window
 
トップページ > 記事閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加
* 南極女子高生3話

日時: 2013/12/30(月) 12:31:54 メンテ
名前: フィール

物語が動く、激動の三話!
南極ロボはいずこに!そしてアースクラッシャーの実力とは!
 
Page: [1]
* Re: 南極女子高生3話 ( No.1 )
日時: 2013/12/30(月) 12:32:59 メンテ
名前: フィール

【妹】

マッスルドッキングは決まった瞬間よりもその後に真の威力を発揮するらしい。
基地に辿り着く頃には仮面は完全に崩れ去り仮面の女の素顔が明らかになっていた。

「うわー!仮面がバラバラになってもうたで!」
「拾いましょ、目が覚める前に拾いましょ!壊したのバレタら怒られるもの」
「二人とも、もう手遅れみたいだよ」

仮面の女、いや、仮面をつけていた女は伸びをした後ゆっくりと身体を起こし
周囲を確認する。

「ここは…、俺はレゼルヴェの試験の後モヒカンを槍にくっつけてそれから…」
「えっ、そこから!?」

元仮面女の呟きにエリカが突っこむ。何言ってるかは分からなかったが、
相当前の記憶を思い出している様子だと勘で決めつけてのツッコミだ。

元仮面女はそんなエリカのツッコミは無視して周囲を観察する。
ブラッククロスの服の男二人、女一人。良く分からん未成年の女一人。

「よし、取りあえず悪は滅ぶべし」
「えっ?」
「くたばれブラッククロス!マサイーーーパーン」
「させるかぁ!」

ガコーン!
パンチを繰り出そうとした女の後頭部に金属製の箱が直撃する。女は再び気絶したスイーツ。
エリカが懐から取り出した一斗缶だ、護身用にいつも隠し持っているこの一斗缶は
エリカの友人らから『エリ缶』と呼ばれ恐れられており、寝起きの女戦士程度ならこの通りKOできる。

「ふうっ、危うくスパロボ探索隊半壊の危機だったわ。貴族の嗜みとして日本武術を習ってて良かった。
まさかいきなり助けた相手を襲おうとするなんて、南極人がこんなに野蛮だとは思わなかった」
「エリカはんエリカはん、それ多分南極人違いまんがな。アフリカ人やできっと」
「何でアフリカ人が南極で露天風呂に入ってるの!」
「さあ?取りあえず、今度起きた時どうすればいいんやろ?」
「うーん…元居た場所に帰したらどうだい?君子危うきに近寄らずだよ」
「ドランジョさん、これを捨てるなんてとんでもない!ピクルを洞窟に押し込み冬眠させるぐらい勿体ない!
コイツ間違いなくスパロボ発見の為のヒント持ってますよ!イベントパターン的に!」

ドランジョ、コンジュラー、そしてエリカが拾った女についてあーだこーだ意見を交わしている中、
ボヤッキューはせっせと仮面を集め修理しようとしていた。

「ボヤはん、それ直せるんでっか?」
「んー、後ちょっと」
「いやいや、セロテープとかでくっつけてもそれでオッケーってものやあらへんがな」
「いいからちょっと御覧なさいな」

テーブルの上にコトリと置かれた仮面を見てボヤッキュー以外の全員が驚く。
バラバラになったはずの仮面がほぼ元通りに復元している。
しかもテープや接着剤も使わずに破片を近づけた先から自然にくっついていっているのだ。

「なんか不気味でんな。呪いの仮面とかそういうのとちゃいまんのか?
あの人が記憶喪失っぽい言動だったんもこの仮面に意識を乗っ取られてたとかそういうのかもしれへん」
「そんな非科学的な、いや、宇宙人と戦争してる時代だから無いとは言い切れないわね〜」
「どうするんだい?ヘタしたらあの女以上にやばい代物かもしれないよこれは」

ドロボー一味がテーブルの上の仮面を遠巻きに見つめ行動出来ないでいると、
その仮面を横からかっさらうものがいた。全ての元凶エリカ・ペンドラゴンだ。

「もーらい!」
「「「あ、こらちょっとー!!!」」」

エリカが次にやる事の予想はすぐに二通り思いついた。仮面を自分が装着するか、元の持ち主に装着させるか。
どちらにせよ非常にやばい事態が発生しそうな事は分かり切っている。三人は必死に止めようとするが、
10代の情熱とバカの推進力には届かなかった。

