北海道認知神経リハビリテーション研究会 掲示板

このエントリーをはてなブックマークに追加

[表示切替]  [HOMEに戻る]  [留意事項]  [記事検索]  [携帯URL]  [管理用]
この掲示板は北海道にて認知運動療法を実践するセラピストのため開設されております。
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP

名前
メール
題名
本文※必須
URL
添付FILE 上限500KB
パスワード 英数字で8文字以内(記事修正用)
文字色
画像認証
認証用数字  *   (画像の数字を入力して下さい)

題名:函館支部10月勉強会開催のお知らせ  名前:函館支部事務局 2015/10/17(土) 08:26 No.1019  操作


今月も函館支部勉強会を開催する運びとなりましたのでお知らせ致します。

今年は基礎的な学習も取り入れながら、症例検討・実技を中心に勉強会を行ってきました。

今月の勉強会は片麻痺患者さんの『観察』をテーマに勉強会を行います。
日々の患者さんの訓練を考えていくにあたり、観察の幅を増やしていく事で病態解釈が深められ、さらによりよい訓練を提供していく事につながると思います。

観察をもう1度振り返るとともに、他のセラピストはどのような視点で患者さんを観察しているのかお互いの観察の質を高められるようディスカッション出来ればと思います。

※今までの勉強会に参加していなくても参加出来る内容になっています。
初学者の方を始め、たくさんの方のご参加をお待ちしています。お気軽にご参加下さい。

【テーマ】
『明日から実践できる片麻痺患者の観察−認知神経リハにおける観察−』 
講師:中?M雄太 西堀病院 理学療法士
                                            
■開催日時:平成27年10月29日(木曜日)
      18時30分から1.5時間程度
■場所:西堀病院 2階機能訓練室
■駐車場:無料 
■参加費:200円 (資料代として)
■定員:15名 完全先着順です(初学者の方も大歓迎です!)。お早目にお申込み下さい。
■締切:平成27年10月26日(月曜日) 23:00                                       
■申し込み方法
北海道研究会ホームページ:トップページの勉強会申し込みアイコンの
函館へアクセスして、そこからお申込みください。
http://etch.eco.coocan.jp/

必ず個人個人でお申し込みをお願いします。
施設単位でのお申込みは受け付けておりません。

OTの方は日本作業療法協会生涯教育制度の基礎コース1ポイントが付与されます。
勉強会の参加申し込みを事前にして下さった方にポイントと交換できる用紙をお配りいたします。 20分以上遅刻した場合の配布は出来ません。

  
 

題名:函館支部10月勉強会開催報告  名前:函館支部事務局 2015/11/03(火) 19:09 No.1026  操作

1026の画像を原寸大表示します 先日、函館支部10月の勉強会が終了しました。
今月は『明日から実践できる片麻痺患者の観察−認知神経リハにおける観察−』というテーマで勉強会を実施しました。

治療を行っていく上で、観察の視点は非常に重要になります。
今回は実際の症例を通し、−行為の回復の為にはどのような視点で観察を行わなければいけないのか−行為・行為の学習・運動学習の理論なども含め、認知神経リハビリテーションではどのように観察をしているのか学習しました。

難しい内容もあったと思いますが、今後も皆さんとディスカッションしながらさらに内容を深めていければと思います。

参加頂きありがとうございました。
来月も皆さんと勉強できることを楽しみにしております。




題名:第35回十勝支部勉強会のお知らせ  名前:ETCH-o nakajima 2015/10/03(土) 21:14 No.1015  操作


1015の画像を原寸大表示します  今月はレーゴリ(スティック)を使用した訓練の内容を中心に行います。

 レーゴリは主に手指に対する空間課題として用います。また、使用の仕方によって上肢・下肢の課題として使用することも可能です。
 今回行う実技では、主に手指の位置関係についての問いから『物体操作』という行為について考えることができればと思います。
 初学者の方も大歓迎致します!興味のある先生は是非ご参加ください。
 皆様の参加をお待ちしております。


講 師:中島裕介 (十勝リハビリテーションセンター 理学療法士)
テーマ:「レーゴリ(スティック)を使用した訓練について」
日 時:10月30日(金)  19:00〜20:30
会 場:帯広協立病院 1F 作業療法室 
参加費:200円(資料代として)
定 員:10名

※お申し込みはETCHホームページトップからお願い致します。

※OTの方はこの勉強会で日本作業療法士協会の生涯教育制度における基礎コース1ポイントが認定されます。


十勝リハビリテーションセンター 理学療法士 中島裕介

  
 

題名:Re: 第35回十勝支部勉強会日程変更のお知らせ 
名前:ETCH-o nakajima 2015/10/18(日) 08:40 No.1020  操作


会場の都合により10月の十勝支部勉強会の日程変更があります。

 日 時:10月30日(金) → 10月29日(木)

