北海道認知神経リハビリテーション研究会 掲示板

このエントリーをはてなブックマークに追加

[表示切替]  [HOMEに戻る]  [留意事項]  [記事検索]  [携帯URL]  [管理用]
この掲示板は北海道にて認知運動療法を実践するセラピストのため開設されております。
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP

名前
メール
題名
本文※必須
URL
添付FILE 上限500KB
パスワード 英数字で8文字以内(記事修正用)
文字色
画像認証
認証用数字  *   (画像の数字を入力して下さい)

題名:第9回十勝支部勉強会  名前:ETCH-O nakajima 2013/05/13(月) 20:57 No.618  操作


5月の十勝支部勉強会のお知らせです。

今月は「発達心理学」というテーマで菅野先生に話をしていただく予定です。
発達心理学と聞くと、小児のリハビリのイメージがあるかと思います。
しかし、成人にとっても基盤となる分野の学問と考えることができると思います。
臨床を行うことや人と関わりを持つ上で基盤となる領域であると考えられるため、小児に興味のある方に限らず、成人の治療に携わっている方にも参加していただけたらと思います。
このテーマで、皆様と建設的なディスカッションを行っていくことで、明日の臨床への一助となればと考えております。
興味がある方はぜひご参加下さい。

お忙しいかと思いますが皆様とともに学べることを楽しみにしております。




講 師:菅野公二 (北斗病院 作業療法士)

テーマ:「発達心理学」

日 時:5月30日(木)  19:00〜20:30

会 場:帯広協立病院 1F 作業療法室 

参加費:無料

定 員:15名程度



申し込み方法
1)氏名
2)所属
3)職種
4)経験年数
5)コース受講歴(なし、インフォメーション、ベーシック、アドバンス、マスター)
6)連絡先
  を明記の上 etch.obihiro@gmail.com へ連絡下さい。

  
 

題名:Re: 第9回十勝支部勉強会報告  名前:ETCH-O nakajima 2013/06/10(月) 20:42 No.633  操作

報告が大変遅れてしまいました。
第九回勉強会無事終了致しました!今回は菅野OTに『発達心理学』という内容でお話ししていただきました。
人間が発達していく過程の中で、その内面ではどのような要素が必要となるか、能動的に世界や社会、関係を知っていくことの重要さを共有することができたと思います。
また、非常にクオリティの高い資料を作成していただき、視覚的にも学びやすさを感じることができました。
次回は6/28の予定です。よろしくお願い致します。



題名:札幌支部勉強会開催のご案内(6月)  名前:ETCH-S TAKAHASHI 2013/06/06(木) 07:45 No.630  操作


いつもお世話になっております。
北海道認知神経リハビリテーション研究会の高橋です。
今月も札幌支部勉強会開催が決まりましたのでお知らせ致します。

テーマ
「アカデミア伝達〜行為と訓練の”つながり”を求めて〜(サブコンポーネントについて)」

イタリアでマスターコースを修了し認知運動療法士となった者のみが参加出来る認知運動療法アカデミア(通称:臨床道場)が先日神戸で開催されました。
今回のアカデミアでは宮本省三先生ら豪華講師陣から、イタリアで行われている最新の臨床の状況を踏まえて、今日本で認知運動療法を実践する者に向けてサブコンポーネントという視点が提示されました。
内容としては、従来のシステムアプローチをもっと深く掘り下げた形で話されており、クライアントの行為と我々が設定する訓練との整合性を高めていく為に欠かせない視点として大いに役立つ内容が多々話されていました。
当日はこのサブコンポーネントについて、アカデミアを参加されたマスター修了者の先生に実践形式に近い形で伝達してもらう予定となっています。
今回は対象者の制限はあえて設けておりませんが、基礎理論を理解しているという前提で行われますので、そちらの点はご了承下さい。

