北海道認知神経リハビリテーション研究会 掲示板

このエントリーをはてなブックマークに追加

[表示切替]  [HOMEに戻る]  [留意事項]  [記事検索]  [携帯URL]  [管理用]
この掲示板は北海道にて認知運動療法を実践するセラピストのため開設されております。
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP

名前
メール
題名
本文※必須
URL
添付FILE 上限500KB
パスワード 英数字で8文字以内(記事修正用)
文字色
画像認証
認証用数字  *   (画像の数字を入力して下さい)

題名:札幌支部定例勉強会開催(8月)のお知らせ 
名前:etch-jimukyoku 2014/08/11(月) 23:10 No.835  操作


北海道認知神経リハビリテーション研究会事務局です。
今月の札幌支部勉強会の開催が決まりましたのでお知らせ致します。

テーマ:基礎編シリーズ 認知神経リハの始め方?@基礎理論
☆主な内容☆
・認知神経リハとは何か?どのような理論・考え方があるのか?
・認知神経リハの訓練はどのようなもの?臨床場面ではどう展開するのか?
・認知課題を体験する(上肢の訓練/体幹への訓練/下肢への訓練)etc

今年度も始まり4ヶ月が過ぎました。
各施設の新人スタッフは仕事に慣れ、先輩から後輩へといろいろな知識や情報を伝えられているかと思います。
その流れのなかで、治療介入の方法論として認知神経リハの考え方に興味を持っている方はいらっしゃいませんか??
この基礎シリーズは全3回1セットで認知神経リハの基礎理論・評価・訓練を学んでいく初学者向けの企画です。
当日は基本的な座学に加えて実技演習も行います。
初学者のみならず、基礎から学び直したい方にもオススメの企画となっております。
認知神経リハの考え方を見聞き・体験し、臨床実践へのヒントを得たい方は是非ご参加下さい。
今回対象は問いません。是非まわりの同僚の方やお友達もお誘いのうえお申し込み下さい。

開催日時:平成26年08月28日(木)19:00〜21:00(受付 18:30〜)
開催場所:医療法人明日佳 札幌宮の沢脳神経外科病院4階リハビリ室(札幌市西区西町南20丁目1番30号)
定員:25名(先着順)
募集開始:平成24年8月8日12時より
申込:ホームページ上の専用フォームより
費用:200円(会場使用料+資料代として)
講師:高橋秀和(作業療法士/認知運動療法士/札幌宮の沢脳神経外科病院)

※OTの方はこの勉強会で日本作業療法士協会の生涯教育制度における基礎コース1ポイントが認定されます。

  
 

題名:Re: 札幌支部定例勉強会開催(8月)のお知らせ 
名前:etch-jimukyoku 2014/08/11(月) 23:12 No.836  操作


いつもお世話になっております。ETCH事務局です。
札幌支部勉強会は募集開始して早々に定員まで残り僅かです。
参加を希望される方は、お早めにお申し込み下さい。

  
 

題名:Re: 札幌支部定例勉強会開催(8月)のお知らせ 
名前:etch-jimukyoku 2014/08/14(木) 18:35 No.840  操作


いつもお世話になっております。ETCH事務局です。
8月の札幌支部勉強会ですが、より多くの方に、学んで頂きたいということで、僅かですが定員を増席させて頂きました。
追加定員は先着で5名様です。
申込〆切は8月18日(月)17時迄となっておりますので、興味のある方はお早めに当ホームページ専用フォームよりお申込み下さい。

次回テーマは“基礎編シリーズ 認知神経リハの始め方?A評価&観察”
開催日時は2014年9月18日(木)を予定しています。

  
 

題名:Re: 札幌支部定例勉強会開催(8月)のお知らせ 
名前:etch-jimukyoku 2014/08/15(金) 18:03 No.841  操作


いつもお世話になっております。ETCH事務局です。
8月の札幌支部勉強会ですが、追加募集も含め定員に達した為、受付を終了致しました。
これ以降はキャンセル待ちとなりますので、宜しくお願い致します。



題名:函館支部 8月勉強会のお知らせ   名前:函館支部事務局 2014/08/12(火) 22:21 No.838  操作


改めて通常の定例勉強会の案内としてご連絡いたします。

現在連続で皆さんと一緒に勉強しているテーマは『片麻痺』です。
今月は片麻痺の認知神経リハビリテーションの視点や治療方略について勉強しましょう!
9月は実際の2ヵ月間の勉強を踏まえて函館支部スタッフによる実技練習を開催します。

また、先日行われた札幌での北海道ベーシックコースに参加された
道南のセラピストが多数いらっしゃいました。
あれから数週間経ち、ある程度の理論や訓練は分ったけど実際の臨床で
どう生かしていいか分らない、具体的に何をどうすれば良いか分らない、
うまく行かない ということがないでしょうか?

