window
 
トップページ > 記事閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加
* フルーティリベンジャー 第2話

日時: 2015/12/29(火) 16:22:50 メンテ
名前: 手拭

コメディパート早くも終了
バトルパートの始まりです
 
Page: [1]
* Re: フルーティリベンジャー 第2話 ( No.1 )
日時: 2015/12/29(火) 16:23:28 メンテ
名前: 手拭

戦争の後はいつだってそうだ

略奪が始まる

罪無き血が流される

ああ、平和の建前ではじめたのに

終わりはいつも悲劇

悲劇からまた戦争が生まれる・・・・


150年前第2次魔法大戦時に読まれた詩である

歴史は繰り返されるーーーー
* Re: フルーティリベンジャー 第2話 ( No.2 )
日時: 2015/12/29(火) 16:24:14 メンテ
名前: 手拭

ーーーーースムージー王国・首都エットダイーーーーー


中世の香り漂う石造りの街並は瓦礫の山と成り果て

閑静な通りはいまや絶叫と悲鳴に彩られている!


黒の軍服に、良く映えるミディアムヘアーの赤髪、
痩せ型で、背は170cmほど、齢は15、6頃か

その少年が逃げ惑う人々に言い放つ!

「ヒーヒッヒッヒッヒ!汚物は消毒だぁあ!」
少年は天に向かって手をかざす!するとその手に火球が現れた!

ーーーそうここは超甲戦機カラクリオーとは別の世界線!魔法の世界線!ーーー
ーーーこれは所謂炎の魔法だ!炎の塊を投げつける実に単純な魔法だ!ーーー
ーーーRPGなら一番最初の魔法はほとんどコレではなかろうか!ーーー
ーーーしかしシンプル故に強力!小難しい詠唱は必要ない!ーーー
ーーー「魔力の量×魔力操作の技量=破壊力」となる!ーーー

それを逃げ惑う人々に投げつける!投げつける!投げつける!

そのたびに上がる悲鳴!立ち上る火柱!出来上がる消し炭!

逃げていたーーー今はもう消し炭となったーーー人々は兵士ではない!

無力な国民だ抵抗すらしていない!

戦争は終わった!

国王は死んだ!

スムージー王国は滅んだ!

もはや国民は無抵抗だ!

コレはだだの虐殺だ!

こんな理不尽が許されるのか!?

ああ、神は存在しないのか!?
* Re: フルーティリベンジャー 第2話 ( No.3 )
日時: 2015/12/29(火) 16:24:50 メンテ
名前: 手拭

「おっとぉ、そこのお譲ちぁゃん逃げるのは止めたのかいぃ?」

視線の先には少女が瓦礫に足を取られ動けなくなっている!

優しげな笑みを浮かべながら少年が言う
「足、怪我しちゃったのかなぁ?それじゃぁ楽にしてあげようねぇ。」
「大丈夫、熱いのは一瞬だよぉお!」

天に手ををかざす、、、そして生み出される火球を、、、投げつけたーー!!!

ギャオオオオオオオーーーーンッ!!!!!

辺りを橙に照らし火柱が上がる!

そして徐々に火力が弱まり消し炭となった少女の無残な姿が・・・・否!

そこには壮齢の神官風の男!気絶しているが少女も無事だ!

そうだ!まだこの男がいた!

鉄壁の神官!遮る者!イージスの盾!

スムージー王国神官長筆頭リョウゲンだ!!!

リョウゲンは赤髪の男を睨み付ける!その目に燈るは!炎!復讐の炎!

「これはこれは!神官長筆頭リョウゲン殿ではありませんかぁ!」
「このような所にいかがいたしましたぁ?」
「観念して死ににこられたのですかぁあ?」

慇懃無礼!少年の挑発にリョウゲンの目にさらに憎悪の炎が燈った!
「ふん!ゲスが!貴様にくれてやる命はこの国に一つとしてない!」

「かあっこいい〜!国王が死んじゃった国の人の言葉とはおもえな〜いぃ!」
「それにぃ僕一人でももう600人位殺しちゃってるけどね〜!」
「神官長筆頭殿は他の案山子(神官)よりも頑丈かなぁ〜あ?」

