北海道認知神経リハビリテーション研究会 掲示板

このエントリーをはてなブックマークに追加

[表示切替]  [HOMEに戻る]  [留意事項]  [記事検索]  [携帯URL]  [管理用]
この掲示板は北海道にて認知運動療法を実践するセラピストのため開設されております。
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP

名前
メール
題名
本文※必須
URL
添付FILE 上限500KB
パスワード 英数字で8文字以内(記事修正用)
文字色
画像認証
認証用数字  *   (画像の数字を入力して下さい)

題名:青森認知運動療法勉強会 特別研修会のご案内 
名前:太田康介 2012/08/16(木) 15:57 No.543  HomePage 操作


Download:543.pdf 543.pdf
北海道認知神経リハビリテーション研究会 御中


いつもお世話になっております。
青森認知運動療法勉強会の太田と申します。

この度、当勉強会では下記の通り、特別研修会を開催する運びとなりました。
北海道認知神経リハビリテーション研究会の先生方にも、是非ご参加いただければと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。


                    記


主 催 : 青森認知運動療法勉強会
後 援 : 青森県理学療法士会, 青森県作業療法士会, 青森県言語聴覚士会
日 時 : 2012/11/03(土) 13:30〜16:45 (13:10受付開始)
     2012/11/04(日) 09:15〜11:30
場 所 : 青森公立大学 (青森県青森市合子沢山崎153-4)
講 師 : 宮口 英樹 氏 (広島大学 教授, 日本認知神経リハビリテーション学会 理事)
     石附 智奈美 氏 (広島大学 講師)
内 容 : 「ニューロリハビリテーション」
対 象 : リハビリテーション従事者
定 員 : 100名 (先着順)
受講料 : 3,000円
懇親会 : 11月3日(土)に青森市中心街で会費5,000円程度で開催予定です。
     懇親会参加希望者には後日詳細を連絡いたします。
申 込 : 9月15日(土)から申込受付を開始します。
     青森認知運動療法勉強会ホームページ(http://cteapple.web.wox.cc)の申し込みフォームに必要事項を入力して送信して下さい。
     申し込み完了後、メールにてお知らせいたします。

     *会場にはテーブルがありませんので、クリップボードをご持参ください。


==============================
青森認知運動療法勉強会
代表 太田康介
==============================

  
 

題名:御連絡ありがとうございます  名前:木村正剛 2012/08/17(金) 17:14 No.544  操作

太田先生御侍史
御無沙汰しております、木村です。
今回は非常に有益な情報を共有していただきありがとうございました。ここ数年、岩手や青森といった東北地域に於ける活動が目覚ましく、北海道に居を構えるものとして嬉しく感じておりました。
日程的にも北海道から参加し易いため、是非道内の学習者にも広く告知させていただきたく思います。
取り急ぎお礼まで。
木村正剛 拝



題名:札幌支部勉強会開催のお知らせ  名前:ETCH-S TAKAHASHI 2012/08/12(日) 17:01 No.542  操作


いつもお世話になっております。
北海道認知神経リハビリテーション研究会の高橋です。
北海道の短い夏をいかがお過ごしでしょうか??
早いもので、あの熱い北海道ベーシックの3日間から1ヶ月が経ちました。
各支部でも多くの受講生が勉強会に参加されているようで、各地域で盛り上がりを感じている次第です。

さて今月も札幌支部勉強会の開催が決まりましたのでお知らせ致します。
テーマは『体幹に対する認知神経リハビリテーション』です。
今月は、いつも勉強会に参加して下さっている、川村淳一先生に臨床経験を踏まえたうえでの講義と実技を行って頂く予定になっております。
是非、お時間にご都合のつく先生方がいらっしゃればご参加下さい。
宜しくお願い致します。

