北海道認知神経リハビリテーション研究会 掲示板

このエントリーをはてなブックマークに追加

[表示切替]  [HOMEに戻る]  [留意事項]  [記事検索]  [携帯URL]  [管理用]
この掲示板は北海道にて認知運動療法を実践するセラピストのため開設されております。
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP

名前
メール
題名
本文※必須
URL
添付FILE 上限500KB
パスワード 英数字で8文字以内(記事修正用)
文字色
画像認証
認証用数字  *   (画像の数字を入力して下さい)

題名:第33回十勝支部勉強会開催報告  名前:ETCH-o nakajima 2015/08/22(土) 12:48 No.995  操作


995の画像を原寸大表示します 昨日、十勝支部勉強会を開催いたしました。
今月のテーマは「五目板を使用した訓練について」というもので実技を中心に行いました。

今回はお互いにセラピスト役と患者役を行うことで参加者からは
「声かけの方法一つで体への注意が変わった」
「自分の体の左右を比べることが想像していた以上に難しかった」
「手の誘導の仕方が違うと想起する行為も変わりそう」
などの感想がありました。

次回も実技を中心に行い、たくさんディスカッションを行えればと思います。
ご参加ありがとうございました。

追伸
今月は勉強会告知を掲示板の載せることを忘れてしまいました...
来月からは漏れないよう気をつけます!

十勝リハビリテーションセンター 理学療法士 中島裕介



題名:札幌支部定期勉強会(8月)ご案内  名前:事務局 2015/07/29(水) 08:37 No.988  操作


いつもお世話になっております。
北海道認知神経リハビリテーション研究会事務局です。

8月の札幌支部勉強会開催が決まりましたのでお知らせいたします。

タイトル: 認知神経リハビリテーションの訓練 その2
     〜効率よく訓練を組み立てるための手続き〜


今月は先月に引き続き、訓練の展開のさせ方について学べる内容になっております。

認知神経リハビリテーションの訓練では、道具を使うことが多くあります。
スポンジ、タブレット、不安定板、軌道板…

しかし大事なのは道具を使うことではなく、
「何のために道具を使うのか」「患者さんに何を教えたいから道具を使うのか」
ということです。

・この患者さんにどのような訓練を選択すればいいかわからない。
・訓練の選択はできたが、改善の予測が立てられない。
・改善が見られてきたが、次に何をすればいいか行き詰まっている。

そんな訓練の悩みをお持ちの方は是非ご参加ください。

効率的に訓練を展開していくためのベースの考え方を、実技と講義を通して養えていただければと思います。


8月の支部勉強会は19日の水曜日になります。
火曜日ではございませんのでお間違えの無いようによろしくお願いいたします。


また、ベーシックコースや日々の臨床での質問なども受け付けておりますので、
同僚やお友達などお誘いのうえ、ご参加頂けると幸いです。


講師:中安 恭平 (訪問看護ステーションくまさんの手 理学療法士 認知運動療法士)
日時:2015年8月19日(水)19:00〜21:00(受付開始18:30)
会場:医療法人明日佳 札幌宮の沢脳神経外科病院
住所:札幌市西区西町南20丁目1番30号
費用:200円(資料代として)
定員:30名(先着順)


申し込み方法:当ホームページの専用フォームより申込みください

※定員になり次第締め切りますのでお早めにお申し込みください。
※OTの方は日本作業療法士協会の生涯教育制度における基礎コース1ポイントが認定されます。


  
 

題名:定員追加のご案内  名前:事務局 2015/08/04(火) 16:38 No.991  操作

こんにちは事務局です。
8月の札幌支部定期勉強会も一週間かからずに今月も定員に達してしまいました。
会場との兼ね合いもありますが、僅かですが追加募集いたします。

当日、皆様とお会いできることを楽しみにしております。



題名:第32回十勝支部勉強会のお知らせ  名前:ETCH-o nakajima 2015/06/21(日) 22:20 No.976  操作


976の画像を原寸大表示します  今年も7月に認知神経リハビリテーション北海道ベーシックコースが開催されます。
 今年は募集開始から2日間で定員となるほど非常に多くの方から関心を受けている分野となっております。

 さて、今回の勉強会ではそのベーシックコースの一部分をお伝えし、共有するテーマで行おうと考えています。
 ベーシックコースに参加した方は復習やブラッシュアップの機会として、参加できなかった方はベーシックコースでどのようなことを学ぶのか触れる機会になればと思っています。

 認知神経リハビリテーションに興味のある方のご参加お待ちしております!
 皆様と一緒に学べることを楽しみにしております!