同胞の無念の最期が蘇り怨嗟の炎が燈る!
「貴様か!貴様が皆をッ!!許さんッッ!!!」

「にーらんだってぇ怖くないよぉお!視線で人が殺せれば世話ないよぉ!」
「そんな事できるなら僕達お払い箱だぁ!イヒーーーッヒヒヒヒ!!!」
「それに「許さん」だってぇ、おっきい事言うのはいいけどさぁ」
「防御魔法しか使えない案山子、、、おっと失礼、神官長殿がぁ」
「ど〜〜ぉおやってぇ、このファット王国屈指の魔導師『火星一輝』のシーボ様と戦うのかなぁ?」
「どうかご教授おねがいしますよぉ!フヒヒッ!」

怒りを通り越しリョウゲンの顔から表情が消えた!
猛り狂う怒りの赤い炎から、静かな殺意の青き炎へ変わったのだ!!
「もはや・・・神の慈悲は無いものと思え・・・」

「ふ〜〜〜ん、さっきはガキ用に火力落としてたけどさぁ!次は本気で行くよぉ?」
「あっ!ちなみにこの国に残った泰山十二星(粛清処刑部隊)の残り十一星ももぉうすぐここに来るんで!」
「は〜やくしないとぉお!四面楚歌!針のむしろ!穴だらけになっちゃうよぉお!フヒッヒヒヒヒヒ!!!」

復讐の炎は静かに!
しかし灼熱を持って!!
最高潮に達した!!!
そして叫ぶ!!!!!
今こそ神官長筆頭のその力をーーーー

「ライムスカッシュ大先生お願いしますッッ!!!!!」
* Re: フルーティリベンジャー 第2話 ( No.4 )
日時: 2015/12/29(火) 16:25:35 メンテ
名前: 手拭

「オーレンジ!オーレンジ!オーレンジ!」
その奇怪な言葉を発した男は瓦礫の山の上に居た!
奇妙な頭に鈍色の腕、筋骨隆々の体躯、タイトなパンツ一丁である!

シーボは怪訝な表情を浮かべながら言う。
「・・・・・・オウれん?」
「なんだぁおまえぇ?かぶり物?裸?モンスター?変態かなぁ?それともイカレかなぁ?」
「僕は神官長殿とお話があるんだよぉ、悪いけど邪魔しないでくれるかなぁ?」

「fuckin坊や、そりゃ無理な相談だアムステラの野郎共みてぇにお行儀の良い奴らなら見逃してやるぜぇ!」
「オレだって勝つためにゃ目突き金的 DirtyFight(凶器反則)なんでもござれだ」
「だがなぁ!戦う覚悟の無い者をそれも無抵抗な girl(少女)をgenocide(ブッ殺シ)するってのはぁ!」
「サンキストの!レスラーの!オレ様の!美学に反するぜぇ!kiiiiiiss!」
そして瓦礫から飛び降り!無造作にシーボに向かい歩き出す!!

「パチパチパチパチパチ」
シーボは拍手を送る
「はーい、口上ご苦労さまぁあ、アム?何?」
「何言ってるかわかんないけど、喋れるみたいだしやっぱりイカレちゃってる人かぁ」
「君さぁ目障りだから死んでいいよぉお!」

その顔には邪悪な笑み!

そして天に手をかざし

生み出された火球を

投げたーーーー!!!

それは!

ライムスカッシュに!

直撃!

しなーーーーい!

わずかに逸れ後方の瓦礫へ着弾!

「避けた?いや手元が狂っちゃったかなぁあ?」
「自信無くすなぁ・・・はぁ〜あ、たった一人に沢山使うのはもったいないけど」
「次は連続で行くよぉお?避けられるかなぁあ?イヒヒヒヒヒ!」
火球を投げる投げる投げる投げる投げる投げる投げる投げるぅぅぅう!!
それを避ける避ける避ける避ける避ける避ける避ける避けるぅぅぅう!!
しかも徐々に間合いが詰まって来ているぞぉお!