テ ー マ:『体幹に対する認知神経リハビリテーション』
講 師:川村淳一先生(PT)(札幌白石脳神経外科病院)
日 時:2012年08月30日(木)19:00〜21:00
場 所:高橋脳神経外科病院 4F リハビリテーション室
     札幌市西区西町南20丁目1番30号  TEL:011-664-7111
参加費:200円(資料代)
定 員:30名 (先着順)
募集開始:2012年08月13日〜
締め切り:2012年08月28日

資料作成部数と会場調整がありますので参加者はご連絡下さい。
申し込みは当研究会のホームページより行うようにして下さい。

お問い合わせは下記のアドレスまでご連絡下さい。
アドレス:etch.venice@gmail.com 件名は「ETCH-S勉強会」

北海道認知神経リハビリテーション研究会 札幌支部 高橋秀和



題名:札幌支部勉強会終了!  名前:ETCH事務局 2012/08/05(日) 09:14 No.539  操作


539の画像を原寸大表示します 7月31日に高橋脳神経外科病院にて札幌支部勉強会が開催されました!

テーマは「歩行の治療」であり、学会理事の木村先生による歩行とシステムに関するお話しと藤橋先生による症例提示が行われました。

今回は講義と症例提示の2講というプログラムでしたが、システムアプローチについての講義があったことで、症例を通じた治療展開をより丁寧な視点から考察することが出来たのではないでしょうか。

当日は初参加の方が多く見受けられ、認知運動療法の広がりを運営サイドとしても強く感じることができ大変うれしかったです。

自身の臨床で悩みがあったり、何か発見があった際には是非みなさんで情報を共有する為に勉強会にお持ちより下さい。双方向の有益な勉強会を一緒に形成していきましょう。



題名:札幌支部勉強会開催のお知らせ  名前:ETCH-S TAKAHASHI 2012/07/13(金) 12:03 No.538  操作


いつもお世話になっております。
北海道認知神経リハビリテーション研究会の高橋です。
ベーシックコース北海道開催まで約1週間となりましたが、いかがお過ごしでしょうか??
今回のベーシックコースは認知神経リハビリテーションをわかりやすく理解できるよう例年とは異なった工夫をしており、運営スタッフ一同気合いを入れて準備を進めている次第です。

さて、今月も札幌支部主催勉強会を開催する運びとなりましたのでお知らせ致します。

テーマは『下肢に対する認知神経リハビリテーション』です。
今月は、いつも勉強会に参加して下さっている藤橋亮介先生にデモ症例を提示して頂き、下肢に対する訓練について、実技を中心に確認していこうと考えております。
是非、お時間にご都合のつく先生方がいらっしゃればご参加下さい。宜しくお願い致します。

テ ー マ:『下肢に対する認知神経リハビリテーション』
演  者:藤橋亮介(医療法人高橋脳神経外科病院)
アドバイザー :木村正剛(北海道立子ども総合医療・療育センター)
高橋秀和(医療法人高橋脳神経外科病院)
日  時:2012年07月31日(火)19:00〜21:00
場  所:高橋脳神経外科病院 4F リハビリテーション室
     札幌市西区西町南20丁目1番30号  TEL:011-664-7111
参 加 費:200円(資料代)
定   員:30名 (先着順)
締 め 切り:2012年07月30日

資料作成部数と会場調整がありますので参加者はご連絡下さい。
申し込みは当研究会のホームページより行うようにして下さい。

お問い合わせは下記のアドレスまでご連絡下さい。
アドレス:etch.venice@gmail.com 件名は「ETCH-S勉強会」

北海道認知神経リハビリテーション研究会 札幌支部 高橋秀和



題名:北海道ベーシックコースに先駆けて  名前:ETCH事務局 2012/07/08(日) 13:16 No.537  操作


さて、いよいよ北海道ベーシックコースまで2週間を切りました。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回のベーシックコースでは皆様に認知神経リハビリテーションをより知っていただくために、例年とは異なった工夫をしております。
認知神経リハビリテーションは難解な内容ではありますが、講師陣がわかりやすく解説し、復習を繰り返しながら進行していきます。
講義や実技の中でわからないことがありましたら、気軽に講師やスタッフへ質問して下さいね。

