北海道認知神経リハビリテーション研究会 掲示板

このエントリーをはてなブックマークに追加

[表示切替]  [HOMEに戻る]  [留意事項]  [記事検索]  [携帯URL]  [管理用]
この掲示板は北海道にて認知運動療法を実践するセラピストのため開設されております。
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP

名前
メール
題名
本文※必須
URL
添付FILE 上限500KB
パスワード 英数字で8文字以内(記事修正用)
文字色
画像認証
認証用数字  *   (画像の数字を入力して下さい)

題名:札幌支部定期勉強開催のお知らせ  名前:etch-jimukyoku 2014/03/08(土) 16:20 No.729  操作


729の画像を原寸大表示します いつもお世話になっております。
北海道認知神経リハビリテーション研究会の事務局です。

今月も札幌支部勉強会を開催する運びとなりましたのでお知らせ致します。
【 テーマ】
認知運動療法士の臨床思考 第三弾
“認知神経リハビリテーションの展開”

現在、認知運動療法士は何を考えて臨床をしているのか??
臨床現場で活躍するセラピストのリアルタイムな思考を共有していく企画第3弾です。

前回は中枢分野と小児分野から症例を提示して頂きながら、認知神経リハビリテーションを実践していく為のポイントを学んでいきました。

今回は整形疾患により痛みを呈す症例を提示して頂きながら、認知神経リハの展開の仕方を学んでいきます。話題の中心は痛みや上肢に関することが多いかと思いますが、考え方自体は身体部位を問わない為、OT・PTなど職種を問わず学べる内容となっております。初学者の方でも大歓迎の為、お時間にご都合がつく方はぜひ、同僚やお友達をお誘いのうえ、ご参加下さい。

日時:2014年03月27日(木)19:00〜21:00
会場:医療法人明日佳 札幌宮の沢脳神経外科病院(旧:高橋脳神経外科病院)
    札幌市西区西町南20丁目1番30号
演者:小島佳祐(宮の森記念病院)/作業療法士・認知運動療法士
費用:200円(資料代)
定員:30名(先着順)
募集:2014年03月07日12:00より 
※ 定員になり次第締切ますので、お早めに申し込み下さい。
OTの方はこの勉強会で日本作業療法士協会の生涯教育制度における基礎コース1ポイントが認定されます。
参加希望者は当ホームページよりお申し込み下さい。

  
 

題名:満員御礼につき募集終了  名前:札幌支部事務局 2014/03/13(木) 07:53 No.732  操作

こんにちは、
北海道認知神経リハビリテーション研究会
事務局です。

3月の札幌支部勉強会ですが、
増席分を含む35席が満席となり
勉強会参加募集を終了いたしました。

毎月継続的に参加してくださる先生方や
同僚・友人の誘いを受け参加してくださる先生、
運営スタッフのご協力があり
こうして勉強会を継続できることに
深く感謝しております。

新年度はこれまで以上に企画を充実させ、
深い学びをエンターテイメント性溢れる内容で
提供させていただきますのでご期待ください!

  
 

題名:定期勉強会 開催報告  名前:小島佳祐 2014/03/29(土) 22:55 No.748  操作

748の画像を原寸大表示します こんにちは。
先日は勉強会おつかれさまでした。

今回は整形疾患に対する認知運動療法を症例を通して、講義させていただきました。
創られた痛みによって、代償運動を学習してしまった患者に対して、認知運動療法ではどのような治療を行なうのか?

認知運動療法の視点で治療を行なった結果、改善した症例に対しての考え方の解釈と症例に行った治療法を実技を通して学んでいただきました。

実技ではマスター修了者を中心に受講者に講義で不十分であった点を補足していただきながら、実技を行なうことが出来ました。また実際に臨床で悩んでいる点などを相談している場面も見られました。


今後も勉強会等で患者のために熱い議論をすることが出来ればよいと考えております。

  
 

