window
 
トップページ > 記事閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加
* ギガント破壊指令“爆熱!巨大ロボット編” 最終話

日時: 2012/05/05(土) 00:24:20 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://yabou.web.infoseek.co.jp/src/youhei3.html

最終話です。
爆熱!巨大ロボット編!!

それではどうぞ。

>>BDさんへ
更新用のtxt、アプロに上げて置きました〜。
 
Page: [1]
* Re: ギガント破壊指令“爆熱!巨大ロボット編” 最終話 ( No.1 )
日時: 2012/05/05(土) 00:07:08 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://yabou.web.infoseek.co.jp/src/youhei3.html



バルルルルルルルルル ル ル ル ル ル ル ル ゥルルル ゥゥ ウ ウ ウ ウ ウ ウ ウーーーーーーー!!!


ヘリが飛んでいる。操者は一人。黒髪の女性だ。

艶やかな髪の持ち主であった。憂いた瞳を持つ女性であった。
ローブに身を包んでいる。露出の控えた服装をしているが、
豊満なチチ(胸)と豊満なケツ(尻)を隠す事ができない豊満なバディ(肢体)。

だが、その女性は『奇妙』な事に・・・。
全身を『ミイラの如く包帯で覆い隠していた』。

ーそう。その名は『 レ デ ィ ・ ミ ィ ラ  』



バルバ ル バ ル バ  ルバ バル バ ル ーーーー ー ー ー ッッ ッ ! !


そのレディがギガント肩上の、百文字に通信を入れる。


「よくてハンドレッド」


「出力こそいつも通りだけれど、ギガントの損傷は激しいわ。」

「長期戦は不利。一気に片付けて頂戴。」


百文字は答える。

「言われるまでもない。」


その声に呼応し・・!!


「グギャオオオオオ!!」


ギガントは隻腕の右腕を広げる・・!!


 対

 し

 !


弩級地上戦艦『赤福(アカフク)』を駆る、ボギヂオ・クラケット大佐!!


「シュポシュポシュポシュポ!」

「見ぃーつけた!見ぃーつけた!」

「レゼルヴェの巨神、見ぃーつけたぁー!!」


ボギヂオは自信満々だ!!


「バトゥロくんに聞いてるモノね!」

「君のパワーはガタオチだって事を!!」


ボギヂオはノリノリでこう言い放った!!


「行けぇー!赤福(アカフク)!!」


「ギガント28号を轢(ひ)き潰せぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!」




            ・
            ・
            ・
            ・

            ・

            ・


            ・





・・・・




○クロガネの賛歌・第4章


 ー ギ ガ ン ト 破 壊 指 令  ー  爆 熱 ! 巨 大 ロ ボ ッ ト 編



 最 終 話「 爆 熱 ! 巨 大 ロ ボ ッ ト 編 ! ! 」




・・・・
* Re: ギガント破壊指令“爆熱!巨大ロボット編” 最終話 ( No.2 )
日時: 2012/05/05(土) 00:08:23 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://yabou.web.infoseek.co.jp/src/youhei3.html








突進する!突進する!!突進する!!

弩級地上戦艦『赤福』が突進をする!!


大きさはギガントの4倍!!重量は更に2倍はあるであろう!!


その赤福が突進をする!!

前に居るモノは道を空ける!

これはヤバイと道を空ける!!

  ッ

  ッ

  !


アムステラ兵・ヨワンキー

「ひえぇー!ボギヂオ大佐、突然過ぎますー!!?」


アムステラ兵・グドード

「逃げるんだ!道を開けるんだ!!」


アムステラ兵・テルンツェ

「む・無茶やりなはるぅー!!」


そしてチャマ・クラケットも!!

「ぽ・ぽっくんも轢き殺されてまうぶぁい!」

「逃げるが勝ちでしゅ!!」


空ける。道を空ける。

我よ先にと道を空ける!!

 対

 し

 !


レゼルヴェの面々!!


エモンドがこう言う。

「どうしやす、耐撃の旦那。」


アンティエが尋ねる。

「ウハww突進www援護射撃をしますか?」


百文字はこう言い放つ。

「必要無い。下がっておれ。」


エモンド。

「ウヒョヒョウ!了解ですぜアヒィ!!」


アンティエ。

「あいあいさ。下がるよ、エモンド。」

そして二機が後退する。

  ッ

  ッ


ズドドドドドドドドドドドドドド!!!


