window
トップページ > 記事閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加
* 僕私の考えたスーパーロボット投稿

日時: 2008/11/19 00:47 メンテ
名前: 蟹セカン

タイトル通りスーパーロボットやそのパイロットの設定を書き込むスレです。

ガチガチのリアル系でもアツいスーパー系でも何でもOK じゃんじゃん書き込んで下さい。

君の考えた設定でカラクリオー世界を赤く塗れ!(ォ
 
Page: [1] [2] [3] [4]
* 斬空案御礼&PG隊員投稿 ( No.43 )
日時: 2010/01/05 00:16 メンテ
名前: 春休戦

>ベルさん
おぉ〜。三式も良いですねぇ。三式以降は案はあっても固まらず程度の構想しかなかったんで、
作って頂けたのは感謝です。後は四式と六式か〜。どっちかに以前、しぽりんさんの動画にあった
拠点防衛仕様も入れてみたいとこですよね。

>フィールさん
こちらからもネタ気味にPG隊員を投下してみます。使える奴になれば良いなぁ〜。

名前:マニ・バーシャ
所属:インド軍(整備兵として勤務)→PG隊への転属志願
出身国:インド
性別:男性
年齢:46歳
容姿:労働者風の、褐色の肌に口ひげ生やした典型的?インド人。
(名前や容姿だけは、スーパースター・ラジニカーントを参考にしてます。(笑)

経歴:10年ほど前、火事で妻と幼い娘を亡くし、自身も救出しようとした際に有毒ガスを吸い
酷く咽喉を痛めてしまった。なので普段の声は聞き苦しいしゃがれ声しか出せない。
しかし本人は腕の良い整備兵であり、勤勉な労働者気質を持つ善人である。

【趣味・嗜好など】
上記の不幸な過去から、自分の声に対して強いコンプレックスを抱く。(だから口数は非常に少ない)
しかし、根は陽気な上に音楽などが大好き。しかも機械いじりが大の得意で、音源サンプル等を多数所持。

状況的に許されれば、自分が整備した機体には外部スピーカーを装備させる趣味がある。
例えば、ピンクガネーシャの放水時と連動させて象の鳴き声を効果音として流す事の出来る機能や、
出撃時にはBGMとしてマサラムービー(インド映画)の主題歌を流す機能が搭載されてる、など。
(あ。PG隊に所属になったら、PG隊の隊歌も選択肢に入りますね、当然)

【立ち回り】
誰に対しても親切だが、特に子供相手は好き。基本は喋らず、行動で親愛の情などを示す。
PG隊でなら、最年少のアナンド辺りに対して特に好感を抱くだろう。
まぁ、彼の口癖「バクシーシ」を音源サンプリングして、それを元にラップ音楽を作ってみるとかいった
一風変わった親愛の情の示し方ではあるが。

【会話などの例】
「ゾゴノネジ ドッデグレ」(そこのネジを取ってくれ)会話は必要最小限に。
「・・・ヒヒヒヒヒ」(笑い声)但し、自分の仕掛けたネタが嵌った時などに短く笑う事が多い。
(例えばアナンドの「バクシーシ」音源をお遊びネタにするのが成功した時など)

軍で日常的に使われる音声(発進時の掛け声や号令、危険を知らせる声など)は
予め携帯MIDIみたいな機器に、状況に応じた声を登録しといて代用する。

追記〜【投稿者的覚書】
はい、ネタ的要素を取り入れつつも、実はめっさ死亡フラグも入ってます。(笑)
・『不幸な過去』の補完としての『災害救助願望』=被災者か自分の二択なら、被災者取りそう。
・『不幸な過去』シリーズその2。子供絡みの災難には、身を挺して当たるよ、この人。
・ギミック『音声登録MIDI』=亡くなった時などに、虚しく音声を発してる…とかの演出に。

勤勉なお人ですので、SRCではピンクガネーシャによる給水活動をメインに設定してます。
戦闘力・・・5。ゴミだな。(外見元ネタ的には強いけど、流石にそれは抜きで。(w)
* Re: 僕私の考えたスーパーロボット投稿 ( No.44 )
日時: 2010/01/14 20:14 メンテ
名前: フィール

PG隊の現隊長スガタの現役時代の愛機にする予定のモノです。

兵器名:パールヴァディー
分類:接近戦特化型操兵
外見:連合軍量産機体5型の両肩をピンク色に塗り両手をかぎ爪付の手甲で覆ったもの。
武装:猫の爪×2、手甲上部に仕込んだバルカン×2