「そぉい!!!」

ビタァァン!!
選択肢1、『エリカは復元した仮面を気絶中の女に装着させる』が実行された。
仮面は女の顔に癒着していき二度と取れない様に一体化した。

「なにしてんのさアンター!」

ヒステリックに叫ぶドランジョ。だがエリカは至って冷静に意見を返す。

「多分これが最善と思って」
「なんで!」
「だって、さっきこの人皆を襲おうとしていたじゃない。で、恐らく仮面が無くなって
記憶か人格がおかしくなったのだとしたら、仮面をつければ敵じゃなくなる可能性が高い。
うん、我ながら完璧、アブストラクト・フェニックスな理論!さあ、目覚める彼女から
スパロボ発見のヒントを得る事にしよう!これリーダーである私の命令だよ!」
「…ッ」

反論できず言葉に詰まるドランジョの肩にボヤッキューが手を置き諭す。

「諦めて下さいなドランジョさん。僕ちゃん達あの子には逆らえないのよ。通報されたくないし」
「ふん、あんなガキ三人で縛って閉じ込めとけばいいのさ」
「そんな悪い事出来るわけないでしょ!ねえコンジュラー」
「せやで、やるんならドランジョはん一人でやってーな」
「い、いや…ごめんよ。私だって女の子にそんな事したくないよ。ごめん、言い過ぎたよ」

ブラッククロスの悪人もピンキリである。
アムステラの味方として手段を選ばず力を尽し己の命を賭しても構わないというのもいれば、こういうのもいる。
エリカが出会ったのがこのドロボー達だったのはある意味幸運だったとも言えよう。
そして南極で風呂に入っていた仮面の女にとっても幸運だったと言えた。


◇◇◇
* Re: 南極女子高生3話 ( No.2 )
日時: 2013/12/30(月) 12:35:34 メンテ
名前: フィール

【露天風呂の真実】

アーティがちょっと目を離した時にはもうムチャウは顔から煙を吹いて倒れていた。
仮面の中央がひび割れ、そこから高熱を発している。

「あわわわわ、ごめんみょん!ごめんみょん!私はただいつもの様にムチャウのオッパイに
吸いつこうとしただけで、そしたらムチャウが避けて、上手い事私の頭突きが仮面に入る形になって…」
「お前は悪いのは最初から分かり切っている。で、どーする?最悪暴走してまた三人揃って取り込まれるぞ」

レゼルヴェを襲った怪物の再来、そうなったら今度こそ一巻の終わりである。
そして偶然にも今日三人が来ていたのはレゼルヴェだった。

「じゃ、そういう事で!」
「あー!!!」

アーティに世話を押し付けて逃げるようにジュダは出ていった。
残されたアーティはムチャウの身体に触れない様に身体に水をかけて冷やそうと試みたが、
かけた先から湯気になっていく。最早人間の体温じゃないし、人間でどうにかできるものでもなくなっていた。

「このままムチャウが死ぬのが先か、以前の様に何でも食い散らかす悪魔になって
この傭兵マンションが取り込まれるのが先かだな。すまんムチャウ、俺も逃げる」
「やれやれアーティがそんな薄情モンとはおもいませんでしたみょん」

いつの間にかジュダが帰って来ていた。その手には白いロープと白い小袋が握られている。

「さっ、まずはこの袋の中の粉を全部ムチャウの口につっこみーの!」
「モガー!!ガク」

粉を吸引したムチャウは一瞬ビクンと痙攣し大人しくなった。

「なんだよその粉!」
「昔の同居人の家に置いてあったイケない薬。傭兵になる前に部屋の掃除したら一個だけテレビの後ろから
出てきたからこんな事もあろうかと隠しもってたみょん。ちなみに一袋で二十回使用可能。
さて、ぐったりしてる隙にこのロープを巻き付けるから手伝って。
絹糸を織り込んであるとは言っても気休め程度だと思うし時間との勝負みょん」
「あ、ああ」

ウルトラマサイの物質吸収能力は有機物にはいくらか効果が弱まる。経験として二人はそれを知っていた。
ロープを結び終わるとジュダはアーティの手を取って外へと走り出す。外には見覚えのある戦闘機、
ロープの反対側はこの戦闘機と繋がっていた。

「アロンズィじゃねーか!この短時間で良く調達できたな!」
「いいから乗って!さあ患者を生物も機械もない天然の冷蔵庫まで運ぶぞ!んで、ほとぼりが冷めたらまた迎えに行く!」
「どこだよそれ!」
「南極!」

