北海道認知神経リハビリテーション研究会 掲示板

このエントリーをはてなブックマークに追加

[表示切替]  [HOMEに戻る]  [留意事項]  [記事検索]  [携帯URL]  [管理用]
この掲示板は北海道にて認知運動療法を実践するセラピストのため開設されております。
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP

名前
メール
題名
本文※必須
URL
添付FILE 上限500KB
パスワード 英数字で8文字以内(記事修正用)
文字色
画像認証
認証用数字  *   (画像の数字を入力して下さい)

題名:カツオと哲学と桂浜  名前:murakami 2010/07/13(火) 00:20 No.307  HomePage 操作


学会終わりましたね。
皆さんお疲れ様でした。
早速テープ起こし真っ最中です!

なんか掲示板盛り上がってますね♪

僕は学会に参加するのは初めてだったのですが、顔見知りも意外と多く楽しい3日間を過ごせました。居酒屋で食べた刺身とジョッキで出てきた焼酎ロックも素敵な思い出です^^;

学会自体もとても有意義なものでした。まだまだ自分には消化しきれないものも多かったですが…今後の課題ですね!

このような全国各地のセラピストと繋がりを持てるということが素敵なことですね♪

また皆さんとお会いできことを楽しみに、勉強したいと思います!(勉強しないとあっという間に置いていかれそうで…)

今後ともよろしくお願いします!

  
 

題名:Re: カツオと哲学と桂浜  名前:三上 2010/07/13(火) 12:56 No.308  操作

お疲れ様でした!!
楽しかったですね。

それにしても北海道から12人とはすごいですね!

勉強しなければいけない内容もたくさん感じた学会でしたので、少しずつ、しかし確実に進んでいきたいと思います。


今後ともよろしくお願いします!

  
 

題名:食は文化  名前:Kimura.M 2010/07/18(日) 01:40 No.318  HomePage 操作

318の画像を原寸大表示します 村上先生,三上先生,学会参加お疲れ様でした.

お二人がおっしゃるとおり,学ばなければならない知見の多さに触れ,大変刺激を受けることが出来ました.

一方,情報量の多さに消化不良気味であり,ここ1週間は思考停止状態に陥っていたわけですが・・・

この連休で気持ちを切り替え,また臨床という具体的場面に学術的知見を落とし込めるよう努力してまいります!



題名:高知学会  名前:aoki 2010/07/12(月) 15:24 No.304  操作


初めて掲示板に書き込みさせていただきます♪
青森認知運動療法勉強会の青木と言います。

わたしも今回初めての学会参加でしたが、大変良い経験となりました。来年は青森県からも発表ができるように、好きな領域の勉強だけでなくもっと幅広い範囲で知識を深めていきたいと思いました。

北海道でのベーシックやアドバンスでお見かけしていた木村先生や高橋先生にあいさつできてよかったです☆
雰囲気やノリが北海道って感じで、なんかうれしかったです。(うまく言い表せませんが、「良い意味で」ですよ!!わたしも地元ラブなので。)

北海道の病院での臨床の様子も聞けて参考になりました。時々帰省しているので、今度よろしければ見学とかもさせて頂きたいです。

高知へ向かう飛行機の中では、偶然函館の新開谷先生とお隣の席になり、いろいろお話しできて楽しかったです(^−^)
かなり飛行機が揺れて怖かったですが、おかげで心強かったです☆

青森と北海道は近いので、勉強会などで交流できそうですね。

次のマスターコースへの参加も検討中です。

今後ともよろしくお願いします!!