説明:5型完成後、アムステラの人型への対抗が可能となった反抗開始時代に活躍した機体。
インドのパイロット、オードリー・スガタの為に彼女の得意とする格闘術を使えるよう改造を加えられた。
本来はインド政府が独自に開発したワンオフ機を与える予定だったが、国連軍により配備された5型以上の人型を作るノウハウが全く無かった為
仕方なく5型を流用したものとなった。
パイロットの実力もあり、通算7機の羅甲を落としたがスガタが妊娠を理由に引退したと同時に扱える人物がいなくなった事で戦場から消えていった。
もし再び戦場に出ても後継機の6・7型がメインとなり敵の戦術も進化した現在ではフレームとAIのバージョンアップ無しには足手まといになるだろう。
* Re: 僕私の考えたスーパーロボット投稿 ( No.45 )
日時: 2011/04/29(金) 16:00:15 メンテ
名前: 春休戦

久しぶりに投稿してみます。そーいや、私が地球側の機体を投稿してるのって、もしかして始めてでねぇ?(笑)
今回、PG隊向けの奴を組んでみました・・・っつー訳で、フィールさん! 後は任せた!(をぃ)

機体名:ナーガ(仮称。○○ナーガみたいにしたかったけど、そこはエピ次第?!(w)
配属:インド軍(PG隊)
分類:人型機動『輸送』機
形状:エジプト軍のアルヘナを更に改造したもの。下半身をキャタピラにして、コンテナの列を連ねている。
その見た目(上半身:人型、下半身:蛇型)から、ナーガと呼ばれている。
武装:ハイドロカノン×2(PG隊に配備する時点で武装とっ外しか?と)

特徴:後部に連なるコンテナには、以下の3種類ある。
1.給水タンク:ピンクガネーシャと同じ用途で用いる。
2.化学消火剤コンテナ:通常の水では消せない火災への対策に。煙幕にも転用出来れば面白いかな。
3.人間運搬用コンテナ:避難民を安全・迅速に輸送する為のコンテナ。装甲により、少々の流れ弾も防ぐ。

元ネタ:インド神話のナーガ

まー、この機体の元となるアルヘナの情報自体はフェミリア、もしくはフラグマン経由でマニが仕入れるルートなどがあるかなと。
災害救助用に開発された機体なんで、PG隊との親和性も高いだろうし、エジプト軍も逼迫した予算で開発したらしいから、コスト面もそれなりに良い筈。(w

追記−ネーム案−
●その1:色を付与(例:ブルーナーガ、ホワイトナーガ)
しかし、PG隊に配属されるなら。スガタさんが居る以上、ピンクナーガになるのは確定だわな。(w
●その2:合成語
現時点での候補案は2つ。1.アルヘナーガ(アルヘナ+ナーガ)、2.コンテナーガ(コンテナ+ナーガ)
* Re: 僕私の考えたスーパーロボット投稿 ( No.46 )
日時: 2011/05/01(日) 02:21:28 メンテ
名前: フィール

>っつー訳で、フィールさん! 後は任せた!
はーい、まかされました!
* Re: 僕私の考えたスーパーロボット投稿 ( No.47 )
日時: 2011/05/02(月) 16:39:36 メンテ
名前: カジワラ

>>ナーガ
PG隊向けの性能は元より、バージョンアップの機体的にもオイシイ立ち位置だなぁ〜!!
* Re: 僕私の考えたスーパーロボット投稿 ( No.48 )
日時: 2011/05/02(月) 19:44:02 メンテ
名前: 春休戦

>フィールさん
無茶振り済まぬす。PG隊向けとして思い付いただけの機体なんで、ガワがあっても中身はありませんでね〜。(^ー^;

全般的な性能こそピンガネの上位に位置しますが、小回りと製造コスト&整備面に関してはピンガネの方が優れてるから
その辺で棲み分け・使い分けは出来ると思います。(^^)

>カジワラさん
そう。ピンガネの有益性を損なわない程度にPG隊のバージョンアップを図って欲しいなと提示してみた機体です。
でも、どう活用するかは乗り手次第なんで、後はフィールさんに丸投げする形になりましたが。(^ー^;
* Re: 僕私の考えたスーパーロボット投稿 ( No.49 )
日時: 2011/05/09(月) 22:46:23 メンテ
名前: 澄椎阿乱

SS書こうとして、なかなか思ったように書けないので、ちょっと練習代わりに機体でも投稿してみます。

【機体】
名前:キャノンショルダーU

 7型を元にした改修機。世界の量産機が発達していく中、相対的に陳腐化していくキャノンショルダーの後継機として開発された機体。7型の総合的な火力を保ちつつ、旧キャノンショルダーの弱点であった対空迎撃能力の付加と、さらなる防御力の向上をコンセプトに開発された。

