北海道認知神経リハビリテーション研究会 掲示板

このエントリーをはてなブックマークに追加

[表示切替]  [HOMEに戻る]  [留意事項]  [記事検索]  [携帯URL]  [管理用]
この掲示板は北海道にて認知運動療法を実践するセラピストのため開設されております。
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP

名前
メール
題名
本文※必須
URL
添付FILE 上限500KB
パスワード 英数字で8文字以内(記事修正用)
文字色
画像認証
認証用数字  *   (画像の数字を入力して下さい)

題名:札幌支部定例勉強会(10月)開催のお知らせ 
名前:etch-jimukyoku 2014/09/24(水) 08:15 No.860  操作


いつもお世話になっております。
北海道認知神経リハビリテーション研究会事務局です。
来月の札幌支部勉強会の開催日程が確定しましたのでお知らせ致します。

日 時:平成26年10月23日(木)19:00〜21:00
場 所:医療法人明日佳 札幌宮の沢脳神経外科病院 4階リハビリ室
テーマ:基礎編シリーズ 認知神経リハの始め方3訓練

大反響の基礎編シリーズ最後のテーマです。
今回“訓練編”です。
今まで学んだ基礎理論編と評価観察編を踏まえ、それらをどのように訓練に結びつけて考えていけばいいのか?当日は道具の説明に加え、認知訓練の構造や実際展開時の注意点など、臨床実践に向けて役立つ情報をお話していく予定になっております。この基礎編シリーズは毎回参加者が増えてきている為、募集開始直後より定員を満たしてしまう可能性があります。興味関心のある方はお早めに申し込み下さい。

テーマ:基礎編シリーズ 認知神経リハの始め方3訓練
☆主な内容☆
・認知神経リハの訓練はどのようなことを行うのか?
 ※道具と訓練構造について
・認知神経リハの訓練を発展させる為に必要な視点とは?
 ※訓練間の繋がりと段階設定および難易度の設定について
・認知課題を体験する
(上肢の訓練/体幹への訓練/下肢への訓練)etc
 ※講義内容は部分的に変更となることがあります。

開催日時:平成26年10月23日(木) 19:00〜21:00(受付 18:30〜)
開催場所:医療法人明日佳 札幌宮の沢脳神経外科病院4階リハビリ室(札幌市西区西町南20丁目1番30号)
定員:30名(先着順)
募集開始:2014年09月24日
申込:ホームページ上の専用フォームより
※キャンセル待ちを希望される方は、下記アドレスまで直接お問い合わせ下さい。
費用:200円(会場使用料+資料代として)
講師:高橋秀和(作業療法士/認知運動療法士/札幌宮の沢脳神経外科病院)

※OTの方はこの勉強会で日本作業療法士協会の生涯教育制度における基礎コース1ポイントが認定されます。

  
 

題名:Re: 札幌支部定例勉強会(10月)開催のお知らせ 
名前:etch-jimukyoku 2014/10/01(水) 13:01 No.865  操作


いつもお世話になっております。
札幌支部定例勉強会は追加ぶんも含め、定員に達しましたので募集を終了させていただきました。
以後はキャンセル待ちとなりますので、ご希望の方は研究会アドレスまでご連絡下さい。



題名:函館支部9月勉強会開催報告  名前:函館支部 事務局 2014/09/30(火) 11:50 No.864  操作


864の画像を原寸大表示します いつもお世話になっております。
北海道認知神経リハビリテーション研究会函館支部です。
昨日は函館支部勉強会にご参加頂きありがとうございました!

今回はこの2ヵ月間の勉強を踏まえて函館支部スタッフによる実技練習を行いました。患者さんにどんなことを学習して欲しくて、どんな徒手的ガイドや声掛けなどが必要か、実際に体験することでみなさんの理解は深まったでしょうか??
今回の実技練習がみなさんの日ごろの臨床への一助になれば幸いです。

参加されたみなさん、本当にお疲れ様でした!
さらなる理解を深めたい方やご興味のある先生方は、ぜひいつでもお越し下さい!



