window
トップページ > 記事閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加
* フェミリアさんとニッポンポン第二話

日時: 2013/02/03(日) 11:59:43 メンテ
名前: フィール

第二話!
一話より前のお話、フェミリアとシンの出会い、水に浮くには、オマケ、以上三本。
 
Page: [1]
* Re: フェミリアさんとニッポンポン第二話 ( No.1 )
日時: 2013/02/03(日) 12:21:04 メンテ
名前: フィール

「う〜仮眠仮眠」

今KGFの廊下を小走りで駆けていくのはどこにでもいる高校三年生。
ちょっと人と違うのは剣術の天才という所カナー。
そんな剣王機メインパイロット、彼の名は荒沢シン。

「ウホッ、いい寝室…」

今日の訓練は筋肉と神経への負担が大きいと聞かされたシンは
榊原戦闘司令の命令に従い訓練までの三時間仮眠を取ることになったのだ。

「ではレッツスリーピング…あれ?」

半ば自分用となっているこのフロアの寝室のベッド。
その布団が人間一人分こんもりと盛り上がっていた。中で誰かが寝ているのだろうか。

(これはアレか、またあのパターンなのか?)

シンは警戒しながらゆっくりとベッドに近づく。
いやゆる「ラッキースケベ体質」であるシンはこのベッドの中にいる女性からの
不意打ちへの対処をしつつベッドの中の人物が誰か予測していた。

立花槙絵…×(別フロアの女性隊員用寝室に行く所をさっき見たし性格的にありえない)
蓮見恭子…△(やりかねないが現在勤務時間中)
如月可那…×(特別な理由のない限りここに来るはずのない人物)
他の職員…×(このベッドがシン用である事を知らない人はいないしわざわざ使う必要が無い)
他国のパイロット等…○(寝室を借りてたまたま自分の使っているベッドにもしくはわざと入った)

一番可能性の高い恭子が仕事中なのでKGF外の人間と予想を付けたシンは、
相手が動かないのを確認して全力で鼻呼吸する。

(このシャンプーの香りは…サティちゃんか!)

成程、以前自分の寝室に飛び込んできた彼女ならばこうやって先回りしていてもおかしくないし
KGFの人達も「まー、サティちゃんならいいか」と問題にせず寝室に通すだろう。

「俺を待ち受けてたんだろうがそうは行かないぜサティちゃん!」

そう言いながら布団を一気にひっぺがす。

「ぎゃん!」

布団に絡まり一緒にベッド下に落ちる中の人。赤い髪がちらりと見えた。
シンは声と髪の違い、そして何よりベッドの中の人物が空中キャット三回転しなかった事から
ベッドの中身がサティで無かった事に気付き顔が青くなる。

「うわわっ、すみません俺の知らない人!大丈夫ですか!?」
「うう〜ん、ちょっと驚いたけど大丈夫よ。布団と髪の毛がクッションになったから」

布団の中の人が出てきて布団の外の人となる。
肌の色からインド系と推察出来るその人物を見て美人だけどデカい女だなあと思った。
立ち上がると目の高さがシンと並び、頭の位置はシンよりも10センチ以上高い。
もっともそれは彼女の髪が上に向かって纏め上げられているのもあるのだが。

「すみませんでした。俺のベッドにいたからてっきり誰かがイタズラしてるのかと…」
「えっ?ここって来客用の仮眠室じゃないの?」
「隣です」

シンとベッドのインド人の持ってる情報を合わせると、来客用の仮眠室を案内された時間と
訓練前の仮眠の為シンの寝室のロックが外された時間が偶然一致し、間違いに気づかないまま
シンの使っているベッドに潜り込んだという事が分かった。

「へー、それじゃあ君が今日一緒に仕事をするパイロット君か。いつもサティちゃんがお世話になってます。
私はフェミリア・ハーゼン。今日は女優でも研究者としてでもなくて貴方と同じパイロットとして
ここに来たの。私の事テレビで見た事あるでしょ?ほらよーく見て」
「じょゆう…?すみません、俺芸能ニュースとかあまり見ないんで」