今回は通常の勉強会の内容に加えて実際の症例を元に
観察から訓練構築までの流れをご説明します。
また、外部観察や内部観察の方法を実際に実技形式で
練習をする時間を設けます。
実際、その症例にどのような訓練を実施したかまでご説明します。
9月の勉強会で実際にその訓練を皆さんと実技練習をしましょう!

【テーマ】
?@『片麻痺』 第2部:片麻痺の認知神経リハビリテーションの視点や治療方略
講師:函館西堀病院 理学療法士 渡邉友章氏

?A『臨床での一連の流れ:観察から訓練構築まで』
 講師:函館稜北病院 理学療法士 菅原紘子氏
                                             
■開催日時:平成26年8月25日(月曜日)
 18時30分から2時間半程度
■場所:函館稜北病院 1F リハビリテーション室
■駐車場:無料 
■参加費:100円 (資料代として)
■定員:40名
■締切:平成26年8月23日(土曜日) 23:00
■申し込み方法
北海道研究会ホームページ:トップページの勉強会申し込みアイコンの
函館へアクセスして、そこからお申込みください。
http://etch.eco.coocan.jp/

この勉強会ですべてをお伝えすることは難しいですが、
臨床で実践する上での突破口になれるように一緒に勉強しませんか?
少しずつでも、長く一緒に勉強出来る仲間が増えることをスタッフ一同願っております。宜しくお願いします。




題名:第22回十勝支部勉強会のお知らせ  名前:ETCH-o nakajima 2014/07/21(月) 20:15 No.804  操作


7月の十勝支部勉強会のお知らせをさせていただきます。

今月は、5月から延期となっていた「ETCH特別勉強会伝達会〜行為間比較療法について〜」というテーマで行う予定です。
今月は私が参加するETCH特別勉強会の伝達を中心に行いたいと考えております。
現在のイタリアの臨床は認知神経リハビリテーションという考え方から行為間比較療法という新たな理論へ移り変わってきています。
今回はその変遷について学び、行為間比較療法とは一体なんなのか、そして臨床にどのように取り込んでいくべきかについて、学んだことを伝達させていただきたいと考えております。
もちろん初学者の方も初めての方も大歓迎です!興味のある先生方は是非ご参加をお願い致します。

皆様の参加をお待ちしております。


講 師:中島裕介 (十勝リハビリテーションセンター 理学療法士)

テーマ:「ETCH特別勉強会伝達会〜行為間比較療法について〜」

日 時:7月24日(木) → 8月8日(金)  19:00〜20:30

会 場:帯広協立病院 1F 作業療法室 

参加費:100円(資料代として)

定 員:10名(先着順)

※OTの方はこの勉強会で日本作業療法士協会の生涯教育制度における基礎コース1ポイントが認定されます。
参加希望者は当ホームページよりお申し込み下さい。

※日程が変更となっております。開催は金曜日となります。

お忙しいかと思いますが皆様とともに学べることを楽しみにしております。


十勝リハビリテーションセンター 理学療法士 中島裕介

  
 

題名:第22回十勝支部勉強会日程変更のお知らせ 
名前:ETCH-o nakajima 2014/07/21(月) 20:13 No.808  操作


誠に勝手ながら、7月の勉強会の日程を以下のように変更させていただきます。

日 時:7月24日(木) → 8月8日(金)  19:00〜20:30

ご迷惑をおかけ致しますが、よろしくお願い致します。

  
 

題名:Re: 第22回十勝支部勉強会報告  名前:ETCH-o nakajima 2014/08/09(土) 21:24 No.832  操作

832の画像を原寸大表示します 延期となっていた7月分の勉強会は昨日無事終了致しました。
今回は、5月に行われた行為間比較療法についての情報の共有を中心に行いました。
自分自身、まだまだ解釈しきれていないところが多い内容ではありますが、
認知神経リハビリテーションの歴史からどうして行為間比較療法へ変遷していったのか、
そして、認知神経リハビリテーションと行為間比較療法の差異とは何なのかということについて伝達させていただきました。
参加者の皆様も難解に感じた点が多かったかと思いますが、
その中で各自から質問を受けディスカッションする機会を設けることができたため自分自身も整理し理解に繋がっていく会になったように感じます。

今月は8月にもう一回勉強会があるため、そちらの方でも同様にたくさんディスカッションし、有意義な時間を過ごせるようにしていきましょう!