◇◇◇
* Re: 南極女子高生3話 ( No.3 )
日時: 2013/12/30(月) 12:37:26 メンテ
名前: フィール

「あのアホども、絶対後で半殺しにしてやる…」
「あっ、目覚めましたよー。みなさーん!サムさん起きましたよー!」

辺りを見渡すとブラッククロスの服を着た男女三人と普通の少女一人。

「ブラッククロス?まあいいや、アタイどうやらあんたらに助けて貰ったみたいだね。
あのまま外に放置されてたら絶対風邪ひいてただろうしありがたいよ」
「風邪で済むんかいな」
「キター!サムさんのデレルートきましたー!これで私の目標もゲットしたも同然!」
「何言ってるんだこの子は。それとサムって」
「それはやな、かくかくしかじか」

ムチャウはコンジュラーという人の良さそうな男から、エリカのとんでもない行動と
自分が海物語というパチンコ台のキャラクターに似ている事からサムという仮名をつけられていた事を聞かされた。

「うん、とりあえずアタイはサムって名前じゃねーから」
「じゃあサムさんの本名教えてくださいよ3・2・1はい!」

本名を言おうとした正にその時、ムチャウの脳裏にかつて仲間に何度も注意された言葉が蘇る。
【何の為にコードネーム決めたと思ってるんだ!】というアーティの言葉である。

「アタイは皆からモザイクって呼ばれている。ほら、仮面がモザイクっぽいだろ?」
「成程、ニックネームはモザイクなんですね。じゃあ、続いて本名どうぞ!3・2・1はい」
「本名はムチャウ・ザイネン」
「自己紹介ありがとうございますサムさん!やっぱり本名はサムだったんですね!」
「いや、ムチャウだって」
「サム」
「ム」
「む?」
「ム・チャ・ウ」
「サ・ム」

南アフリカ人と英国人のイントネーションの差、そして二人の理解力の低さが原因となり
名前が正しく伝わらない。
ドロボー一味は世界を股にかけて仕事をしているので二人のやり取りを正しく理解していた。
取りあえず、コードネームの意味はまったく無かった。

「もうサムでいいや」
「はい、サムさん宜しくお願いします」

15回のループでアフリカ人が折れた。結果的に本名を名乗らなかったのと近い状態に。

「でも、スパロボ探すってのは協力出来ないね」
「えー!」

ここは折れないアフリカ人。

「聞いた感じアンタに力を与えるのは危険と思ったからね。
この南極にあるスパロボの元に案内する事は出来ないよ」

ムチャウ自身、かつて好奇心から力を求めこのざまである。
少女の身を案じての警告だったのだが、言い方が悪かった。

「やったー!やっぱり私の目に狂いは無かった!ありがとうございます!」
「あん?また聞き間違いかい?アタイは案内しないって言ったんだけど」
「ムッフッフー、貴女はここにスパロボがある事及びその場所をを知っているって自白しています!」
「し、シマッタァァァァ」

読者の皆様は『ウルトラマサイ』の作中でマサイの槍と同化したムチャウが遥か遠くにあるギガントの
位置を読みとっていた事を思い出してほしい。あの能力は人の外見となった現在も健在だった。
エリカからスパロボ探索の目的を聞いたムチャウは感覚を総動員しスパロボの有無を探っており、
それ故に行くのを止めたのが裏目に出た。マサイ嘘つけない。

「あんたら、車と防寒具用意できたわよ」
「サンドイッチも作っちゃいましたよ〜」

最早エリカに完全協力体勢となったドランジョとボヤッキューも急かしてくる。

「わてシャベルとツルハシ持ってきますわ」
「運転は任せろーバリバリ」

逃げ場が失われ、場はスパロボ探しに行くモード一色。寒空から屋内に運んでもらった恩もあるし
もういいかなーって気も少しずつしてきたムチャウ。だが、まだ納得はいかない。

「わかったわかった、正直に言おう。アタイはスパロボの場所がわかる」
「やっぱり」
「で、だ。大きな力は正義に使われないといけない。ブラッククロスに渡すわけにはいかない」
「大丈夫です!この人達はいいブラッククロスです!そして私は大正義ペンドラゴン家!」
「そうだよそうだよ!私達はこんな所に左遷されるぐらいに悪人になれないんだよ!」
「でもねー、僕ちゃん思ったんだけどスパロボを持ち帰ったら出世もあるかもって」
「ボヤはん!今回は自首して人生やり直す最後のチャンスやで!そんな事いうなや!」
「そうよねー、うん。この子に協力してその足で自首するべきですね」