題名:Re: 札幌支部定期勉強開催のお知らせ  名前:etch-takahashi 2014/03/31(月) 01:20 No.751  操作

北海道認知神経リハビリテーション研究会の高橋です。

先日の勉強会に参加して頂き誠にありがとうございました。
全三回にわたり、認知運動療法士の思考に触れることをテーマに様々な分野から症例を出して頂きながら、わかり易い講義を行ってもらいました。
実症例の講義だけではなく、実技も基礎から丁寧に確認することも出来たと思いますので、受講された方の訓練にも磨きがかかることを期待しています。
今回のこの経験が明日の臨床に繋がるきっかけとなればと当研究会スタッフ一同心より願っております。

来年度も皆様と学ぶを深め合える勉強会を企画していきますので、またお時間にご都合につく方は、是非ご参加下さい。今後ともよろしくお願い致します。

  
 

題名:Re: 札幌支部定期勉強開催のお知らせ  名前:木村 由華 2014/04/01(火) 01:24 No.753  操作

小島先生勉強会講師お疲れさまでした。小島先生のお話を聞きながら“頭が洗えるようになりたい”という患者さんを担当した時のことを思い出しながら聞いていました。同じ患者さんは2人といませんが、上肢と痛みに対してアプローチをする時に参考にさせていただきます。お疲れさまでした。


題名:旭川支部 定期勉強会のご案内  名前:旭川支部 伊藤翼 2014/03/13(木) 08:44 No.733  操作


いつもお世話になっております。
北海道認知神経リハビリテーション研究会 旭川支部の伊藤翼です。

今月も旭川支部勉強会を開催する運びとなりましたのでお知らせ致します。

【テーマ】
「知識と治療を結び付けたアプローチ」

好意を持つ異性のことを知るだけでは
付き合うは難しいでしょう。

本田圭佑にサッカーのシュートを教えてもらっても
実際に打つのは難しい。

運動学、解剖学、脳科学、神経生理学、心理学など
様々な知識を有していても、リハビリを展開していくことは困難だ。

知識を活かした
実技の練習をしませんか?

認知神経リハビリテーションの治療だけではなく
リハビリテーション全般に対するアプローチの練習になると思います。

昨日の自分よりも
格段に違う自分になります。

はじめて参加される方、初学者の方も大歓迎です!
必ず、知識・技術を向上できるよう講習会を致します。

それでは
お時間のご都合のつく方は
是非ともご参加ください。


テーマ:「知識と治療を結び付けたアプローチ」
講師:伊藤翼(旭川三愛病院)
日時:3月25日(火)
時間:18時30分〜20時30分
会場:旭川三愛病院 3階 リハビリセンター
   (必ず裏の職員玄関から入ってきてください)
参加費:100円
定員:12名(先着順)

※OTの方は日本OT協会の生涯教育制度の1ポイントが認定されます。

資料作成部数と会場調整がありますので参加者はご連絡ください。
参加希望者は当ホームページTop pageよりお申し込み下さい。
http://etch.eco.coocan.jp/

その他のお問い合わせは下記のアドレスまでご連絡下さい。
アドレス:etch.asahikawa@gmail.com

こちらからも申込み可能です。
http://kokucheese.com/event/index/157180/

  
 

題名:Re: 旭川支部 定期勉強会のご案内  名前:伊藤翼 2014/03/30(日) 12:19 No.749  操作

旭川支部の勉強会が無事に終了しました。
実技が中心となる勉強会で
身体を動かしたり、動かしてもらったり。。。

患者さんの気持ちが少し分かり
声の掛け方や、動かし方などの重要性を再確認!

講師ながら、とっても勉強になりました。

これからも実技の勉強会を多くして
臨床的に直接結びつくよう充実させていきたいですね!!

今回参加して頂いた
参加者の皆さん
ありがとうございました!!

  
 

題名:Re: 旭川支部 定期勉強会のご案内  名前:伊藤翼 2014/03/31(月) 21:49 No.752  操作

752の画像を原寸大表示します 勉強会当日の雰囲気です!
みなさん真剣です!!