題名:胆振支部勉強会開催報告  名前:滝谷貴啓 2014/09/30(火) 11:43 No.863  操作


863の画像を原寸大表示します 皆さん、お疲れ様です。

本日室蘭太平洋病院にて胆振支部勉強会を行いました。

参加者は15名。内容は体幹の認知運動療法!

そして、今回はなんと!!木村理事がはじめて室蘭にきてくださいました‼︎

小郷先生の講義はわかりやすく、沢山の知見をあれだけまとめて発表してくれたことに感謝の一言です。

木村先生には実技全般を担当して頂きました。みんな食い入るように話を聞いていたのが非常に印象的でした。

まだまだ、自分達の運営スキル不足や知識をアウトプットする力の不足を痛感いたしました!

しかし、今回の経験を活かしまた、新たな一歩を踏み出して行きたいと思います。

木村先生、絵梨先生、スタッフの皆さん、そして参加してくださった先生方、本当にありがとうございました!



題名:札幌支部定例勉強会(9月)開催報告  名前:etch-jimukyoku 2014/09/24(水) 09:24 No.861  操作


861の画像を原寸大表示します いつもお世話になっております。
北海道認知神経リハビリテーション研究会事務局です。
先週は札幌支部勉強にご参加頂き誠にありがとうございました!

《今回のテーマ》
”基礎編シリーズ認知神経リハの始め方2評価観察”
認知神経リハでは外部観察と内部観察と言う2つの視点でクライアントの行為を評価分析していきます。
今回は前半部分でその2つの視点の概要から評価バリエーションに関する講義を行った後、後半部分で実技体験を行っていきました。
実技体験の時間では各々が興味関心のある身体部位を選択し、札幌近郊のマスターコース修了者のスタッフと共に、基本的な認知課題の実践方法の確認から症例を想定した訓練提示まで実技体験を行っていきました。
実技体験中もスタッフと参加者との間で活発的にディスカッションが行われており、翌日の臨床実践へ向けて各々が何かヒントを得ることが出来たのではないかと思っております。

《参加者からの感想》
・1つの方法でも視点を変えたらいろんなパターンの治療方法に繋がると言うことが知ることが出来てとても楽しかったです。
・基礎だけではなく応用的な部分についても快く教授して頂けて大変勉強になりました。
・具体的にどういう人にどういう使い方を学べたことが印象に残りました。一つでも「わかった」と思えたことをどんどん臨床でやっていきたいと思いました。

《次回開催予定》
日 時:10月23日(木)
テーマ:”基礎編シリーズ 認知神経リハの始め方3訓練”
基礎編シリーズ最後のテーマになりますので、是非継続的に参加して頂けると幸いです。尚、申し込みは既に開始していますのでご希望の方はお早めに申し込み下さい。



題名:第24回十勝支部勉強会のお知らせ  名前:ETCH-o nakajima 2014/08/31(日) 22:11 No.855  操作


9月の十勝支部勉強会のお知らせをさせていただきます。

今月のテーマは『スポンジを使用した肩甲帯・体幹への実技』です。
ベーシックを受講された皆様、スポンジ...使っていますか!?何か新たな発見はありましたか?
ベーシック未受講の皆様、なぜスポンジか...それでどのように訓練を行うかわかりますか!?

スポンジはベーシックで手にする一番始めの認知の道具になります。
最も基本的な道具ではありますが上肢・下肢・体幹のそれぞれに対し様々な応用が利きます。
しかし、実際に当ててみる、感じてみるとなると意外と難しさや疑問を感じることと思います。
「どれくらいの強さで?」
「どこへ当てる?」
「当てて何を聞く?」
「そもそも当たった感覚ってどんな感じなの?」
などなど...

まずは自分たちで感じ、そして考えることで臨床へ還元していくことが大切だと私は考えております。
実際にスポンジを使って、一緒に自分の身体を感じてみましょう!