 改修点は多岐にわたり、
 オーバーハングキャノンの一方を外しての、大型タワーシールドの装備。主砲兼対空迎撃用の9連多目的ミサイルランチャーの追加。加えて、膝アーマーの大型化。と、大きく防御力を向上させている。
 また、タワーシールドは左腕ではなく、バックパックに増設された大型の補助アームが保持。大きな可動範囲が確保された補助アームにより、シールドを直立姿勢だけでなく、膝撃ち姿勢や伏せ撃ち姿勢など、普通なら盾を構えられないような姿勢でも扱うことを可能にさせている。他にも、大型化した膝アーマーが、膝撃ち姿勢の際、上半身に対する簡易の盾として機能するなど、その防御力の高さは、単機でブリティッシュウォールを組んだ旧型キャノンショルダーと同等と言われる。

 武装面においては、背中に垂直装備されたミサイルランチャーによる対空能力の向上が顕著である。このミサイルランチャーは、オーバーハングキャノンと照準をリンク可能であり、キャノンとミサイルを同時に使用することにより、単発化したオーバーハングキャノンの火力低下を補っている。

 反面、ミサイルランチャーや大盾用の補助腕にスペースを取られ、オーバーハングキャノンが搭載できなくなるという本末転倒な事態が発生。窮余の策として、旧キャノンショルダーと同じく肩と砲塔を一体化させることで解決しており、偶然にも旧キャノンショルダーに似たデザインとなっている。

武装:
オーバーハングキャノン
9連装多目的ミサイルランチャー
専用大型タワーシールド
アサルトライフル
高周波振動ナイフ
ジェットアンカー

【代表的なパイロット】
名前:ヘクター・ブリッジス
所属:イギリス陸軍教導団
 年齢38歳。階級は大尉。
 陸海空を問わず、あらゆる量産機を乗りこなせる希少なパイロット。
 元々はキャノンショルダー隊を率いて最前線で戦っていたが、後に機動兵器に対し高い適正を持つことが判明。前線で潰してしまうより、後進を育てる方が有益であると上層部に判断され、機動兵器のテストパイロット兼教官に転向した。
 もっとも、特殊な性質のスーパーロボットを除けば、ほぼ全ての機動兵器を乗りこなせる優秀なパイロットのため、非常時には戦力として前線に駆り出されることもしばしば。
 戦闘では特に乗機を定めず、その時の作戦に適した機体に乗るのが常だが、彼自身はキャノンショルダー(及び、その系列機)に愛着を持っている。

 戦場では、キャノンショルダーを駆り、友軍の盾として戦っていたが、被弾を前提とする機体の性質上、何人もの僚友を失っており、出撃のたびに「次に死ぬのは自分かもしれない」と言う不安に苛まれ続けた結果、死への恐怖が摩耗してしまった。
 「今日は死ぬにはいい日だ」が口癖。
* Re: 僕私の考えたスーパーロボット投稿 ( No.50 )
日時: 2011/05/16(月) 17:04:41 メンテ
名前: カジワラ

>>ヘクター・ブリッジス
盾としての活躍をする機体を好むだけあって、渋い性格・・!
「硬い機体」は多いけど、盾としての機体。そのパイロットって着目点が面白いなぁ〜!!
* Re: 僕私の考えたスーパーロボット投稿 ( No.51 )
日時: 2011/05/23(月) 23:45:04 メンテ
名前: 澄椎阿乱

 カジワラさん、コメント どうもありがとうございます。

 そして、相変わらずSSが進まず、機体を投稿するのさ

【機体】
名前:イクシオン
所属:国連開発機構

 国連開発機構が開発した、6型の複座型カスタム機。
 敵軍の真っただ中へ飛び込み、独楽のように回転しながら四方八方へ弾丸をばら撒くことをコンセプトに開発された機体。
 複数の標的を捕捉しやすくするために腕を、機体の安定性を高めるために脚部を、それぞれ増設。結果、4臂3脚という異形のデザインとなった。だが、火力・装甲・推力・索敵能力等、全ての能力が強化されているため、(スーパーロボット程ではないが)通常の量産機とは一線を画す強力な機体となっている。
 反面、機体操作が複雑化してしまい、操縦には機体操作と火器管制の二人を必要とする。
 現在は、評価試験のため、イギリス陸軍に貸し出されている。

