北海道認知神経リハビリテーション研究会 掲示板

このエントリーをはてなブックマークに追加

[表示切替]  [HOMEに戻る]  [留意事項]  [記事検索]  [携帯URL]  [管理用]
この掲示板は北海道にて認知運動療法を実践するセラピストのため開設されております。
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP

名前
メール
題名
本文※必須
URL
添付FILE 上限500KB
パスワード 英数字で8文字以内(記事修正用)
文字色
画像認証
認証用数字  *   (画像の数字を入力して下さい)

題名:スペシャルセミナー開催のお知らせ  名前:事務局 2015/02/02(月) 05:18 No.906  操作


■クライアントの行為を精密に評価し治療に結び付けたい。

■認知運動療法の実際の臨床光景を動画で見て、そのクライアントとの対話を聴いてみたい。

■セミナーを終えた後に、自分自身の臨床をより高めたい。



あなたの考えに
当てはまる想いがありますか?



現在、さまざまな研究会が全国に立ち上がり
色々な治療技術を学ぶことができるようになりました。



しかし、セラピストの悩みが解消されるのは一部で
多くの悩みを抱えたまま、また臨床の海に投げ出されてしまいます。



あなたの想いを叶えることのできる
他のセミナーでは聴くことのできない話を
聴いてみたくはありませんか?



そもそも
何故、様々なセミナーに参加しても
臨床での悩みが解消されないのでしょうか?



それは、人間の行為を厳密に理解しきれていないためではないでしょうか?



限局された状態へのテクニックをいくら学んでも
目の前のクライアントが同じ状態でなければ
クライアントを回復へ導くことはできません。



根本となる、クライアントの行為を理解できなければ
テクニックは活かされないのです。



本セミナーでは治療の根本である人間の行為の観察を学ぶことができます。


人間を理解するための精密かつ厳密な観察方法を学び
あなたは、クライアントのアプローチすべきポイントを見つけることができます。


そして、認知運動療法士による症例報告をみて、きくことで
具体的な訓練方法や実用的な臨床思考を身につけることができます。


さらに、認知運動療法士と
あなたとのグループディスカッションにより
人間行為における現象は紐解かれ
行為の回復に必要な知識はさらに深まることになります。



わたしたちは
臨床に悩みを抱える
数多くのセラピストを救い
多くのクライアントに質の良い治療を受けてもらいたい。

北海道のセラピストに
さらなる活躍をしてもらいたいと思っています。



そのため、1日講座のセミナーですが
会員1000円、一般2000円という
低価格でセミナー開催をすることになりました。



しかし、内容は少し難解なものになります。

熱意があり、頑張ってクライアントと向きあっていこうという
想いがあるセラピストでなければ
貴重な時間やお金が無駄になってしまうかもしれません。


ただ、熱意がある一生懸命なセラピストにとっては
非常に有意義な、納得のいく時間になることを約束します。



共にクライアントに必要とされるセラピストを目指していきましょう。



テーマ:【人間の行為の観察〜プロフィールとリハビリテーションカルテ〜】
講 師:高橋 昭彦 先生
    (NPO法人 子どもの発達・学習を支援するリハビリテーション研究所 代表)
    (認知神経リハビリテーション学会理事)
日 時:2015年3月15日(日)
場 所:北海道立子ども総合医療・療育センター1階会議室
    (札幌市手稲区金山1条1丁目240番6)
対 象:理学療法士・作業療法士・言語聴覚士
定 員:50名(受付先着順 定員となり次第修了)
参加費:会員1000円 一般2000円



<プログラム>
9:30 〜 受付開始
9:55 〜 10:00 : Opening Act
10:00 〜 12:20 : 特別講演【人間の行為の観察】
12:20 〜 13:00 : ランチミーティング
13:00 〜 13:50 : 認知運動療法士の臨床思考?T
14:00 〜 14:50 : 認知運動療法士の臨床思考?U
15:00 〜 15:50 : 認知運動療法士の臨床思考?V
15:50 〜 16:50 : グループワーク 『リハビリテーションカルテ再考』
16:50 〜 Ending Act
17:00  終了