  
 

題名:Re: 高知学会  名前:shin 2010/07/12(月) 19:53 No.306  操作

皆さん、学会お疲れ様でした。
ポスター発表なさっている先生方を
内心「凄いなあ!!、人前で発表するって
凄い勇気があるし、向上心があるんだなあ!!」
と憧れのまなざしで見ていました。
完全に見る側で参加しましたが、
その場に居ることが信じられない気持ちでいっぱいでした。

青木先生、飛行機でお知り合いになれてとても嬉しかったです。
あの飛行機は本当に怖かったですね・・・
私も基本は乗り物に弱いので心臓バクバクでした。
また、お会いできるのを楽しみにしております。
宜しくお願いします。

臨床経験自体浅いので、ETCの勉強だけでなく
触診や運動学などなども同時に勉強していかなければ
と思います。

皆様、今後も宜しくお願い致します。

  
 

題名:飛行機は苦手です・・  名前:Kimura.M 2010/07/18(日) 01:28 No.317  HomePage 操作

317の画像を原寸大表示します 青木先生,学会期間中は声をかけていただき有難うございました♪これまでも何度かお見受けしてはいたのですが,挨拶する機会を失していたため非常に嬉しかったです.

私自身,人前で話をすることや発表することが非常に苦手ではあるのですが,周囲の方がたに支えられて何とかやっています(笑)

北海道のスタッフの雰囲気はとっても穏やかで心地良いんです!日々の鬱積とした思いもETCHの勉強会で解消できる.そんな場になっており,私のもっとも大事なフィールドの一つと感じています.

北海道と青森は地理的にも交流しやすいので,今後も繋がっていけたら嬉しいです♪北海道に帰省された際は是非ご連絡ください.皆でお食事をしつつ認知話に花を咲かせましょう!


新開谷先生,学会への参加お疲れ様でした.向上心という点におきましては先生も相当と感じております(笑)

私も初めての学会参加時は見る側の立場であり,自分が話をするなんて想像も出来ませんでした.しかし思い切って演題発表したことをきっかけに自らの思考がより深まったように思います.来年の京都学会では先生の勇姿を拝見できることを期待しております♪

学ばなければならない学術領域は多岐に渡ります.ただ闇雲に本を読み漁るのではなく,体系的かつ効率的に学習を進め自らを組織化していきたいものです.このあたりは研究会でもしっかりと検討させていただきますね!



題名:だめにん  名前:hane.M 2010/07/12(月) 17:32 No.305  操作


みなさん、アツいですね〜…
高知ではお世話になりました。北海道の羽根川です。

学会が終わり、完全にヌケガラになっているのは私だけ?
ベーシックの後のほうがよっぽど
「よーしっ臨床がんばるぞ」という気持ちになったのですが、
完全に鬱に入ってます。
もう臨床やだー

暗闇から遠くの祭りを見ているようです。
明日からROM&ADLセラピストになってたらごめんなさい(笑)
それはまあ冗談ですが…

なんでこんな気持ちなんでしょう。
ま、とりあえず北海道のみなさんごはんでも食べに行きましょう

haneでした。

  
 

題名:苦しみからの創生  名前:Kimura.M 2010/07/18(日) 01:11 No.316  HomePage 操作

316の画像を原寸大表示します 私も同様に廃人となっておりました(汗)

多くの先生方と交流し,意見を交える中で自らの未熟さにホトホト愛想がつき,この1週間はずっと苦しんでいます.

この治療法に限らず,物事の本質に向き合うということは悩みや苦しみを乗り越え,少し道が見えたなと思ったら袋小路に行き詰る.そんなことの連続のように思います.しかし「リハビリテーションに奇跡はない,しかし進歩はある」との言葉同様に,私たち自身,自らの努力で歩み続けることでしか問題は解消できないことも重々承知しています.

