北海道認知神経リハビリテーション研究会 掲示板

このエントリーをはてなブックマークに追加

[表示切替]  [HOMEに戻る]  [留意事項]  [記事検索]  [携帯URL]  [管理用]
この掲示板は北海道にて認知運動療法を実践するセラピストのため開設されております。
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP

名前
メール
題名
本文※必須
URL
添付FILE 上限500KB
パスワード 英数字で8文字以内(記事修正用)
文字色
画像認証
認証用数字  *   (画像の数字を入力して下さい)

題名:ETCHインフォメーション講習会開催のお知らせ 
名前:Kimura 2009/05/05(火) 22:32 No.88 


1. 日  時:平成21年5月24日(日) 13:00〜16:30
2. 会  場:北海道立子ども総合医療・療育センター 2階療育リハビリ室
       手稲区金山1条1丁目240番6号
3. テーマ:「認知運動療法インフォメーション講習会:認知運動療法の基礎と臨床」
4. 開催内容:@認知運動療法の基本理論:木村 正剛(北海道立子ども総合医療・療育センター)
       A症例提示:村上 陽一(旭川三愛病院)
       B実技講習:海老原 裕幸(介護老人保健施設みやびの森)
5. 参加費:1000円
6. 定  員:30名
7. 対  象:不問
8 申込締切:平成21年5月17日(日)
9. 申込先:北海道立子ども総合医療・療育センター 木村 正剛
  E-mail:etch.venice@gmail.com
  FAX:011-682-1399



題名:お疲れ様でした  名前:kawamura 2009/04/27(月) 08:25 No.80 


Accadmia&成人部門の勉強会、お疲れ様でした。職場を変え、やっと我が家にもネットをできる環境が整いました。アカデミアでは生野先生、木村先生をはじめ、たくさんの先生にお世話になりました。ありがとうございました。北海道の勉強会には参加できなく残念でした。次回は参加させていただこうと考えております。木村先生は相変わらず仕事が早いですね。気付いたらアカデミアの講義内容アップされてましたね。脱帽です。
  
 

題名:あと少し  名前:Kimura 2009/05/02(土) 22:01 No.83 

Accademiaのテープ起こしは鶴埜先生の講義をUpして一段落としたいと思います。明日中には完成させる予定ですのでもう少々お待ち下さい。参加したくても出来なかった先生方のためにも地味なサポートではありますが頑張りたいと思います。


題名:無題  名前:takahashi 2009/04/26(日) 18:38 No.79 


先日はお疲れ様でした。リンクも増え徐々に全国からも北海道の熱が確認されつつあるみたいですね!勉強会では拙い実技場面の披露でしたが、木村先生をはじめ参加した先生方からフィードバックを頂けたことで私個人としては非常に勉強になりました。今後も勉強会盛り上げて頑張っていきましょう!!
  
 

題名:実技披露感謝です。  名前:Kimura 2009/05/02(土) 21:57 No.82 

突然のお願いでしたが大変判り易く症例への介入を提示して頂きありがとうございました。やはり一人で悩むよりも多くの先生方と意見交流することが何より大事だなと痛感させられました。Home pageも多くの方に見ていただいておりますので、より有意義な情報を提供できるよう頑張りましょう!


題名:成人勉強会お疲れ様でした。  名前:Kimura 2009/04/26(日) 09:25 No.77 


今回の勉強会にご参加いただいた皆様、お疲れ様でした。今回はスポンジという差異を生み出す道具を使用しての介入について少しでも知見を共有できるよう配慮させていただきましたが如何だったでしょうか。これからも「明日の臨床を変える勉強会」をモットーに私自身研鑽していく所存ですので今後とも宜しくお願いいたします。
  
 

題名:Re: 成人勉強会お疲れ様でした。  名前:Ikeda 2009/04/26(日) 18:00 No.78 

 お疲れ様でした。初の勉強会の参加で少し緊張しましたが、みなさん気さくなかたたちばかりで楽しい勉強会でした。

 スポンジは臨床ではまだ使ったことなかったですが、スポンジをどのように使うのかやどのような言語を使うのかなど参考になりました。また実際にスポンジをあてられる体験をすることができて患者に使うときに気をつけなければいけないことなど気付くことができました。