テーマ
「アカデミア伝達〜行為と訓練の”つながり”を求めて〜(サブコンポーネントについて)」
日時:2013年06月27日(木)19:00〜21:00
会場:医療法人明日佳 札幌宮の沢脳神経外科病院(旧:高橋脳神経外科病院)4Fリハビリ室
   札幌市西区西町南20丁目1番30号
費用:200円(資料代)
定員:30名(先着順)
募集:2013年06月06日(木)より
※ 定員になり次第締切ますので、お早めに申し込み下さい。
OTの方はこの勉強会で日本作業療法士協会の生涯教育制度における基礎コース1ポイントが認定されます。
参加希望者は当ホームページよりお申し込み下さい。
※申込フォームの準備に時間がかかることもありますのでご了承下さい。

  
 

題名:Re: 札幌支部勉強会開催のご案内(6月) 
名前:ETCH-S TAKAHASHI 2013/06/09(日) 22:34 No.632  操作


いつもお世話になっております。ETCH-Sの高橋です。
おかげさまで、募集開始から一週間経たずに今月の勉強会も満員となりました。
この投稿以降は、キャンセル待ちとなりますのでご了承下さい。



題名:札幌支部定例勉強会参加報告  名前:ETCH事務局 2013/06/03(月) 01:00 No.628  HomePage 操作


628の画像を原寸大表示します 5月の定例認知神経リハ札幌支部勉強会で
千葉認知神経リハ特別勉強会の
伝達をさせていただきました。

当日はお忙しい中、
たくさんの先生方に参加していただき
感謝しています。

今回私が伝達をさせて頂く事をお願いしたのは、
私自身が目標としている、
「セラピスト間で壁のないリハビリ」に
少し近づけるのではと思ったからです。

STは個室でリハビリを行う事が多いのですが、
個室で言語の何を治療しているのか、
見えてこない事が多い気がします。

今回の報告でSTが何を観察し
治療しようとしているか、
少しでも解って頂ければ
大変うれしいです。

認知神経リハでは
コミュニケーションを重要視します。
多職種によるリハ軸としての言語は、
患者の行為の回復に非常に重要な意味を持ちます。

今回伝達した、絵(写真)カードで運動イメージ学習は、
私自身試行錯誤しており難しいのですが、
STでも歩行など運動のリハビリができる!
そう知った時、うれしくて、
気持ちが高ぶったのを今でも鮮明に記憶してます。

どこか腑に落ちなかったSTの仕事が、
認知神経リハを学び、楽しくなりました。

今回伝達を行う事で、
もっと勉強しなければと、
痛感し今後の目標もできました。

言語聴覚士のみならず、
言語に興味をもっている先生がいると知り、
とてもうれしかったです。

認知神経リハでの日本の言語療法は
まだ未開拓な状態ですが、
今回支部勉強会に足を運んでくださった
皆様がいると思うだけで、
とてもこころ強く、
また頑張ろうと思い、
何度でも立ち上がれそうです。

来てくださった皆様、
本当にありがとうございました。

今後もよろしくお願いいたします。

医療法人航和会 脳神経外科おたる港南クリニック
言語聴覚士 木村絵梨

  
 

題名:Re: 札幌支部定例勉強会参加報告  名前:ETCH-S TAKAHASHI 2013/06/04(火) 23:13 No.629  操作

木村先生
短い期間で伝達の準備ありがとうございました。
今回のテーマは認知神経リハで表立って取り扱っていない部分で、我々もまた新たに開拓して行かなければならない分野だと思われます。
今回お話して下さった部分は、少なからず失語を呈すクライアントに対しどのように観察して行くべきか、参加者の臨床のヒントになったと思われます。
2日間の勉強会の内容を2時間という短い時間に凝縮した為、まだまだ話足りない部分等もあったかと思いますが、今回学んだ内容はまた、札幌支部勉強会を通して、北海道の臨床へ発信させていきましょう!