赤福は進めば進むほどに!


加速度を増し!!


そして遂に!!


ズギャァァァァアア ア ア ア ア


      ア ア ア ア ア ア ア ア ア ア ア ン ン ! !


       ー ギガントに突撃をした!!



         ・・・・・・・・・・・・・・ッッ!!


           ッ


           ッ

* Re: ギガント破壊指令“爆熱!巨大ロボット編” 最終話 ( No.3 )
日時: 2012/05/05(土) 00:09:53 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://yabou.web.infoseek.co.jp/src/youhei3.html




ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴゴゴゴ ゴゴゴ ゴゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ


       ー その大容量の突撃を!!


         ギガントは腕と肩で受け止める!!


       ー バネ仕掛けで衝撃を吸収し、

         全身で持って『赤福』を受け止める!!


       ー これぞ耐撃の百文字だ!!


         これぞ、ギガント28号だッ!!


          ッ


          ッ



ボギヂオがいきり立つ!!


「もっと!もっとアクセルを踏むんだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」


「無残無残に!ペシャンコにして!ボッコボコにして!すっきりスカァっとした気分を味わうんだよぉおおおおおおお!!」

   ッ

   ッ


更に!更に力を増す!!


だがギガントは微動だにしない!!

足に根が生えたが如く不動である!!


ボギヂオが騒ぎ立てる!!

「グギギギギギ!何故だい!!なぁぁぁぁぁぁぜ動かないんだい!!」


「大きさも!デカさも!質量だって全部『赤福』のが勝っているハズだよ!!」


「なのに何故、動かないんだい!ありえなぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁい!!」


   そ

   の

   時

   で

   あ

   っ

   た

   !


ボギヂオ!!

「な・・・。なんだいこの声は・・・!!」

   ッ

   ッ


フレー!フレー!オーサーッ!!

フレー!フレー!オーサーッ!!

フレー!フレー!オーサーッ!!

フレー!フレー!オーサーッ!!


ボギヂオ!!

「ギガントの後方から!軍事基地より聞こえてくる『この声は!!』」

   ッ

   ッ


それは、レゼルヴェ国民からのエールであった!!

誰もが叫んでいた!!

傷付いた王とその機体に対するエールを!!

* Re: ギガント破壊指令“爆熱!巨大ロボット編” 最終話 ( No.4 )
日時: 2012/05/05(土) 00:11:25 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://yabou.web.infoseek.co.jp/src/youhei3.html



フレー!フレー!オーサーッ!!

フレー!フレー!オーサーッ!!


レゼルヴェ国首席・ルイ・ポナパルト・ヌーヴォー1世(通称・ルイヌーヴォー)がこう言い放つ!!


「皆の集!!我々に出来る事はエールを送る事だけである!!」

「だが恥じる事は無い!!己が行動に誇りを持つのだ!!」

「こうしてエールを送る事により!!」

「『我々は百文字(オサ)と共に戦っているのである!!』」

「さぁ!声を張り上げろ!!そして、こう叫ぶのだ!!」

     ッ

     ッ

「『フレー!フレー!オーサーッ!!』」

「『フレー!フレー!オーサーッ!!!』」

「『フレー!フレー!オーサーッ!!!!』」

「『フレー!フレー!オーサーッ!!!!!』」

「『フレー!フレー!オーサーッ!!!!!!』」

「『フレー!フレー!オーサーッ!!!!!!!』」

「『フレー!フレー!オーサーッ!!!!!!!!』」

「『フレー!フレー!オーサーッ!!!!!!!!!』」

     ッ

     ッ

ボギヂオ・クラケットが恐怖を覚える!!


「ま・・まさか!!」

「あの声に反応して『力を増している』と言うのかい!!?」


「そんな!ありえない!ありえない!ありえない!ありえない!」


そして百文字がこう言い放つ!!