苦しくとも一緒にこの道を歩き続けたい.今はそう想います.
またETCHのメンバーでお食事会をしましょうね♪



題名:高知での出会い  名前:Kosuke Ota 2010/07/12(月) 12:51 No.303  操作


掲示板への書き込み、失礼いたします。
青森でOTをしております太田と申します。

私は初めて学会に参加させてもらったのですが、諸先生方のポスター発表、講義を聞かせて頂き、本当に充実した研修になりました。

青森では、ETCの知名度が非常に低く、実施しているセラピストは極少数です。
時には周囲からの圧力に押しつぶされそうになることもありますが、何とか続けております(汗)

木村先生、高橋先生から、臨床での「独裁者」との戦いやぶりや経験を聞くことができ、今後、ETCを行っていく上で、とても参考になりましたし、勇気づけられました。

これからも、北海道と青森の交流を広げ、いろいろと情報交換していければと思います。
今後ともよろしくお願い致します。

  
 

題名:繋がる想い  名前:Kimura.M 2010/07/18(日) 01:01 No.315  HomePage 操作

北海道,青森,岩手.北からの学会参加者が年々増える中でこうして繋がりをもつことが出来たことを非常に嬉しく思います♪

今回の学会は非常に学術志向が高く,自らの学びの浅薄さを恥じると共に,これらの知見をしっかりと臨床へと結びつける視点と努力が必要なんだと強く感じましたが,先生は如何だったでしょうか?

臨床に生きていると,病理のみならず,制度や組織,無理解といった壁に突き当たります.そのような場面においても常に思考を止めることなく闘い続ける.そのような治療者でありたいですね!

私たちの学びは始まったばかりであり,終わりもありません.互いに手を取り合って少しずつ歩いていきましょう.



題名:高知学会終了  名前:yokokimura 2010/07/12(月) 08:17 No.301  操作


高知学会おつかれさまでした。
全国各地からより多くのセラピストが集うのはやはり、一年に一回のこの学会ということもあり、久し振りにお会い出来た方もいて、とても嬉しかったです。
メールだけでは伝えられない事もありますしね。
今日からの臨床に向けてパワーを多くの力となりました。
ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。

  
 

題名:Re: 高知学会終了  名前:etchs-takahashi 2010/07/12(月) 12:00 No.302  操作

学会参加お疲れさまでした。
やはり全国規模の学会や講習会に参加すると、まるで同窓会のように様々な方とお会いすることが出来て、沢山の刺激を受けることが出来ますよね。感謝です。
今回得たパワーをこれからの臨床に向けていきましょう!!

  
 

題名:祭りの後  名前:Kimura.M 2010/07/18(日) 00:51 No.314  HomePage 操作

314の画像を原寸大表示します 非常に内容の濃い3日間でしたね.全国の先生方と久しぶり(?)にお逢いでき,非常に有意義な時間を過ごすことができました♪
学術性の高い講義に加え連日のディスカッション.なかなか手ごわかった印象が残りましたが,今回の内容をしっかりと消化し日々の臨床に生かすことが出来るよう頑張ります!



題名:学会開催迫る  名前:Kimura.M 2010/07/04(日) 11:33 No.300  HomePage 操作


300の画像を原寸大表示します 第11回日本認知神経リハビリテーション学会学術集会が7月9日から3日間開催されます!場所は高知南国土佐.竜馬伝の影響から多くの観光客が押し寄せており,学会参加者はホテルや飛行機の手配が大変だったと聞いております.

今回の学会は名称変更され再スタートして開催される最初の学会ということが影響しているのか,過去最大の規模となるようです.演題も100とすごい数ですが,講演を含め内容が非常に豪華です!抄録集を見ただけでその規模が想像できますね.

抄録集を一読して感じたことは,認知神経リハビリテーションを学んでいない方にとっては,もはやどのような学術領域の学会かすら判らないという事です.リハビリテーションという名を冠していながら出てくるキーワードは哲学や現象学,心理学に関連する人名や用語.従来の枠組みをはみ出すどころか,まったく違う次元に問題を昇華しているため生半可な気持ちでは太刀打ち出来ないと思いました.