講 師:中島裕介 (十勝リハビリテーションセンター 理学療法士)
テーマ:「認知神経リハビリテーション 北海道ベーシックコース2015の伝達」
日 時:7月31日(金)  19:00〜20:30
会 場:帯広協立病院 1F 作業療法室 
参加費:200円(資料代として)
定 員:10名

※お申し込みは本ホームページトップからお願い致します。

※OTの方はこの勉強会で日本作業療法士協会の生涯教育制度における基礎コース1ポイントが認定されます。

 十勝リハビリテーションセンター 理学療法士 中島裕介

  
 

題名:Re: 第32回十勝支部勉強会開催報告  名前:ETCH-o nakajima 2015/08/02(日) 22:00 No.990  操作

今回はなんと満員での開催となりました。
十勝支部も少しずつ仲間が増え、嬉しく思います。

さて、今回はベーシックコースの一部分を共有し、実際に実技の中で体験するといった内容の勉強会となりました。
参加者の皆様、スポンジを使用しながらお互いの体を感じ、問い、何か気づきはありましたでしょうか?

参加者の方からは、
「少しずつイメージはついたけど、他の道具を使用した治療も勉強し、もっと知りたい」
「今まで徒手的な介入を行ってきたが、患者様自身がどんなふうに感じているかを考え、聞くということがあまりなかったため、臨床に戻って聞いてみたい」

など参加者各自が何かを感じ取っていただけたような感想が聞かれていました。

これからも継続し、行うことで少しずつ研鑽していくことができればと思いますので、皆様のまたのご参加をお待ちしております。
ありがとうございました!

追伸
また、今回も写真を撮り忘れてしまいました。。。



題名:函館支部7月勉強会開催のお知らせ    名前:函館支部事務局 2015/07/23(木) 18:58 No.985  操作


今月も函館支部勉強会を開催する運びとなりましたのでお知らせ致します。

今月は『単軸不安定板を使用した実技訓練』をテーマに勉強会を行います。

歩行の支持機能・到達機能の行為の獲得を目的に使用される「単軸不安定板」ですが、
今回の学習会では道具の特性・ガイド方法・治療展開も学習し、
さらにどのような症例に対して治療を行っていけるのか皆さんとディスカッションしていきたいと思います。
こんな症例にも適応出来る、こういうガイドを行うとさらに治療の幅が広がるなどの情報も共有していければと思います。

※今回のベーシックコースで学習した所も今回の実技につながる形で復習していければと思います。
ベーシックコースに参加していなくても、参加出来る内容になっています。
初学者の方を始め、たくさんの方のご参加をお待ちしています。お気軽にご参加下さい。


【テーマ】
『単軸不安定板を使用した実技訓練』 講師:函館支部スタッフ

■開催日時:平成27年7月29日(水曜日)
      18時30分から1.5時間程度
■場所:函館脳神経外科病院 リハビリテーション室
■服装:動きやすい服装でお越しください
■駐車場:無料 
■参加費:200円 (資料代として) ※今年度から金額が変更になっております。
■定員:15名 完全先着順です(初学者の方も大歓迎です!)。お早目にお申込み下さい。
■締切:平成27年7月27日(月曜日) 23:00                                             
■申し込み方法
北海道研究会ホームページ:トップページの勉強会申し込みアイコンの
函館へアクセスして、そこからお申込みください。
http://etch.eco.coocan.jp/

必ず個人個人でお申し込みをお願いします。
施設単位でのお申込みは受け付けておりません。

OTの方は日本作業療法協会生涯教育制度の基礎コース1ポイントが付与されます。
勉強会の参加申し込みを事前にして下さった方にポイントと交換できる用紙をお配りいたします。 20分以上遅刻した場合の配布は出来ません。