武装:
 フォールディングAMライフル:主砲。右前腕部に懸架された対物ライフル。遠距離射撃時以外では銃身を短く折りたたんでおくことができ、格闘戦の際も邪魔にならない。
 小型シールド:対物ライフルのカウンターウェイトとして装備された盾。
 アームマシンガン:盾と同じくカウンターウェイトとして左腕に仕込まれたマシンガン。
 高周波振動ダガー:機体の肩口に収納された接近戦用の武器。左右で2振りある。
 アサルトカービン:短身・ブルパップ化されたアサルトライフル。携帯性に優れ、その割に威力もあるが、本来のアサルトライフルに比べ、射程が一回り短くなっている。背中に増設された2本の腕に装備されている。

バレット・ダンス:
 イクシオンのアイデンティティとも言える、全力射撃モード。全ての手足を大きく広げ、全周囲を弾丸の雨で薙ぎ払う攻撃。名前の割に、動きは優雅とは言い難く、パイロットからは「パンジャンドラム」と呼ばれている。
 余談だが、イクシオンの増設された手足は普段、背中に折りたたまれており、一見しただけでは、ただのバックパックに見える。

【パイロット】
名前:リッパー・クリム&ホッパー・クリム
所属:イギリス陸軍
 イギリス陸軍に所属する双子の兵士。イギリス軍では有名な悪童コンビ。階級は共に軍曹。年齢は22歳。
 一人ずつ別々の機体に乗った場合には、単なる三流パイロットだが、二人そろって同じ機体に乗った場合に限り、双子特有のコンビネーションを発揮、驚異的な戦闘能力を発揮する。その性質から、複座機であるイクシオンのパイロットに選ばれた。
 性格は軽く、悪戯好きのお調子者。
 だが、初陣でアムステラ軍に部隊を壊滅させられたことに、忸怩たる気持ちを持っており、戦場では果敢かつ執念深い戦いをする。


 バレット・ダンスのイメージとしては、射程2〜3の全周囲型マップ兵器という感じ。移動後に使用できるかどうかで、だいぶ強さが変わりそう。
* Re: 僕私の考えたスーパーロボット投稿 ( No.52 )
日時: 2011/05/30(月) 16:07:56 メンテ
名前: カジワラ

>>イクシオン
これまた希少価値の高い複座型+MAP兵器タイプ!
双子+コンビネーションタイプはそこそこ居るけれど、双子+複座って居そうで居なかったモノなぁ。
* Re: 僕私の考えたスーパーロボット投稿 ( No.53 )
日時: 2011/06/18(土) 01:50:41 メンテ
名前: 澄椎阿乱

 前々から考えていた、ありそうでなかった機体。ようやくアイデアが固まったので投稿します。

名前:ウインドエッジ
全高:18m(人型形態時)
重量:かなり軽め
配備先:イギリス空軍、イギリス海兵隊、及びイギリス海軍の一部

開発経緯:
 イギリス空軍が独自に開発した、空・陸戦用可変型量産機。名前の通り、当初はウインドスラッシャーの簡易量産型として開発を開始された。
 計画そのものは、ウインドスラッシャー完成直後から始まったが、スペックとコストの両立を中々実現できず、グラニMの完成による計画の一時凍結や、戦況の変化による仕様変更などの影響を受けてしまい、完成はA-72に遅れることとなった。
 また、開発期間の長さから、その間に登場した他国量産機の影響を様々に受けており、特にアムステラ帝国の禍風から大きな影響を受けている。

特徴:
 性能だけでなく、運用性や整備性も視野に入れて開発された機体。機体は、いくつかの部位ごとにユニット化されており、損傷した部位を交換するだけで素早く修理を完了できるブロック構造を採用。可変機ながら高い整備性を持つ。このため、機体構造はコクピットのある胸郭部を除き、モノコック構造を多用している。
 生産性と信頼性を高めるために、パーツ点数を可能な限り少なくする試みがなされており、脚部が主翼に変形するという、独特のデザインを持つ。
 エンジンには、小型・高性能の熱核ジェットエンジン2基を搭載。これは同時に、そのままメインスラスターを兼ねている。加えて、同じく小型・高効率化を果たした新型Gキャンセラーを装備。機体の運動性と安定性と高めている。
 この他に、ウインドスラッシャーの機動データを利用した、緊急回避プログラムを搭載。失速や制御不能に陥る危険性を軽減している。(注)
 性能においては、空中でグラニMに、地上では6型に匹敵する機動性と運動性をもつ。また、地上での移動では、Gキャンセラーとスラスター推力を利用したホバー移動を主としており、、二足歩行に不慣れな空軍パイロットでも、地上戦におけるストレスが少ない。また、水上や雪原でも機動性が落ちない。
 反面、高い機動性と長い滞空時間を確保するために、徹底的な軽量化が施されており、その薄い装甲は「3型並み」の誹りを受けている。