初学者の方・初めての方、大歓迎致します!興味のある先生方は是非ご参加をお願い致します。

皆様の参加をお待ちしております。


講 師:中島裕介 (十勝リハビリテーションセンター 理学療法士)
    望月竜一 (十勝リハビリテーションセンター 作業療法士)

テーマ:「認知神経リハビリテーション〜スポンジを使用した肩甲帯・体幹に対する実技〜」

日 時:9月19日(金)  19:00〜20:30

会 場:帯広協立病院 1F 作業療法室 

参加費:100円(資料代として)

定 員:10名(先着順、スポンジの個数に限りがあります)

※お申し込みはホームページトップの申し込みフォームからお願い致します。


※OTの方はこの勉強会で日本作業療法士協会の生涯教育制度における基礎コース1ポイントが認定されます。


お忙しいかと思いますが皆様とともに学べることを楽しみにしております。


十勝リハビリテーションセンター 理学療法士 中島裕介

  
 

題名:Re: 第24回十勝支部勉強会のお知らせ  名前:第24回十勝支部勉強会報告 2014/09/20(土) 22:07 No.859  操作

859の画像を原寸大表示します 今月も無事十勝支部勉強会を終えることができました。
今回で十勝支部勉強会も開催から2年が経ちます。
少しずつ、参加者も認知に対する知見の解釈ができるようになってきました。
現在は実技の内容を中心に行うことで認知はなぜこのようなアプローチの仕方をするのかを実際に体験することで臨床へ活かすことができるようにしています。

今回の勉強会でのテーマはスポンジです。
座位にてスポンジの左右の比較課題を行うことで、参加者全員で自分の身体の正中を知るという経験を行うことができました。

今後も実技のテーマも続けつつ、それに併せた理論背景や症例検討と様々なテーマで継続していけたらと思います。

参加者の先生方、ありがとうございました。
ご興味のある先生方は、ぜひいつでもお越し下さい!
来月もよろしくお願い致します!

十勝リハビリテーションセンター 理学療法士 中島裕介



題名:函館支部9月勉強会開催 実際の訓練を練習しましょう! 
名前:函館支部事務局 2014/09/08(月) 19:19 No.858  操作


先着順です。興味のある方はお早めにお申し込み下さいね。

ベーシックに参加すると、もらえるスポンジ。
どう使っていいかよく分らない方も多いと思います。
スポンジはとてもガイドが難しい道具ですが、非常に優れた道具の一つです。
今月の勉強会練習では下肢の課題でスポンジを使います。

今月はこの2ヵ月間の勉強を踏まえて函館支部スタッフによる実技練習を開催します。提示した症例に実施した訓練を一緒に練習しましょう。患者さんにどんなことを学習して欲しくて、どんな徒手的ガイドや声掛けなどが必要か、様々なことを実際に患者役・セラピスト役を体験して勉強しましょう。

また前回時間が足りなくなり出来なかった、外部観察や内部観察の方法を実際に実技形式で練習をする時間を設けます。

【テーマ】
『片麻痺』 第3部:下肢の足底に対するスポンジ課題など
 講師:函館支部運営スタッフ
                                            
■開催日時:平成26年9月29日(月曜日)
      18時30分から2時間程度

■場所:函館稜北病院 1F リハビリテーション室

■駐車場:無料 

■参加費:100円 (資料代として)

■定員:20名 完全先着順です。お早目にお申込み下さい。

■持ち物:ベーシック参加歴がありスポンジをお持ちの方はご持参ください
お持ちでない方は貸出致します。

■服装:スカートなどは避け、動きやすい服装でお越し下さい

■締切:平成26年9月27日(土曜日) 23:00
   
■申し込み方法
北海道研究会ホームページ:トップページの勉強会申し込みアイコンの函館へアクセスして、そこからお申込みください。


必ず個人個人でお申し込みをお願いします。
施設単位でのお申込みは受け付けておりません。

OTの方は日本作業療法協会生涯教育制度の基礎コース1ポイントが付与されます。
勉強会の参加申し込みを事前にして下さった方にポイントと交換できる用紙をお配りいたします。
20分以上遅刻した場合の配布は出来ません。