シーボは驚愕し目を見開き言う!
「う、嘘だぁあ!これは夢か!?なんなんだお前はッッア!?!?!?」

対するライムスカッシュは余裕の笑み!ブキミ!
「奇遇だなオレも同じ気分だぜ、HumanFlamethrower(人間火炎放射器)のfuckin坊や!kiiiiiiss!kiss!kiss!」
* Re: フルーティリベンジャー 第2話 ( No.5 )
日時: 2015/12/29(火) 16:26:15 メンテ
名前: 手拭

シーボは連続で放つ己の術が
防がれるでも耐えられるでも反らされるでも無く
ただ避けられる等、経験したことも無い!
今まで圧倒的火力でどんな敵も葬り去ってきたのだ!
僅かでも当たれば炎は相手の魔力に反応し渦となって襲い掛かる
この悪夢のような術で!
しかしそれが、掠りもしないしない!

焦りと苛立ちがシーボの正常な思考を徐々に犯していく!
「来るな、来るな、来るな、来るな、来るな、近寄るなぁあ!」
「当たれぇええええええ!!!!」
またも連続で火球を放つ!
投げる投げる投げる投げる投げる投げる投げる投げるぅぅぅう!!
避ける避ける避ける避ける避ける避ける避ける避けるぅぅぅう!!
結果は一緒だ!徐々に間合いが詰まって来ているぞぉお!

およそ戦場にーーいや、この世界のドコにもーー似つかわしくない
面妖な半裸の男が迫る!迫る!迫る!
もはや冷静さも余裕も
この異常事態と
この異常人物に
吹き飛とばされ微塵も残っていない!

「当たりさえすれば!当たりさえすればァァァアア!」
(!!!)
(そうだ当たる的を狙えば良い!!!)
「そこで止まれモンスター!神官殿を撃ち抜いちゃーーーー」
シーボは腕をかざしーーーー

「馬鹿かてめぇ?」
話を遮り一瞬で間合いを詰めるライムスカッシュ!
そして右肩ーーかざした腕の側の肩ーーを掴んだ!その鈍色の手で!

シーボの顔が苦痛でゆがむ!
めり込むめり込むめり込む!
軋む軋む軋む軋む軋む軋む!
叫ぶ叫ぶ叫ぶ叫ぶ叫ぶ叫ぶ!
「ギャアアアアアアアアアアアアアアア!」

顔をしかめて言う!
「kiiiiiiss!うるせぇぞッ!fuckin坊やッ!」
「prudence(慎重)に掴んでやってんだろ、オレが今からお前の弱点を教えてやるよ!」
そして破顔しシーボに顔を近づける言う!
「friendly(やさしぃい)だろぉお?」
おまけに口調を真似ている!!
* Re: フルーティリベンジャー 第2話 ( No.6 )
日時: 2015/12/29(火) 16:26:59 メンテ
名前: 手拭

「弱点その1、telephone(予備動作がバレバレ)なんだよお前のmotion(動き)は」
「手をかざして、火球を出し、投げる、そこまで見せてくれりゃ後は軌道を読んで少し避けるだけだ」
「弱点その2、お前の技(術)は連続で使うと精度と速度が下がる」
「pitching(ピッチング)ってのは高等技術なんだよ!」
「まず足で生んだ力を複雑に絡み合う筋肉の中を腰、胸、肩、肘、手首、指先、ball(ボール)と順に伝えていく」
「伝える度、力を増しながら・・・だ、わかるか?」
「それを左右の腕で連続してしようってんだfuckin坊やみてぇなモヤシじゃあ無理だ」
「弱点その3、オツムがお粗末すぎるぜ、目前に敵が迫ってんのに、よそ見しちゃあuseless(駄目)だろぉお!」
また口調を真似る!

そして肩を掴んでいる手に

無慈悲に力を込め!

シーボの右肩を

グァッシャーーーーー!!

握りつぶす!!!

右肩がグチャグチャだーー!

「ギャアアアアアアアアアアアアアアア!」
叫ぶ叫ぶ叫ぶ叫ぶ叫ぶ叫ぶ!叫んでいる!