話は変わりますが...
詩人のエミリー・ディキンソンはその詩集の中で「脳は空より広い」という言葉を残しています。
この言葉は私たちセラピストにも患者様にも当てはまる言葉であり、互いに無限の可能性があることを気づかせてくれます。
現在、進歩する脳科学の知見からも人間にはより多くの可能性があることがわかりつつあります。
今回のこのコースが皆様が新しい可能性の扉を開き、患者様と新たな視点を共有できることに繋がっていけばと思います。

北海道ベーシックコースが皆様にとって刺激的で楽しい学びの場になるよう講師陣、運営スタッフ一同準備を進めたいと思います。
2週間後に皆様とお会いできることを楽しみにしております。



題名:6月の札幌支部勉強会無事終了!  名前:ETCH札幌支部事務局 2012/06/28(木) 22:24 No.536  操作


536の画像を原寸大表示します いつもお世話になっております。
5月に引き続き、今回もお忙しいところ、近郊施設などから当勉強会に参加して頂きましてありがとうございました。

今回は、恵み野病院の渡部啓介先生より症例を提示して頂き、症例検討をおこないました。

痛みをテーマにした症例提示の中で、項目ごとについてディスカッションが行われましたが、各テーブルごとに日々の自らの臨床を振り返りながら、活発な議論を交わすことができたと思われます。

渡部先生には大変お忙しい中、とても丁寧で解りやすいスライド、資料を作成し、発表して頂き大変ありがとうございました。
症例検討において、最も大切なことは、要点を押さえた症例情報の提供と発表者の思考内容も含めた治療展開の説明です。
今回は、これらの軸がしっかりしていたからこそ、とても活発なディスカッションがおこなわれたのではないかと思います。

今回参加された方々の中で、我こそはと思われる方はぜひ症例を出してみて下さい。皆さんで、患者さんたちをより良くするにはどうしたら良いかを考えていきましょう。そして、興味がある方はまたぜひ参加してみて下さいネ!!

北海道認知神経リハビリテーション研究会 
札幌支部事務局



題名:Basic course募集終了  名前:ETCH事務局 2012/06/20(水) 22:47 No.535  操作


535の画像を原寸大表示します こんにちは、北海道認知神経リハビリテーション研究会事務局です。

募集開始後から沢山の反響がありました
Basic course(北海道会場)ですが、
既に満席となり募集を締め切らせていただきました。

キャンセルが生じた場合に席をご用意する為の
申し込みフォームをHome page topに
掲載しておりますので、
お申込みに間に合わなかった先生は
こちらへの登録をお願いいたします.

尚,参加登録された先生方には
引き続きコースに関連する情報や
資料などをお届けいたしますので
楽しみにお待ちください.



題名:札幌支部勉強会開催のお知らせ  名前:ETCHS-TAKAHASHI 2012/06/11(月) 20:35 No.534  操作


いつもお世話になっております。
北海道認知神経リハビリテーション研究会の高橋です。
今月も札幌支部主催勉強会を開催する運びとなりましたのでお知らせ致します。

『症例検討A〜訓練の再現と検証』
今月は、いつも勉強会に参加して下さっている渡部啓介先生(恵み野病院)に症例を提示して頂き、実際の訓練の再現や検証について、実技も含めて行っていこうと考えております。
前回に引き続きテーマは「痛み」で、今回は手の治療について皆さんと思考を深めて行ければと考えております。よろしくお願い致します。

テーマ:『症例検討A〜訓練の再現と検証』
演 者:渡部啓介先生 (医療法人北晨会恵み野病院)
日 時:2012年06月28日(木)19:00〜21:00
場 所:高橋脳神経外科病院 4F リハビリテーション室
    札幌市西区西町南20丁目1番30号  TEL:011-664-7111
参加費:200円(資料代)
定 員:30名 (先着順)
資料作成部数と会場調整がありますので参加者はご連絡下さい。申し込みは当研究会のホームページより行うようにして下さい。