(なんだこの呑気なやり取りは、本当にこいつらブラッククロスなのか)
ムチャウの脳裏にこれまで倒してきたブラッククロスの奴らの記憶が蘇る。
奴隷売買、誘拐、密輸、これまでムチャウがパトロール中に出会い倒してきた奴らと
余りに違いすぎる。もしかして同名の別企業なのか、そうでないと説明がつかない。
そして自分の事を正義の一族と堂々と言ってのけた少女、
それがマサイの戦士を名乗っていた自分と被る。
信じていいのか、自分と通じる部分の多いこの少女をどう導くべきか、
色々考えてると口の中がパサパサしてきた。続いて今まで感じた事の無い飢餓感が襲う。

「…んっ」
「サムさんどうしました?」

今度は逆に口からヨダレが止まらない。身体が耐えられない程の欲求を襲う。
しかし、その欲しいものが何か分からないまま衝動だけが強くなっていく。

「欲しい、ホシイ」
「サムさーん、もしもーし?」
「アタイホシイノォォォ!ナンデモスルカリャァァァ!」

エリカを突き飛ばしムチャウは外へと全力で走り出した。

「サムさんが薬中になって出ていった!」

エリカ奇跡の正解。ムチャウの衝動の正体はここに来る前に20人分飲まされたイケナイ薬の副作用だ。
だが、ムチャウ自身はそれに気づかない。気づけたとしてもここに薬は無いし耐える事も出来ない。

「ウヒ、ウヒヒヒヒ、アノバショニ、アノエネルギーノトコロニィー!」

ムチャウは自分の欲求を埋める代用を求め、あの場所へと向かう。
スーパーロボットのエネルギーを感じた場所へと。

◇◇◇
* Re: 南極女子高生3話 ( No.4 )
日時: 2013/12/30(月) 12:40:01 メンテ
名前: フィール

【兄】

「さて、アースクラッシャーのお披露目と行くか。まずはこうだ」

射程に敵の集団を捕えた事を確認すると、アースクラッシャーから一発のミサイルが発射される。
待ちの体勢で留まっていた敵はミサイルが直撃する前にバルカンで撃ち落とす。

「当然そうくるよな。だが、このミサイルは特別性だ」

バルカンで撃ち落とされたミサイルから緑色のガスが噴出する。
それは瞬く間にアースクラッシャーと敵陣の中間に広がっていく。
毒ガスかウイルスか煙幕か酸か、いずれにせよ留まるのは良くないと判断した相手は、
ガスから距離を取る為上昇して後退、する事が出来なかった。

「なっなんだぁ!!」
「隊長!機体がいう事を聞きません!」
「落ちるー!」

斬空と空戦羅甲の集団はその場からまともに移動出来ないでいた。
あるものは急降下し、あるものは小刻みに浮き沈みを繰り返し、あるものは本来の半分以下の速度で
上昇して離脱しょうとしている。
最初から飛行に無理のあった重装型羅甲は真っ先に墜落し轟音と共に地面に激突した。

「お前らには目の前のものが毒ガスに見えたんだろうが…、機体はそうとは思わなかった様だな。
反重力によるフライトシステムに頼ってたなら、目の前に突然大地が現れたらこうなる」

毒霧にも見えるガスの正体は苔の一種だった。
ミサイルから散布されたそれは空気中の水分と混ざり合い膨張し、疑似的な地上を作り出す。
アムステラ側の機体カメラに映ったそれはフライトシステムに高度を誤認させ、
結果一時的な出力の弱体化や急停止を発生させる。
手動操縦に長けたパイロットあるいはこういった事態に対応できるベテランならば
即座に立て直せるだろう。
だが、今回は待ちの陣形が二重の意味で裏目に出た。
数でウインドスラッシャーを疲弊させるチーム故に技量は一人を除き並程度の者しかおらず、
密集していた為ほぼ全機がトラップにかかり反撃も回避も不能な状態となった。

「ヘンリー、上昇するやつに追尾ミサイルだ!ウォール中央1班から5班は落ちてきた奴から順に撃ち落とせ!
ウォール右翼と左翼の全班は引き続き地上兵に備え潜伏、スコットは最初に急降下した重装型へ行け。
あの速度で落ちたら無事じゃないだろうが油断するな。俺は残りをやる!」

バシュバシュ!!