題名:札幌支部勉強会(9月)開催のお知らせ  名前:etch-jimukyoku 2014/08/30(土) 15:18 No.854  操作


おはようございます。
北海道認知神経リハビリテーション研究会事務局です。
先月は満員御礼で好評だった札幌支部勉強会の開催が決まりましたのでお知らせ致します。

9月のテーマ 
“基礎編シリーズ:認知神経リハの始め方? 2.評価&観察”
☆主な内容☆
・認知神経リハの評価・観察とは何か? (外部観察と内部観察)
・認知神経リハの評価・観察をどのように行うのか?(システムアプローチから見る行為の分析)
・認知課題を体験する(上肢の訓練/体幹への訓練/下肢への訓練)etc

8月の勉強会から開始されている基礎編シリーズの続編です。
前回の基礎編を参加された方は、臨床場面で何らかの変化をクライアントから感じることができましたか?
セラピスト・クライアントが変化を感じ、認知神経リハの更なる可能性を模索するには質の高い観察が必要です。
クライアントへの認知課題導入に際して、まず何を見なければいけないのか?
観察事項をどのように認知課題に取り込んでいくのか?
翌日から認知神経リハを展開する為に必要な観察の視点を学んでいきます。

当日は基本的な座学に加えて実技演習も行います。
実技演習は前回と内容は大きく変わりませんので、各々の興味関心のあるグループを選択して下さい。尚、前回と同様のグループを選択しても構いません。

全3回1セットで行っている初学者向け企画ですが、今回からの参加でも問題ありません。興味関心がある方は是非まわりの同僚の方やお友達もお誘いのうえお申し込み下さい。

テーマ:基礎編シリーズ 認知神経リハの始め方? 2.評価&観察
開催日時:平成26年09月18日(木)19:00〜21:00(受付 18:30〜)
開催場所:医療法人明日佳 札幌宮の沢脳神経外科病院4階リハビリ室(札幌市西区西町南20丁目1番30号)
定員:30名(先着順)
申込:ホームページ上の専用フォームより
費用:200円(会場使用料+資料代として)
講師:高橋秀和(作業療法士/認知運動療法士/札幌宮の沢脳神経外科病院)

※OTの方はこの勉強会で日本作業療法士協会の生涯教育制度における基礎コース1ポイントが認定されます。

  
 

題名:Re: 札幌支部勉強会(9月)開催のお知らせ 
名前:etch-jimukyoku 2014/09/02(火) 08:10 No.856  操作


いつもお世話になっております。
北海道認知神経リハビリテーション研究会事務局です。
今月の勉強会はおかげさまで定員に達しましたので、以後の受付はキャンセル待ちとなります。
キャンセル待ちを希望される方は、当研究会etch.venice@gmail.comへ直接メールにてお知らせ下さい。



題名:札幌支部勉強会(8月)開催報告  名前:etch-jimukyoku 2014/08/30(土) 14:20 No.852  操作


852の画像を原寸大表示します いつもお世話になっております。
北海道認知神経リハビリテーション研究会事務局です。

先日札幌支部勉強会が無事終了致しました!
おかげさまで追加席分も含め満員でより多くの方にご参加頂きました☆

今回の札幌支部の勉強会は基礎編シリーズの初回と言う事で、基礎理論(主に行為・運動の捉え方、学習メカニズム)を中心に講義を行いました。その後、各自が学びたいと思う身体部位別にグループに分かれ実技演習を実施しました。

基本は初学者向けの勉強会でしたが、日々自分が相手をする患者様を思い描き、各々が悩んでいる症例のお話や解決の為の訓練についてディスカッションする場面もみられ、有意義な時間を過ごすことが出来たのではないかと思います。

次回開催は9月18日(木) テーマは”認知神経リハの始め方2評価&観察”です。
このシリーズは3部構成になっておりますので、是非今後も継続的な参加をお待ちしております。

☆参加者からの感想☆
・講師の先生が多くてディスカッションしやすくてとても良かったです!
・実際やってみないとわからないことが多く、直接先生方と話せる環境が良かったと思います。
・スポンジの使用方法、体幹の訓練に関する内容を教えて頂いてすぐに試してみようと思いました。楽しかったです!
・質問がいろいろ出来るのでありがたいです。
・明日から実践出来る内容があり、とても有意義な時間でした!
・小グループになり教わる時間があり、とても興味と面白さを感じました。丁寧に教えて下さった先生方に感謝しています。