激痛に支配され話が出来るような状態ではないシーボに言い放つ!
「聞いちゃいねぇ、こりゃロクなオツムにならねぇわけだぜ!kiiiiss!kiss!kiss!」
「ま、当面の敵があと11人って教えてくれたのはお手柄だぜぇ!」
そう言いながらご満悦の表情を浮かべる!
* Re: フルーティリベンジャー 第2話 ( No.7 )
日時: 2015/12/29(火) 16:27:52 メンテ
名前: 手拭

シーボは恐慌状態だ!
(痛いイタイイタイイタイイタイイタイイタイ!)
(なんだこいつはなんだこいつはなんなんだコイツは!)
(妙な頭しやがって!変な言葉しゃべりやがって!)
(モンスターがこの僕にお説教なんて許されないぃい!)
(殺す殺す殺す殺さなキャァァァァァァァアッ!)
左手ーー掴まれていない側の手ーーをライムスカッシュにかざしたぁ!
そして火球が生み出される!
この至近距離ならただ当てるだけだ!
外すことはない!
しかし!

「仲直りのShakeHands(握手)かいfuckin坊や?」
「ああ、お手柄に免じて許してやるぜ。kiiiiiss!kiss!kiss!」
「右手で失礼〜♪」

上機嫌でその火球ごとシーボの手を取りーー

否!掴み取り!

グッシャァアアアアアアア!!

握りつぶしたぁーーー!!

「ギャアアアアアアアアアアアアアアア!」

シーボの左手は破壊と炎でグチャグチャのドロドロだーー!

ライムスカッシュの両腕は完全サイボーグ化されている!
有機体ではない!金属だ!無機物だ!
故にこの程度の火力で燃えることは無い!

「おいおい話しかけてやってんのにそればっかりか?」
「さっきまでの饒舌はどうしましたぁ?fuckin坊や・・・いや失礼、火星一輝のシーボ殿ぉ?kiiiiss!kiss!kiss!kiss!」
三度真似たぁ!

「おっと反撃がねぇな?」
「やっぱり掌からしかfireball(火球)を作れねぇのか?」
「ハッ!弱点その4だな!」
「そこでasshole(尻の穴)からfireball(火球)を出す練習でもしとけ!」
そして無造作に地面に放り投げた!

「うぅうううぞうぐうぅ・・・ううぅぅぅうあぁぁ、ぐまぁああぁぁぁぁ・・・ぁぁぁぁぁあ!」
もはやシーボは言葉にならぬ うめき声しか出せない!

「しかしsorcerer(魔法使い)ってのはこの程度か?」
「Major leaguer(野球選手)の方がまだマシだぜ」
「残りの11星とやらは楽しませてくれるんだろうなぁ!?kiiiiss!」
* Re: フルーティリベンジャー 第2話 ( No.8 )
日時: 2015/12/29(火) 16:33:15 メンテ
名前: 手拭

お見苦しい点についてはご容赦を・・・

な、長かったですかね・・・

魔法世界のモヤシなど筋肉と機械の前には無力!

最後まで読んでくださった方に感謝!

後2ページありますが、読まなくても話は繋がります!
* Re: フルーティリベンジャー 第2話 ( No.9 )
日時: 2015/12/29(火) 16:34:11 メンテ
名前: 手拭

二話の蛇足(ライムスカッシュ視点)


当初の作戦はこうだ!

まず防御に長けるリョウゲンが敵の相手をし

攻撃をなるべく引き出しそれをライムスカッシュが観察

対策を練り十分に勝機が見えたところでバトンタッチ!

タッグファイトの要領だ!



轟音の響く方へ急ぐ!