「ギガント28号は人工頭脳を持つ機体である!!」

「故に考えもすれば感動をする事すらある!!」


「そしてこの響き渡る蛮声を受け止める事により!!」

「己が限界を超えたパワーを『引き出すのである!!』」

      ッ ッ ッ


      ッ ッ ッ



   「  そ し て 受 け よ ! 地 上 戦 艦 ! ! 」


   「  貴 様 の 突 進 は バ ネ 仕 掛 け に て 受 け 止 め て !


      バ ネ 仕 掛 け に よ り 増 幅 さ れ る !


      め く る め く は 今 ! “ 必 殺 の 大 雪 山 ”ッ ッ ! ! 」



   『  レ ス ラ ー へ の 賛 歌   そ の  2 8  ・ ・ ・  ッ ッ ッ ! ! ! 』




   『  故 ・ 巴  二 十 八  直  伝  ッ ッ ッ ! ! !  』





      そ の 名 も ッ ッ ッ ! ! !





「  『  ハ  ン  ド  レ  ッ  ド  ・  タ  イ  フ  ー  ー  ン   ッ  ツ  ツ  ッ  ッ  ! ! !  』  」





     グ ” ッ ” ッ ” オ ” ォ ” ォ ” ォ ”ォ ”





                オ”オ” オ”オ” オ” オ”  オ” ォ” ォ” ォ”






         オ ” オ ” オ ” オ ” オ”ォ”ン”オ”ォ” ン ” オ ” ォ ” ン ” オ ”






                 ン ” ォ ” ォ ” ォ”オ”オ”ォ” ン ”ン  ” ゥ ” ォ ” ォ ” ッ ッ ! ! !





  ズ ” ッ ” ッ ” ォ ” オ ” オ” オ” オ”オ”オ”オ”オ” グ ” オ ” オ ” オ ” 〜〜〜〜 〜 〜 〜 ッッッ ! ! ! !





            ・
            ・
            ・
            ・

            ・

            ・


            ・


* Re: ギガント破壊指令“爆熱!巨大ロボット編” 最終話 ( No.5 )
日時: 2012/05/05(土) 00:12:43 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://yabou.web.infoseek.co.jp/src/youhei3.html




「ひぃ!ひぎゃあ!ほぱぱぱぱぷお!!?」



ボギヂオ・クラケット大佐はッ!



「バトゥロくん助けてよ、バトゥロくぅーん!!?」



恐怖をしているゥーッ!!!



グォンン グォンン グォンン グォンン グォンン グォンン グォンン グォンン グォンン グォンン (『百力の大風車』はッッ!!! )


グォンン グォンン グォンン グォンン グォンン グォンン グォンン グォンン グォンン グォンン ( 肩と腕とでガッチリと地上戦艦を固めながらッッ!!! )


グォンン グォンン グォンン グォンン グォンン グォンン グォンン グォンン グォンン グォンン ( 尚ッ!その回転力を強めていくッッ!!! )





「へぶしょ!??へぶしょへぶしょへぶしょ!!????」



ボギヂオ・クラケット大佐はッ!



「オエ!ゲロゲロゲロォ!!ゲボバァァァァァァ!!????」



吐しゃ物を撒き散らし錯乱をするゥゥゥウウウウウウーッッ!!!




オォン! オォン! オォン! オォン! オォン! オォン! オォン! オォン! オォン! オォン! オォン! オォン! オォン! オォン! オォン!


オォン! オォン! オォン! オォン! オォン! オォン! オォン! オォン! オォン! オォン! オォン! オォン! オォン! オォン! オォン!


オォン! オォン! オォン! オォン! オォン! オォン! オォン! オォン! オォン! オォン! オォン! オォン! オォン! オォン! オォン!





      ー 円運動は『遠心力』を生みッ!!



      ー 遠心力は、回転の中心からの距離の『 絶対値 』および『 回転運動の角、速度の二乗 』に比例して大きくなっていくッッッ!!





            ー タ イ フ ー ン の 完 遂 は、 間 近( ち か ) し ッ ッ ッ ! ! ! !






「シュポシュポ・・・!?!??」


狂うッ。


「ハァーシュッポシュポシュッポッポゥッッ!??」


ボギヂオ・クラケット大佐が狂うッ。




ギィィ ィ ィ ヤ ァ ァ ル ゥ ルル ルルルゥ ッ ッ ォ ォ オ オ オ オオオオ オ オ オ オ ー ー ー ー ー ー ッッッッ ! ! ! !