題名:スペシャルセミナーが終了いたしました。 
名前:藤橋 亮介 2014/03/22(土) 16:33 No.735  操作


認知神経リハビリテーション「スペシャルセミナー」
ご参加いただいた皆さん、講師の奥埜先生、運営スタッフの皆様、どうもお疲れさまでした。

コース1日目は会員限定の症例検討会で、発表時間8分と短い時間ながらも端的にまとめられており、非常にわかりやすい内容でした。
質疑応答の際にも様々な視点からより良くするためのアドバイスや質問がでており大変学びの多い時間となりました。皆さんと日々の臨床の話をすることの大切さを実感した良い経験になりました。

コース2日目は認知神経リハビリテーションの基礎を学び症例を通じて患者さんを観るということがどのようなことか学ぶことができる良い機会だったと思います。今回のセミナーのようにあれほどの症例数を通じて学べる機会はないかと思いますので、是非参考にさせていただき自分の臨床に取り入れていきたいと感じました。
認知神経リハビリテーションの最前線で活躍なさっている奥埜先生の臨床や思想をしることができ、もっとやらねばいけない課題や必要な要素がいろいろと見つかりました。

受講された皆様のアンケートに目を通すと、
「難しかったけど、面白かった」「認知リハに興味がわいた」「勉強会に参加してみたい」
など多くの声をいただき、これからもっと色々な場面で一緒に学んでゆけると嬉しい気持ちになりました。
認知神経リハは確かに難しい部分はあると思います。
しかし、患者様を良くしていける、よく観ていける、新しい要素を加えると捉えていただき、皆様の臨床の中に少しだけ取り入れてみていただいて、またお話しできる機会を楽しみにしています。
みなさまどうもありがとうございました。

  
 

題名:Re: スペシャルセミナーが終了いたしました。 
名前:小島佳祐 2014/03/24(月) 12:39 No.738  操作


2013年度スペシャルセミナーが終了いたしました。今回は認知運動療法士による症例発表がされ、活発な意見交換が行われました。
今回私も症例を発表する機会を与えていただきました。8分とタイトなスケジュールの中での発表であったので、要点を絞ってスライドを作成するのがたいへんでした。受講者のアンケートを見させていただいたのですが、自分の思惑はうまく伝わっていなかったように感じました。伝える力、発表力が足りないなと実感することが出来ました。
また今回発表の経験。資料作成から文献検索を通して自分自身も成長することが出来、たいへん有意義な時間になったと感じております。
今後もこのような経験を通して自分の臨床力をより高めていきたいと考えております。
すべては患者のために。

  
 

題名:Re: スペシャルセミナーが終了いたしました。 
名前:上田将吾 2014/03/24(月) 12:40 No.739  操作


3月21,22に開催されたスペシャルセミナーに参加されたみなさん、お疲れ様でした。

今回、21日の会員限定のセミナーにおいて、初めて認知運動療法の立場からの症例提示を行う機会をいただきました。
質疑応答の時間や用紙に記載していただいたみなさんのアドバイスをいただき、自分の臨床思考・プレゼンテーションでの伝え方など、多くの部分を見直すこととなりました。
普段から認知運動療法における臨床について議論する機会はあまり多くなく、今回はたくさんの考え方・視点について学ぶことができた、貴重な機会となりました。

また、今回のセミナーでは初めて運営にも携わらせていただきました。
運営側になった初めて見えてくる苦労がありましたが、受講生のみなさんの真剣に受講する姿、楽しそうに実技を行う姿、受講後のアンケートでの感想を見て、大変ながらもとてもやりがいと達成感を感じることができました。

臨床も運営も至らない点が多くありますが、みなさんと一緒に今後も精進していきたいと感じました。

今回講義をしてくださった奥埜先生をはじめ、受講されたみなさん、運営をされたみなさん、二日間ありがとうございました。



  
 

題名:Re: スペシャルセミナーが終了いたしました。 
名前:奥埜博之 2014/03/24(月) 13:21 No.740  操作


みなさまへ
2日間色々とお世話になりありがとうございました。
北海道のみなさまの真摯な姿勢と眼差しに、私自身が大きな刺激を頂きました。
北海道のように大阪の研究会も盛り上げていきたいと思います。
今後ともよろしくお願い致します。

  
 

題名:Re: スペシャルセミナーが終了いたしました。 
名前:伊藤翼 2014/03/24(月) 17:08 No.741  操作


講師である奥埜先生、スタッフの皆さん、そして受講者の皆さん
スペシャルセミナーお疲れ様でした。

私は都合が合わず初日のみの参加でしたが
とても楽しく講習や症例発表を聞けました。

なによりも
臨床の話しをしているときの
奥埜先生の目の輝きが印象的です♪

そして、症例発表では
先生からのフィードバックにより
身を引き締めて頂きました!
ありがとうございます!!