※ 認知運動療法士の臨床思考のテーマは
  中枢(上肢機能) 関節リウマチ(上肢機能) 半側空間無視
  これら3つのテーマを考えております。


興味のある方はこちらから
https://ssl.kokucheese.com/event/entry/259599/

  
 

題名:満員御礼につき募集完全終了  名前:ETCH事務局 2015/02/04(水) 13:18 No.907  HomePage 操作

こんにちは、ETCH事務局です。

3月15日開催のスペシャルセミナーは
一般募集開始直後より
お申し込みが殺到し、
定員を50名から65名に
増席いたしましたが
既に満席となり
募集を完全終了いたしました。

多くの皆様の参加申し込みに
感謝を申し上げます。

開催が近くなりましたら
改めて詳細をご連絡させていただきますので
楽しみにお待ちください。

ETCH事務局



題名:第27回十勝支部勉強会のお知らせ  名前:ETCH-o nakajima 2015/01/12(月) 21:51 No.898  操作


昨年は十勝支部勉強会に参加していただき誠にありがとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

1月の十勝支部勉強会のお知らせをさせていただきます。

先月延期となりました。ポンテとラルケットという道具を使用した実技を中心に行います。
再度の説明となりますが、ポンテはイタリア語で『橋』という意味で、アーチ状の木の板にメモリがついた道具になります。
ラルケットは『弓』という意味でその名の通り弓なりの塔にメモリがついた道具になります。
主にポンテは前腕の回内外、ラルケットは手指MP関節・手関節の掌背屈に介入することで上肢が物体操作を行う上での『構え』を教えていくために使用する道具となります。
物体操作の訓練を行う上での一つの手がかりになるかと思います。
興味がある方はぜひご参加下さい。

初学者の方も大歓迎致します!興味のある先生は是非ご参加をお願い致します。

皆様の参加をお待ちしております。


講 師:中島裕介 (十勝リハビリテーションセンター 理学療法士)
    
テーマ:「認知神経リハビリテーション〜ポンテやラルケットを用いた手の構えに対する課題〜」

日 時:1月29日(木)  19:00〜20:30

会 場:帯広協立病院 1F 作業療法室 

参加費:100円(資料代として)

定 員:20名(先着順)

※お申し込みはホームページトップのリンクからお願い致します。

※OTの方はこの勉強会で日本作業療法士協会の生涯教育制度における基礎コース1ポイントが認定されます。
※今月も都合により木曜開催となります。

お忙しいかと思いますが皆様とともに学べることを楽しみにしております。

十勝リハビリテーションセンター 理学療法士 中島裕介

  
 

題名:Re: 第27回十勝支部勉強会のお知らせ  名前:ETCH-o nakajima 2015/02/01(日) 21:33 No.904  操作

遅くなりましたが、今回も無事勉強会終了いたしました。

今回の実技では物体に手を伸ばす上での構えについてお互いに感じることができましたが、
それ以上に「導く側に力が入っていると被験者は指先に注意がむいてしまいやすく、動かし方が難しく感じた」など
受講者が訓練を行う側としての課題に気づきつつ、動かし方がわかるにつれて「腕の動きが軽くなる」
という感想から、差異に気づくことができた会であったと思います。

次回は『歩行』と、今まで行ってきた実技とは少しだけ視点が変わるものになりますが、
また皆さんと気づきを共有できればと思います。

参加者の皆さん今月もありがとうございました。



題名:函館支部1月勉強会開催のお知らせ  名前:菅原紘子 2015/01/15(木) 08:30 No.899  操作


今月も函館支部勉強会を開催する運びとなりましたのでお知らせ致します。
昨年はたくさんの方々に勉強会に参加して頂き本当にありがとうございました。
本年も皆さんと様々な学習において理解を深めていければと思っています。よろしくお願い致します。