今月もありがとうございました。



題名:認知運動療法ベーシックコース開催報告  名前:kimura.M 2014/07/22(火) 08:41 No.810  HomePage 操作


810の画像を原寸大表示します 「講師が情熱に溢れていて素敵です」
「臨床が創造的で自分も実践してみたい」
「学びが楽しすぎて3日では足りません!」

【認知運動療法ベーシックコース開催報告】

認知運動療法ベーシックコース
北海道会場が終了しました。

今回のコース受講者数は95名。

募集開始2日で
当初予定していた60名を満たし、

会場許容量都合のため
1週間後以降にいただいた
多くのお申込を
お断りいたしました。


そこまでして受講したい
セミナーの内容とは?

〇認知運動療法士による豊富な実践例

〇科学的根拠を示すための膨大な脳科学研究

〇治療のための厳密かつ繊細な観察

〇臨床展開するための様々な実技指導

学びを定着させるため
特別に構成された本コースは
学術と臨床が融合した
魅力あふれる展開となっており、

レベルの高い講師陣による講義は
臨床経験や所属するフィールドを問わず
多くの学びを得られるよう
工夫がなされておりました。


現状に決して満足することなく
行為の回復に挑み続けるには
強固な意志が必要です。

そしてそれは、
正しい選択をしたセラピストにのみ
宿る純粋で高潔な魂でもあります。

今という現状は
個々の判断と経験から
織りなされてきたものです。

これから向かう先にも
数多くの分岐点があり、

自らの経験を背景に
判断をしていきます。

そこで正しい判断が出来るためには
一方的な視点ではなく
様々な視点によるバランスが重要であり、

最終的には個人の魂に基づく
本能的なジャッジが下されます。


リハビリテーションの分岐点はここです。
あなたの選択した先で
お逢いできることを願っています。

木村正剛

  
 

題名:Re: 認知運動療法ベーシックコース開催報告 
名前:Takami 2014/07/23(水) 23:42 No.811  操作


ベーシックコース受講生の皆様、3日間お疲れ様でした。

私個人としても、
実技や訪問リハビリの実践を報告させていただき、
何かと至らない点もありましたが
とてもいい経験になりました。

3日間で色々な情報が詰め込まれて
整理する事が大変かもしれませんが
充実した内容だったと思います。

ただ、ここからが始まりなのかもしれません。
ここで踏みとどまるか・・
新たに一歩踏み出すのか・・
これは運営側にも問われる課題でもあると思います。

認知神経リハビリテーションにマニュアルはない。
クライアントの想いに挑戦し続けること
試してみて、検証する事の繰り返しは
とても心の折れる事です。

セラピストとして行為をどのように変えていくか
これからも皆さんとディスカッションしたいと思いますので
今後ともよろしくお願いいたします。

高見宏祥

  
 

題名:Re: 認知運動療法ベーシックコース開催報告 
名前:YuKa KiMuRa 2014/07/23(水) 23:41 No.812  操作


ベーシックコースを受講した皆様、お疲れさまでした。

盛りだくさんの内容だったので知識の整理が大変だと思います。
私が初めてベーシックコースを受講した時、難しいと思いました。

言葉や考え方ももちろん難しかったのですが、一番難しいと思ったのは決まった手順がないからです。
つまり、
これこれの疾患に対してはこの道具を使う
この症状にはこの道具を使う
この道具を使う時はこのように質問をする
・・・等、いわゆるハウツーがないのです。

では、難しいと思うのになぜ続けているのか?
それは、治りたいと願い、病と必死に闘う患者さんと一緒に、闘いたいからです。

ベーシックコースを3日間受講して臨床に帰って、認知神経リハビリテーションを展開しようとしたとき、おそらくこう思うでしょう。

“自分のしていることは本当に正しいのか?”

と。

でも、恐れないでください。立ち止まらないでください。
迷った時は、勉強会に参加しましょう。そこには、志を同じくする仲間がいます。相談してください。きっと、助言が新たな武器となるはずです。

これからも病と闘う患者さんと一緒に闘うためにみなさんと学んでいきたいと思います。矢尽き、刀折れることもあるでしょう。それでも、あきらめなければ、必ず突破口を見つけることができるはずです。これからも、一緒にがんばりましょう。

木村 由華

  
 

題名:運営後記  名前:伊藤翼 2014/07/24(木) 16:33 No.813  操作

3日間のベーシックコースを終え
みなさんは何を感じ、今後どのように行動するのでしょうか?