  
 

題名:Re: 札幌支部定例勉強会参加報告  名前:岩見沢江仁会病院 浜田 2013/06/08(土) 21:28 No.631  操作

岩見沢江仁会病院の言語聴覚士 浜田です。今回の勉強会、大変勉強になりました。ありがとうございました。

「セラピスト間で壁のないリハビリ」、改めてその大切さを実感しました。

日々の臨床からできるだけ他職種との情報交換をするように心がけてはいましたが、「STが歩行訓練に関わる」という考え方はしたことがありませんでした。

コミュニケーションは人と人とが関わり合う上で非常に重要で、どのリハビリを行う上でも必ず必要なものだと思います。STも他職種リハビリのコミュニケーション面に積極的に関わっていくことで、より良いリハビリを提供できるということを再認識しました。

まずは自分の職場で、今回学んだことを実践してみようと思っています。ありがとうございました。



題名:第2回函館支部勉強会開催案内  名前:ETCH-H SUGAWARA 2013/05/10(金) 18:11 No.615  操作


関係者各位

 「第2回勉強会開催のお知らせ」

 今回はマスターコースの講義内容ついて伝達勉強会を行います。新しい情報や考え方についても話し合いながら勉強していきたいと考えております。 
 是非とも参加して頂き、皆様と一緒に認知神経リハビリテーションの知識を深めていきたいと思います。宜しくお願い致します。

【テーマ】
 『マスターコース伝達』  
                                              
■開催日時:平成25年5月30日(木曜日) 18時30分から
■発表者:函館西堀病院 
      理学療法士  上田 将吾 氏                 
■場所:函館西堀病院 リハビリテーション室
■駐車場:数に限りがございます。 
■参加費:資料印刷代として100円のご負担をお願い致します。
■締切:平成25年5月28日(火曜日)
   ※参加申し込みされない方の資料は用意できませんのでご了承 ください。
■申し込み方法
・氏名 所属 職種 経験年数 コース受講歴(なし、インフォメーション、ベーシック、アドバン ス、マスター) 連絡先
 を明記の上etch.hakodate@gmail.comへ ご連絡下さい。

OTの方は日本作業療法協会生涯教育制度の基礎コース1ポイントが 付与されます。勉強会の参加申し込みを事前にして下さった方にポイントと交換できる用紙をお配りいたします。

北海道認知神経リハビリテーション研究会 函館支部 

事務局 新開谷まゆき・菅原紘子
E-mail:etch.hakodate@gmail.com

  
 

題名:第2回函館支部勉強会終了  名前:ETCH-H SUGAWARA 2013/06/02(日) 17:44 No.627  操作

5月30日に第2回の函館支部勉強会が終了しました。参加された先生方お疲れ様でした。
今回はマスターコースの伝達第2段という事で、西堀病院の上田OTにCTAでの観察の方法を中心に伝達を行なって頂きました。
初学者の方も多く参加されていたので、ETCからCTAでの新たな視点での観察方法というよりは、こういう患者さんの観察の方法もあるんだなぁと思って頂ければと思います。
患者さんが過去に経験していたパフォーマンスを観察・課題の中に取り入れていくことは非常に難しい事ではありますが、新たにお互いが共有出来る(患者さんがより課題を現実の行為に近づきやすい)視点が加わったのではないかと思います。

来月は、7月に開催される学会のプレ発表と先月末に開催されたアカデミアの伝達講習を行う予定です。
日付等が決定しましたら、お知らせしたいと思います。
今後とも函館支部をよろしくお願いいたします。

北海道認知神経リハビリテーション研究会 函館支部 
事務局 菅原紘子



題名:認知運動療法Accademiaが開催されました 
名前:ETCH事務局 2013/05/27(月) 22:43 No.625  HomePage 操作


625の画像を原寸大表示します 認知運動療法Accademia
〜行為と訓練の“つながり”を求めて〜
2013 神戸

国内の認知運動療法士が一堂に集い、
自らの臨床をより深めるために学び、意見を交わす。

情報をinputするためのコース
受講は当然有益ですが、
情報を基にinteractするアカデミアは
自らの治療に必須である視点をより洗練させる
最高の意識経験の場であると感じています。