今月から新たなテーマでの勉強会になり、実施するテーマは『失行』です。
前回までは右半球損傷でよく観察される半側空間無視について行いましたが、今月は左半球損傷でよく観察される失行について行っていきます。
○1月:認知神経リハビリテーションの視点や治療方略について
・ご飯を食べる時の箸やスプーンが使いづらそう
・飲み物を飲む時のコップの持ち方がなんだかおかしい
・起き上がる時の上下肢の動かし方が拙劣で、介助が必要
・歩いてる時によく足がひっかかる
もしかしたら失行の影響かもしれないけど、
どんな風に解釈して治療を行っていけばいいのか…
臨床場面で出会った時にどんな解釈をして治療行う事が出来るのか、3か月を通して皆さんと理解を深めていければと思います。
2月・3月は道具を使用した実技訓練を行っていく予定です。
年度末に入りお忙しい時期とは思いますが、みなさんのご参加をお待ちしています。

【テーマ】
『失行:認知神経リハビリテーションでの失行の考え方・治療方略』 第1部
講師:菅原紘子 函館稜北病院 理学療法士
■開催日時:平成27年1月28日(水曜日)
      18時30分から1.5時間程度
■場所:函館稜北病院 1Fリハビリテーション室
■駐車場:無料 
■参加費:100円 (資料代として)
■定員:15名 完全先着順(初学者方も大歓迎です)です。お早目にお申込み下さい。
■締切:平成27年1月25日(日曜日) 23:00まで
■申し込み方法 :
北海道研究会ホームページ:トップページの勉強会申し込みアイコンの
函館へアクセスして、そこからお申込みください。
http://etch.eco.coocan.jp/
 OTの方は日本作業療法協会生涯教育制度の基礎コース1ポイント付与されます。勉強会の申し込みを事前にして下さった方にポイントと交換出来る用紙をお配りいたします。20分以上遅刻した場合の配布は出来ません。

  
 

題名:函館支部1月勉強会開催  名前:函館支部事務局 2015/01/29(木) 18:43 No.903  操作

 2月の道南支部勉強会が終了しました。
 今回は失行症の基礎に関して勉強をしました。基礎編と言う事で、古典的なLiepmannによる分類、異種感覚統合の障害などから失行の発生メカニズムを参照し、それらに関わる情報処理経路を追いました。   
 さらに失行症の特異的な病理と、患者様の具体的な振る舞いを参照しながら理解を深め、評価の例を交えながら、絵カードを使用した訓練の方法などを学びました。
 次回は実際に皆さんと訓練を体験、練習する事で失行症の病理の理解、評価の視点が広まり、奥行きのあるものになればと考えております。今後とも宜しくお願いします。
 



題名:札幌支部 1月勉強会開催報告  名前:NARITA 2015/01/23(金) 08:40 No.902  操作


902の画像を原寸大表示します みなさん今年もどうぞよろしくお願い致します。

平成27年1月20日(火)に今年初めての札幌支部の勉強会を開催しました。
今月は、「体幹」をテーマに前半は講義、後半は実技の構成で実施いたしました。
講義については、「体幹の機能的な構成要素について」や「各構成要素に対しての訓練が考えられるのか?」などの内容で、
後半の実技は講義内容を踏まえて少人数のグループに分かれて実技を行っていただきました。
各グループで研究会のスタッフと日々の臨床での疑問点などを熱心にお話をして、皆様の熱意が伝わってきました。

アンケートの中からは、
「実践して困った事についてわかりやすく教えていただきまた。明日から試したいです。また教えてください!」
「臨床場面で治療がいかせずに悩んでいましたが、実技を通してスッキリしました!」
「質問しやすい場でとてもわかりやすかったです。」
などの意見がありました。

これからも皆さんと、臨床での悩みや疑問点を一緒に解決していけるような勉強会にしていきたいと考えております。
今後も皆さんの参加をお持ちしております。
今後ともよろしくお願いいたします。



題名:札幌支部 2月定期勉強会のお知らせ  名前:札幌支部事務局 2015/01/21(水) 12:24 No.900  操作



2月の札幌支部定期勉強会のご案内をさせていただきます。


テーマ:“ 運動器疾患に対する認知運動療法 〜セミナー伝達〜 ”

今回は、昨年金沢で実施された認知運動療法セミナーの内容も含まれており、
札幌での伝達は今回限りとなる予定です。

整形術後のリハビリテーションを行っていく上で、日々どんなことにつまづくでしょうか?