私は今、たくさんの頼もしい仲間がいることの再確認と
理事やスタッフの知識や技術の高さに刺激され
もっともっと勉強し、自己を高めていきたいという
高揚した気分です。

今考えれば、認知運動療法を知ったときは
がむしゃらに患者さんに治療していたように思えます。
それは、本当に雑なもので
恥ずかしくて、謝罪したい気持ちもあります。

認知運動療法を知れば知るほどに
丁寧に観察し、患者さんに触れるようになりました。
知識としても、ベーシックコースのような
素晴らしい先生方に講義していただくことで
身についてきたように感じます。

これからは、私が得た知識や技術を
地域で広めていき
少しでも患者さんへ貢献できるように
頑張っていきたいと思いました。

是非皆さんも、知識を知っただけではなく
アウトプットをして、その知識をより深めていただきたいと思います。

そして最後になりましたが
コーディネーターの木村理事をはじめ
今回講義をしていただいた理事の先生方や
補助講師として症例発表をした先生
また、運営に関わった全てのスタッフの先生方。
本当にお疲れ様でした。

皆さんと一緒に
こんなに素晴らしいコースを作り上げていけたことを
誇りに思います。

  
 

題名:Re: 認知運動療法ベーシックコース開催報告 
名前:Ryosuke Fujihashi 2014/07/25(金) 20:04 No.816  操作


この三日間で、みなさんは何を感じたでしょうか。
認知運動療法の面白さ、難しさ、深さ、、、。
人それぞれいろいろな感情を抱いていただいたと思いますが、
私の感情は、安心感でした。

日本にはまだこんなに人を変えられるセラピストがいる。まだこんなに変わりたいと思うセラピストがいる。
そして、自分もその一人であることの喜びを感じました。

たとえ違った思考や方法を取り入れたとしても、セラピストとして自分に何ができるかということをどん欲に取り入れていこうとする行動はいつまでも持ち続けてゆきたいと思います。

講師の先生、スタッフ、受講者の皆様、本当にありがとうございました。

  
 

題名:運営後記  名前:Yuto Fujishima 2014/07/26(土) 11:43 No.817  操作

受講生の皆様3日間、お疲れ様でした。
私は、3日間ビデオと写真を撮っていましたが、皆さんの真剣な眼差し、目の前のクライアントをどうにかしたい、何か臨床のヒントを得て臨床を変化させたいという思いがひしひしと伝わってきました。

何を学び、何を感じ、今後どのようにアクションを起こすのかは皆さんによります。各支部に認知運動療法を実践しているセラピストがいますので、今後も一緒にいろいろなことを学んでいけたらと思います。

講師の先生、スタッフ、受講生の皆様、本当にありがとうございました。

  
 

題名:運営後記  名前:keisuke kojima 2014/07/26(土) 12:38 No.818  操作

受講された方、お疲れ様でした。

何か得たものはあったでしょうか?
臨床で使える知識、技術は身についたでしょうか?
明日から臨床を変化させることが出来ますか?

3日間と長いコース日程となっておりますが、3日間出席したからといって、臨床に劇的な変化をもたらすのは、もしかしたら難しいかもしれません。継続して、追求していく姿勢が必要になります。
継続して学んでいくことで臨床が変化することはコースの症例の動画で目の当たりにしたと思います。

学んでいくための機会として毎月勉強会を一回開催しておりますので、そちらの方に参加してみてください。

何か得るものが必ずあると思います。

今後も対象者の行為を改善させるためにがんはりましょう。

  
 

題名:Re: 認知運動療法ベーシックコース開催報告 
名前:Hiroaki.Tokusa 2014/07/26(土) 13:38 No.819  操作


受講生の皆様、運営スタッフの皆様、本当にお疲れ様でした。
互いに実りのある3日間でした。
クライアントに対して諦めない気持ちこそが、今後のリハビリテーションを支えていく上で最も大切ですね。

自分の親や兄妹、友人や大切な人が病気になった時、直接リハビリを行うことは僕たちには難しいのが実際です。
お見舞いにいった際に、リハビリやってるの?どんなリハビリやってるの?きちんとやってるの?など思ったことは多いのではないでしょうか?

そんな時、自分たち仲間が多くの学びを共有していれば、あの病院には一生懸命患者さんに向き合うセラピストがいるから大丈夫、安心など思える同士がいれば大切な人を任せることが出来るかもしれません、これが僕の小さな目標でもあります。

皆さんで一緒に学びを深めて、色々な臨床の話しができるようになれればと思います。
今後も研究会では多くの勉強会等を企画運営していきますので、ご参加お待ちしております!

苫小牧日翔病院
認定作業療法士 木賊 弘明

  
 

題名:Re: 認知運動療法ベーシックコース開催報告 
名前:新田麻美 2014/07/27(日) 18:28 No.820  操作


参加された受講生の皆さん、運営スタッフの皆さん
3日間のコースお疲れ様でした。

認知運動療法の理論、根拠、実践と非常に内容の濃い3日間でした。

私が初めてベーシックを受講したときは、
「非常に難解、臨床で実践するのは難しい・・」といった感想をもったと同時に、
今までの知識、自分の常識をまったく別の視点から見ているような・・すごく衝撃を受けたのを覚えています。
勉強を続けると、「視点が増える!見え方がかわる!」
そして、仕事が、臨床時間が楽しくなりました!!