しかし,諸先生方が常日頃おっしゃっているように,人という複雑な存在を対象としているのであれば,対応する方略もまた複雑であるというのは正に真理です.答えはまだ見つかりませんが,答えを導き出すために歩み続けることが真の学問,哲学と呼ぶにふさわしいのであれば,私たちの学ぶ領域が狭い世界に押し留められている道理はありません.「セラピストは哲学家であれ」

夏の高知に日本の臨床を変え得る哲学家が集うことを楽しみにしております.

(写真:哲学の木)



題名:函館『the very very beast』  名前:Kimura.M 2010/06/29(火) 05:20 No.298  HomePage 操作


298の画像を原寸大表示します 先日の函館informationにて見つけた素敵なお店のご紹介です♪

その名も『ベリーベリービースト』!
金森倉庫の近くにあるオムライスが絶品のカフェ&レストランです.(北海道函館市末広町16-13 )
ガイドブックにも紹介される人気のお店ですが,とろとろの卵にたっぷりのデミグラスソース!すっかりファンになってしまいました!

函館に足を運んだ際は是非足を運んでみてくださいね♪
Rep kimura

  
 

題名:Re: 函館『the very very beast』  名前:murakami 2010/06/29(火) 08:37 No.299  HomePage 操作

お疲れ様でした!
今回は行けなかったのでとても残念です。
次回はぜひ!

あ〜
行きたかったなぁ・・・。



題名:インフォメーション講習会に参加して  名前:阿保 2010/06/28(月) 16:33 No.295  操作


はじめて掲示板に書き込みさせていただきます青森県の阿保と申します。北海道認知運動療法研究会の先生方、大変お疲れ様でした。
今回、実際に認知運動療法を体験した人の話が聞けて大変貴重な体験をさせていただき本当にありがとうございました。木村先生が掲示板で書き込んでいた「形以上の『何か』を伝える」ということが、今回講習会を受けた先生方に伝わったのではないかと思います。

これからも交流しあって、よりよいリハビリができるように頑張っていきましょう。

  
 

題名:多謝♪  名前:Kimura.M 2010/06/29(火) 04:46 No.297  HomePage 操作

阿保先生,書き込みありがとうございます!青森からは櫻田先生や木村先生にもお越しいただき非常に嬉しかったです♪

今回の内容はBasic course修了者には復習として適切なレベルと思いますが,初学者には難解な部分が多かったのではと反省しております.その中にあって体験者のお話は私自身初めて聞く内容も多く新たな発見と驚きがありました.

対談の時間都合上,多くを語っていただくには至りませんでしたが,Clientの想いが皆さんに伝わる空気感を直に感じることが出来たことは私にとっても非常に重要な機会でした.

これからも多くの先生方と繋がり,切磋琢磨し,治療とは何かを真剣に議論できる学術集団として共に歩んでいきたいです.またお目にかかれる日を楽しみにしております.



題名:函館インフォメーション 参加しました  名前:shin 2010/06/27(日) 20:35 No.293  操作


ずっと楽しみにしていた函館でのインフォメーション講習、
今回もとても勉強になりました。
講師の先生方、スタッフの皆様、札幌から来てくださった
ケースの方、本当にありがとうございました。
認知運動療法を体験した方からの貴重な記述と
担当した木村先生、羽根川先生の治療戦略とリンクされた
お話を聞けて、対象者の方はそういう思いがあったんだあ
とあらためて知ることが出来ました。

認知運動療法を臨床で展開するのはとても
難しいですが、一歩一歩ゆっくり進んで行きたいと
思います。

本日はありがとうございました。

  
 

題名:Re: 函館インフォメーション 参加しました 
名前:hane.M 2010/06/28(月) 09:13 No.294  操作


函館infoお疲れ様でした!