お問い合わせは下記のアドレスまでご連絡下さい。
アドレス:etch.venice@gmail.com 件名は「ETCH-S勉強会」

北海道認知神経リハビリテーション研究会 札幌支部 高橋秀和



題名:Basic course募集中!  名前:ETCH事務局 2012/06/02(土) 17:46 No.533  操作


533の画像を原寸大表示します こんにちは、北海道認知神経リハビリテーション研究会です。

既にご存知の方も多いと思いますが、【認知運動療法ベーシックコース】募集が開始されています。
私達が、何とか北海道のリハビリテーションを輝かしく素敵な業界に変えたいという想いから、皆様と共有したいメッセージをご案内させていただきます。

本文は長いですが、
もしよろしければ、最後までお付き合いください。

日々、臨床で多くの患者様の治療に専念している
あなただからこそ、共有したいこと。

認知運動療法インフォメーションセミナーの最後で
木村正剛が、基礎理論や思考展開を伝授したうえで
受講生に訴えかけたメッセージ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私たちの目標は、臨床で展開されるリハビリテーションをもっと豊かにする
10年で北海道のリハビリテーションを、受けるものから学ぶものにする
セラピストをスターやアイドルのような、あこがれの職業にすることです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本のリハビリテーションは、より簡単でわかり易く、早く効果が現れ
誰が行っても同じ結果を得られる。そんな方向性に向かっています。

一日も早く自宅に退院したり、社会復帰して仕事に戻ることを
目標にして、今日もまた治療が展開されています。

それ自体は素晴らしいことだと私も思います。
誰もが同じ水準の医療サービスを享受できて、
患者様や家族が望む未来が待っているのであれば。

しかし実際にリハビリテーションに従事する私たちは、
ずっと以前から気づいています。
今のままでは、リハビリテーションの尊厳が失われると。

テレビのドラマで取り上げられるセラピストは、
みな一様に患者様にむかって声高に
「頑張って!」と声をかけ続けます。
歩行を再獲得するために歩き、
把持を再獲得するために掴む。

一見感動的に見える場面だけれど、
私たちセラピストは心のどこかで感じています。
この治療では患者様の望む回復は望めないと。

しかし、現状を変えたいと願い、声を上げても
一定の人たちは、それに対して疑心暗鬼になるし、
信念を持って訴えれば訴えるほど、
訴えている本人に対して、一部の人の風当たりは強くなります。

それでも私は自分の信念に従いたい。
既存の概念や世界を絶対のものとして受け入れ、
諦めるなんてできない。

今後、どれだけの抵抗や批判があっても
最高の知識や技術をわかり易く丁寧に伝え、
多くの情報を皆さんと共有していくつもりです。

社会性もどんどん訴えていきます。
例え偽善であると思われてもかまいません。
この閉塞感のあるリハビリテーションの世界を
変えたいから。

この北海道を、そして日本のリハビリテーションを素晴らしいものにしたい。
セラピストをスターやアイドルのような、あこがれの職業にしたい。

このような想いには1ミリも嘘は無いし、
全身全霊懸けていく覚悟があります。

それでも、私たちの行動は、
一部の人からは胡散臭いだろうし、完全には信用できないと思います。
少しでも矛盾を感じると、重箱の隅をつつくように
疑心暗鬼になります。

でも、それでもかまいません。
ありがたいことに、そんな私たちの活動に全面的に
協力してくれている仲間たちが、この数年でかなり増えました。

認知神経リハビリテーション学会と
北海道認知神経リハビリテーション研究会のメンバー達。
私にとって最高のパートナーたちです。

メンバーは、第一線で活躍しているセラピストばかり。
みんな凄く良い人たちばかり。
セラピストとしても、人間としても素敵な人たちばかり。

こんな素敵な人たちに囲まれている私に怖いものはありません。
だから私は学会や研究会の活動を通じて、
この治療法の素晴らしさをどんどん皆さんと共有していきます。

このような素敵な人たちに出会え、
一緒に仕事ができる喜びを幸せと言わずして、
一体何が幸せといえるのでしょうか?