今回のコースが、受講した方にとって少しでもプラスとなり、
目の前の患者さんの行為がかわる!
今後の臨床が楽しくなる!!

そんな衝撃を共有できることを願っています。
今後も頑張っていきましょう。





  
 

題名:Re: 認知運動療法ベーシックコース開催報告 
名前:S.Ueda 2014/07/28(月) 17:42 No.821  操作


受講生のみなさん、運営スタッフのみなさん、三日間お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

認知神経リハに初めて触れた受講生のみなさんにとって、どのような三日間だったでしょうか?
何か新しい物を得て終えることができましたか?
翌日からの臨床で、何か変化は生まれていますか?

今回のコースに参加された方の中には、消化不良に陥ってしまった方もいるかもしれません。
むしろ、あの情報量の講義を全て理解し、処理できたセラピストが、あの会場に何人いたのでしょうか?

私は今回、運営スタッフという立場からコースに参加させていただきました。
運営サイドという視点からコースを目にすることで、受講生の真剣さ、講師の先生方の様々なスキルの高さに、これまで以上に圧倒される三日間となりました。

私自身、運営スタッフとはいっても、まだまだ勉強中の身です。
この先、今回のベーシックコースに参加された方と、支部の勉強会やもっと大きな学びの場で再会し、お互いに学びを共有できることを楽しみにしています。

  
 

題名:Re: 認知運動療法ベーシックコース開催報告 
名前:Eri Kimura 2014/07/29(火) 01:50 No.824  操作


受講生の皆様、運営スタッフのみなさま、ベーシックコースお疲れ様でした。

たくさんの出会いと学びをありがとうございました。
感謝しております。


余談ですが、私が認知神経リハビリテーションを学んでよかったなと思えた事は、自分が患者様と同じ状態になったとき受けたい治療に出会えたことです。


何においても自分がされて嫌なことは、人にはできないとおもいます。

私が治療に悩んだとき、いつも自分だったらどんなふうにしてもらいたいかを考えます。

そしてセラピストの限界が、患者様の機能回復の限界ではないと、いつも思うようにしてます。

治療してて、頭悩ませて、考えて、もう正直いや!と思うことはありますが、それでも継続できるのは、この治療が好きだからだけではなく、受講生の皆様の思いや、一緒に勉強している認知運動療法士の先生がいつも近くで感じられるからだと思います。


今回受講した皆様にとって、素晴らしい意識経験になること願ってます。

※なおSTの先生はコース中、実技で上肢・下肢など運動を理解するのが大変だったかと思います。
継続して勉強されたい先生がおりましたら、出来る限り、STとしてインプットしやすい情報や学びの場を作りたいと考えております。
いつでもご連絡ください。

  
 

題名:運営後記  名前:菅原紘子 2014/07/29(火) 19:10 No.826  操作

講師の先生方、受講生の皆さん、運営スタッフの皆さん3日間お疲れ様でした。
ぎゅっと詰め込まれた、内容の濃い3日間だったと思います。

私自身、今回で4回目のベーシックコース参加になりました。
毎回毎回自分自身の知識の整理や、新たな視点の学習につながり学びの大きいコースになっています。
また、コースに参加した皆さんと日頃の臨床のお話も出来、自分自身のモチベーションをアップさせる機会にもなっています。

初めてコースに参加した時は今までの臨床感が大きく変化し、衝撃をうけて帰ってきました。それから現在までたくさんの方に教えてもらいながら勉強を継続出来ています。

認知をはじめた事で患者さんに以前よりも寄り添えている実感を日々感じています。そうする事で臨床が以前よりも、とても面白い場所となっています。

このコースをきっかけに、一緒に学んでいける方々がさらに増えていけばいいなと思っています。


     函館稜北病院 菅原紘子

  
 

題名:運営後記  名前:Y.Nakajima 2014/07/31(木) 22:14 No.828  操作

ベーシックが終了してから早くも半月が経ちます。
受講された皆様はその後何か新しい発見はありましたか?