さぁ
これからも前を向いて
頑張っていきましょう!!

  
 

題名:ご参加いただきありがとうございました  名前:ETCH事務局 2014/03/30(日) 21:30 No.750  HomePage 操作

750の画像を原寸大表示します 受講者の皆様へ

この度は年度末の忙しい中、
認知運動療法インフォメーションセミナーに
ご参加していただきありがとうございました。

また、数ある治療理論や治療手技が唱えられる中で
認知運動療法に興味を持っていただけたことを
大変嬉しく思います。

セミナーで学んだことを
直接自身の臨床に用いることは
おそらく難しいでしょう。

しかし、
学んだ内容を自らの臨床思考に翻訳し、
検証することは可能です。

新人もベテランも、
臨床で治療に行き詰ることが
ない人はいません。

しかし、今回の経験が
皆さんの臨床思考を豊かにする
一助になったと確信しています。

今回のセミナーを通じて
認知運動療法に更なる興味や
可能性を感じた方は
是非とも各支部の勉強会や
学会認定のセミナー等にご参加ください。

北海道認知神経リハビリテーション研究会は
道内に複数の支部を配置し、
毎月、学習者の臨床の一助となるような
勉強会を開催しています。

お申し込みは当研究会の
ホームページから簡単に行えます。

皆さんとまたお逢いできることを
楽しみにしております。



題名:第18回十勝支部勉強会【3月移行後】  名前:ETCH-o nakajima 2014/03/02(日) 23:28 No.725  操作


3月の十勝支部勉強会のお知らせをさせていただきます。

先月は諸事情により急な中止となってしまい大変ご迷惑をおかけ致しました。

今月は先月行えなかった「疼痛」のテーマで行う予定です。
疼痛は患者様と関わる上で誰もが直面する壁だと思います。それは当事者である患者様自身も含めて。
私自身も日々、患者様と向き合う中で疼痛という現象について非常に悩んできました。
痛みの経験というのは、個人によって大きく異なります。そのため、その現象に対する解釈は非常に難しいと思います。
今回の勉強会では、痛みの現象の知識についての整理を中心に行っていきたいと思います。
その中で、現在行われている痛みの当事者研究についても少し考えていければと考えております。
少しずつでも痛みについて知り共有していければと思いますので、興味のある先生方は是非ご参加をお願い致します。

皆様の参加をお待ちしております。


講 師:中島裕介 (十勝リハビリテーションセンター 理学療法士)

テーマ:「疼痛」

日 時:3月28日(金)  19:00〜20:30

会 場:帯広協立病院 1F 作業療法室 

参加費:無料

定 員:10名(先着順)

※ 定員になり次第締切ますので、お早めに申し込み下さい。
OTの方はこの勉強会で日本作業療法士協会の生涯教育制度における基礎コース1ポイントが認定されます。
参加希望者は当ホームページよりお申し込み下さい。

お忙しいかと思いますが皆様とともに学べることを楽しみにしております。


十勝リハビリテーションセンター 理学療法士 中島裕介

  
 

題名:Re: 第18回十勝支部勉強会【3月移行後】終了致しました 
名前:ETCH-o nakajima 2014/03/28(金) 23:38 No.747  操作


747の画像を原寸大表示します 第十八回勉強会終了致しました。
今月は新しい参加者が4名加わり、7名で行いました。
少人数でしたが、その分テーマの疼痛に関して普段の臨床のことを交えながらたくさんディスカッションを行うことができました。
(勉強会中の写真、取り忘れてしまいました^^;)