夏休み、観光気分で函館を満喫いたしました。

対象者の方も「自分の話したかったことはちゃんと言えた気がする」と、とても喜んでおられました。

認知運動療法は難しいです。
私もまだ始めたばかりですが、本当に難しいと思います。

でも、人間の身体の仕組みがそんなに簡単なわけないよなあとも最近痛切に思います(笑)
だからこそ、安易な方法に逃げず、しっかり今のリハビリの現実を見据えて自分の治療法を追求していきたいと思っています。

認知の講習会に参加していると、必ずあがる質問が、
「失語がある人にはどうするのか?認知症がある人にはどうするのか?マンパワーが足りない、制度が許さない、やり方を変えて患者さんは受け入れるのか?他のセラピストとの連携は?」

というものなのですが、ぜひみなさん逆説的に考えて欲しいのです。
失語がない人、認知症がない人も山のようにいます。
マンパワーはどこも足りません。制度はそうすぐには変わりません。患者さんはこちらが変わらなければ違う方法があることにすら気づけません。連携は普段からだってそんなに簡単にツーカーで取れているわけではないはずです。

マンパワーが足りるまで、今までのやり方を続けますか?
制度が変わるまで待ちますか?
患者さんから認知をやってと言われるまで黙っていますか?
一緒にやっているセラピストが講習会に行ってくれるのを待ちますか?

違うはずです。
その間にも今回の対象者の方のように苦しみ、悩み、戦っておられる患者さんは山のようにいます。

治りたい!と必死になっておられる方々に、「こんなやり方もあるよ」と提示する、セラピストの引き出しは多いほうが良いはずです。
それをせずに「あのね、あなたは治らないんだよ」ということを伝えていくこと、患者さんが受け入れていくことは障害受容でもなんでもありません。
ただのあきらめ、勉強不足です。


講習会であの対象者の方が言ってくださった言葉がすべてです。

「ぜひ、患者さんに身体のことがわかるような、気づけるような問いかけをしてほしい」

きっとセラピストも驚くような患者さんの世界が広がっているはずです。

ぜひぜひこれからも一緒に勉強しましょう。
どうもありがとうございました!

  
 

題名:Information終了  名前:Kimura.M 2010/06/29(火) 04:38 No.296  HomePage 操作

296の画像を原寸大表示します 函館Informationに参加されました先生方,お疲れ様でした.遠方からの参加者も多くスタッフ一同感謝しております♪
今回は認知神経リハビリテーションの紹介コースという位置づけでしたが,治療概念を構築する学術領域が多岐にわたるため,どうしても内容が難解に為らざるを得なかった事をお詫びいたします.

質問にあった「認知運動療法の導入」という点については羽根川先生が上のコメントにて非常に素晴らしい回答をして下さっているのでここでは触れません.しかし今回の講習会でお話をしてくださったClientの方が最後に話していた言葉は,私たちセラピストがこれから向き合わなければならないことを示唆していたように思います.

目の前のClientを治療する力を,明日の臨床を変革する力を.理想を追い求めるTherapistにとってこの治療法が羅針盤になることを願っております.



題名:Information開催迫る  名前:Kimura.M 2010/06/25(金) 20:23 No.292  HomePage 操作


292の画像を原寸大表示します Information講習会(函館)がいよいよ今週末に迫りました.今回は募集定員を大きく上回る参加希望をうけ,スタッフ一同非常に嬉しく感じております.
道内では認知運動療法に触れる機会が少ないため,多くの方にとっては未知の治療法のように感じられるかもしれません.しかし,従来の治療法との差異に気がついたときに初めて次の学びへと向かうことが出来ます.
この講習会を通じて皆様に形以上の『何か』を伝えることが出来れば幸いです.
それでは函館の地でお逢いしましょう.


[現行ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55]
[過去ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
以下のフォームから自分の記事を修正/削除できます [説明]

処理:  記事No:  パスワード:


今日: 1
04/19 (金) 1
04/18 (木) 3
04/17 (水) 20
04/16 (火) 11
04/15 (月) 14
04/14 () 3
04/13 () 3
合計: 57746

- aimix-BBS無料レンタル掲示板 [掲示板の作成はこちら] -

script - Kent-web