記載が遅くなってしまったため、少しずつ記憶も薄れつつありますが、
私の周りでは非常に嬉しい変化が起きています。
それは、職場の後輩が今回学んだことを実践し、今までと異なる視点でディスカッションが行えるようになったことです。
今まで十勝では認知の話をする方はかなり限られていましたが、少しずつ仲間が増えてきていることに嬉しさと心強さを感じています。
それと同時に、自分自身の力量への不安も感じています。

今回は実技の担当をさせていただいた中で、おそらく一番自分自身が勉強になったことが多いと感じています。
更なる情報の共有と実践を行っていくためには、私自身が更に研鑽を積む必要があると感じました。
そのため、自分自身に新たな課題を見つけることができたと感じています。

私から見た今回の受講生は例年と比較し、積極的に質問をされる方が非常に多いことやその質問内容の質の高さに驚かされました。
その点に関しても非常に良い刺激をいただくことができました。

これから先、同じ道を歩んでいく皆様と内容の濃いディスカッションが行えることを楽しみにしています。
もしよければ、是非十勝支部の勉強会へも遊びにきて下さいね。

十勝リハビリテーションセンター
理学療法士 中島裕介

  
 

題名:Re: 認知運動療法ベーシックコース開催報告 
名前:Hidekazu Takahashi 2014/08/06(水) 23:19 No.829  操作


ベーシックコース受講お疲れさまです。
この3日間は皆さんにとって、どんな時間でしたか?
講師の先生方の話を聞いていて、臨床の現場にこんなにも熱い思いで患者様と向かいあっている先生方いるんだ!自分も頑張ろう!と思いませんでしたか?
運営スタッフとして参加している私は毎年この季節この時期にやる気と熱意をもらっています。笑
そして毎回真剣な眼差しで講義を聞いている受講生の皆様を見て、心強さと負けたくない!という気持ちに駆られます。

実際講義を受けて自分の知識不足を感じたかもしれません。
明日からどうしようと不安を覚えた方もいたかもしれません。

はじめは私も感じました。
そんな中でも、少しでも得られたヒントや気づきがあると思います。
まずは、その部分をベースに少しづつでも興味関心を広げていって下さい。

北海道には各地域で勉強会を定期的に開催しています。
是非お時間に都合がつくようであれば、勉強会にもご参加下さい。



題名:旭川支部 7月の定期勉強会のご案内  名前:伊藤翼 2014/07/10(木) 05:17 No.806  操作


旭川支部勉強会のお知らせ (7月)


いつもお世話になっております。
北海道認知神経リハビリテーション研究会 旭川支部の伊藤翼です。

今月も旭川支部勉強会を開催する運びとなりましたのでお知らせ致します。

【テーマ】
「特異的病理について」

患者さんは現在、不思議な世界を体験しています。

意思とは無関係に力の入りすぎる身体
特定のパターン化された運動
滑らかで巧みに動かすことのできない身体

そのような患者さんの世界を
認知神経リハビリテーションでは
4つの状態に分けて、観察を深めていきます。

『伸張反射の異常』
『放散反応』
『原始的運動スキーマ』
『運動単位の動員異常』


これらの観察を知ることで
患者さんの見え方は広がることになります。

多面的に観察できることは
必ず、治療に良い影響を与えます。

あなたの治療は
患者さんを笑顔にして
充実した生活へと導く力があります。

4つの観察の視点に
興味のある方は、講習会にご参加ください。



テーマ:「特異的病理について」
講師:村上 陽一(旭川三愛病院)
日時:7月28日(月)
時間:18時30分〜20時30分
会場:旭川三愛病院 3階 リハビリセンター
   (必ず裏の職員玄関から入ってきてください)
参加費:100円
定員:12名(先着順)

※OTの方は日本OT協会の生涯教育制度の1ポイントが認定されます。

資料作成部数と会場調整がありますので参加者はご連絡ください。
参加希望者は当ホームページTop pageよりお申し込み下さい。
http://etch.eco.coocan.jp/

その他のお問い合わせは下記のアドレスまでご連絡下さい。
アドレス:etch.venice@gmail.com

  
 

題名:7月定期勉強会報告  名前:伊藤翼 2014/07/31(木) 06:43 No.827  操作

827の画像を原寸大表示します 今回は村上先生に
特異的な運動の異常についてお話していただきました。

いままでの特異的病理という言葉ではなく
少し修正を加えた話に
とても納得がいきました。

また、講習会の後半には
実技もあり
対象者の上肢の持ち方や
操作の仕方などを経験することができました。

基本に還り
被験者からフィードバックを貰うことで
丁寧な操作や、そこから得られる情報の汲み取りに
磨きがかかったように感じます。

ご参加くださった先生方
ありがとうございました!