今回のテーマにある
行為と訓練の「つながり」という視点は
私の臨床における思考をより精緻化し、
回復を実現するための訓練を作る
一助になると確信しています。

自らの臨床を深めたいと願う方は
是非Accademiaを受講された先生に
お話を伺ってください。


今回のAccademiaでは
たくさんの先生方と
お話をすることが出来ましたが、
僅かな時間であったが故、
声をかけそびれた先生も多くいらっしゃいました。

それでも臨床や研究に信念を持ち、
同じ方向を向いている同志なので、
またの機会にお話しできることを
楽しみにしています。

日々の臨床において
“つながり”を意識した
訓練を展開していきましょう。

次世代臨床クリエイター
木村正剛



題名:無題  名前:胆振支部 2013/05/21(火) 08:39 No.624  操作


北海道認知神経リハビリテーション研究会
インフォメーションセミナー 洞爺

 今回は「認知神経リハビリテーションと脳機能システム」について基礎的な概論と臨床での評価から訓練についてテーマとして行います。

1. 日 時:平成25年6月16日
2. 会 場:洞爺温泉病院
3. テーマ:「認知神経リハビリテーションと脳機能システム」
4.プログラム
09:30〜受付開始
10:00〜11:00 「半側空間無視の臨床」
講師:横部 護(苫小牧日翔病院)

11:00〜12:20 「臨床シミュレーション(実技指導)」全講師

13:00〜14:00 「言語と失行症」     講師:木賊 弘明(苫小牧日翔病院)

14:00〜15:00 「変性疾患と認知神経リハビリテーション」
講師:横山 航太(青葉病院)

15:00〜16:00 「思考の拡張〜中枢・整形・変性疾患・高次脳〜」:全講師

5. 参加費:2000円
6. 定 員:30名(定員になり次第閉め切らせていただきます)
7. 対 象:不問
8.申込開始:平成25年5月21日
9. 申込締切:平成25年6月2日
10. 申込方法
申し込み方法
1.氏名 2.所属 3.職種 4.経験年数
5.コース受講歴(なし、インフォメーション、ベーシック、アドバンス、マスター)
6.連絡先:個人アドレスでお願いします。を明記の上etch.iburishibu@gmail.com
へご返信下さい。
※OTの方は日本OT協会の生涯教育制度の1ポイントが認定されます。
その他のお問い合わせは下記のアドレスまでご連絡下さい。

北海道認知神経リハビリテーション研究会 胆振支部
アドレス:etch.iburishibu@gmail.com



題名:無題  名前:胆振支部 2013/05/21(火) 08:38 No.623  操作


北海道認知神経リハビリテーション研究会
インフォメーションセミナー 苫小牧

 今回は「右半球と左半球におけるストラテジー〜認知神経リハビリテーションと脳機能システム」について基礎的な概論と臨床での評価から訓練について行います。

1. 日 時:平成25年6月9日
2. 会 場:養生館 青葉病院 リハビリテーション科
3. テーマ:「右半球と左半球におけるストラテジー」
4.プログラム
09:30〜受付開始
10:00〜11:00 「失行症への方略」    講師:横部 護(苫小牧日翔病院)

11:00〜12:20 「実技」全講師

13:00〜14:00 「半側空間無視〜身体イメージへの方略」
講師:木賊 弘明(苫小牧日翔病院)

14:00〜15:00 「パーキンソン病への方略」   講師:横山 航太(青葉病院)

15:00〜16:00 「思考の拡張〜中枢・整形・変性疾患・高次脳〜」:全講師

5. 参加費:2000円
6. 定 員:30名(定員になり次第閉め切らせていただきます)
7. 対 象:不問
8.申込開始:平成25年5月20日
9. 申込締切:平成25年6月2日
10. 申込方法
申し込み方法
1.氏名 2.所属 3.職種 4.経験年数
5.コース受講歴(なし、インフォメーション、ベーシック、アドバンス、マスター)
6.連絡先:個人アドレスでお願いします。を明記の上etch.iburishibu@gmail.com
へご返信下さい。
※OTの方は日本OT協会の生涯教育制度の1ポイントが認定されます。
その他のお問い合わせは下記のアドレスまでご連絡下さい。