・痛みがある… 防御性収縮が著明…
・可動域は改善したにも関わらず、歩行等の行為に繋がらない

ope後のリハビリを認知運動療法ではどのように捉えて、介入するかを一緒に考えていければと思います!

 末梢器官を理解することは、中枢疾患の治療においても重要になります。

今まで、運動器疾患に対する認知運動療法になかなか触れる機会がなかった方、
これから認知運動療法を勉強される方にも分かりやすい内容になっています!

講義後は実技演習の時間を設ける予定になっております。
皆さんが担当されている悩み相談も乗らせていただきます。

ぜひ興味・関心のある方は友人や同僚の方をお誘いのうえ、ご参加下さい。

【開催日時】平成27年2月17日(火) 19:00〜21:00(受付 18:30〜)
【開催場所】医療法人明日佳 札幌宮の沢脳神経外科病院4階リハビリ室(札幌市西区西町南20丁目1番30号)
【講師】新田麻美 (理学療法士/認知運動療法士/クラーク病院)
【費用】200円(会場使用料+資料代として)
【定員】30名(先着順)
【募集開始】2015年1月21日(水)12時〜
【申込方法】ホームページ上の専用フォームより

※OTの方は日本OT協会の生涯教育制度の1ポイントが認定されます。
沢山のご参加をお待ちしております。

  
 

題名:2月札幌支部勉強会 募集終了・追加のお知らせ 
名前:札幌支部事務局 2015/01/22(木) 06:23 No.901  操作



いつもお世話になっております。
札幌支部事務局です。

2月の札幌支部定例勉強会は募集開始早々に定員に達しましたので募集を終了させていただきました。

以後はキャンセル待ちとなりますが、ご好評につき若干名になりますが追加募集させていただきます。

ご希望の方は下記の研究会アドレスまで題名を【札幌支部追加募集】とし、所属とお名前をご記入の上、お申し込み下さい。

研究会アドレス:etch.venice@gmail.com



題名:札幌支部 1月勉強会案内  名前:札幌支部事務局 2014/12/29(月) 12:17 No.895  操作


北海道認知神経リハビリテーション研究会事務局です。
今年も残すところあと僅かになりました。
さて、来年1月の札幌支部勉強会のご案内をさせていただきます。


テーマ:“体幹に対する認知神経リハビリテーション”

・臨床で「もっと真っ直ぐに座って」とクライアントにただ声をかけていませんか?
・上肢や下肢の課題が上手くいっても、実際の行為につながらない・・。

 真っ直ぐを認識する為に必要な要素はなんでしょう・・。
 体幹の正中位を保持した制御は課題に配慮されてますか?

移動手段だけでなく上肢の行為にとっても体幹の安定性は非常に重要な要素になります。
これから勉強される方にとっても、はじめに体幹の行為を知ると四肢の行為とのつながりが持てます。

体幹についての講義後は実技演習の時間を設ける予定になっております。

皆さんが担当されている悩み相談も乗らせていただきます。
ぜひ興味・関心のある方は友人や同僚の方をお誘いのうえ、ご参加下さい。

【開催日時】平成27年1月20日(火) 19:00〜 (受付 18:30〜)
【開催場所】医療法人明日佳 札幌宮の沢脳神経外科病院4階リハビリ室(札幌市西区西町南20丁目1番30号)
【講師】横山航太 (作業療法士/認知運動療法士/中村記念南病院)

【費用】200円(会場使用料+資料代として)
【定員】30名(先着順)
【募集開始】2014年12月29日(月)12:00〜

【申込方法】ホームページ上の専用フォームより

 ※OTの方はこの勉強会で日本作業療法士協会の生涯教育制度における基礎コース1ポイントが認定されます。

当日、皆様とお会いできるのを楽しみにしております。



  
 

