window
 
トップページ > 記事閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加
* ギガント空中大激戦 第4話

日時: 2016/01/15(金) 21:45:38 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022

第4話です。
支配者の一声。

今回の作品はベルさんと謙清さんのご協力を頂きました。
この場を借りて、お礼を申し上げます。

それではどうぞ。
 
Page: [1]
* Re: ギガント空中大激戦 第4話 ( No.1 )
日時: 2016/01/15(金) 21:46:15 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022




この私、ランゼには策がある!

ギガント28号を討ち倒す術(すべ)があるッ!!

そもそも空対地と言う圧倒的アドバンテージッ!!

ギガントの堅牢な装甲が故に、そのアドバンテージを上手く生かす事が出来なかったが、

1000m付近までしか跳べないと言う事実を知った以上、

手の打ち様はあると言う事だ!!

もうすぐ“空母”『赤飛(あかとび)』に帰艦する!

そのプランを伝えようじゃあないか!!

そして声高らかにこう言おう!!

  ッ

  ッ

「 ギ ガ ン ト 2 8 号 、 敗 れ た り ぃ ぃ い い い い い ! ! ! 」




            ・
            ・
            ・
            ・

            ・

            ・


            ・





・・・・




○クロガネの賛歌 第4.5章 “ギガント空中大激戦”



 第 4 話 「 支 配 者 の 一 声 」




・・・・
* Re: ギガント空中大激戦 第4話 ( No.2 )
日時: 2016/01/15(金) 21:47:18 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022







○高度1万m アムステラ軍 “空母”『赤飛(あかとび)』



ド ド ド ド ド ドドドド ドドド ドド ド ド ド ド ド ド ド ド


皆と合流するランゼ。
ボギヂオは小躍りしながら、こう言う。

「ムフフ♪ギガント28号を破壊出来るんだってね♪♪」

「嬉しいったら!嬉しいったら!嬉しいったら、ありゃしないぃーんん!!」

「これで枕を高くして眠れると言うモノですよぉん♪ハァ〜シュポシュポ♪♪」


オペレーターの女性がランゼに抱き付く。

「あぁん!ランゼ様、これで、もうすぐS○X出来ますわぁー!!」


ランゼは応える。

「カワイコちゃん♪S○Xはまだ先だ。」

「ここで気を緩める訳にはいかない。」

「大丈夫だ。必ず私は君とS○Xをする…!」

「もう少しばかり待っていてくれ。」


オペレーターの女性は。

「はい♪」

と、ランゼから離れた。


ボギヂオはご機嫌に。

「それじゃあね。爆雷をね。高度1万mから落とそうね♪」

「加速度ついてギガント28号をドッカンドッカンですよぅ〜!!」


そんな折り…。

「少しお待ちを。」


ジョーゲンが口を挟む。

「高度1万mで爆雷を落としても、加速度はつきません。空気抵抗があります。」


・加速度(空から落とした場合)

雨滴で秒速6〜10m弱(時速20〜36km/h)
人体で時速200km/h超 加速250〜300km/h

加速 × 加速姿勢(頭若しくは足からの落下)


ジョーゲンは続ける。

「空気抵抗を無効化する装置を内蔵していて、対象に直接質量ダメージを与えつつ爆発する対操兵弾が存在しますが…。」

「この“空母”『赤飛』には搭載はされておりません。」

「確かに高度1万mと言う距離は安全ではありますが、効果的な攻撃は出来るかどうかは…。」


ランゼは答える。

「特別製の爆雷が無いのは誤算でしたが、方法はあります。」

「それは『ドリルミサイル』です。」

「爆雷は落下による加速だけの話で推進力を持つものなら別なのと、

 ドリルミサイルは直撃→穿孔(せんこう)→爆発のプロセスで破壊するので速度アップ=威力アップに繋がります。」


ジョーゲンは続ける。

「しかし、ランゼ大尉。距離は大分に離れる事に…。」


ランゼは再び答える。

「私は狩りの才能を持つ男。10km先の獲物の仕草を、当てる事が出来ます。」

「1万mとはつまり10km。ギリギリだが当てる自信はあります。」


ボギヂオが割って入る。

「ま、と・も・か・く♪」

「こっちが有利って話でしょぉ〜ん♪♪」

「バァーっとやっちまいましょうよん♪ハァ〜シュポシュポ♪♪」


ジョーゲン。

「そうですね。試す価値はあると思います。」


ランゼ。

「では再び出撃してきましょう!!」


そして、ランゼは再び出撃をした。





・・・・
* Re: ギガント空中大激戦 第4話 ( No.3 )
日時: 2016/01/15(金) 21:49:22 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022