『ファーーック!plan(作戦)はともかくよぉ』
『破壊音のする方へ行って敵を捕捉するってのは雑すぎねぇか?』

「手間はかかりますがこの方法が今は最も確実と思われます」
「轟音に我々の足音がかき消されるという利tーーー」

話を遮り言う
『わかってんだよ、んなこたぁ。』
『radar(敵察知)の魔法とかねぇのかよ?』

「勉強不足は不徳のいたす所ではありますがもしよろしければ、れぇだぁあ??といuーーーー」

またも遮る!
『わかんねぇって普通に言え!』
『離れた場所に居る敵を察知する魔法だよッ!』

「・・・ああ!魔力感知ですね!その能力は魔法というよりも感覚に近く」
「第七感とも呼ばれ習得には厳しい修行が必要と言われており主に東方のーーー」

またまた遮る!
『いい加減察しろって!』

意外そうな表情を浮かべながら首を傾げ肩を竦めるリョウゲン
「?」

『ムカつくからその面止めろッッ!!』
『説明がなげぇんだよっ!!』

「申し訳ありません説明をしっかりしろと仰せでしたので」

『TPO考えろっ!今急いでんだろうが!』

「てぃーぴぃおーーーー」

『あーあーあー!もうッ!』
『わかったよ!出来るか出来ないか簡潔に言えよ!』
『魔力感知とかってのは出来ねぇのか?』

「できませんッ!!」

『胸張って言うなッ!』

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
* Re: フルーティリベンジャー 第2話 ( No.10 )
日時: 2015/12/29(火) 16:35:44 メンテ
名前: 手拭

『フレーー〜ッシュ!bingo(ビンゴ)だったみてぇだマジか人間が炎出してるぜ!』
『あれがsorcerer(魔法使い)か面白れぇ!』

少女に火球が当たるっ!その瞬間!リョウゲンが割ってはいる!

(『おー、良い動き出来るじゃねぇか!口だけ野郎じゃねぇかもな!』)

「これはこれは!スムージー王国筆頭神官長リョウゲン殿ではありませんかぁ!」
「このような所にいかがいたしましたぁ?」
「観念して死ににこられたのですかぁあ?」

「ふん!ゲスが!貴様にくれてやる命などこの国に一つとしてない!」

(『Fruity(果実的)な展開になってきたぜぇ!kiiiiiss』)

「かあっこいい〜!国王が死んじゃった国の人の言葉とはおもえな〜いぃ」
「それにぃ僕一人でももう600人位殺しちゃってるけどね〜!」
「筆頭神官長殿は他の案山子(神官)よりも頑丈かなぁ〜あ?」

「クサムカァ!クサマァガミンナウォー!!ユルザンッ!!!」

(『oops!(ウーップス!)噛みすぎだろ・・・!』)

「にーらんだってぇ怖くないよぉお!視線で人が殺せれば世話ないよぉ!」
「そんな事できるなら僕達お払い箱だぁ!イヒーーーッヒヒヒヒ!!!」
「それに「許さん」だってぇ、おっきい事言うのはいいけどさぁ」

(『スルーかよ・・・つうか話通じてるよ・・・』)

「防御魔法しか使えない案山子、、、おっと失礼、神官殿がぁ」
「ど〜〜ぉおやってこのファット王国屈指の魔導師『火星一輝』のシーボ様と戦うのかなぁ?」
「ご教授おねがいしますよぉ!フヒヒッ!」

「もはや・・・神の慈悲は無いものと思え・・・」

(「はい、今度は慎重にちゃんと言えましたーってか!」)
(「変なとこでハラハラさせんなよ!ファーーー〜ック!」)

「ふ〜〜〜ん、さっきはガキ用に火力落としてたけどさぁ!次は本気で行くよぉ?」
「あっ!ちなみにこの国に残った泰山十二星(粛清処刑部隊)の残り十一星ももうすぐここに来るんで!」
「は〜やくしないとぉお!四面楚歌!針のむしろ!穴だらけになっちゃうよぉお!フヒッヒヒヒヒヒ!!!」

(『いよいよbattle(戦い)の始まーーーー』)

「ライムスカッシュ大先生お願いしますッッ!!!!!」

(『あの馬鹿ッ!!!!!』)
* Re: フルーティリベンジャー 第2話 ( No.11 )
日時: 2015/12/29(火) 17:03:24 メンテ
名前: 手拭

当初はこっちで行こうかと思ってましたが
シーボ君のゲスさとファックな雰囲気が薄れそうだったので
(残虐ファイトしにくいので)
止めにしてオマケにしました。
* Re: フルーティリベンジャー 第2話 ( No.12 )
日時: 2015/12/29(火) 17:19:54 メンテ
名前: 理海王

こいつぁ黄金なサンキストだぜエエエェェェッッッ!!!