 こうした一連の特徴は、アムステラ軍の禍風に受けた影響が大きく、フリーフォールのような重力干渉系兵器を受けた時の影響を軽減するための試みである。

 機体の役割としては、軽量・高推力・Gキャンセラーの組み合わせから生まれる、高い上昇能力を活かし、主に対空・対艦迎撃戦闘機として使用されている。

武装:
 武装は、レーザー砲とアサルトライフルを一体化させたツインシュートライフルを主軸に据え、これを6発のホーミングミサイルと、対地攻撃用の4発の誘導爆弾で補っている。
 一方、脆弱な装甲を、回避性能で補うべく、ジャムポッドと呼ばれる撹乱装備を持つ。これは、スモークとチャフ、そしてフレアディスペンサーを組み合わせた装備であり、状況に合わせた散布パターンで、その効果を高めている。

 TSライフル:正式名称、「ツインシュートライフル」。レーザー砲とアサルトライフルを一体化させた武器。レーザーと実弾を別々に撃ち分けることができる武器だが、同時使用が基本思想である。
 ホーミングミサイル:背中に左右3発ずつ、計6発を装備。
 誘導爆弾: 座標誘導とレーザー探知を合わせた、いわゆるLJDAM方式を採用。落下時間を短縮するために、固形燃料による推進補助がなされており、その推力を利用して、地上戦においては短距離ミサイルとして使用される。
 高周波振動ナイフ:国連共通規格の高周波振動ナイフ。普段は、前腕部に収納されている。
 ジャムポッド:正式名称は「ジャミング・ポッド」。煙幕・チャフ・フレアを、状況に応じて最適の散布パターンで展開させる装備で、ウインドエッジの脆弱な装甲を補うべく、回避能力を高めている。一度の出撃で、最大3回使用することができる。

派生:
 現在、二つの派生タイプが存在する。

 ウインドエッジ・アーマード:
 ウインドエッジの派生形の一つで、地上戦に特化させた仕様。通称「アーマエッジ」ないし「A-エッジ」。
 ウインドエッジの脆弱な装甲を補うべく、人型形態時の全身に増加装甲を装着。さらに、前腕部にガンポッド(性能はサブマシンガンに相当)、背中には大型キャノンを追加装備している。
 これら追加装備によって、6型と同等の防御力を獲得しながらも、Gキャンセラーとホバー移動のおかげで、装甲を増設した割に機動性は落ちていない。
 反面、変形や空戦能力は失われており、戦闘機形態になるためには増設した装備を破棄しなければならない。
 主に、イギリス海兵隊が使用する。

 ウインドエッジ・ボマー:
 ウインドエッジの派生形の一つで、対地・対艦攻撃に特化させた仕様。通称「ボマーエッジ」ないし「B-エッジ」。
 航空機形態に大型対艦ミサイルとマイクロミサイルポッドを追加し、さらに対空砲火に耐えるべく、底面部に増加装甲を装着。グラニMと同等の防御力を獲得しながらも、Gキャンセラーと熱核ジェットエンジンにより、装甲を増設した割に機動性は落ちていない。
 反面、変形や陸戦能力は失われており、人型形態になるためには増設した装備を破棄しなければならない。
 アーマ・エッジと同じく、主にイギリス海兵隊が使用する。

 どちらの派生型も、変形時に追加兵装を破棄する必要があり、この欠点を克服するべく、変形可能な追加武装が研究中である。

備考:
 デザインのイメージとしては、ガンダムOOのユニオン系機体のごった煮。
* Re: 僕私の考えたスーパーロボット投稿 ( No.54 )
日時: 2011/06/19(日) 15:51:11 メンテ
名前: カジワラ

>>ウインドエッジ
所謂パイロットと共に最強の一角に当たるウインドスラッシャーの量産型だけあって、
バックボーンも去る事ながら、設定面もバリエーション、特化汎用とか元の機体を裏切らない出来だや・・・!!
* Re: 僕私の考えたスーパーロボット投稿 ( No.55 )
日時: 2014/05/05(月) 06:31:55 メンテ
名前: ベル

■ダイアンサスU"セレーネ"
ギリシャ陸軍所属のダイアンサス級機動マシン。
Uとあるが後継機ではなく2号機であって、『月』の名が示すような予備機的存在。

一応スーパーロボット用の新技術試験機という役割も持たされており、
共通しているのはほぼフレームのみで、
内装はコクピットが複座式となり簡易DTSと精神感応に対応。
外装は背部にウイングクラフター、肩部アーマー内にブースター、
脚部にターボローラー追加した他、識別用に装甲形状も微妙な変化をつけられている。