題名:募集終了のお知らせ  名前:札幌支部事務局 2015/01/11(日) 15:42 No.897  操作

いつもお世話になっております。
今月の札幌支部定例勉強会は定員に達しましたので募集を終了させていただきました。
以後はキャンセル待ちとなりますので、ご希望の方は研究会アドレスまでご連絡下さい。
また、次回の札幌支部勉強会は2月17日に開催予定です。
昨年12月に行われた認知運動療法セミナーの伝達講習を予定しております。
皆様のご参加をお待ちしております。



題名:旭川支部 H27年1月の定期勉強会のご案内 
名前:旭川支部 事務局 2015/01/08(木) 06:13 No.896  操作


896の画像を原寸大表示します あけましておめでとうございます!!
北海道認知神経リハビリテーション研究会 旭川支部事務局です。

今月も旭川支部勉強会を開催する運びとなりましたのでお知らせ致します。



【テーマ】
「カルテを書こう! 〜臨床思考の整理〜」


今回は、講習会の前半1時間をカルテの書き方として
講義を致します。
そして、後半では「不安定板」という
道具の作成をしようと考えています。

さて、みなさんはこんなことを考えたことはありますか?
■ 人間を治療するためにはどれだけの情報が必要なのか?
■ どれだけ厳密な観察が必要なのか?
■ 何を観察すべきなのか?

考えることはとても重要なことです。
そして、もっと重要なことは行動をすることです。

やってみなければ何もわかりません。
やってみて初めて、足りなかった。
間違っていた。
みられていなかった。
ということがわかります。

カルテの重要性を学ぶとともに
認知神経リハで必要となるプロフィールの整理の仕方について
皆さんと一緒に学ぼうと思います。

「まだまだ細かく患者さんを観察しなくては...」と
勉強会終了後には感じる時間にしたいと思います。

はじめて参加される方、初学者の方も大歓迎です!
必ず、知識・技術を向上できるよう講習会を致します。

それでは
お時間のご都合のつく方は
是非ともご参加ください。


テーマ:「カルテを書こう! 〜臨床思考〜」
講師:村上陽一(旭川三愛病院)
日時:1月23日(金)
時間:18時30分〜20時30分
会場:旭川三愛病院 3階 リハビリセンター
   (必ず裏の職員玄関から入ってきてください)
参加費:100円
定員:12名(先着順)

※OTの方は日本OT協会の生涯教育制度の1ポイントが認定されます。

資料作成部数と会場調整がありますので
参加希望者は下記のURLよりお申し込み下さい。
http://kokucheese.com/event/index/252511/

その他のお問い合わせは下記のアドレスまでご連絡下さい。
アドレス:etch.venice@gmail.com



題名:12月勉強会開催  名前:函館支部事務局 2014/12/09(火) 09:28 No.890  操作


函館支部12月勉強会開催 

10月から始まった3つ目のテーマは『半側空間無視』についてです。
10月に基礎的な半側空間無視のメカニズムについて復習し、11月の勉強会では認知神経リハでの半側空間無視・右半球損傷の考え方についての学習を行いました。半側空間無視を呈している患者さんの世界がどうなっているのか少しずつでも理解は深まってきたでしょうか?今月は実技を行います。勉強したけど実際の臨床ではどうすればいいの?という方是非参加して一緒に学びを深めてもらえばと思います。

今回の定員は先着10名となっています。興味のある方は早めにお申し込み下さい。

【テーマ】
『半側空間無視:半側空間無視・右半球損傷に対する認知運動療法実技』 第3部
講師:函館支部運営スタッフ
                                       
■開催日時:平成26年12月18日(木曜日)
      18時30分から1.5時間程度
■場所:函館稜北病院 1Fリハビリテーション室
■駐車場:無料 
■参加費:100円 (資料代として)
■定員:10名 完全先着順です。お早目にお申込み下さい。
■服装:スカートなどは避け、動きやすい服装でお越し下さい。
■締切:平成26年12月15日(月曜日) 23:00
■申し込み方法 :
北海道研究会ホームページ:トップページの勉強会申し込みアイコンの
函館へアクセスして、そこからお申込みください。
http://etch.eco.coocan.jp/
 OTの方は日本作業療法協会生涯教育制度の基礎コース1ポイント付与されます。勉強会の申し込みを事前にして下さった方にポイントと交換出来る用紙をお配りいたします。20分以上遅刻した場合の配布は出来ません。