 会場や時間、内容には変更ありません。
 参加を検討されている方はご承知おきください。
 よろしくお願いいたします。

十勝リハビリテーションセンター 理学療法士 中島裕介

  
 

題名:Re: 第35回十勝支部勉強会開催報告  名前:ETCH-o nakajima 2015/10/30(金) 21:13 No.1025  操作

1025の画像を原寸大表示します 昨日はお忙しい中、勉強会に参加していただきありがとうございました。

今回は、物品操作時における運動覚情報の構築を目的とした手指の位置関係の違いについてレーゴリを使用した内容で行いました。

実技を行っていく中で、
「集中するので頭が疲れた」
「入れる順番によって高さの違いがわかりやすくなることに気づいた」
「指だけではなく、他の場所も気をつけることが必要だと感じた」
などの意見が聞かれました。
方法自体は単純ですが、受ける側は指の高さの違いがわかりにくかったり、
やる側は棒を入れる順番に悩んだりと、やってみると意外と疲れたのではないかと思います。

また、受講者とのディスカッションの中で今後の勉強会のテーマのリクエストをいくつかいただくことができました。
今後の勉強会がより良いものとなるために取り入れていきたいと思います。

次回は11/26(木)の予定となっております。
皆様のまたの参加をお待ちしております。

十勝リハビリテーションセンター 理学療法士 中島裕介



題名:札幌支部11月勉強会開催のお知らせ  名前:札幌支部事務局 2015/10/21(水) 09:40 No.1021  操作


 「効果が変わる!知っておきたい3つのポイント」
〜明日から使える認知神経リハビリテーション士の視点と工夫〜


11月の札幌支部勉強会の開催が決定しましたのでご案内いたします。

外部観察、内部観察の評価を基に認知課題を実践しても
上手く効果が出ずに行き詰ってしまった経験はありませんか?

今回は、臨床で実践している認知神経リハビリテーション士の
高見先生と横山先生に講義して頂きます。

症例提示を行い、観察から訓練までの流れや陥りやすい間違い、
実践する中での工夫や視点についてお話して頂きます。


今回の勉強会で明日からの臨床結果が変わるかもしれません!


※マスターコース修了者の呼称が変更されました。
旧) 認知運動療法士
新) 認知神経リハビリテーション士


まわりにご興味のある方がおりましたら、お誘い合わせの上、お越し下さい。

講義タイトル: 「効果が変わる!知っておきたい3つの視点」
        〜認知神経リハビリテーション士の臨床思考〜

講師:高見宏祥先生 (新札幌パウロ病院 理学療法士)
  :横山航太先生 (中村記念南病院  作業療法士)

日時:2015年11月17日(火)19:00〜21:00(受付開始18:30)
会場:医療法人明日佳 札幌宮の沢脳神経外科病院
住所:札幌市西区西町南20丁目1番30号
費用:200円(資料代として)
定員:40名(先着順)


申し込み方法:当ホームページの専用フォームより申込みください

※毎月、早急に定員に達しております。ご興味がありましたらお早めにお申し込みください。
※OTの方は日本作業療法士協会の生涯教育制度における基礎コース1ポイントが認定されます。

  
 

題名:Re: 札幌支部11月勉強会開催のお知らせ  名前:札幌支部事務局 2015/10/25(日) 08:45 No.1023  操作

11月の札幌支部定期勉強会が満席となりました。
1週間も経たずに沢山の先生にお申し込み頂き、誠にありがとうございます。

今回は申込み開始時から40名へ定員を増員いたしましたので
追加募集は致しませんのでご了承ください。

キャンセル待ち等、ございましたらメールにてご連絡ください。
etch.venice@gmail.com

当日、皆様にお会いできることを楽しみにしております。



題名:札幌支部10月勉強会開催報告  名前:横山航太 2015/10/22(木) 21:38 No.1022  操作


1022の画像を原寸大表示します 10月20日に札幌支部勉強会「臨床における具体的展開の方法」を開催しました。

今月は講師に日本認知神経リハビリテーション学会の理事である木村正剛先生をお招きして認知神経リハビリテーションにおける会話分析の重要性についてお話ししていただきました。

講義の中では認知神経リハビリテーションの基礎的な内容から、会話を分析する為の具体的な方法といったテクニカルな部分まで網羅されており、幅広い受講生の方が楽しく学べる機会となったのではないかと思います。

ディスカッションの時間では活発な意見の交換があり、受講生の方々がより実践的で深いところまでディスカッションしていたのがとても印象的でした。

患者様との会話は治療に有益な情報を得る重要な手段となります。
そして、患者様の話す言葉の意味を解釈出来る能力がセラピストには必要となります。
今後も一緒に勉強していきましょう!