題名:旭川支部 8月定期勉強会のご案内  名前:旭川支部 事務局 2014/08/12(火) 12:40 No.837  操作


837の画像を原寸大表示します
【テーマ】
「上肢の活動の分析方法と治療方法」

生活における上肢の重要性は
患者さんから語られるメッセージを聴いている私たちにとって
着目するべきポイントの一つであるかもしれません。


「料理を振舞って旦那に喜んでもらうことが
私の楽しみなんです!」

「畑仕事が長年の趣味だったんです。
畑作業している時が一番夢中になれるんです。」


いろいろなことを患者さんは
私たちに伝えてくれます。
そして、その感情をぶつけてくれているのではないでしょうか?


さて、活動の中で
上肢の関節の役割って
どのようなものがあるのでしょうか?

肩関節は方向付け・距離
肘関節は距離
手関節は構え
手指は操作

ですね。



では、
この役割だけを知っていて
活動の分析が出来るでしょうか?

この役割が理解できて
治療ができるでしょうか?



今回は、それらの分析や治療をテーマに
講義をしていきたいと思います。

また、実技も行いますので
皆さんには、治療を知るだけではなく
できる状態になってもらいたいと思います。



それでは、興味のある方は
ご参加くださいますよう
よろしくお願いします。



テーマ:「上肢の活動の分析方法と治療方法」
講師:伊藤 翼(旭川三愛病院)
日時:8月25日(月)
時間:18時30分〜20時30分
会場:旭川三愛病院 3階 リハビリセンター
   (必ず裏の職員玄関から入ってきてください)
参加費:100円
定員:12名(先着順)

※OTの方は日本OT協会の生涯教育制度の1ポイントが認定されます。

資料作成部数と会場調整がありますので参加者はご連絡ください。


その他のお問い合わせは下記のアドレスまでご連絡下さい。
アドレス:etch.venice@gmail.com

  
 

題名:定期勉強会の報告  名前:伊藤翼 2014/08/29(金) 06:50 No.850  操作

850の画像を原寸大表示します 定期勉強会に参加された先生方
お疲れ様でした。

皆さんの熱意や、学ぶ姿勢には
敬意を評します。
とても素晴らしい先生方に巡り会えたことに
感謝しています。


今回の勉強会では
申込人数が12人と
定員いっぱいとなり
とても活気にあふれた
素晴らしい雰囲気の中
勉強会をさせていただきました。

みなさんからのアンケートでも
声掛けの仕方や
思考をしてもらうためのさまざまな方法
そして、問のたてかたなどを理解できたようです。

私から見ていても
みなさん悪戦苦闘しながらも
はじめに比べると
身体の操作や声掛けが
とても滑らかになっていました。

これは
わたしにとっても
最高の喜びです!

本当に、参加された皆さん
ありがとうございました!

また、次回お会いしましょう!!



題名:函館支部8月定期勉強会報告  名前:函館支部 事務局 2014/08/28(木) 13:11 No.849  操作


先日は8月定期勉強会に参加された皆様、お疲れ様でした。

今回は前回に引き続き片麻痺をテーマに認知神経リハビリテーションの視点や観察から訓練構築までの流れについての内容でした。

では実際に訓練はどう行なっているのか?ということで、次回は実技メインの勉強会を予定しています。

限られた時間内で全てを理解することは難しいですが、一緒に継続して学べる機会を増やしていければと考えております。

皆様の参加をお待ちしております。


[現行ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55]
[過去ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
以下のフォームから自分の記事を修正/削除できます [説明]

処理:  記事No:  パスワード:


今日: 4
04/20 () 4
04/19 (金) 4
04/18 (木) 3
04/17 (水) 20
04/16 (火) 11
04/15 (月) 14
04/14 () 3
合計: 57753

- aimix-BBS無料レンタル掲示板 [掲示板の作成はこちら] -

script - Kent-web