その時寝室の扉がノックされ間延びした女性の声が呼びかけてきた。

「フェミリアさーん、もしかしてそっちにいるんですかー?仮眠室はこっちですよー?
さっきすんごい落下音聞こえたんですけどー?入っていいですかー?」
「フェミリアさんのお仲間ですか?」
「ええ。彼女もこっちに入れてあげていいかしら」
「そうですね」

扉を開けると緑髪のまるっとしたインド女性が現れた。その外見にシンは驚きの色を見せる。

「フェミリアさーん!」
「ごめんスガタさん。部屋間違っちゃったみたい。あ、この子が荒沢シンくん。今日の―」
「にゃあああああああああああああ」

部屋に踏み込んだと共にスガタは悲鳴を上げ盛大にこける。布団を踏んだのだった。
ぼいんっ。

「大丈夫ですか!?」
「なんで布団が床に落ちてるんですかー。それと少年ー、スガタさんの下にいつの間に
滑り込んだんですかー」
「お、女の人を俺の不注意で怪我させちゃいけないと思ったら勝手に身体が動いて…。
あの、無事だったらそろそろどいて下さい」
「はいー、少年、私は…」
「オードリー・スガタさんですよね?ベルン・スガタのラジオで嫁と呼ばれている」
「そーですよー、この間のラジオでも散々ネタになった嫁ですよー」

◇◇◇
* Re: フェミリアさんとニッポンポン第二話 ( No.2 )
日時: 2013/02/03(日) 12:22:30 メンテ
名前: フィール

【先週の漢帝国】

チャーララララーチャーララーラララー

「…凄い男だ。漢帝国臣民よ拙のラジオを聞くが良い。では本日のゲストを紹介しよう。
今日のゲストはこちら、ORGOGLIOの元エース、翼君だ」
「ちょ、本名はやめてください!そういう事するならこっちもトシオさんと呼びますよ」
「…本日のゲスト、謎の拳士のブラック少林さんだ」
「どうも、謎の拳士ブラック少林です」
「さて、貴様をゲストに呼んだのには理由があるまずはこちらを聞いて欲しい」


『携帯ゲーム・ガメラ&アルーガに待望のベルン・スガタ編登場!!
今ゲームを開始すれば三人いずれかのレアカードをゲットできるぞ!
そして主人公達専用のレアトレーナーゲットのクエスト解禁!
クエスト報酬の「ベルンの嫁」「ガメラ滋郎」「ヨハン森」で
対応キャラのレベル限界突破だ!』


「これが半月ほど前の修斗ゲーのCMだ。拙も遂に念願の主役の一角になり他キャラとの
差別化の為の主人公カード限界レベル突破も実装された」
「良かったじゃないですか」
「で、だ。レベル限界突破の為のレアトレーナーカードが他のキャラに適用されない様に
条件が付けられていた。例えば『ベルンの嫁』カードはスキルに『コスプレ野郎』と『古武術』が
揃ってるキャラにしかつけられん」
「はいはい」
「ではこのフリップを見てもらおう」

ベルンの嫁:「コスプレ野郎」及び「古武術」スキル所持カードにのみ適用、限界レベル10上昇。
ガメラ滋郎:「鉄のガード」及び「大和魂」スキル所持カードにのみ適用、限界レベル10上昇。
ヨハン森:「女殺し」及び「スター性」スキル所持カードにのみ適用、限界レベル10上昇。

「これらの組み合わせのスキルを持ってるカードは主役の3枚だけということだったのだが…」
「どうしたんです?」
「ゲーム製作者達はあるカードの事を忘れていた」

『SRブラック少林(マスクオフバージョン)』
プレイヤー人口500万人突破記念配布カード。ベルン登場に合わせて同時に作られた。
「選ばなかった他の主人公のスキルも体感したい」という要望に答え、
ガメラ・アルーガ・ベルン三人の全スキルと同名のスキル(効果は本家の半分程度)が
搭載されている。限界レベルは他のスーパーレアと同じく69まで。

「あっ、僕のカードですか。確かに自分で言うのもなんだけど、コスプレ野郎・古武術・
鉄のガード・大和魂・女殺し・スター性、全部もっててもおかしくないな、うん」
「おかしくないな、うん。じゃなぁあいわああああああああ!!!!!
効果量は違えど同名スキルを持ってる貴様には三種のトレーナー全部が適用可能という
イベントの想定外の事態が発生しておるのだぁー!」