最後に今月も札幌支部勉強会にご参加いただきましてありがとうございました!



題名:スペシャルセミナーin釧路追加募集  名前:ETCH nitta 2015/10/13(火) 21:16 No.1018  操作


1018の画像を原寸大表示します 追加募集開始しました!
スペシャルセミナーin釧路(11/7土)
臨床が変わるリハビリテーション
〜行為を改変させるための臨床思考と根拠〜

いつもお世話になっております。
北海道認知神経リハビリテーション研究会事務局です。

先日、募集開始から1週間で満員となってしまったスペシャルセミナーin釧路ですが、
初の道東開催で少しでも多くの方に新しい臨床思考に触れていただきたい!という思いから、
僅かですがお席を用意することができました!
その数、5席。
会場の都合上これ以上の増員は今後できません。
道東地方の方、それ以外の方もこの機会に是非、参加をご検討ください!
↓↓お申し込みはこちらから↓↓
http://kokucheese.com/event/index/336132/

講師一同、セミナー開催に向けて只今入念な準備をしております!

当日行う実技内容の一部をご紹介いたします。
◯ぶん回し歩行を改変させるための下肢の訓練
◯立ち上がりを改変させるための体幹の訓練
◯リーチングで肩を挙上させないための上肢の訓練

【テーマ】
『臨床が変わるリハビリテーション
〜行為を改変させるための臨床思考と根拠〜』
【日時】11月7日(土)
10時15分受付開始
【場所】釧路市民活動センター わっと
【参加費】
会員:2000円 非会員:3000円
※会員:日本認知神経リハビリテーション学会員



題名:旭川支部 定期勉強会のご案内(10月)  名前:旭川支部 事務局 2015/10/07(水) 09:57 No.1017  操作


【テーマ】
「学術集会の伝達/実技(下肢)」


先日神戸にて
日本認知神経リハビリテーション学会学術集会が開かれました。


さまざまな発表や講演は
とても刺激的であったことは
簡単に想像できることと思います。


今回日程が合わずに
参加できなかった方が多くいると
周囲から聞いています。


そこで、今回は
学術集会の内容を
伝達したいと思います。


学術集会の
より重要な
より刺激的な内容を
凝縮して凝縮して
抽出された情報をあなたにお伝えします。


また、今回の学術集会では
実技指導のブースも設けられていて
そこで得た実技内容も
伝達いたします。


それでは
当日あなたにお会いできることを
楽しみにお待ちしています。



【勉強会で学べること】
・学術集会の重要ポイントの伝達
・立ち上がり、歩行に繋がる下肢への実技



テーマ:「学術集会の伝達/実技(下肢)」
講師:村上陽一(旭川三愛病院)
日時:10月28日(水)
時間:18時30分〜20時30分
会場:旭川三愛病院 3階 リハビリセンター
   (必ず裏の職員玄関から入ってきてください)
参加費:200円
定員:15名(先着順)


☆申込みはこちら☆
http://kokucheese.com/event/index/343001/




※OTの方は日本OT協会の生涯教育制度の1ポイントが認定されます。


その他のお問い合わせは下記のアドレスまでご連絡下さい。
アドレス:etch.venice@gmail.com



題名:第16回日本認知神経リハビリテーション学会 学術集会 開催報告 
名前:高見宏祥 2015/10/07(水) 08:43 No.1016  操作


1016の画像を原寸大表示します 平素お世話になっております。

10月3日〜4日にかけて神戸新聞 松方ホールにて
第16回日本認知神経リハビリテーション学会 学術集会が開催されました。

今回は「運動麻痺の回復 〜臨床思考の飛躍〜」をテーマに
哲学、心理学、意識や他者理解についてや
進化論から脳科学まで多岐にわたり充実した講義内容でした。

また、一般演題は北海道から5演題も発表されており
沢山のディスカッションを行い、とても良い刺激を受けることができました。
確認できる範囲で北海道からも10名以上のセラピストが学会に参加されておりました。

今回の学んだことを今後の臨床や支部勉強会などにも活かしていきたいと思います!

最後に宮本先生がペルフェッティ先生からもらった手紙に添えられていた言葉で今回の報告を終わらせていただきます。

人間同士で愛を提供するという本来の意味を。
buon lavoro!