題名:函館支部7月勉強会 終了報告  名前:函館支部 事務局 2014/07/29(火) 11:02 No.825  操作


825の画像を原寸大表示します 皆さんお疲れ様でした。今回は新テーマとなる「片麻痺」の第一回目の勉強会ということで、片麻痺の特異的病理など基礎的な内容の復習を中心に皆さんと知識を再確認することができました。
実際に症例動画を流し、皆さんと特異的病理の観察や治療などについてのディスカッションを行いました。
今回は外部観察が中心となりましたが、次回は認知神経リハビリテーションの視点から片麻痺を捉え、内部観察をもとに患者さんがどのように行為をしているのかを理解できるようなテーマにしたいと思っております。
次回もまた皆さんと一緒に勉強しましょう。



題名:札幌支部勉強会開催報告  名前:takahashi.H 2014/07/25(金) 08:05 No.814  操作


814の画像を原寸大表示します 認知運動療法ベーッシックコース開催直後の地域勉強会
札幌支部勉強会が昨夜開催されました。
テーマは『臨床実践の定着と強化』
認知神経リハを学び始め、実践導入を進めていくうえで個々人が抱く不安や疑問を丁寧に解決していける時間を設けようと思い、フリースタイルで実技の練習を行いました。
今回は6つの訓練課題の指導を当札幌支部運営スタッフに依頼し、参加者の皆さんにも自分が興味関心を抱いて、学んでいきたい課題を選択してもらいながら自由にお時間を使って頂きました。

訓練内容の概要説明を受け資料にメモをとる方。
指導者と共に訓練の実践を体験する方。
症例相談を踏まえ訓練の考案を受ける方。

2時間という限られた時間のなかで、各々貴重な体験が出来たのではないかと思っています。
是非、今回の経験を踏まえ今日からの臨床に活かしてもらえればと思います。また勉強会を踏まえてクライアントのリアクションはどうだったのか?
いろんな感想や意見を持ってまた当勉強会へ顔を出して下さることを心よりお待ちしております。

  
 

題名:Re: 札幌支部勉強会開催報告  名前:竹中 準 2014/07/25(金) 12:42 No.815  操作

札幌支部勉強会に参加させていただきました。

数セッションの実技を自由にまわるスタイルであったため、各自が勉強したい内容について講師の先生方に聞くことができました。
普段の勉強会では聞けない密な話を聞けたことや、マンツーマンで実技の指導をいただく時間もあり、大変有意義な時間でした。
訓練方法や知識が曖昧な点についてじっくりと聞くことができ、現在できていること・できていないことを整理するきっかけとなったと思います。
明日からの臨床に使える知識・技術を取り入れる貴重な機会であり、実技の勉強会を定期的に開催していただければと感じました。

運営・指導してくださった皆様、ありがとうございました。
今後とも、どうぞよろしくお願い致します。



題名:函館支部 7月勉強会のお知らせ  名前:函館支部 事務局 2014/07/13(日) 12:59 No.807  操作


今年度は3ヵ月を1セットとして同じテーマについて続けて開催しています。
より深く一つのテーマを勉強できるための企画です。

2つ目のテーマは『片麻痺』です。

7月は基礎的な片麻痺の捉え方の再考、
8月それを踏まえて片麻痺の認知神経リハビリテーションの視点や治療方略について、
9月は実際の2ヵ月間の勉強を踏まえて函館支部スタッフによる実技練習を開催します。

3回継続して参加していただければ、より深く一つのテーマを勉強出来ると思います。

【テーマ】

 『片麻痺』 第一部:片麻痺の捉え方の再考

 臨床上、リハビリ対象の多くが片麻痺患者さんです。今一度、片麻痺について過去から現在までどのような考え方をされて来たのかなどを中心に復習します。また症例のビデオを見て小グループで評価のディスカッションなどを実施予定です。さらに認知神経リハではどのような視点で観察をして行くかをこれから一緒に勉強して行きましょう。お気軽にご参加ください。

                            
■開催日時:平成26年7月28日(月曜日)

18時30分から1時間半程度

■場所:函館西堀病院 1F リハビリテーション室

■発表者:函館西堀病院 理学療法士 岡山龍一氏

■駐車場:無料 

■参加費:100円 (資料代として)

■定員:40名

■締切:平成26年7月26日(土曜日) 23:00

■申し込み方法

北海道研究会ホームページ:トップページの勉強会申し込みアイコンの函館へアクセスして、そこからお申込みください。

http://etch.eco.coocan.jp/

必ず個人個人でお申し込みをお願いします。
施設単位でのお申込みは受け付けておりません。

OTの方は日本作業療法協会生涯教育制度の基礎コース1ポイントが付与されます。

勉強会の参加申し込みを事前にして下さった方にポイントと交換できる用紙をお配りいたします。

20分以上遅刻した場合の配布は出来ません。


北海道認知神経リハビリテーション研究会 函館支部 
事務局 新開谷 



題名:胆振支部勉強会開催報告  名前:滝谷貴啓 2014/07/09(水) 08:42 No.805  操作


805の画像を原寸大表示します 7月度勉強会無事に終了しました。今回は22名の参加で内容は先月に引き続き、慢性疼痛についてでした。幻肢痛やCRPSの症例を通して痛みのメカニズムや具体的アプローチについて学ぶことができました。我々セラピストは脳科学の知見をもとに、より根拠のあるリハビリテーションを展開していくことが求められていると感じました。胆振支部は現在のメンバーでの活動は初年度でまだまだいたらない部分が多く、運営についてもこれからだと思います。
支部長にばかり負担をかけないように個人個人のスキルアップを第一目標に取り組んでいきたいと思います。
勉強会に参加して頂いた先生方、本当にありがとうございました。今後もよろしくお願いいたします。