○高度1万m アムステラ軍 『裸空』


ブ ォ オ ォ オ ォ ォ オ オ オ ォ ォ ォ オ オ オ オ


        ォ ォ オ オ オ ン ン ン ン ン ン ン ン ン ン ン ! ! !


    ー 裸空はギガントから距離1万m付近を旋回するッ!

    ー 絶対の安心感を持って旋回するッ!


    「 ギガント28号…!流石のお前もそこからではここには届かない…!! 」


    「 さて、ぶち込むとするか…!! 」


    「 く ら え ぃ !

      ド リ ル ミ サ イ ィ ル ! ! 」


        ッ

        ッ


ド リ ド リ ド リ ド リ ド リ ド リ ド リ ド リ ド


        ド リ ド リ ド リ リ ィ ィ ィ ィ イ イ イ イ イ ! ! !


    ー 発射したァーッ!ドリルミサイルを発射したァーッ!!

    ー 加速度+推進力の猛烈発射だァーッ!!


        対

        し

        !


      百文字!

    「 ギガントよ。ここからが正念場である。 」

    「 敵の武装は超聴力で大体は把握しておる。 」

    「“受け切れば”ワシ等の勝ちだ。 」

    「 気を入れて耐撃をするぞ!ギガントッ!! 」


      ギガント!

    「 タ”イ”ゲ”キ” ノ” フ”タ”ツ”ナ” ッ ! ! 」


        そ

        し

        て

        !


ガ リ ガ リ ガ リ ガ リ ガ リ ガ リ ガ リ ガ リ ガ


        ガ リ ガ リ ガ リ リ ィ ィ ィ ィ イ イ イ イ イ ! ! !


    ー 命中命中ゥ!ドリルミサイルが命中したァーッ!!


        ッ

        ッ


      百文字!

    「 ギガントよ!上空からの攻撃!!

      そうそう、鋼鉄蛇腹に命中(当たる)モノではない!! 」

    「 装甲の厚い、腕や胸の装甲で、このミサイルをやり過ごすのだ!! 」


      ギガント!

    「 ウ”ケ” ノ” ビ”ガ”ク” ッ !! 」


        ッ

        ッ


ド リ ド リ ド リ ド リ ド リ ド リ ド リ ド リ ド


        ド リ ド リ ド リ リ ィ ィ ィ ィ イ イ イ イ イ ! ! !


    ー ギガントは、ドリルミサイルを両腕と胸でばらけて受ける!

      そしてドリルミサイルはそんなギガントの装甲を穿孔する!!


        ッ

        ッ


    ー ギガントの厚い装甲と言えど、加速度+推進力の猛烈発射!!

    ー 穿孔!即ちは“穴”を空け!!然る後にッ!!


        ッ

        ッ


ヴ ォ カ ァ ァ ァ ア ア ア ア ア ア ア ア ア ア ア ア ア ア ン ン ン ! ! ! !


  ー 爆発ゥ!!爆発をするゥ!!!


        ッ

        ッ


      ランゼ!

    「 先の攻撃は、そこから攻撃に移られたが、

      その場所からではどうしようもあるまい、ギガント28号!! 」

    「 上手い事大ダメージは避けてるようだが、

      ドリルミサイルはまだまだあるぞ!ぶち込みまくりだ!! 」

    「 うぉおおおおおお!これはチ○コだ!!チ○コの如きぶち込み様だ!! 」


        ッ

        ッ


    「 や っ た る ぞ 、 バ ッ コ ン ! !