な、なんてかっこよくて正義に満ち溢れるオーレンジなんだ…
DIOの息子であるのに、黄金の精神を持つジョルノと同じく異端な存在だなァ。
色々な創作物に出てくるサンキストの中でも一番かっこいいゾ…
* Re: フルーティリベンジャー 第2話 ( No.13 )
日時: 2015/12/29(火) 17:32:41 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022

ライムスカッシュめっちゃくちゃカッケェェエエエエエエエエエエエエエエエエエエ!!!!!
シーボが凄くクズ野郎だったんで、こいつをめちゃめちゃにやっつけて欲しいと思っていたら、
ライムスカッシュのカッコ良い事カッコ良い事!独特な口調で追い詰めて行くのカッコ良いし、
圧倒的なパワーで潰すのもカッコ良いしと、終始カッコ良かったです!!
* Re: フルーティリベンジャー 第2話 ( No.14 )
日時: 2015/12/29(火) 20:26:40 メンテ
名前: 春休戦

お、おまけ版・・・併記されてるとその破壊力が倍加されるぅ〜。(www
相乗効果って言いますか。別視点ってのは、手間の分だけ本編の魅力もUPされてますねー。

いやホント、サンキスト一族の緻密なる残虐性が遺憾無く発揮された一戦でした!
実際、初代サンキストだって数多のルーキー殺しで有名になったクレバーな奴だし。
(ぶっちゃけ、相手が悪すぎるから瞬殺コースご案内〜♪なだけで、常人レベルなら達人かと)

まぁ不気味な半裸&緑色のオーレンジ覆面が火球をすり抜けてスルスルと近寄る姿は・・・恐怖するわな。(w
さて、両腕潰れたシーボ君は痛みも相まって戦闘不能コースとは思われるけど。しかし囮としての利用価値はありそうだ!
まずは残る11星の能力を見極めねばだけど。ま、最悪シーボ肉盾で見極めタイムを1ターンは稼げそう。(ぉぃ
* Re: フルーティリベンジャー 第2話 ( No.15 )
日時: 2015/12/29(火) 20:51:05 メンテ
名前: フィール

モーションがバレバレだから避けれる、そうか、ジーポ君はセットポジションを学ぶべきだったのか(違う)。
さて残り11人。様々な属性の魔術とライム先生のヒール殺法、相手を驚かし目ん玉飛び出させるのはどっちだ!?
* Re: フルーティリベンジャー 第2話 ( No.16 )
日時: 2015/12/29(火) 21:29:22 メンテ
名前: ふぁん

おまけで殺伐感がいい具合に笑いへ昇華するwww
ライムスカッシュの敵への指摘がいちいち、相手の屈辱感を増幅していくようで中々えげつないですなぁ…
両腕潰されたシーボ氏の運命や如何に…そして泰山十二星についても気になります!
* Re: フルーティリベンジャー 第2話 ( No.17 )
日時: 2015/12/31(木) 12:59:00 メンテ
名前: 手拭

理海王さん

ありがとうございます!
このマスク・ド・サンキスト・ライムスカッシュには夢がある!!!
一度死んだときに魂が入れ替わったのかも知れません!

カジワラさん

ありがとうございます!
シーボ君はクズ中のクズだったので
サンキストの残虐性も正当に見えて助かりました!

春休戦さん

ありがとうございます!

>>ぶっちゃけ、相手が悪すぎるから瞬殺コースご案内〜♪なだけで、常人レベルなら達人かと
このSSのコンセプトの一つだったりします!
仮にも打倒百文字を誓い40年もたつ一族
生半可な鍛え方では無い!ハズ

さて残り11人・・・どうしたものか(ぇー

フィールさん

ありがとうございます!
そして変化球を覚えて優秀な捕手と組めば
あるいは勝てたかも知れません!

ふぁんさん

ありがとうございます!
シーボ君はクズですがライムスカッシュはヒール、一枚上手でした!
シーボ君の命運は・・・ろくな事にはならない・・・かも
Page: [1]
 
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP
題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
添付FILE 文章合計600Kbyteまで
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

※必須
画像認証
     (画像の数字を入力)

   クッキー保存