  
 

題名:7月の勉強会終了しました    名前:函館支部事務局 2015/08/01(土) 16:01 No.989  操作

7月29日に7月の勉強会が終了しました。今回は12名の方に参加して頂きました。
各グループに分かれて、どんな風に道具を使用しガイドするか、どんな症例に対して使用していくかなどディスカッションをしながら進めていきました。
来月は症例提示を中心に学習会を行う予定です。来月もよろしくお願い致します。

<勉強会に参加した皆さんの感想>
・単軸不安定板を真似して患者にアプローチした事があるのですが、今日教えて頂いたことを活かしていきたいと思いました。「第3中足骨に合わせる」ことや「セラピストの手で感じる抵抗感」を情報として拾っていなかったので…ありがとうございました。
・道具の使用方法や訓練の進め方など分かりやすく教えて頂きとても勉強になりました。普段から色々考えて臨床にいどもうと思います。
・とても短い時間でもの足りない感じでいっぱいです。もっとなんでだろう、この時はどうしたら良いなど考えつつ、1つのものを使ってディスカッションを行いたいです。すごく楽しかったです。ありがとうございました。
・道具の特性を知る事が大切であること、課題の展開、手技のレパートリーが増えました。
・1つの道具で多くのバリエーションがあり、色々な方法を行ってみようと思いました。
・道具の使い方の話しだけでなく、実際の患者さんの内容と結びつける話も出来たので良かったです。
・実際に不安定板を使用し、足部の内外反の動きを認識する事が出来ました。子供にも遊びの中で使ってみようと思います。
・今日、不安定板の実技を学んだので同じような物を使って患者様に試してみたいです。実技の説明の仕方などまだ直せる所を修正していきたいです。
・実際に質問方法や体験して感じることが出来てとても良かったです。余暇的に診療しての疑問も聞けて良かった。皆さんが重度の症例の際にどんな治療をしているのか気になりました。
・経験してみないと分からない課題の難しさや選び方など患者によって異なるので、課題についてよく分かるようになりました。患者にあうものを見つけられるよう色々と話をしていきたいと思います。



題名:Basic course終了しました  名前:ETCH事務局 2015/07/26(日) 11:02 No.987  HomePage 操作


987の画像を原寸大表示します 国内最大規模で開催された
認知神経リハビリテーションベーシックコース
北海道会場が終了しました。

今年は募集開始から申し込みが殺到し
開始から2日で100名を超える
お申し込みをいただきました。

最終的に109名の受講生をお招きすることが出来、
理論・臨床・実技について
講師とスタッフが一丸となって
お伝えさせていただきました。

これまでの臨床を全て変えるのは
大変困難です。
しかし、学びを自らの臨床に融合させ、
新しい可能性の扉を開くための時間を
共有できた受講生の皆さんであれば
必ず臨床で結果を体感することができるはずです。

この治療理論は難しいと批判されますが、
簡単な治療理論で行為を
回復させることが出来たでしょうか?

病態を説明できる知識を増やして
全く変わらない臨床実践を行うことに
どのような意味があるのでしょうか?

ベーシックコースは
認知神経リハビリテーションを
臨床導入するための始まりです。

この学びを臨床で実践し、
自らが扱いきれない部分について
勉強会やセミナーを通じて学びなおす。

その実践を学会にて報告し、
多くの視点を通じて検証してゆく。

更に治療理論を深く学ぶために
アドヴァンスコースが用意されており、
マスターコースでは認知理論が提唱された
イタリアにて凛とした空気のなか臨床を学び、
最新の研究に触れることが可能です。

自らの臨床家としての能力に応じて
様々な学びの場が用意されているため、
継続することで必ず臨床家としての
成果を体感することが出来るようになるはずです。

どうか、諦めずに臨床に向かって下さい。
目の前の患者様の回復可能性を現実に出来るのは
あなたしかいないのですから。

皆様のご参加に深く感謝を申し上げます。
講師・スタッフ一同



題名:旭川支部 定期勉強会のご案内(8月)  名前:旭川支部 事務局 2015/07/25(土) 14:57 No.986  操作


いつもお世話になっております。
北海道認知神経リハビリテーション研究会 旭川支部事務局です。

8月に旭川支部勉強会を開催する運びとなりましたのでお知らせ致します。

【テーマ】
「認知神経リハにおける評価・観察 〜 内部観察チェックリストの活用法について」



患者さんを観察していて
あなたは不思議に思ってことはありませんか?