私たちのこの考えに賛同してくれている仲間を
もっと増やしたくて、このメッセージを皆様に送らせていただきました。

最後まで読んでくれてありがとうございます。

次世代臨床クリエイター
木村正剛

--------------------------------------------------------------
認知運動療法ベーシックコース(北海道)
--------------------------------------------------------------

■開催日時:7月20日(金曜日)〜22日(日曜日)

■講演会場:札幌市教育文化会館
  研修室305
  北海道札幌市中央区北1条西13丁目

■講師:木村正剛、沖田一彦、高橋昭彦、徳原孝夫、富永孝紀

■プログラム
 認知神経リハビリテーションの展開
  (認知運動療法の基礎理論を中心にテキストよりもわかり易く解説)
 認知神経リハビリテーションの拡張
  (認知運動療法の実際の臨床展開場面を学び、実技を身につける)
 認知神経リハビリテーションの拡張
  (明日の臨床で実際に治療を展開するための思考過程を学習)

詳細は学会Home pageに掲載しています。
お申し込みは学会ホームページの専用フォームをご利用ください。
(北海道認知神経リハビリテーション研究会のtop pageからも申込みいただけます)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「臨床で展開されるリハビリテーションをもっと豊かにする」
「10年で北海道のリハビリテーションを受けるものから学ぶものにする」
「セラピストをスターやアイドルのような、憧れの職業にする」

これらを実現するために北海道認知神経リハビリテーションは活動しています。
私たちの考え、活動にご賛同いただけるようでしたら、是非、
あなた様の受講申し込みをお待ちしております。

脳神経システムを鮮やかに再生する
革命的な治療法である、認知運動療法。
これらをじっくり学び、木村正剛と一緒に、
北海道の、そして日本のリハビリテーションを変えていきませんか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



題名:5月の札幌支部勉強会無事終了!  名前:ETCH事務局 2012/06/01(金) 17:19 No.530  操作


いつもお世話になっております。
4月に引き続き、今回もお忙しいところ、近郊施設などから当勉強会に参加して頂きましてありがとうございました。

今回は、平和リハビリテーション病院の藤田明子先生より症例を提示して頂き、実技も含めて症例検討を行いました。
症例提示の中で、項目ごとについてグループディスカッションが行われましたが、各テーブルごとに活発な議論を交わすことができたと思われます。

藤田先生には大変お忙しい中、リハビリテーションカルテを作成し、発表して頂き大変ありがとうございました。
「痛み」というどのセラピストでも避けることができない病理に対し、認知神経リハビリテーションによる介入をおこなった症例は、非常に興味深い内容だったと同時に、介入による難しさも改めて痛感した内容だったと思います。

今回参加された方々も、日々の自分の臨床を振り返りながら、積極的に参加して頂いた様子が随所に見受けられていました。
今後もぜひ参加して頂けると幸いです。また興味がある方もぜひ参加してみて下さいネ!!

北海道認知神経リハビリテーション研究会 
札幌支部事務局

  
 

題名:支部勉強会風景  名前:ETCH事務局 2012/06/01(金) 23:32 No.532  操作

532の画像を原寸大表示します 【追記】
症例報告希望者も随時募集中です。臨床で困っているケースであったり、ご自身の中で新たな発見があった際にはぜひ皆さんで意見を交換しましょう。

また次回の勉強会にて皆様とお会いできることを楽しみにしております。


[現行ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55]
[過去ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]
以下のフォームから自分の記事を修正/削除できます [説明]

処理:  記事No:  パスワード:


今日: 4
07/23 (火) 4
07/22 (月) 9
07/21 () 1
07/20 () 1
07/19 (金) 1
07/18 (木) 4
07/17 (水) 2
合計: 58059

- aimix-BBS無料レンタル掲示板 [掲示板の作成はこちら] -

script - Kent-web