受講者からは
「今まで考えていた疼痛とは違う新しい視点を知ることができた。」
「今後の臨床で患者様に介入する際に参考にします。」
「また是非一緒に勉強したい。」
といった前向きな声が聞かれていました。
来年度からも少しずつ十勝での認知神経リハビリテーションの輪が広がり、臨床へ還元できるように盛り上げていきたいと思います。

4月からは今までの勉強会とは趣向を変えて、パワーアップしていけるようにがんばりたいと思います。
次回は4/24(木)予定です。会場が変更になります。
詳細は、改めて記載致します。

十勝リハビリテーションセンター 理学療法士 中島裕介



題名:函館支部 3月勉強会 他重要連絡  名前:函館支部事務局 2014/03/16(日) 15:08 No.734  操作


北海道 認知神経リハビリテーション研究会 
函館支部 3月勉強会開催のお知らせ

 ご案内が遅くなり、大変申し訳ありません。

今月から勉強会運営に関して、若干の変更がありますので
最後まで熟読していただけると幸いです。

 今回は函館新都市病院のPT、奥村智史氏による
「脳科学とリハビリテーション」というテーマで勉強会を行います。
脳科学は日々新しい知見が生まれています。リハビリテーションにも
そういった知見を踏まえて、治療に生かすことが重要です。
今回の勉強会で少しでも脳科学の知識を皆さんと共有できればと考えております。

 是非とも参加して頂き、皆様と一緒に認知神経リハビリテーションの知識
を深めていきたいと思います。
宜しくお願い致します。

【テーマ】
 『脳科学とリハビリテーション』
                                              
■開催日時:平成26年3月27日(木曜日) 18時30分から

■発表者:函館新都市病院 
      理学療法士  奥村 智史 氏 
              
■場所:函館新都市病院 4F 講堂

■駐車場:無料 

■参加費:100円(資料印刷代)

■定員:50名(先着順)

■締切:平成26年3月25日(火曜日)
   ※参加申し込みされない方の資料は用意できませんのでご了承ください。

■申し込み方法
http://kokucheese.com/event/index/157991/
へアクセスして、そこからお申込みください。

今月から申し込み方法がメールではなくなりましたので、
ご注意をお願いします。
必ず、個人個人で上記の方法にて期限内にお申込みください。


OTの方は日本作業療法協会生涯教育制度の
基礎コース1ポイントが付与されます。
勉強会の参加申し込みを事前にして下さった方にポイントと
交換できる用紙をお配りいたします。

認知ボールペンをお持ちの方は、ペン持参で今月までの
資料代のご負担はございません。

※ご注意!!
4月からの勉強会案内は、研究会から一括して送信されます。
今までは函館支部から過去の勉強会参加者へメール案内しておりました。
現在etch.veniceという北海道認知神経リハビリテーション研究会から
【ETCH通信】が届いていない方には4月以降の函館支部の勉強会の
案内が届かなくなります。

今後も函館支部の勉強会案内が必要な方は、お手数ですが
北海道研究会のホームページの下の方にある
メーリングリスト登録からご登録をお願いいたします。
すでに【ETCH通信】が届いている方のご登録は不要です。
函館支部の勉強会の案内以外に、各支部の勉強会案内や
その他のセミナー案内をお届けします。

北海道研究会ホームページURL
http://etch.eco.coocan.jp/index.html

何かご不明点やお問い合わせがあれば、下記までお願いいたします。
今後ともよろしくお願いいたします。

北海道認知神経リハビリテーション研究会 函館支部 
事務局 新開谷 
E-mail:
etch.hakodate@gmail.com

  
 

題名:Re: 函館支部 3月勉強会 他重要連絡  名前:函館支部事務局 2014/03/27(木) 22:21 No.745  操作

745の画像を原寸大表示します 本日の勉強会は久しぶりに大人数の42名の参加者でした。
ご参加くださった皆さん、ありがとうございます。

脳科学とリハビリテーションというテーマで
奥村氏に発表していただきました。
基本的な脳の構造や脳の可塑性、麻痺の回復過程
などについて興味深い研究の紹介もありました。

単にこれらの知識を知っているだけでは
目の前の患者さんは救えません。
その方の来歴、情動、志向性などや
セラピスト自身の関係性が重要です。
ただ、知識として知っていることは大切だと思います。

