで忍殺見直してたら、カーチェイスシーンがあることを思い出し、車型忍者という変態が脳裏をよぎりました
ただし需要がニッチすぎるのでお蔵入りしておく所存です。マ○ナムトルネードする車両忍者vsロボとか誰得ですしw
* Re: 黒の旋風 破血の巻 ( No.10 )
日時: 2016/02/16(火) 22:16:21 メンテ
名前: フィール

四天王顔見せキタ!そしてファントム、お前どこにでも出没するな!!
果たしてその目的は!?エロメイド関連なのか!?
* Re: 黒の旋風 破血の巻 ( No.11 )
日時: 2016/02/17(水) 20:52:31 メンテ
名前: ふぁん

※注意
このシリーズにおける世界観・歴史などには独自の解釈・設定が含まれていますが
公式設定とは異なる点がございます

>春休戦さん
四天王キャラ特徴的な人そろったので動かす時が楽しみですね〜
そしてファントムはやはり欠かせませんで!

>カジワラさん
帝國ニンジャの話は割りと根幹にも関わる設定なので、ちょいちょい小出しにしてく予定です
楔の名をようやく出せたのでキャラとして落ち着いた感ありますし、
なにより黒装束の男って書かなくて済むようになりました!

>手拭さん
将軍がそうこうしてるうちに四天王20人超えました!
ババア・バーニングは特に特異な外観なのでなんとか描写しきりたかったですねw
エロメイド違う!? ファントムそこに目をつけたのか…(

>ぱらのいあさん
化学ニンジャ隊では糾弾や切腹が日常茶飯事ですが、
将軍自体はけして高圧的なばかりの指導者ではない と思います(たぶん

>フィールさん
だからエロメイド違う!?
ファントムめエロメイドの秘密を探りに…(
Page: [1]
 
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP
題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
添付FILE 文章合計600Kbyteまで
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

※必須
画像認証
     (画像の数字を入力)

   クッキー保存