題名:札幌支部勉強会開催のお知らせ  名前:etch-jimukyoku 2014/07/07(月) 07:57 No.803  操作


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   
  北海道認知神経リハビリテーション研究会
   http://etch.eco.coocan.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   
★―――――――――――――――――――――――
札幌支部勉強会(7月)開催のお知らせ
―――――――――――――――――――――――★

おはようございます。
北海道認知神経リハビリテーション研究会事務局です。

新年度を向かえ毎月満員御礼の人気勉強会♪
認知神経リハビリテーション札幌支部勉強会(7月)の開催が決まりましたのでお知らせ致します。

今月のテーマは↓↓
”臨床実践の定着と強化”

今回は認知運動療法ベーシックコース北海道が終了直後の勉強会の為、札幌近郊で活躍する認知運動療法士を講師陣にお招きして、ベーシックコースで行われた実技の振り返りを行います。

今回取り扱う訓練は↓↓
?@ポンテ&ラルケットを用いた上肢(アプローチ)への課題
?A表面性状&スティックを用いた上肢(把持・操作)への課題
?B五目板を用いた下肢(支持・到達)への課題(臥位)
?C傾斜板を用いた下肢(支持・到達)への課題(座位)
?Dスポンジを用いた下肢(推進・緩衝)への課題(立位)
?E不安定板を用いた体幹(支持)への課題(座位)
?F絵カードを用いた課題(行為の意味)

参加者の皆さんには、勉強会開催時間のなか各実技コーナーを自由に回って頂き、ご自分の臨床展開に必要な実技スキルをお好きに選んで学ぶことが出来ます。
1つの訓練をじっくり練習するのも良し☆
多くの訓練を復習するのも良し☆
ご自分の目的に合わせて、ご自由にお時間をお使い頂けます。

今年度も認知運動療法ベーシックコースは募集開始1週間も満たずに満員になりました。
コースに参加された方・コースに参加出来なかった方・過去に参加された方など、特に参加資格は設けておりませんので、是非お時間に都合がつく方がいれば、友人や同僚をお誘いのうえ、ご参加下さい。

尚、今回は勉強会開催後に食事会も企画しています。勉強会の中だけでは聞けないお話も出来るかと思いますので、そちらも是非お時間に都合がつく方がいれば、ご参加下さい。(詳細は参加者にのみ追ってお知らせ致します。)

開催日時:平成26年07月24日(木)19:00〜21:00(受付 18:30〜)
開催場所:医療法人明日佳 札幌宮の沢脳神経外科病院4階リハビリ室(札幌市西区西町南20丁目1番30号)
定員:24名(先着順)
募集開始:平成24年7月7日12時より
申込:ホームページ上の専用フォームより
費用:200円(会場使用料+資料代として)
講師:高橋秀和(作業療法士/認知運動療法士/札幌宮の沢脳神経外科病院)、ほか(札幌近郊の認知運動療法士)

***今後の予定***
【支部定例勉強会】
 札幌:7月7日
 旭川・胆振・函館・十勝など全道各地で勉強会開催中♪

【認知運動療法ベーシックコース北海道】
 7月19日(土)〜21日(月・祝)
 会場:札幌市教育文化会館
 テーマ:臨床で活きる魅力的なセラピストの思考展開とその根拠
 →過去6年、全ての開催が満員御礼の超人気セミナーです。

【認知神経リハビリテーション学術集会】
 日時:2014年8月30日(土)〜31日(日)
 会場:神奈川県立青少年センター
 テーマ:半側空間無視と失行症〜新たな理解への航海〜

**********************************************************************
  北海道認知神経リハビリテーション研究会
Home page:http://etch.eco.coocan.jp/
e-mail:etch.venice@gmail.com

**********************************************************************


[現行ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55]
[過去ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]
以下のフォームから自分の記事を修正/削除できます [説明]

処理:  記事No:  パスワード:


今日: 3
08/23 (金) 3
08/22 (木) 1
08/21 (水) 6
08/20 (火) 3
08/19 (月) 3
08/18 () 2
08/17 () 3
合計: 58152

- aimix-BBS無料レンタル掲示板 [掲示板の作成はこちら] -

script - Kent-web