僕自身3月のベーシックコースをきっかけに認知運動療法って素敵だなって思い、もっともっと勉強したいという意欲が湧きました。今後臨床でもいろいろ行っていけたらと思っています。まだまだ勉強したばかりでわからないことばかりですが、今後ともよろしくお願いします。

  
 

題名:返信が遅くなりました。  名前:Kimura 2009/05/02(土) 21:54 No.81 

先日の勉強会への御参加、お疲れ様でした。認知運動療法において道具とは「差異を生み出す差異」を構築するためのツールであり、どのように用いるかはセラピストの思考により無限に変化するものですので、スポンジ一つとっても大変奥深いものだと改めて実感しました。この勉強会をきっかけに日々の臨床を洗練させていきたいと思います。私自身まだまだ不十分ではありますが今後ともよろしくお願いいたします。


題名:先日は、お疲れ様でした  名前:ikuno 2009/04/22(水) 23:28 No.75 


先日のアカデミアではお世話になりました。
刺激的な二日間となりました。
高知の夜では、熱い話をすることができ、とても貴重な時間となりました。
また、お会いできる日を楽しみにしております。

  
 

題名:こちらこそ  名前:Kimura 2009/04/26(日) 09:20 No.76 

私の方こそお世話になりました。楽しい2日間を過ごすことができ嬉しかったです。皆さんの臨床に向かう姿勢に私も襟を正し日々を大切に過ごしたいと思いました。目下Accademiaの講義について文章化作業を行っておりますので適時研修室にUpしたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。


題名:Accadmia  名前:Kimura 2009/04/21(火) 22:31 No.74 


74の画像を原寸大表示します 先日高知で行われた認知運動療法Accademiaに参加してきました。新米認知運動療法士の私には大変難しい内容であり無力感に打ちひしがれた2日間でしたが、今まで以上に自らの思考を深め臨床に向かおうと志を新たにすることが出来ました。今後少しずつ得られた経験を北海道の皆さんにも伝えていきたいと考えております。
高知でお世話になりました皆様、ありがとうございました!



題名:ETCH 成人部門学習会  名前:Kimura 2009/04/21(火) 22:18 No.73 


ETCH 成人部門学習会
次回開催予定日:2009/04/24(Fri) 19:00〜20:30
開催場所:高橋脳神経外科病院
開催内容:実技検討会「スポンジを用いた認知課題」
今回は実技を中心にディスカッションをしながら道具の使用法について理解を深め日々の臨床に生かしていただくことを目的としています。参加される方で可能な方はスポンジを御用意ください。また参加にあたりスポンジを用いた認知課題を一人1つ御提案下さい。尚、今回は高橋脳神経外科病院を会場に行いますので参加集約を行います。参加される方は「参加希望」で返信してくださいますようよろしくお願いいたします。御質問等がある方は遠慮なくMailしてください。



題名:やっと・・・  名前:kawamura 2009/04/07(火) 08:23 No.71 


皆さんお久しぶりです。
新しい病院に移り、少し落ち着いた所です。
と言っても病院のシステムがわからず、ストレスたまってます!

そう言えば、パスワードがわかりません。
教えていただけないでしょうか?

  
 

題名:お久しぶりです  名前:Kimura 2009/04/07(火) 22:11 No.72 

4月に入りどの病院施設も新年度体制ですね。私も部門が変わり、これまでとは違う日々に戸惑いながらも認知運動療法を心の拠り所として過ごしております。函館の勢いに負けないよう道央道北一丸となって盛り上げていきたいと思います。まずは目指せ認知運動療法小児大国!
研修室のユーザー名およびパスワードはMailにて送付させていただきましたのでご参照ください。



題名:札幌Basic course終了  名前:Kimura 2009/03/23(月) 14:29 No.58 


58の画像を原寸大表示します 今回の札幌Basic courseに参加された皆様、お疲れ様でした。日々の臨床における思考や手技を転換するための様々な要素が含まれており、改めて認知運動療法の可能性に触れることが出来たと感じています。現在の閉塞したリハビリテーションの現状を打ち砕くため強い信念を持って共に歩んでいきましょう。
追記:今回のCourseをVTR撮影された方で、データをいただける方がいらっしゃいましたら事務局までご連絡ください。宜しくお願いいたします。

  
 

題名:お疲れ様でした!  名前:murakami 2009/03/26(木) 08:56 No.59 

今回のコースは、今の自分の臨床を見直す上で、とても価値のあるものになりました。講師の方々の思考(志向)に触れ、感じたことはこれからの臨床に繋がっていくと感じます。
あとは、日々実践ですね!