      ーーーー 百 力 の 大 風 車 は、 臨 界 点 を む か え て ・ ・ ・・ ッッッ 。





   グ ッ ッ ッ ン ン ウ オ オオ オ ォ ォ ォ オ オ オ オ オ オ オ オ オ オ ー ー ー ー ー  ッッ ッッッッ ! ! ! !





      ーーーー ギ ガ ン ト 2 8 号 は、 目 の 前 の サ バ ン ナ 平 原 目 掛 け て ・ ・ ・・ ッッッ 。





            パ  ァ  ッ  ッ  ン  ン  ー ー ー ー ー ー ッ ッッ ッ ! ! ! !





      ーーーー 弩 級 地 上 戦 艦 『 赤 福 』 を、 解 き て 放 っ た ・ ・ ・・ ッッッ 。





           ボギヂオ・クラケット大佐・・!!


           (ひぎゅあぼっと!)


           (ぼぼぼぼぼろじぃーッ!)


           (ぢぬぢぬぢぬぢぬぅぅぅぅぅーッ!)





   グ ” ッ ” ッ ” ル”ル”ル” ル ” ウ ” オ ” オ” オ ”ォ”ォ”ォ” オ ” オ ” ー ー ー ー ッ ッ ッッ ! ! ! !





      ーーーー 飛 び ま す 。 轟 音 と 共 に 弩 級 地 上 戦 艦 『 赤 福 』 が ・ ・ ・・ ッッッ 。







    ーーーーーー→→→→→→→ そして、ボギヂオ・クラケット大佐は、『 断 末 魔 を、挙 げ る ・・・ ッ ッ ッ ! ! ! ! 』








「  『  ほ ち ょ ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ ーーーーー ッッッッ ! ! ? ?  』  」





    ゴッッ ッッ ッ 



    ド ド ド



    ド”ッ”ッ”パ” ァ” ァ ” ァ ” ァ ” ァ ” ァ ” ァ”ア” ア”ア”ン” ン” ン ”ン ” ン ” ! ! ! !




            ・
            ・
            ・
            ・

            ・

            ・


            ・


    ー ボギヂオ・クラケット大佐


      死亡・・・!!


       ッ


       ッ
* Re: ギガント破壊指令“爆熱!巨大ロボット編” 最終話 ( No.6 )
日時: 2012/05/05(土) 00:14:25 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://yabou.web.infoseek.co.jp/src/youhei3.html



「い・いや。まだ生きている。」


爆発する戦艦!!

その煙の中から脱出艇が飛ぶ!!


ボギヂオを救い出した者・・・!!

その名『ジョーゲン』。


「何とか間に合った。」


「間一髪だったがな。」


「全機に連絡をする。」


「我々は敗退をした。」


「至急全軍撤退を命令する!!」


「繰返す!至急全軍撤退を命令する!!」


チャマ・クラケット!!

「おそろしっこぉぉぉぉぉぉぉ!!」

「あんなのに勝てましぇ〜ん!ぽっくんも逃げるぶぁいやいやい!!」


アムステラ兵・ヨワンキー

「ひえぇー!ボギヂオ大佐、私も逃げますゥー!!?」


アムステラ兵・グドード

「逃げるんだ!一目散に逃げるんだ!!」


アムステラ兵・テルンツェ

「む・無茶やりなはるぅー!!」



アムステラ軍が撤退を開始した。


そしてレゼルヴェの面々!!


エモンド!!

「耐撃の旦那!このまま掃討戦と洒落込みますかい?」


百文字!!

「そうしたいのは山々ではあるが。

 今のでギガントのエネルギーの大半を使いはたしてしまった。」


アンティエ!!

「でも、アムステラ軍も肝を冷やしたでしょーよ。」



そして耐撃の百文字がこう言い放つ!!


「何時でも来るが良い、アムステラ!

 何度貴様等が侵略してこようとも!!


 ワシ等は・・・!ギガントは負けない!!」


蛮声は高らかに響き渡った!!

それは勝利の雄叫び・・!!


百文字は長きに渡る『ギガント破壊指令』を乗り切り!!