北海道認知神経リハビリテーション研究会 胆振支部
アドレス:etch.iburishibu@gmail.com



題名:旭川支部定期勉強会のお知らせ  名前:ETCH-A FUJISHIMA 2013/05/16(木) 17:49 No.622  操作


いつもお世話になっております。
5月の旭川支部の勉強会のお知らせです。
今年度は上肢、手指、下肢、体幹を勉強会で開催予定ですが、今月は「上肢の観察と訓練」を藤島先生に実技を交えながら話していただく予定です。
上肢は日常生活の行為を行う上で、非常に重要な役割を果たしていると思います。少しでも認知神経リハビリテーションでの上肢に対する考え方などに触れてもらい、明日の臨床につなげてもらえれば幸いだと思います。

はじめて参加される方、初学者の方も大歓迎です!ぜひご参加下さい。

講師:藤島 佑人 先生(旭川厚生病院)
テーマ:「上肢に対する認知神経リハビリテーション 〜観察から訓練〜」
日時:5月30日(木曜日)    18:30〜20:30
会場:旭川三愛病院 3F リハビリセンター
   (必ず裏の職員玄関から入ってきてください)
参加費:100円(資料代)
定員:30名(先着順)

※OTの方は日本OT協会の生涯教育制度の1ポイントが認定されます。

資料作成部数と会場調整がありますので参加者はご連絡ください。
参加希望者は当ホームページTop pageよりお申し込み下さい。

その他のお問い合わせは下記のアドレスまでご連絡下さい。
アドレス:etch.asahikawa@gmail.com



題名:Information seminar in北見 開催しました 
名前:ETCH事務局 2013/05/14(火) 23:49 No.621  HomePage 操作


621の画像を原寸大表示します 北海道認知神経リハビリテーション研究会の
カリスマ講師陣が、新たな臨床思考を紹介するセミナー

認知運動療法Information seminar
【リハビリの目覚め〜認知運動療法による行為の回復〜】

(2013.05.12 北見経済センターにて開催:満員御礼!)

セミナー受講者の声の一部です
***********************
☆元々興味はあったけど、まだまだ未知の領域。自分なりに文献を探したり、本を見たりしていますが、なかなか理解することが難しかったので、今回先生方の講義や実技など体験できて嬉しく思います。Ptへの提示の仕方や声かけが難しく感じました。より興味がわきましたので、もっと知りたくなりました。

☆普段の臨床で気付いていなかったことや、新しく意識していこうと思うことがたくさんあって、とても充実した1日を過ごせました!!旭川で開催されるベーシックコースにもぜひ参加したいと思います。

☆今まで考えていた視点とはまた違っていて新鮮だったのと、今後の患者様に対する治療に新たな気づきになったのでとても良かったです。認知運動療法をきっかけにまた学習を深めていきたいと思えたセミナーでした。

☆インフォメーションの講義でも実技を交え、具体的な話や質問も出来、予測していた内容よりも詳しく知ることが出来ました。

☆初めて認知運動療法について学び興味を持ちました。日々の治療の中で課題の難しさや患者さんの興味、おもしろさを感じているかなど、もう一度治療内容をふりかえろうと思いました

☆患者さんと関わるうえで気をつけていたことの裏づけや、それ以上に気づいていなかったことを知る機会が得られました。治療展開のバックグラウンドの大切さを学ぶことが出来ました。

☆講習会のプログラムや学習効果のあがるコンテンツに構成されていて楽に学べた。

☆神経生理学的な部分からの現象、アプローチなど、わかりやすく、おもしろかったです。

☆患者に気づきや身体イメージを構築してもらうための治療としての良い視点を得られたと思います。臨床で試行錯誤してみたいです。
***********************