特徴としては操作モードが2種類あり、
精神感応によるFCS補助を行う中〜遠距離戦闘型の『アルテミスモード』
更に簡易DTSで追従性を高めた近接戦闘特化型の『カリストモード』
の2タイプをメインパイロットを切り替えることでスイッチできる。

カタログスペック上、出力と機動性は1号機の性能を上回るが装甲はやや薄く、
試験的な意味合いの強さから全体的な完成度は大きく劣る。
稼働限界時間は1号機のおよそ80%で故障率も高い為、
信頼性の高い1号機の方が戦力としては優秀である。


■武装
・機動盾型複合兵装『アマランサス改』
打突用ステークとチェーンガンを内臓した盾型ユニット。
アマランサスの名前はついてるが盾と言うよりウェポンキャリアー。
マグナムスチール製なので一応十分以上の防御力は備えている。両腕に装備。

・荷電粒子弓銃『ディアトレコ・アステール』
クロスボウ型のビームライフル。弓の部分は強化型の粒子収束器で
通常のビーム兵器と比べ高収束高射速で装甲貫徹力の高いビームが撃てる。
連射も効くが、細く鋭い分一撃の破壊範囲は狭く、効率良く急所に当てられる技量が必要。
カリストモードでは武装に割くエネルギーも本体に供給する為、使用できない。

※乳ミサイルはオミット

■パイロット
・フィロメナ=ミナオ=クリサンテ 20歳 148cm
ギリシャ陸軍准尉。日希ハーフでクリサンテ姉妹の妹。
若干17歳でレスリングのゴールドメダリストとなった類まれなレスラーだったが、
アムステラの進行作戦に巻き込まれ、事故により両目視力の殆どを失い引退。
後に精神感応適正が認められ軍属となり、姉と共にセレーネのパイロットとして配属された。
セレーネに搭乗する時意外は機械的な補正機能をもった特注の眼鏡で視力を補っている。
(搭乗中は精神感応の機能で直接脳内に映像を取り込める為不要)

禁欲的で厳格な性質で知られ口数も少ないので堅物にみられるが、
プライベートは面倒見が良く姉よりも姉らしい。背の低さがコンプレックスだが胸はデカい。

カリストモードのメインパイロットで、アルテミスモードでも精神感応による補助を担当する。

・イサドラ=ミツキ=クリサンテ 25歳 166cm
ギリシャ陸軍中尉。クリサンテ姉妹の姉。
速さに憑りつかれた女と称された元空軍所属の女性トップガンの一人で、
人間離れしたG耐性で行う超高速機動は『空の暴走族』とも例えられた。
妹の軍属を機に転属し補佐役となる。一時期ソニア=アリストン指揮下にも居た事があり、彼女とは顔見知り。

性格は大胆。リスクジャンキーな面があり、危険に身を置き
スリルを実感することで凄まじいまでの集中力を得る事ができる。
常に冷静さを失わず的確に即断即決するので、妹からは非常に頼りにされている。
酒好きでたびたびコクピットにも持ち込んでいるらしい。

アルテミスモードのメインパイロットで、カリストモードでも制御系各種の管理を一任している。
* Re: 僕私の考えたスーパーロボット投稿 ( No.56 )
日時: 2014/05/05(月) 15:29:02 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022

フェロン以来のメインパイロット切り替え式のロボだァーッ!!
ディアトレコ・アステールがある分、美奈緒・・じゃなくて、
ミナオちゃんのアルテミスモードの方が面白そうな印象。

でも元ネタ的にミツキお姉ちゃんのカリストモードの方が強そうだなぁー!
* Re: 僕私の考えたスーパーロボット投稿 ( No.57 )
日時: 2014/05/08(木) 02:49:45 メンテ
名前: いしゅたる

いまいち趣旨がわかっていないのかもしれませんが、ネタ的なものでもいいのでしたら、せっかくこんなスレがあるので(浮上したので)自分もひとつ作ってみました。
アムステラ側のキャラは以前作ったので、地球側のキャラで。