  
 

題名:Re: 札幌Basic course終了  名前:takahashi 2009/03/26(木) 17:20 No.60 

お疲れ様です。自分もコースを受講することで、さらに深く考えるようになりました。講師の先生方からも貴重な話も聞けましたし、実践の中で少しづつ質の高いものが患者様に提供できるようになりたいと思っています。お互い頑張りましょう!!
  
 

題名:スポンジはダブっていませんか?  名前:ebihara 2009/03/26(木) 21:14 No.61 

ベーシックコース楽しかったですね。
しかし、せっかくの頂いた貴重なスポンジがダブっている物と1組揃わない物があります。
気付いた方がいたらぜひお知らせください。

  
 

題名:スポンジの取り違え  名前:Kimura 2009/03/26(木) 23:11 No.62 

私の臨床も更なる進化(深化)に向かっております。この良い流れがこれからも続くことを強く願ってやみません。
海老原先生、私のスポンジも取り違いが生じており4番目の固さのスポンジが2組ありました。次回勉強会の時にお持ちしますね。
本日は発達医療センターにて症例報告をさせていただきました。やはり実際のケースを提示するとイメージも想起され易いですね。理論や概念だけでなく治療の実際も発信していきたいものです。

  
 

題名:ベーシックコースお疲れ様でした  名前:ikuno 2009/04/03(金) 06:34 No.66 

先日のコースは、お疲れ様でした。
今回は、地元でもある北海道で症例発表をさせていただくことができ、私にとっても貴重な体験となりました。
北海道の熱い先生方とお知り合いになることができて、とても嬉しく思います。
北海道でも認知運動療法が広がっていくことを心から願っております。
私にできることがございましたら、いつでも連絡いただければ幸いです。
今後ともよろしくお願いいたします。

  
 

題名:生野先生の治療は圧巻でした  名前:ebihara 2009/04/05(日) 20:40 No.69 

ベーシックコース2日目に、生野先生が受講生を治療した場面を途中から見学させて頂きましたが、先生の病態仮説を立てる早さ、丁寧なハンドリング、その場の空気、そして受講生の治療前-中-後の変化、全てが圧巻でした。それまで自分が何となく行っていたものとは全く違っていて大変勉強になりました。
やはり本物を見ないとダメですね。
ありがとうございました。

  
 

題名:治療の本質  名前:kawamura 2009/04/07(火) 08:18 No.70 

生野先生の治療の展開は本当に勉強になりました。
治療後に一つ一つ順を追って、
何をどのように考えてたかを説明していただいたのが、
わかりやすくとても参考になりました。
本当にありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。



題名:脳科学と理学療法  名前:takahashi 2009/04/05(日) 08:56 No.67 


ベーシックコースの講義中に話されていた『脳科学と理学療法』発売されましたね。私はさっそくアマゾンで購入しました。
今日OTジャーナルの4月号が職場に届き目を通しましたが、認知運動療法についても記載されていました。少しづつ注目が集まるといいですね。

  
 

題名:脳科学の壁  名前:Kimura 2009/04/05(日) 18:06 No.68 

高橋先生こんにちは。私も「脳科学と理学療法」を購入し精読しているところです。個人的に楽しく読ませていただいたのは「脳科学の壁」という新書ですが、「暴走する脳科学」同様に昨今の似非科学を批判しつつ脳科学における現状と限界について触れられています。OTジャーナルの4月号は職場のOTさんに貸してもらうことにいたしますね。情報提供感謝です。

[現行ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55]
[過去ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]
以下のフォームから自分の記事を修正/削除できます [説明]

処理:  記事No:  パスワード:


今日: 3
08/23 (金) 3
08/22 (木) 1
08/21 (水) 6
08/20 (火) 3
08/19 (月) 3
08/18 () 2
08/17 () 3
合計: 58152

- aimix-BBS無料レンタル掲示板 [掲示板の作成はこちら] -

script - Kent-web