この仕様に気づいたプレイヤーの多くが本来の相手にではなくブラック少林に
三枚のレアトレーナーカード全部を使い、その結果本来活躍すべき三体のレベル79ではなく、
イレギュラーである一体のレベル99が戦場を無双しまくってゲーム環境が結構ヤバイのである。

「どうしてくれるのだ貴様ー!取り敢えず拙の嫁返せー!」
「そんなんこっちに言われても困るー!」
「取り敢えずリングで勝負じゃー!」「それは望むところだー!」

こうして『拙はshock!!嫁を取り戻せ−30分一本勝負』が後日リングで執り行われる事になった。
この回は漢帝国五指に入る神回と呼ばれリスナーの間でも『ベルンの嫁』という単語は今まで以上に
有名になったのだった。

◇◇◇

【さて、本編】

「うわーん、榊原ー!うっうっ…私…シン君に…」

仮眠の時間が終わりブリーフィングルームに入って早々、フェミリアは榊原に泣きついた。

「シン君、今度は初対面の女性に何したんだい」
「今日は俺何もしてねえから!この人が勝手に泣いてるだけです!」
「そうなの!何もされなかったのよー!おまけに私の事全然知らないって!」
「あははー、スガタさんはー、シン君にオッパイプレスしましたよー」
「やっぱりしてるじゃない」

槙絵がシンにやれやれまたかといった感じに冷たく突っ込む。

「君はいつもヨソの子に色々アレな感じでそれはこちらとしても程々にしとけと
前々から思ってたんだが…今回ばかりはアレしとくべきだったな。
少なくともスガタさんとフェミリアさんに平等に接すべきだった」
「え?何それ?」
「うっうっ、いいのよいいのよ。どうせ私の女子力なんてこんなものなのよ」
「え?え?寧ろ俺が会った人の中じゃ不自然な程に女らしいという第一印象ですけど」
「もっと彼女の事情に気を遣うべき。ああ、貴方はフェミリア・ハーゼンという人物について
何も知らないのだったわね…。つまり本能で避けたって事ね」
「え?え?はい?」

シンには何の話なのか分からない。指令もフェミリアも槙絵もそれぞれが勝手に微妙にこちらに
意味が通じない話をして勝手に納得している。ただ、ここまでの会話からこのフェミリアという人物が
少なくとも自分以上にはKGFという組織と深く繋がっている人物なのだという事は理解した。
これ以上この件で質問して蒸し返し、「フェミリアはシンにオッパイ揉まれたかった痴女」
なんて真相が出てきても困る。演習の話に移るまで黙っている事にした。

「えー、そろそろ建設的な話、演習について話そうか」

切り出したのはやはりこの男、榊原。

「先日話した通り、今日二人にやってもらいたいのは水上の敵を倒す為の特殊訓練。
『美崎教官発案の方法で』水上を移動しこのフェミリアさんの乗機を倒してもらいたい」
「「はいストォォォプ!!」」

シンと槙絵の突っ込みが綺麗にハモる。

「「水上戦対応方法考えたの、あの美崎さんですか!?」」
「うん」
「すげぇやな予感がする!」
「いえこれは予感ってもんじゃないわ!確信よ!あわわわわわ」

数回程度の面識のシンは身体を小刻みに震わせ、ながーい付き合いの槙絵は多重影分身級に震える。
美崎歌、ある意味最強の存在である。

「二人とも落ち着け、特に槙絵。意見を提出したのは彼女だが、その後博士とデータ検証し
理論上実現可能な作戦である事は分かっている。だから身体を止めて深呼吸、さん、はい」
「「すーはー」」
「落ち着いたか?まああの人発案の訓練と聞いたらそうなるのは僕も気持ちわかるけれど」