今年度の勉強会は無事終了しました。
これでやっと函館支部、2年目が終わりました。
これも一重に応援してくださった方や
勉強会に参加してくださった方々のおかげと思っております。

来年度も、どんな方でも気軽に
参加できる勉強会を目指します。
そして一緒に切磋琢磨できるような内容を
提供できればと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

イタリアマスターコースに参加した方々、お疲れ様でした。
素晴らしい意識経験をなさってきたと思います。
ぜひ、今後ともよろしくお願いいたします。

  
 

題名:Re: 函館支部 3月勉強会 他重要連絡  名前:函館事務 2014/03/28(金) 21:57 No.746  操作

あっ、よくよく考え直したら、函館支部の勉強会が始まって今年度で3年目でした。4月からなんと四年目に突入です(o^^o)
四年目も宜しくお願い致します。



題名:2014マスターコース  名前:ERI KIMURA 2014/03/27(木) 01:52 No.744  操作


744の画像を原寸大表示します お疲れ様です。脳神経外科おたる港南クリニック・ST木村です。

2014年マスターコースを無事受講し、認知運動療法士の称号を得られました。

今回の私日程は3月15日〜3月24日の10日間の日程で行ってきました。
PISAでの小児見学から始まり、サントルソでの見学(1日目上下肢の機能訓練 2日目言語の機能訓練)、3日間講義を受けてきました。


私はマスターコース募集の時点で『可能であれば、言語の機能訓練を見学したい』と学会にお願いしたところ、見学が可能となりました。
また現地についてからは、最終日に言語(失語症)について講義も日程に組み込まれており、大変勉強になりました。

見学の感想は、患者様の機能回復への意識の高さに驚き、治療の質の高さを目の当たりにしてきました。
今までの自分の臨床のあり方を反省し、『少しでもこの治療技術を習得し、いけるところまでいってやるぞ!』という覚悟がつきました。

講義の感想は、失語症の治療はもちろん、認知運動療法から行為間比較へシフトしている流れや、新しい道具を使った治療の提示など、本当に行ってよかったです。


コース中はたくさんの先生(受講生)とお話をしたり、考えたり出来たことは、今後の臨床での、思考の引き出しを増やしてもらった気がします。
また片言ながらも、患者さんやサントルソの研修生と交流でき、いい経験になりました。
道内からは13名参加していたこともあり、北海道の新マスターの強い団結心も得られた思います。
今後も一緒に頑張っていきたいなと思いました。(よろしくお願いいたします。)


イタリアまで行くのは色々悩むかとは思いますが、百聞は一見に如かずです。


今後マスターコースを予定の方は、イタリア語を少し勉強していくと、より学びが深まるかと思います。
通訳には限度があります。観光では英語は若干通じますが、見学時、グループワーク時はイタリア語でやり取りができないと、何となくこうだろうな...的な解釈になってしまいます。

以上マスターコースについて記載させていただきました。

認知運動療法士
木村 絵梨



題名:マスターコースが終了しました。  名前:TAKAMI 2014/03/26(水) 22:23 No.742  操作


742の画像を原寸大表示します 皆様、お疲れ様です。
パウロ病院の高見です。

先日開催されましたマスターコースが、無事に修了いたしました。
これで認知運動療法士の名称を取得することになりました。

マスターコースを受講してみてまだまだ勉強不足なところや、
実際の訓練場面を見て正直ショックを受けております。
ここまで奥が深く厳密なものなのかと、ある程度覚悟はしていたものの圧倒されました。

マスターコースを受講してみた感想は
「行ってみて良かった」と、「行ってみないとわからない」ということです。
漠然としておりますが、行ってみる価値はあるかと思います。

お休みの都合や金銭的にも難しいところもあると思います。
また、自分ではまだ不十分だと思うことがあるかと思います。
しかし、コースを受講して刺激を受けることや、他の受講生とつながり仲間ができることで
その後の取り組み方やサポートが大きく変わってくると思います。

私もまだまだ不十分だらけですか、少しずつ自分のペースで臨床に活かしていきたいと思います。
一緒に北海道を盛り上げていきましょう!!