      よ っ こ ら 、 セ ェ ェ ェ ェ ○ ス ッ ッ ! ! 」


        ッ

        ッ


ド リ ド リ ド リ ド リ ド リ ド リ ド リ ド リ ド


        ド リ ド リ ド リ リ ィ ィ ィ ィ イ イ イ イ イ ! ! !


        ッ

        ッ


ガ リ ガ リ ガ リ ガ リ ガ リ ガ リ ガ リ ガ リ ガ


        ガ リ ガ リ ガ リ リ ィ ィ ィ ィ イ イ イ イ イ ! ! !


        ッ

        ッ


ド リ ド リ ド リ ド リ ド リ ド リ ド リ ド リ ド


        ド リ ド リ ド リ リ ィ ィ ィ ィ イ イ イ イ イ ! ! !


        ッ

        ッ


ガ リ ガ リ ガ リ ガ リ ガ リ ガ リ ガ リ ガ リ ガ


        ガ リ ガ リ ガ リ リ ィ ィ ィ ィ イ イ イ イ イ ! ! !


        ッ

        ッ


      ランゼは連呼する!!

    「 S ○ X !  S ○ X !  S ○ X !  S ○ X !  S ○ X !  S ○ X !


      S ○ X !  S ○ X !  S ○ X !  S ○ X !  S ○ X !  S ○ X ! 」


        ッ

        ッ


    「 S ○ X !  S ○ X !  S ○ X !  S ○ X !  S ○ X !  S ○ X !


      S ○ X !  S ○ X !  S ○ X !  S ○ X !  S ○ X !  S ○ X ! 」


        ッ

        ッ


      そして雄叫ぶッ!!

    「 チ ” ィ ” ィ ” ィ ” イ ” イ ” イ ” イ ” イ ” イ ” イ ” ○ ” コ ” ッ ” ッ ” ! ” ! ” 」


        ッ

        ッ


モ ク モ ク モ ク モ ク モ ク モ ク モ ク モ ク モ ク モ ク モ ク モ ! ! ! !


  ー ランゼが見据える、その先には…!!


        ッ

        ッ


  ー 装甲がズタズタになり、煙を噴き上げるギガント28号が其処にあった!!


      ランゼは再び雄叫んだッ!

    「 雄 ” 雄 ” 雄 ” 雄 ” 雄 ” 雄 ” 雄 ” 雄 ” 雄 ”( お ぉ ぉ お お お お お お お お お お お お お お お お ! ! ! ! ) 」 


      喉が枯れんばかりに雄叫んだッ!!





・・・・
* Re: ギガント空中大激戦 第4話 ( No.4 )
日時: 2016/01/15(金) 21:50:44 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022






Pi! Pi!(ランゼは、通信を入れる。)

「ドリルミサイルは撃ち尽くしました。しかし、あれだけボロボロの状態です。」

「見て下さい。装甲はズタズタ。内部の機械も見えています。」

「煙だって噴き上げている。内部がやられている事を現しています。」

「後は、普通の“爆雷”でも大丈夫でしょう!!」

「さぁ!ギガント28号を倒しましょう!!」

「そして、こう凱歌(がいか)をあげるのです!!」

  ッ

  ッ

「 ギ ガ ン ト 2 8 号 、 敗 れ た り ぃ ぃ い い い い い ! ! ! 」

  ッ

  ッ

「 そ う ! 凱 歌 を あ げ る の で す ぅ ぅ う う う う う う う ! ! ! ! 」


Pi! Pi!(ボギヂオは、通信を返す。)

「はぁん♪シュポシュポですよぉん♪♪」

「あの!あの!あの、憎ったらしい、ギガント28号が!!」

「遂に!遂に!遂に、倒す事が出来るんですからぁぁあああああああああ!!!」

「ルン!ルン!ルン、たららったルンバルルンルンルゥン♪♪」

Pi!(ボギヂオは、攻撃班に連絡を入れる!)

  ッ

  ッ

「 爆 雷 投 下 だ よ ぉ 〜 ん !

  だ よ ぉ 〜 ん ! そ ん な も ん だ よ ぉ 〜 ん ! ! 」

  ッ

  ッ

クイッ!(コマネチをして!!)