機体:5型特化型カスタム“Hide・B”
量産機である5型を、損傷するたびに各地で間に合わせの応急措置・修理・改良・カスタムチェーンを繰り返していった結果、ついにはスーパーロボット並みの力を発揮できるようにまで極まった機体。しかし、その改修に改修を重ねた機体は巨大化・複雑化していき、目撃された状況によって全長が違って見えると報告されるほどである。また、そのために機体に乗り続けている専用パイロットでないと性能をまったく発揮できないほどにエッジの利いたピーキーなものになってしまった。
個別名である“Hide・B”は、通常世間の表には出ない暗殺拳法をロボットで再現するために秘密裏に立ち上げられたプロジェクトの名称でもある。通常の兵器での戦いが「A」だとすれば、格闘術のみでの戦い方が「B」であり、その格闘術の中でも正道に当たる陽の戦い方(修斗系列)に対して、影に潜んで伝えられてきた暗殺術を元にしたプロジェクトなので“Hide・B”であると言われている。
性能としては、すさまじいまでの拳撃格闘運動能力(スーパーロボットさえも凌ぎ、最高速の時は残像しか見えない)、強靱なジャンプ力
兵装
大斧:
元々持っていた武器。羅甲から回収したものかもしれない。使わないので売って種籾にした。
マシンガン:
元々持っていた武器。使わないので売って水にした。
バズーカ:
元々持っていた武器。使わないので売ってメチルアルコールにした。
突き・蹴り:
最大の武器。特に立ち止まって腰を据えての高速突き“ノーザン・ワンハンドレット・アタック”はどんな計器にも捉えられないほどの人知を越えた突き技である。他にもパイロットの習得した技に合わせて、様々な拳法を繰り出す。
突き技ほどではないが蹴りも得意であり、敵の同じく格闘系マシンと蹴りで空中交差したり、数倍もある敵にどこまでも飛び続けるような蹴りで向かっていったシーンは有名。

パイロット
名前:ケン=フォーロー
所属:無所属
出身国:日系人らしいが不明
性別:男性
年齢:19歳
経歴
戦火に巻き込まれシェルターに避難した後、色々あった末に砂漠を彷徨って行き倒れていたところを水をくれて救ってくれた少年少女のために戦いに身を投じた青年。現在の搭乗機である“Hide・B”は、その際に野盗化して神の国を建国しようとしていた元軍人のレッドベレー隊を倒して奪ったものをそのまま改修・強化しながら使っている。その後も人々を救うために相手はアムステラ・地球問わず、弱者を虐げる強者と戦い続けている。最初は苦戦することもあったが、「ロボットにも秘孔がある」ことを発見してからは安定した強さになった。そんな彼に惹かれて協力する人々も多い。
馬から下りようとしない長兄、病弱なのに医療ボランティアをやっている次兄、ヘルメットを脱がない三兄、そして変な鎧を着た婚約者がいる。昔からの交友関係はけっしてよいとは言えないが、最近は強敵(とも)や弟子的な存在の少年がいたりして、私生活はそこそこ充実しているらしい。
趣味は天体観測。
攻撃する際、とにかく叫びまくる。オペレーターは迷惑。
最大の攻撃方法が指による突きなので、戦闘後はロボットの指がだいたい壊れている。整備班、悲鳴。
コンソールをめっちゃ叩くので、戦闘後は使い物にならなくなっている。システムメンテ係、絶望。
敵機体の破壊音が変。なんか内部から爆発しているような気もする。観測班、首傾げ。
場合によっては攻撃し終わってから爆発するまで間があり、死亡宣告やそれに対する相手の返事まであることがあるが、これについては他のパイロット達の戦闘でもよく見られる現象なので特に問題はない。
なぜかショルダータックル用のトゲが付いた機体に対してはやたらと強い。一瞬で一部隊を殲滅することもあるほど。
なお、当然ながら機体から降りたほうが強い。
最近は暇なときはコンビニでバイトをしている噂もあるが、真相は不明。
* Re: 僕私の考えたスーパーロボット投稿 ( No.58 )
日時: 2014/05/09(金) 00:49:18 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022

北斗の拳キタァー!変な鎧を着た婚約者に吹きましたwユリアとは思わなかったな、あの人がww
機体にも秘孔があるとは面白い設定ですね。人体と同じように、機体にも未知な部分があるんだ・・!!
北斗の拳のモヒカンをモチーフにしたレンヤ隊のモブとか、凄く相性良さそう。機体が爆散する姿が目に浮かぶなぁ〜!!
* Re: 僕私の考えたスーパーロボット投稿 ( No.59 )
日時: 2015/10/20(火) 21:37:24 メンテ
名前: 春休戦

遅ればせながら、当方エピで出した地球側の機体設定を投稿しておきます。

機体名:レプカ(репка:大きな蕪の意)
用 途:大型空輸艇
登 場:「雪山での邂逅」にて初登場。ロシア軍の輸送艇

設定)
元々は一発ネタで出してる奴ですが。まぁ一応、設定UPです。

大型のスーパーロボットでも空輸出来る巨大輸送艇です。
グラニの様に土台になるタイプじゃなくて、内部格納or吊り下げる形になるかな。
(外見周りの設定とか未定なのです。(ぉ)
戦闘力はお察し程度。つか、輸送艇にンなモンあるわけねーだろ常考。