槙絵の目に光りが戻って来た所で榊原は訓練内容を発表する。

「じゃあ言うぞ。本来水上戦が出来ない二機、それが水上戦で戦う方法とは…」
「…」
「…」
「…」
「…」
「…」

全員が沈黙で戦闘司令の言葉を待つ。剣王機と雀王機の水上戦闘手段。否が応にも気になる。

「…水上で戦う方法、それは剣王機の両足を牌ビットに乗せる事だ」
「いや、それは…」
「普通に沈むんじゃないですか…?」

(続く)
* Re: フェミリアさんとニッポンポン第二話 ( No.3 )
日時: 2013/02/03(日) 12:23:12 メンテ
名前: フィール

フェミリアさんと榊原さんはじめKGFの人達が旧知っぽいのは
榊原→カーフィル→ジェイコブ→フェミリアという友達の輪が出来てる事と、
PGの特許がこじゅろー博士の権利を侵害してないかの確認等で
数度顔を合わせてるからです。
フェミリアの性別が分かってないのはシンだけ!

次回!二つの牌ビットに乗った剣王機が股裂き状態に!?
* Re: フェミリアさんとニッポンポン第二話 ( No.4 )
日時: 2013/02/03(日) 14:46:53 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://yabou-karakuri.sakura.ne.jp/src/youhei3.html

シャンプーの香りでサティを特定出来る、荒沢さんマジすげぇwwwww
いや実際はフェミリアだった訳だけれど大概の事柄を嗅ぎ分けるであろう荒沢さんはマジすげぇと思いました!!w
そしてスガタさんにはしっかり発動するラッキースケベ。でもフェミリアには発動しないのね。凄いね本能w

漢帝国懐かしいな。此処でスガタさんを知ったと言う展開に笑うw人気番組万歳だ!!
しかしブラック少林オイシイな。漢帝国五指に入る神回とかって!!

にしても「シン君、今度は初対面の女性に何したんだい」のセリフに吹くwwww
当たり前のようにラッキースケベとして認知されているのが笑えるwww

美崎教官が発案した牌ビットに乗る事が浮いていた正体かー。
股裂き状態を楽しみにしつつ、次回を待ってまー!!
* Re: フェミリアさんとニッポンポン第二話 ( No.5 )
日時: 2013/02/05(火) 07:41:13 メンテ
名前: 春休戦

いやいやいや!牌ビットを下駄にする位なら、せめて飛び石にしましょうよ!というか背負え。(笑)
無論、そこは牌ビットの出力やマキマキの制御能力によるとは思うのだけど。
岩倉博士・・・彼らにジェットスクランダーみたいなオプションでも造って上げて下さい。(w

そしてさりげにチョット待て。トシちゃんいかんだろーフリップは。それは『ラジオ番組』だぞ。(www
それと・・・ん?そうか。音声のみ&試合では機動マシンてぇ事は、持っていき様によってはシンも
今回の一件で漢帝国に出演出来るコネとネタを入手出来たって事かー。

これはまた続きが楽しみですよ。(^^)
・・・さて、私も書かにゃならんのだがなぁ〜。orz
* Re: フェミリアさんとニッポンポン第二話 ( No.6 )
日時: 2013/02/05(火) 23:01:04 メンテ
名前: フィール

カジワラさん、春休戦さんありがとうございます。
>ラッキースケベ
この物語の時期的には一通り各国のヒロインが出た後という事になるので、
シンの持つ女性との独特の距離感はKGFの皆が知るところなのです。
寝室のシーツはあらゆるヒロインの汗が染み込みきった後です。
>ラジオでフリップ
大丈夫です、その辺はベテランの技。リスナーにもわかるよう、フリップの内容は音読しました。
SRブラック少林のスキル内容を語るのが近づくにつれ、ベルン・スガタの声に怒りがこもっていくのが
見えずともわかる仕様です。
>牌ビットに乗る以外の方法はないの?
いやー、私の作品で勝手に剣&雀に空飛ばせては…ゲフンゲフン。
えっと、三王機は合体を前提に最低限のパーツで構成されているので下手に初期状態から手を加えられないのです。
そういう事にしておいて下さい。きっと後継機なら追加パーツもオッケーですよ。
で、ビットに乗るという選択ですが…これについては教官がまたろくでもない事考えてるので答えは次回に。

ではは〜
Page: [1]
 
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP
題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
添付FILE 文章合計600Kbyteまで
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

※必須
画像認証
     (画像の数字を入力)

   クッキー保存