  ッ

  ッ

「 ぱ み ゅ ぅ う う う う う う う う う う う う ! ! ! 」

ボギヂオは、そう嬌声(きょうせい)をあげた!!





・・・・
* Re: ギガント空中大激戦 第4話 ( No.5 )
日時: 2016/01/15(金) 21:51:54 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022






百文字は、こう呟く…。

「よくぞ…。よくぞ、耐え忍んだぞ、ギガントよ…。」

「あの空母に、爆雷を吐き出させるまでの死合であった。」

「あれしか、勝機は無かった。故に耐え忍んだ。」

  ッ

  ッ

「 耐 え 難 き を 耐 え 、 忍 び 難 き を 忍 び 、

  今 、 こ の 瞬 間( と き )の 為 に 逆 転 の 一 手 を う つ ッ ! ! 」

  ッ

  ッ

「 我 等 は 天 を 行 く 、 階 段 を 歩 む の だ ! ! 」

  ッ

  ッ

「 そ れ は ・ ・ ・ !

  こ  う  や  っ  て  ッ  ッ  ! ! 」



           ッ


           ッ




        ガ  シ  ィ  !  !


         ー ギ ガ ン ト は 

           百 文 字 を 掴 む ッ ! !


   ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴゴゴゴ ゴゴゴ ゴゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ



「 『 超 聴 力 よ ぉ し ! 即 ち は ハ ン ド レ ッ ド ・ イ ヤ ー が よ ぉ し !


    鋼 鉄 蛇 腹 の 収 縮 も 完 璧 で あ る ! 全 力 を 持 っ て 行 え よ う ! !


    準  備  は  万  端  で  あ  る  ぞ  、 ギ  ガ  ン  ト  ッ  ッ  !  !   』  」



  ー ダ” イ” ナ” マ” イ” ト” 

  ギガントは異音にて答えるッ!


      ッ

      ッ


 ー コーナーポストよりッ!

 ー 飛び上がりて、落下ッッ!!

  ー その額、地に向け、倒者に打ち据えるが事を『完遂』とすッッ!


額と額。
火花飛び散らんが如くにブチ当てる事にて、『スーパー・ダイビング・ヘッド・バット』と相成るが・・・ッ!



 「 『 こ の 度 は 特 別 だ ッ ! 』 」



 ー ギガントよ!

 ー 天に向けて『ワシをブン投げるのだ!』
 ー 狙 い は ッ ッ ! ! !



  ー ソ ” コ ” ォ オオオオオ オ オ オ オ オ オ オ ー ー ー ーーーー ッッ ッ ! ! !



 ギガントは 雄 叫 び ッ ッ ! !



『 爆発的投擲故似遠投 ( オ ー ヴ ァ ・ ズ ゥ ー ム ・ ス プ リ ン ガ ー )ァァアア ア ー ーー ッ ッ ! ! 』


      ッ

      ッ


そ し て 投 げ た ぁ ぁ ぁ あ あ あ あ あ あ あ あ あ あ あ あ あ ! ! ! !





・・・・
* Re: ギガント空中大激戦 第4話 ( No.6 )
日時: 2016/01/15(金) 21:53:02 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022






ランゼは叫ぶ!

「 愚 か ッ ! 」

「 如 何 に 投 擲( と う て き )し た と て 届 く 訳 が な い ッ ! ! 」


そう。赤飛の高度は1万mである。1000mの跳躍をするギガント28号。
通常の人間が垂直跳びをし、そのトップクラスが約130cm。
ギガントは通常の人間のトップクラスと比べて、約770倍の記録を出せるとしよう。

そして通常の人間の遠投のトップクラスが約130m。770倍として…。

    ッ

    ッ


届く!1万m程度の遠投になる!!

しかし球型の様に投げやすいモノならともかく、人型の物をそう上手く投げれるモノだろうか?

それに“爆雷”が雨あられと落ちてくるのだ。投げたとしても爆雷にブチ当たると言うモノ!!

更に言えば、これは遠くに投げる話ではない!高く投げる話なのだ!!

そうだ。つまりそれは遠投の距離そのままを、鵜呑み(うのみ)にする必要が無いと言う事だ!!

結論から言えば“無理”である!!出来る訳が無いッ!!!