SRCの巨大輸送艇と同様の扱いをするも良し、1機で1機のみを搭載の小回り利くタイプにするも手か。
エピ内では詳細を出してないので、まだその辺の設定調整は可能かと思います。

ネームはロシア民話で「大きい」、「鳥」から検索。鳥が「火の鳥」しか居ねぇ・・・。orz
已む無く「大きい」検索でヒットしたのが蕪。じーさんばーさん家族に犬猫まで総動員で引き抜くあの民話。
奇しくもフィールさんのエピ「黒の兄弟」で登場するリーパ(スヴョーク)と関連付いたのでまぁいいかと。
* Re: 僕私の考えたスーパーロボット投稿 ( No.60 )
日時: 2015/10/20(火) 23:22:25 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022

地形的に雪が多いだろうし、輸送艇の存在は重要ですよね。
ロシアを舞台とする時、重宝しそう。
* Re: 僕私の考えたスーパーロボット投稿 ( No.61 )
日時: 2015/11/04(水) 23:58:42 メンテ
名前: フィール

最近色々新キャラ投稿があって楽しいです。という訳で私も。

リトル・インフィールド
年齢:19歳
性別:女
アムステラ戦争初期にバトルバギーで戦場を駆け巡っていたインフィールド博士の娘。
父の遺志を継ぎ大学を休学しバトルバギーで世界を回りながら
各国の情勢を記録しつつアムステラの目的を探っている。
大柄で色黒な父に全く似ず、身長139pの超小柄な体型なので行く先々で子供扱いされる。
「いい?私の事はインフィールドさんと呼びなさい。・・・だから、イン子とかゆーな!」

バトルバギー
インフィールド博士が開発したインフィールドチタンで補強された武装バギー。
インフィールドチタンの性能はカラクリオー世界の兵器用金属としては中の上ぐらい。
量産機の武装用としては優秀だが、特機用にはちと硬度不足。
早い・小さい・脆いの典型的なSSサイズユニット。
バンパーの横から回転ノコギリを出してすれ違いざまに羅甲の足を攻撃したりもできるが、
基本的に戦場で出来るのは逃げる事のみ。無茶は良くない。お父さんは無茶で死んだ。
博士から娘に引き継がれた時には、彼女の足の長さでもペダルに足が届くように改造された。
それ以外の装備は共通している。
武装
収納式回転ノコギリ×2、ニトロターボ、車内搭載バズーカ、機銃

グッジョブ・インフィールド
年齢:享年52歳
性別:男
ドミニカ出身、190pを越える屈強な肉体を誇るフィールドワーク大好きおじさん。
アムステラ戦争初期の課題であった『地上主力兵器の人型への移行』を実現する為、
バトルバギーに乗り世界の戦地へ赴き、試験的に投入されていた人型の有用性を記録。
国連によるさらなる量産計画を実現させる為の説得材料とした。
また、世界の戦場を見て回る内にアムステラ軍が一枚岩で無い事や、
戦争の目的が単なる侵略で無い事を突き止めるが、逃げ遅れた民衆を助ける為に囮になり真実に到達出来ずに死亡。
「研究材料は外に一杯転がってるんだ、行くっきゃねえだろ!」

バゼラード
性別:男
年齢:推定十代後半
リトル・インフィールドが雇ったオシリスの傭兵。
肌の色や訛りからアジア系の青年と思われる。
だが、般若の面で常に顔を隠していたり、バゼラ−ドという西洋の短剣を意味する名を名乗っていたりと、
インフィールド嬢から見て謎だらけの不審な男である。
ボディガードとしては優秀だが過去を一切語ろうとしないので、未だ信頼関係は結ばれていない。
「傭兵はロクなもんじゃない。特にオシリスの傭兵は。
俺の事を知るときっと後悔するだろう。だから言わないでおく。」
* Re: 僕私の考えたスーパーロボット投稿 ( No.62 )
日時: 2015/11/06(金) 19:03:07 メンテ
名前: カジワラ
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=7098022

バギーか!独特な戦い方だなぁ〜!やはりロボットとは大分違う。
イン子可愛いね。いや、イン子と言ったわ怒るけどw
Page: [1] [2] [3] [4]
 
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP
題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
添付FILE 文章合計600Kbyteまで
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

※必須
画像認証
     (画像の数字を入力)

   クッキー保存