今回、私は観光・移動を含め10日間で組みました。
代理店を介さずに航空券・ホテル、ツアーなどすべて自分で手配しました。
もし、マスターコースに興味があり、気になることがあれば支部勉強会の時にでも気軽に声をかけてください。

新札幌パウロ病院
認知運動療法士 高見 宏祥



題名:旭川支部 定期勉強会のご案内  名前:旭川支部事務局 2014/02/13(木) 08:45 No.717  操作


いつもお世話になっております。
北海道認知神経リハビリテーション研究会 旭川支部の伊藤翼です。

今月も旭川支部勉強会を開催する運びとなりましたのでお知らせ致します。

【テーマ】
「認知神経リハビリテーションを日常訓練に活かすコツ」

認知神経リハビリテーションという理論・治療法は
対象者の評価や、行為の回復を促すうえで
非常に有効なツールとなります。

しかしながら
認知神経リハの勉強や、脳科学の勉強をしていても
臨床で実践するのは なかなか難しい。。。

私がこれらの勉強した当初は
いつも、このように感じていました。

そう、臨床で認知神経リハを実践するには
脳科学や講習会での知識だけでは難しかったのです。

評価が大事。治療も大事なのは分かっているのです。
それでも実践できない。

それには理由があったのです。

臨床で実践していくために重要なことは
「評価」「治療」の2つを結びつける“思考の架け橋”なのです。

今回の勉強会では
もともと認知神経リハを実践できずにいた旭川支部長の伊藤が
この臨床実践への近道“思考の架け橋”について講義・実技をさせていただきます。

実践できなかった伊藤が
実践できるようになったノウハウを
わかりやすく、楽しく講習していきたいと思います。

今回は、募集人数を12名として
講義や実技での疑問や質問への回答を
充実させていきたいと思います。

はじめて参加される方、初学者の方も大歓迎です!
必ず、知識・技術を向上できるよう講習会を致します。

それでは
お時間のご都合のつく方は
是非ともご参加ください。


テーマ:「認知神経リハビリテーションを日常訓練に活かすコツ」
講師:伊藤翼(旭川三愛病院)
日時:2月24日(月)
時間:18時30分〜20時30分
会場:旭川三愛病院 3階 リハビリセンター
   (必ず裏の職員玄関から入ってきてください)
参加費:100円
定員:12名(先着順)

※OTの方は日本OT協会の生涯教育制度の1ポイントが認定されます。

資料作成部数と会場調整がありますので参加者はご連絡ください。
参加希望者は当ホームページTop pageよりお申し込み下さい。
その他のお問い合わせは下記のアドレスまでご連絡下さい。
アドレス:etch.asahikawa@gmail.com

こちらからも申込み可能です。
http://kokucheese.com/event/index/147584/


  
 

題名:Re: 旭川支部 定期勉強会のご案内(追伸) 
名前:旭川支部事務局 2014/02/27(木) 09:51 No.720  操作


誠に勝手ながら
発表者の体調不良により
勉強会の開催を下記のように
変更させていただきます。

2月24日→3月4日

みなさまには大変ご迷惑をおかけしますが
何卒、よろしくお願い致します。

  
 

題名:定期勉強会 開催報告  名前:旭川支部 伊藤翼 2014/03/05(水) 11:04 No.727  操作

参加してくださった先生方
そして、運営スタッフの皆さん
先日の定期勉強会お疲れ様でした。

今回は、日にちを変更させてもらったのにも関わらず
参加してくださったことを感謝します。

さて、勉強会の様子はというと
皆さん集中して参加されていて
講師としては非常に嬉しく思いました!
(写真を取り忘れたことを後悔してます^^;)

しかし
認知の理論的な要素を
実際の訓練に活かす過程において
難しいという感想も聞かれました。

私としても難しいものだと思います。
ですが、それでいいのだとも思いました。

ひとつでも治療に活きる知識を身につけ
治療していこうと思える意欲が沸くこと

これを感じてもらえれば
次の学習へと繋がっていくのです。

「ローマは一日にして成らず」

多くの頼りになる仲間と共に
これからも成長していきたいですね!