  
 

題名:Re: 12月勉強会開催  名前:函館支部事務局 2014/12/23(火) 13:16 No.894  操作

今回の勉強会は、座位の観察・体幹に対するスポンジ課題・机上での五目板課題を中心に練習しました。半側空間無視を呈している患者さんを想定し、どのような声掛けやガイドが必要か、皆さんと一緒にでスカッションしながら練習できました。なかなか訓練で患者さんの反応に対してどのように声掛けやガイドをして行って良いかわからないものです。こういう反応の場合、こういう介入があるかもしれないと想定をしながら事前に健常者同士で練習する大切さを再認識しました。

来年からは失行症のテーマで残り3か月実施していきます。
来年も一緒に学べる場を共有できることを楽しみしております。



題名:第27回十勝支部勉強会のお知らせ  名前:ETCH-o nakajima 2014/11/26(水) 22:16 No.889  操作


12月の十勝支部勉強会のお知らせをさせていただきます。

今月はポンテとラルケットという道具を使用した実技を中心に行います。
ポンテはイタリア語で『橋』という意味で、アーチ状の木の板にメモリがついた道具になります。
ラルケットは『弓』という意味でその名の通り弓なりの塔にメモリがついた道具になります。
主にポンテは前腕の回内外、ラルケットは手指MP関節・手関節の掌背屈に介入することで上肢が物体操作を行う上での『構え』を教えていくために使用する道具となります。
興味がある方はぜひ体験していただけたらと思います。
初学者の方・初めての方、大歓迎致します!興味のある先生は是非ご参加をお願い致します。

皆様の参加をお待ちしております。


講 師:中島裕介 (十勝リハビリテーションセンター 理学療法士)
    
テーマ:「認知神経リハビリテーション〜ポンテやラルケットを用いた手の構えに対する課題〜」

日 時:12月18日(木)  19:00〜20:30

会 場:帯広協立病院 1F 作業療法室 

参加費:100円(資料代として)

定 員:20名(先着順)

※お申し込みはホームページトップのリンクからお願い致します。

※OTの方はこの勉強会で日本作業療法士協会の生涯教育制度における基礎コース1ポイントが認定されます。
※今月は都合により木曜開催となります。

お忙しいかと思いますが皆様とともに学べることを楽しみにしております。

十勝リハビリテーションセンター 理学療法士 中島裕介

  
 

題名:【延期のお知らせ】第27回十勝支部勉強会のお知らせ 
名前:ETCH-o nakajima 2014/12/17(水) 20:34 No.893  操作


天候および路面状況の都合上、誠に勝手ながら今月の勉強会は来月に延期致します。
内容はそのままで日程は決定次第ご連絡致します。
ご迷惑をおかけ致しますが、またの参加をよろしくお願い致します。

十勝リハビリテーションセンター 理学療法士 中島裕介



題名:胆振支部12月勉強会開催報告  名前:滝谷貴啓 2014/12/10(水) 23:26 No.892  操作


892の画像を原寸大表示します お疲れ様です。胆振支部の滝谷です。本日、室蘭太平洋病院にて12月度勉強会を開催させて頂きました!参加者は12名、内容は上肢の認知神経リハビリテーション。小郷先生の講義の後、グループに分かれて肩、肘、前腕、手の訓練を実際に体験しながらディスカッションすることができました。参加した先生達と臨床での失敗体験、成功体験などを通して学びを深める事ができました。年内の勉強会はこれで最後になります。来年は2月に伊達、3月に恵庭での勉強会が控えております。また、皆さんと一緒に勉強できたらと思っておりますのでよろしくお願いいたします。

[現行ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55]
[過去ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]
以下のフォームから自分の記事を修正/削除できます [説明]

処理:  記事No:  パスワード:


今日: 4
07/18 (木) 4
07/17 (水) 2
07/16 (火) 3
07/14 () 2
07/12 (金) 1
07/11 (木) 3
07/09 (火) 3
合計: 58043

- aimix-BBS無料レンタル掲示板 [掲示板の作成はこちら] -

script - Kent-web