『なぜ、こんなにやり難そうに手を使うんだろうか?』
『なぜ、歩きにくそうに、ぶん回し歩行で移動するんだろうか?』


もちろん、関節の動きや、筋緊張は見てわかるように
評価することはできると思います。

しかし、なぜそのような動きになるのかを
あなたは説明することができるでしょうか?



今回の勉強会では
目に見える動作の分析だけではなく
その動作が、どのような背景があるために出来上がっているという
深い観察ができるようになって頂きたいと思っています。



あなたがもし、、、

・ 思い通りに患者さんに変化を見出せない。
・ 動作の背景を説明できないかもしれない。
・ 訓練の再現性を高めたい!

このような考えがありましたら
是非参加してください。

良いヒントが
勉強会で沢山話されると思います。


それでは、あなたと会えることを
楽しみにお待ちしております。



テーマ:「認知神経リハにおける評価・観察 〜 内部観察チェックリストの活用法について」
講師:高橋秀和(宮の沢脳神経外科病院)
日時:8月13日(木)
時間:18時30分〜20時30分
会場:旭川三愛病院 3階 リハビリセンター
   (必ず裏の職員玄関から入ってきてください)
参加費:200円
定員:15名(先着順)


※OTの方は日本OT協会の生涯教育制度の1ポイントが認定されます。

資料作成部数と会場調整がありますので
参加希望者は下記のURLよりお申し込み下さい。
http://kokucheese.com/event/index/320718/



題名:【ブラッシュアップセミナー2015 ご案内】 
名前:ETCH事務局 2015/07/21(火) 15:08 No.983  操作


★―――――――――――――――――――――――
  
自らが学んだ理論と実技をより深め、臨床へつなげるセミナー
ブラッシュアップセミナー2015 開催のご案内

 ―――――――――――――――――――――――★

 ☆この治療を人に伝えることができる
 ★臨床での具体的な展開を知れる
 ☆臨床実践で生じた困難さを解決できる

いつもお世話になっております。
北海道認知神経リハビリテーション研究会事務局です。
昨日、北海道でベーシックコースが無事に終了し、多くの方々に参加していただきました。

受講された方々はいかがでしたでしょうか?


認知神経リハビリテーションを勉強されると今までと違った視点を知ることができますが、
しっかりと解釈するの事が難しく、実際の臨床に落とし込み方を悩まれる事が多くみられます。

そんな悩みや、次のステップアップに向けて今年度もブラッシュアップセミナーを開催いたします。

・基礎理論の用語や解釈についての補足。
・実践場面に落とし込んだ症例報告。
・臨床で始めるきっかけとなる治療体験。

コースの中で説明が不足していた部分や、講義の中であった訓練について、
実際の臨床に落とし込むために必要な要素を、再度しっかりと時間をかけてサポートさせていただきます。

本セミナーはベーシックコース受講以上を対象としております。
北海道で活躍する認知神経リハビリテーション専門士が、より具体的な内容で展開させていただく予定です。


今年度以外にベーシックコースを修了された方でも受講可能です。
皆様のご参加を楽しみにお待ちしております。

受講資格:ベーシックコース修了者以上

講師:木賊 弘明 (苫小牧日翔病院 作業療法士 本研究会会長)
  :村上 陽一 (旭川三愛病院 作業療法士 本研究会副会長)
  :竹中 準  (新札幌パウロ病院 作業療法士)
  :札幌支部研究会スタッフ

日時:2015年9月5日(土)10:00〜16:00(受付開始9:30)
会場:学校法人西野学園 札幌リハビリテーション専門学校
住所:札幌市中央区北4条西19丁目1-3
費用:通常料金 2,000円
  :早期割引(8月5日までの申込) 1,500円 
  :今年度ベーシックコース受講者 1,000円