そして、凱歌(がいか)を挙げたッ!!


そうッ!それは勝者のみが手にする事が出来る・・・ッ!!




“ 栄 光 ” と 言 う 名 の 二 文 字 で あ っ た ッ ッ ! ! !




* Re: ギガント破壊指令“爆熱!巨大ロボット編” 最終話 ( No.7 )
日時: 2012/05/05(土) 00:15:55 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://yabou.web.infoseek.co.jp/src/youhei3.html




ーーーーーー




 ギガント破壊指令・・・。




   ・・・ 完 ッ 。




* Re: ギガント破壊指令“爆熱!巨大ロボット編” 最終話 ( No.8 )
日時: 2012/05/05(土) 00:16:32 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://yabou.web.infoseek.co.jp/src/youhei3.html



○あとがき

話としてはまだまだ続きますが、物語のキーワードが「ギガント破壊指令」じゃなくなる為、
ようやくと言うか、やっとの事でこのギガント破壊指令が終わりとなります。

いやぁ、長かったとしか言いようがありませんね。
月1で連載してた頃は豊富な文量で書いていたのを、週1の読み良い文量に変えてみたり、
展開も地味に伏線回収をしつつ、その時その時発想して生み出されるアイディアを大事にして書いてきたつもりです。

次編は「オーストリア編」となり、世界の中のレゼルヴェってどんなよ?と言うのが語られる予定ですが、
現在連載されている「ウルトラマサイ」の妨げになるとアレなんで、次回からは「大蛇毒砲vs百文字豪介」を書く予定です。

爆熱!巨大ロボット編のwikiの反映の後に書きますんで、何時頃かはちょっと解りませんが、5月中には書きたいなと思っています。

長い間、ギガント破壊指令を読んで頂いてどうもありがとうございました。
次回の話もよろしくお願いします。ではでは。


* Re: ギガント破壊指令“爆熱!巨大ロボット編” 最終話 ( No.9 )
日時: 2012/05/05(土) 01:04:56 メンテ
名前: フィール

お疲れ様でした!
無事防衛も成功、アフリカの戦況も不利にはならずめでたしめでたしですね。ジョーゲンいい仕事したなー。
ウルトラマサイも負けじと頑張らせて頂きます。
それでは〜。
* Re: ギガント破壊指令“爆熱!巨大ロボット編” 最終話 ( No.10 )
日時: 2012/05/05(土) 01:47:08 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://yabou.web.infoseek.co.jp/src/youhei3.html

>>フィールさん
ありがとうございますー♪
やー、ボギヂオは殺すかどうか迷ったんですが、無能な司令官が居る事が均衡を保てる理由の一つなんで、
ジョーゲンに一仕事して貰いました。コイツ出した時は、こんな役するとは夢にも思わなかったなぁ(ぉぃ

うい、ウルトラマサイ楽しみにしております!!であであ!!!
* Re: ギガント破壊指令“爆熱!巨大ロボット編” 最終話 ( No.11 )
日時: 2012/05/09(水) 16:54:15 メンテ
名前: 春休戦

爆熱編の完成、お疲れ様です! ぼぎーはやはりそうなったか。しかし生きてるだけ御の字かと。(w

チャマとかジョーゲンとかを始めとして、まだまだ伏線になりそーな連中のてんこ盛りにも今後の期待は膨らみますねぇ。
そして次シリーズは因縁の対決ですかー。こいつも楽しみですよ。(^^)
* Re: ギガント破壊指令“爆熱!巨大ロボット編” 最終話 ( No.12 )
日時: 2012/05/09(水) 21:07:42 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://yabou.web.infoseek.co.jp/src/youhei3.html

>>春休戦さん
ありがとうございます〜♪
ボギヂオは予想通り大敗しましたwまぁ誰もが予想したトコロですねww

チャマにジョーゲンとアムステラ陣営のキャラが増えて、書き易くなったのは確かですね。
ジョーゲンはもろぽっと出なので、もうちょい深く書いて行けたら良いな。

うい、次回には因縁の対決です。楽しみにしてて下さいな〜♪
Page: [1]
 
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP
題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
添付FILE 文章合計600Kbyteまで
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

※必須
画像認証
     (画像の数字を入力)

   クッキー保存