混乱から立ち直れぬ飛行部隊に二本のワイヤークローが飛ぶ。それぞれが別の斬空に突き刺さると
一気に巻き上げられた。

「バチカンの神父みたいに剣の間合いまで引っ張るパワーは無いが、これで十分だ!」

動きの止まった斬空にトドメのミサイルを撃ち込む。
苔では無く本物の火薬入りのミサイルがクリーンヒットする。

「何なんだよ聞いてねえぞこんな機体!」
「退却せよ!最早ウインドスラシャーを捕える事は出来ぬ!」
「しかし、降下した彼は…」
「あいつはどうでもいい!元より地球人など回収の必要など無いっ!」

混乱から立ち直れぬアムステラ、先制成功後適格な指示でリードを広げ続けたイギリス、
既にこの戦場の勝敗は決していた。ただ一つ不運があるとすれば―、

「我、降下に成功せりぃぃ!!!」

盛り上がった両肩部分に衝撃を受け止めさせた重装型のパイロットが咆哮を上げる。
元よりその両肩にはミサイルは積まれておらず、彼は最初からこうして着陸する予定だった。
無論損傷はあるが戦闘は続行可能な範囲のものだ。

「ブラッククロス黒天使隊が一人、『ネガレッター』のバヌ・ロディム参るっ!」
「威勢がいいとこ悪いんだけど、ヤメにしない?今、全方位からキャノンが君一人を狙ってるんだけど」
「断るっ!神の名の元に滅するが良い!」

ブラッククロスの悪人もピンキリである。
アムステラの味方として手段を選ばず力を尽し己の命を賭しても構わないというのもいる。
スコットの勧告をノータイムで跳ねのけたこの男はそういうタイプのブラッククロスだった。

(続く)
* Re: 南極女子高生3話 ( No.5 )
日時: 2013/12/30(月) 12:48:37 メンテ
名前: フィール

ムチャ子「またアタイこんな扱いかい」

【今回のNG】
選択肢1、『エリカは復元した仮面を気絶中の女に装着させる』
選択肢2、『エリカは復元した仮面を自分で被る』

「デュワ!」

選択肢2が実行された。エリカの顔に仮面は吸いつき肌に癒着する。

「これでスパロボ探知パゥワーが私の手に…う、うがー!」

メキメキと音を立ててエリカの身体が巨大化していく。
すぐ側の元仮面女と机を飲み込み、ドロボー一味を飲み込み、
外の不時着したジェットすら飲み込み、ウルトラマサイ4号が爆誕だ!

「まあぁぁぁさぁぁぁぁいぃぃぃぃ!!!!!!!!」

エリカはジェット機の翼を生やし飛び立つ、兄のいる戦場へと。

「予定とは違うけど一緒に戦う力が手に入ったよ!アニキ、今行くからね!
ってしまった!この身体じゃスマホが使えない!」

BADEND1「さらば女子高生としてのエリカ」

ではまた次回。
* Re: 南極女子高生3話 ( No.6 )
日時: 2013/12/31(火) 11:28:35 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022

マッスルドッキングは決まった瞬間よりもその後に真の威力を発揮するらしい。
3戦目、そのおかげであっという間に決まったモノなぁ〜w
にしてもジュダwww温泉の内訳はこんな事情があったのかwwww
それは置いといて、やっぱり南極にロボがあるのね。どんなんか楽しみだなー!
少なくとも被らなくて良かった。BADENDのピンチだったのか・・!!

アースクラッシャー、苔を使うとはなかなかトリッキーで面白いですね!!
ネガレッターとの戦闘楽しみにしてます!!
* Re: 南極女子高生3話 ( No.7 )
日時: 2014/01/11(土) 21:36:07 メンテ
名前: 春休戦

ムチャウ温泉の真実や、仮面×ヤク中×女子高生=危険とか、高度に発達した苔は空中に地上を出現させるなど、今回もてんこ盛りの内容!

しかし最後にトドメ来たのはロディム! どんだけ居るんだロディム一族! それと始めっから地上戦予定かいっ!!
現在のマルーが四足の修牙になってる様に、もしや『ロディム変身、地を駆けろ〜♪』とかなりゃせんだろうな?
この二方面からの多重展開がどう広がるのか、続きにも期待ですよ。(^^)

後、先ほど前回のバカクリオーを読み返してきたんだけど。
>今回の作品はクールなヒロインが南極で無敵のロボに乗る話
今ンとこ、どう見ても『フールなヒドインが南極(そもそも敵が居ない)で無敵のロボに乗る話』だと思う。(w
* Re: 南極女子高生3話 ( No.8 )
日時: 2014/01/14(火) 13:58:02 メンテ
名前: フィール

>南極ロボ
この物語の主題なのにお待たせしてすみません。
次回ついに登場です。

>ロディム一族
マルーと父ちゃんのルガー、今回新に一人。
残りの一族も近々登場したりしなかったり。

であ〜
Page: [1]
 
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP
題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
添付FILE 文章合計600Kbyteまで
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

※必須
画像認証
     (画像の数字を入力)

   クッキー保存