そう。“そのハズ”であった!!

    だ

    が

    !

ダシュン! ダシュン! ダシュン! ダシュン! ダシュン! ダシュン! ダシュン! ダシュン! ダシュン! ダシュン!

ダシュン! ダシュン! ダシュン! ダシュン! ダシュン! ダシュン! ダシュン! ダシュン! ダシュン! ダシュン!

ダシュン! ダシュン! ダシュン! ダシュン! ダシュン! ダシュン! ダシュン! ダシュン! ダシュン! ダシュン!

ダシュン! ダシュン! ダシュン! ダシュン! ダシュン! ダシュン! ダシュン! ダシュン! ダシュン! ダシュン!


それは投下されていく“爆雷”であった!!


何と言う事だ!!

百文字は!!

耐撃の百文字はッ!!


    ッ

    ッ


“ 爆 雷 群 ” を 足 場 と し 、

  天 高 く 高 度 1 万 m を 飛 ぶ 

『 赤 飛 』 目 指 し 跳 ん で 行 っ た の だ ! !


    こ

    れ

    ぞ

    !


かつて、アフリカ大陸南部で暗躍をした、サイボーグ集団『“QX団”最強のサイボーグ』ッ!!


『耐撃の百文字(ジ・ハンドレッド)』の“身体能力”であるッ!!


ランゼは…!

「ダメだ!速過ぎるッ!!」

ケツ穴にツララをぶち込まれる感覚を覚えた…!!

「油断してたのもある。あらかじめ解っていればまた別だったのだろうが…!!」

「今、コイツを撃ち落とす術(すべ)は無いッ!!」


    程

    な

    く

    !


ド グ シ ャ ァ ァ ァ ァ ア ア ア ア ア ア ア ア ア ア ア ア ア ア ア ア ア





                          ア ア ア ア ア ア ア ア ア ア ア ア ア ン ン ン ン ン ン ン ン ン ン ン ン ! ! ! !


                             ッ


                             ッ



                   ー 百 文 字 は 赤 飛 へ と 到 着 し た ッ ! !

                     そ  し  て  こ  う  言  う  ッ  !  !


                   「 気 に 入 っ た ぞ 、 こ の 空 母 。

                     今 か ら ワ シ が 、 こ の 空 母 の 主(ヌシ)と な ろ う 。 」


                   「 異 存 が あ る な ら ば 掛 か っ て く る が 良 い ・ ・ ・ ! ! 」


                   「 こ の ワ シ 、 耐 撃 の 百 文 字 が 相 手 と な っ て や ろ う ・ ・ ・ ! ! ! 」


                             ッ


                             ッ



                   ー そ れ は !


                     支 配 者 の 一 声 で あ っ た ッ ! !







* Re: ギガント空中大激戦 第4話 ( No.7 )
日時: 2016/01/15(金) 21:54:16 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022

ーーーーーー





 ・・・続く。



* Re: ギガント空中大激戦 第4話 ( No.8 )
日時: 2016/01/15(金) 22:16:24 メンテ
名前: 春休戦

何と!リモートコントロールの妙をここで活かしましたか!
なるほど、『耐撃(敢えて受ける美学)』もさることながら、あくまで『勝利する為の耐撃』なんですなぁ。

でもまさかそれが『赤飛をハイジャック』するのが目的とは!
そりゃ百文字の身体能力をもってすれば爆雷を足場に出来るよな、と。(www

・・・もしや、SRC傭兵の挽歌3とかでモンゴルくんだりまで気軽に足を伸ばしてるのって
実はここで赤飛をGETしていたからか?(www
* Re: ギガント空中大激戦 第4話 ( No.9 )
日時: 2016/01/15(金) 23:56:43 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022

>>春休戦さん
リモートコントロールなので離れる事が出来ると言うのを活かしましたねー!
離れる事が出来るのも利点ですからね。SRCでもミサイルハンドレッドと言う
武装名である技なので、今回はそれを空中に向かって使ってみました!!