Carlo Perfetti




題名:9月胆振支部勉強会  名前:小郷 健介 2015/10/01(木) 01:14 No.1014  操作


9月の胆振支部 伊達開催の支部研修会に参加しました。

講義は伊達赤十字病院の池田先生が「観察から訓練に至る病態観察」をテーマにお話ししていただきました。

痙縮の成因や外部観察や内部観察について細かく説明され自分の知識を深めることができ、実りのある1日を過ごすことができました。

実技に関しては観察や治療といった面を受講された先生方と学ぶことができ自分もまた知識や技術をもっと深めていきたいと思いました。

池田先生 いつも興味の尽きないお話しを聴かせていただいてありがとうございました。
自分も負けないように頑張ります!



題名:函館支部9月勉強会開催のお知らせ     
名前:函館支部事務局 2015/09/16(水) 18:29 No.1006  操作


今月も函館支部勉強会を開催する運びとなりましたのでお知らせ致します。

 今月は先月の外科頚骨折の症例を振り返りながら、『円軌道』を使用した実技の勉強会を行います。

円軌道は到達機能(リーチング)に関わる行為を獲得する為に使用されますが、
・物を取ろうとした時に、肩甲帯や体幹の代償動作が出る。
・手を動かそうとすると、痛みの訴えが強く上手く使用出来ない。
・手を動かそうとした時に緊張があがり、上手くリーチング出来ない。
等の患者さんに使用した際に、ガイドが十分に出来ているでしょうか?

道具のセッティングの仕方や、ガイドの方法などを再度振り返りながら、実技の練習を行っていきたいと思います。

※前回の勉強会に参加していなくても症例の振り返りを行いますので、今回の勉強会からでも参加出来る内容になっています。※
初学者の方を始め、たくさんの方のご参加をお待ちしています。お気軽にご参加下さい。

【テーマ】
『実技-円軌道』 
講師:函館支部スタッフ
                                            
■開催日時:平成27年9月28日(月曜日)
      18時30分から1.5時間程度
■場所:函館脳神経外科病院 リハビリテーション室
■駐車場:無料 
■参加費:200円 (資料代として)
■服装:上肢を使用した実技を行いますので、動きやすい服装でお越しください。
■定員:15名 完全先着順です(初学者の方も大歓迎です!)。お早目にお申込み下さい。
■締切:平成27年9月25日(金曜日) 23:00
                                        
■申し込み方法
北海道研究会ホームページ:トップページの勉強会申し込みアイコンの
函館へアクセスして、そこからお申込みください。
http://etch.eco.coocan.jp/

必ず個人個人でお申し込みをお願いします。
施設単位でのお申込みは受け付けておりません。

OTの方は日本作業療法協会生涯教育制度の基礎コース1ポイントが付与されます。
勉強会の参加申し込みを事前にして下さった方にポイントと交換できる用紙をお配りいたします。 20分以上遅刻した場合の配布は出来ません。

  
 

題名:Re: 函館支部9月勉強会開催のお知らせ     
名前:函館支部事務局 2015/09/30(水) 20:03 No.1013  操作


勉強会に参加してくださった皆さん、お疲れ様でした。
函館支部にもタブレット台が3台増えましたので、
タブレット台の裏に貼ってある円軌道も3台分増えました。
合計5台の円軌道を使って、お一人ずつセラピスト役・患者役の
両方を練習できました。

円軌道の設置の位置や角度によって回復させたい行為が
異なることも同時にご理解いただけたでしょうか。
ガイドは実際やってみると難しいので、
何度も練習が必要だと思います。
練習がまた必要な場合はお気軽にスタッフに声をかけてください。
円軌道も印刷会社に頼んでラミネート加工・シール加工してあるものが
あるので、必要経費のみでお譲りできます。

様々な道具を実際に使って練習をすることで
患者さんに必要な行為の回復のための
訓練構築の幅が広がっていきます。皆さんとまた一つ一つ
一緒に勉強していければ幸いです。



題名:9月の勉強会を開催しました。  名前:旭川支部事務局 2015/09/28(月) 11:56 No.1012  操作


1012の画像を原寸大表示します 先日,旭川支部の定期勉強会(9月)を開催しました。
参加していただいた方はお疲れ様でした。

今回は症例報告ということで、実際の臨床場面の提示とその臨床場面で
使用した五目盤の実技練習を行いました。

初学者も多かったのですが,実技場面ではそれぞれ丁寧に姿勢の観察と
訓練から行えており,五目盤の使い方で座位姿勢の変化まで感じ取れた
ようでした。

次回からも臨床をイメージできるような内容で皆さんと学んでいきたい
と思います。


[現行ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55]
[過去ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
以下のフォームから自分の記事を修正/削除できます [説明]

処理:  記事No:  パスワード:


今日: 1
04/22 (月) 1
04/21 () 1
04/20 () 4
04/19 (金) 4
04/18 (木) 3
04/17 (水) 20
04/16 (火) 11
合計: 57755

- aimix-BBS無料レンタル掲示板 [掲示板の作成はこちら] -

script - Kent-web