みなさん
おつかれさまでした!!

  
 

題名:Re: 旭川支部 定期勉強会のご案内  名前:Fuji 2014/03/05(水) 15:34 No.728  操作

伊藤先生
昨日は貴重なご講義ありがとうございました。大変勉強になりました。連想力、想像力を思考の架け橋にする話や患者さんの内面を捉えるためのメタファーを使った表現非常にわかりやすかったです。
今後ともドラクエのように、助けあい学びを深めていきましょう。



題名:2月札幌支部勉強会報告  名前:和泉裕斗 2014/03/02(日) 14:56 No.724  操作


今回初めて発表させて頂きました。

認知神経リハビリテーションの実践という題でお話を頂きました。
正直私は小児という分野で、皆様の臨床に何をお返しできるかとても悩みました。

私も一度原点から考え直すことで、『注意』という認知過程の重要性を整理することができました。

また、実技を通して参加して頂いた先生方と臨床の実際についてお話をすることができ、私自身も大変勉強になりました。
明日からの臨床も皆様と一緒に頑張りたいと思います。
ありがとうございました。

  
 

題名:Re: 2月札幌支部勉強会報告  名前:木村 由華 2014/03/03(月) 22:19 No.726  操作

和泉先生発表お疲れさまでした。
先生のお話を聞いて、「注意」の重要性を再認識しました。私は高齢者領域で働いていますが、先生のお話は高齢者領域にも通じるものだと思いました。先生のお話を参考に臨床を展開していきたいと思います。勉強会、お疲れさまでした。



題名:2月札幌支部勉強会開催報告  名前:新田麻美 2014/02/28(金) 02:23 No.721  操作


721の画像を原寸大表示します 認知運動療法士の思考、第2弾!
認知神経リハビリテーションの実践。という内容で発表させていただきました。
今回、私は中枢分野を担当し、主に歩行について初期評価〜訓練の実施までを、思考の経過とともにまとめさせていただきました。
外部観察からの分析。そこに内部観察という視点が加わることで、また一つ違った視点から患者さんの歩行というものを考えるきっかけとなる。そんなところに、認知神経リハの面白さを感じています。
また、実技の提示を通して、参加された方々と直接意見交換を行うこともでき有意義な時間を過ごさせていただきました。
短い時間ではありましたが、
ありがとうございました。
この経験を生かして、明日からも頑張ります!

  
 

題名:Re: 2月札幌支部勉強会開催報告  名前:MASAYA 2014/02/28(金) 23:00 No.722  操作

新田先生、和泉先生、昨日は札幌支部勉強会お疲れ様でした。
自分もPTで、今回成人中枢担当の新田先生の臨床での進め方やその時の考え方がすごく勉強になりました。
外部・内部観察から治療の難易度の設定や、そのフィードバックのかけ方から再評価まで教えて頂きました。
自分もその流れが汲めるように研鑚していきたいと思いました。
貴重な時間をありがとうございました。

  
 

題名:Re: 2月札幌支部勉強会開催報告  名前:竹中 準 2014/03/01(土) 09:33 No.723  操作

新田先生、和泉先生、事務局の方々、勉強会の準備と運営お疲れ様でした。
実際の症例に対して、どんなことを考えて認知神経リハビリテーションを実施しているか、その流れについて教えていただきました。
対象者に対して、どこから訓練を行うか、どんなことに注意を向けてもらうか、そのためにセラピストがどんな言語を用いるべきか、もっと細かく評価・配慮する必要があることを改めて感じました。
実技を通した研修会だと、自分が理解していることと理解していないことが整理され、非常に勉強になります。
貴重な時間をありがとうございました。
今後もよろしくお願い致します。


[現行ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55]
[過去ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]
以下のフォームから自分の記事を修正/削除できます [説明]

処理:  記事No:  パスワード:


今日: 3
08/23 (金) 3
08/22 (木) 1
08/21 (水) 6
08/20 (火) 3
08/19 (月) 3
08/18 () 2
08/17 () 3
合計: 58152

- aimix-BBS無料レンタル掲示板 [掲示板の作成はこちら] -

script - Kent-web