認知運動療法は、従来の視点を拡張し
治療戦略に幅と深みを与えてくれる思考ツールです。

当然のことながら、
解剖学や運動学、生理学など、
セラピストに必須である基礎知識を
軽んじることは決してありません。

臨床思考を深化、加速させるため、
互いの視点をコントロールしながら
より良い治療戦略を導き出す。

そんな自律性を持ったセラピストが
北海道に1人でも多く増えることを願っています。

受講者の皆さんとまたお逢いできる日を
心からお待ちしています。

次世代臨床クリエイター 木村正剛



題名:全支部合同勉強会 in函館支部 開催のご案内 
名前:函館支部 SHINKAIYA 2013/05/14(火) 20:25 No.620  操作


リハビリテーション関係者各位

スペシャルセミナーの案内に
引き続き、全合同支部勉強会のご案内です!!
スペシャルセミナーの前日に開催します。

北海道認知神経リハビリテーション研究会 函館支部主催
認知神経リハビリテーション 全支部合同勉強会

症例を通して認知神経リハビリテーションを考える
〜上肢のシステムアプローチを考えるカルテ会と実技練習〜

いつも勉強会に参加してくださり、ありがとうございます。

この度、北海道認知神経リハビリテーション研究会の全支部合同勉強会を道南地方にて開催致します。
1月に引き続き講師として学会理事の鶴埜益巳氏を招き、
認知神経リハビリテーションにおける『カルテ』(症例レポート)を利用した症例検討会を開催します。
各支部の勉強会の参加者が集い、より深いディスカッションが出来る場になることを期待しております。

今回の勉強会は参加条件は特に設けず、いつも勉強会に参加していない方や初学者でも参加可能です。
しかし基本的な認知神経リハビリテーションの説明はしませんので初学者の方はその旨をご了承願います。

ご多用のところ誠に恐れ入りますが、是非ご参加頂けますよう宜しくお願い申し上げます。


【日 時】平成25年7月14日 (日)9:45〜18:00 (9:30 受付開始)

【会 場】函館厚生院 ななえ新病院 7階リハビリテーション室

     〒041-1195 北海道亀田郡七飯町本町7丁目657番

     TEL 0138-65-2525(代表)

    http://www.nanaeshin.com/

【テー マ】『上肢のシステムアプローチを考えるカルテ会と実技練習』

【講師】鶴埜 益巳 氏 日本認知神経リハビリテーション学会 理事

おおさか循環器内科・生活習慣病クリニック(千葉県)勤務 理学療法士

【カルテ会発表者】 手のCRPS様 症状の治療介入(ななえ新病院:OT野坂)

       上腕骨近位端骨折術後患者の治療介入(ななえ新病院:OT新開谷)

【実技】上肢中心(道具の意味と作業ユニット、ガイドの関係性)

【参加費】2,000 円(当日徴収)

【対 象】PT/OT/ST

【定 員】ありませんが、お早めに申し込み下さい。

【懇親会】19:30〜  会費 4,000円以内予定(当日徴収)

【申込締切】平成25年7月5日 (懇親会締切は平成 25年 6 月 24日 まで)

【申込先】当研究会のホームページよりお申込み下さい

      http://etch.eco.coocan.jp/

〈問い合わせ〉北海道認知神経リハビリテーション研究会 函館支部:新開谷
E-mail: etch.hakodate@gmail.com
件名に「合同支部勉強会に関して」とご記入下さい






[現行ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55]
[過去ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]
以下のフォームから自分の記事を修正/削除できます [説明]

処理:  記事No:  パスワード:


今日: 3
08/23 (金) 3
08/22 (木) 1
08/21 (水) 6
08/20 (火) 3
08/19 (月) 3
08/18 () 2
08/17 () 3
合計: 58152

- aimix-BBS無料レンタル掲示板 [掲示板の作成はこちら] -

script - Kent-web