定員:30名(先着順)

申し込み方法:当ホームページの専用フォームより申込みください

※定員になり次第締め切りますのでお早めにお申し込みください。
※OTの方は日本作業療法士協会の生涯教育制度における基礎コース1ポイントが認定されます。



  
 

題名: 【ブラッシュアップセミナー2015 増員決定】 
名前:事務局 2015/07/21(火) 15:10 No.984  操作


984の画像を原寸大表示します 定員30名 ⇒ 40名

募集開始直後から申込殺到!残りわずかの為、急遽増員!

お早めにお申し込みください。



題名:ついに明日より開催です  名前:ETCH事務局 2015/07/18(土) 17:54 No.982  HomePage 操作


982の画像を原寸大表示します 認知神経リハビリテーション ベーシックコース
北海道会場、いよいよ明日からです。

宮本会長を筆頭に
学会理事らによる臨床・学術・実践が
学べる2日間がついに始まります。

今年は昨年以上に
受講者の方への学びを充実させるべく
基本用語の解説メールマガジンも
配信するなどさせていただきました。

コース中も様々な学びを提供できるよう
講師・スタッフ一同準備を進めておりますので
楽しみにしてご来場ください。

明日の予報はあいにくの雨ですが、
不快な空気を払いのける様な
プログラムを提供させていただきますね!

それではまた明日、
札幌市教育文化会館にて
お待ちしております。

スタッフ一同



題名:札幌支部7月勉強会終了いたしました  名前:ETCH-S nitta 2015/07/16(木) 00:51 No.981  操作


981の画像を原寸大表示します 7月14日、札幌東区民センターにて開催終了いたしました。
業務後にも関わらず、非常に気温も高い中、たくさんのセラピストの皆様にご参加いただきありがとうございました。

テーマ「認知神経リハビリテーションの訓練
〜認知過程を活性化させるための手続き〜」と題し、
パウロ病院の高見宏祥氏(理学療法士)にお話ししていただきました。

札幌支部では4月から、
観察について、システムアプローチについて、と訓練構築に向けての基礎的な部分をテーマとしてきました。
今月は前半戦の締めくくりとして、
実際の訓練の構造がどのようになっているのか、症例も提示しながら解説していただきました。
4月から参加されてきた方には、より実践的な内容を知る機会となり、
初参加の方には、認知過程とは何か?というところから訓練の構築までの一連の流れが大きく提示できたのではないかと思います!
講師の高見先生、ありがとうございました。

後半は実技3つと盛りだくさんの内容で開催いたしました。
・シムを使った体幹対称性に対する訓練
・座位での体幹対称性の訓練
・不安定板を使った下肢の空間課題

今週末は北海道のベーシックコースが開催されます!
学会理事からより深い話を聞くチャンスですので、参加される方はお楽しみに!



題名:6月胆振支部勉強会の報告  名前:小郷 健介 2015/07/03(金) 17:28 No.979  操作


979の画像を原寸大表示します 6月30日に伊達にて胆振支部の勉強会がありました。

池田先生が運動学習をテーマにお話しをされており、オートポイエーシスのことについても触れられていて個人的にも興味のあるお話しを聴くことができて有意義な勉強会となりました。

またベーシックコースが近日開催のためベーシック参加予定の先生方も多く自分自身も刺激を受けて勉強会にのぞむことができました。
今後、胆振の勉強会でも多くの仲間ができ一緒に認知神経リハビリテーションを学んでいくことができればと感じています。

参加して頂いた受講生や講義をして頂いた池田先生に感謝です。


[現行ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55]
[過去ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
以下のフォームから自分の記事を修正/削除できます [説明]

処理:  記事No:  パスワード:


今日: 1
04/21 () 1
04/20 () 4
04/19 (金) 4
04/18 (木) 3
04/17 (水) 20
04/16 (火) 11
04/15 (月) 14
合計: 57754

- aimix-BBS無料レンタル掲示板 [掲示板の作成はこちら] -

script - Kent-web