耐撃は正に『勝利する為の耐撃』ですね。勝つ為に耐えるのです!!
その為に艱難辛苦を堪えるのだと!!この辺百文字とギガントを書く事に
おいて、気を付けてるトコロですね。

赤飛、ほぼ無傷ですからね。そりゃあハイジャックするだろうと!!
爆雷を足場にするのは、サイボーグと言えど無茶だなと思いましたが、
雀の章で李白鳳が水面を走ってたのでまぁありかなとw

モンゴルまで行ったの案外、赤飛が関係しているかも知れませんね。
手に入れたら使いドコロが大きいのは確かかと思います!
* Re: ギガント空中大激戦 第4話 ( No.10 )
日時: 2016/01/16(土) 03:43:32 メンテ
名前: 理海王

ランゼの声優さんは飛○さんに決定!<S○X連呼
* Re: ギガント空中大激戦 第4話 ( No.11 )
日時: 2016/01/16(土) 03:45:39 メンテ
名前: 手拭

理さんと全く同じこと考えてました!w

本丸に到達した百文字!
次週ランゼは生き残る事ができるか!?
* Re: ギガント空中大激戦 第4話 ( No.12 )
日時: 2016/01/16(土) 12:19:18 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022

>>理海王さん
カミーユか!カミーユなのか!?ランゼ的に攻撃はぶち込む事だから、ぶち込む事ならば、ここはS○Xしかないなと思ってw
しかも一発じゃなくて何発もだから、そうときたら連呼するっきゃあないなと思いこんな形になりましたww


>>手拭さん
やはり飛○さんのイメージの強いのか!!?カミーユは偉大だなぁwS○Xと言えばカミーユだよねww
うい、本丸に到達しました!百文字はどうでるか?そしてランゼは!!どうなるか、乞うご期待!!
* Re: ギガント空中大激戦 第4話 ( No.13 )
日時: 2016/01/16(土) 15:49:17 メンテ
名前: ふぁん

うおおおおお!ギガントを本当に追い込んだランゼが凄い(あと台詞もある意味)のに
それを更に逆手に取った百文字!!!
この威圧感に相手はいったいどう応じるのか…?
* Re: ギガント空中大激戦 第4話 ( No.14 )
日時: 2016/01/16(土) 18:53:58 メンテ
名前: フィール

前回までギガントぱねえ!今回百文字もぱねえ!
とゆーか国のトップ(地上戦型)の負担大きすぎです。
この国の空戦部隊はこんな時に何やってる・・・あ。
私のせいだったぜ!!
(『ヴァルルの死後航空戦力は壊滅状態で唯一残っていた高級機も暴走するムチャウのゴハンになった』という設定を
ウルトラマサイで書いてしまっていた事を今思い出したフィールだった)
* Re: ギガント空中大激戦 第4話 ( No.15 )
日時: 2016/01/16(土) 20:51:29 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022

>>ふぁんさん
ランゼ健闘しましたよね!この辺1万mから攻撃する兵器としてドリルミサイルを提案してくれた、
ベルさんのお力添えだったりします♪ぶち込むならば、やはりドリルだろう。空戦機だからドリルミサイルかな?と
それぐらいの考えだったのですが、ギガントを追い込む凄い兵器になって私としても嬉しい限りです…ッ!!

そしてそれをも乗り越えた百文字!アムステラ軍から見たらとんでもないのが乗り込んできた訳で、
このプレッシャー、どう跳ね除けるか?次回をご期待です!!


>>フィールさん
前回まではギガントの底知れなさを、ピックアップしてきましたが、今回は百文字も凄かったですね!
流石は、地下プロレスの王者から、サイボーグ化してQX団最強のサイボーグとなった百文字と言ったトコロでしょうか?

レゼルヴェ国は地上戦型の負担大きいですね…。逆に言えば地上戦が強いと言う特色でもあるけれど、
フィールさんが言うようにウルトラマサイででも、地上戦がピックアップされただけあって、
空戦部隊は弱いとしか言い様無かったりします。まぁその分、ギガントに頑張ってもらうしかないのでしょう。

そう考えると、ヴァルルって大きかったんだなって気もしますねー。
Page: [1]
 
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP
題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
添付FILE 文章合計600Kbyteまで
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

※必須
画像認証
     (画像の数字を入力)

   クッキー保存