北海道認知神経リハビリテーション研究会 掲示板

このエントリーをはてなブックマークに追加

[表示切替]  [HOMEに戻る]  [留意事項]  [記事検索]  [携帯URL]  [管理用]
この掲示板は北海道にて認知運動療法を実践するセラピストのため開設されております。
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP

名前
メール
題名
本文※必須
URL
添付FILE 上限500KB
パスワード 英数字で8文字以内(記事修正用)
文字色
画像認証
認証用数字  *   (画像の数字を入力して下さい)

題名:十勝支部6月勉強会 開催報告  名前:十勝支部事務局 2016/06/26(日) 23:26 No.1118  操作


1118の画像を原寸大表示します 先日6月の定期勉強会が開催されました。

「下肢と体幹に対するスポンジ課題」というテーマで、前回のパーキンソン病に対する訓練を中心に、スポンジを用いて下肢と体幹、重心の位置関係の整合性をとる課題を行っていきました。

前半は訓練の組み立て方、訓練行い方などについてを座学で学び、後半は実際の実技をお互いに実施しました。

実技では、どこに焦点を当てて行うかにより質問の行い方が違い様々な視点で訓練を考える事ができたと思います。
また、わからない点や疑問に思った点などをお互いで話し合ったり、情報交換を行う事ができ、交流を深めることも出来たと思います。

勉強会に参加された皆様、お疲れ様でした。



題名:旭川支部6月勉強会 開催報告  名前:旭川支部事務局 2016/06/24(金) 10:29 No.1117  操作


1117の画像を原寸大表示します 先日6月の定期勉強会が開催されました!
「特異的な運動の異常要素とその観察」というテーマの中で
前半は基礎的な知見を座学を中心に学び、後半はその観察方法を
実践的に演習を実施しました。

演習では、セラピストの触れ方一つで対象者の経験が大きく
変わるということを実感できた方が多い印象でした。

勉強会に参加された皆様、お疲れ様でした。

7月は旭川支部の勉強会はお休みとなります。
次回は8月に開催されますので、詳細が決まり次第連絡致します。



題名:函館支部6月勉強会 開催報告  名前:函館支部事務局 2016/06/21(火) 21:27 No.1116  操作


1116の画像を原寸大表示します 本日函館脳神経外科にて、函館支部6月の勉強会が開催されました。

「外部観察と内部観察」をテーマに中田先生に講義して頂きました。
身体失認、USNを呈した1症例に対する観察と解釈を最初に説明して頂いたことで、セラピストの思考過程がイメージしやすかったと思います。
具体的な訓練の説明や、認知神経リハにおける用語も身近な例で説明してくださり、初学者にもわかりやすい内容だったと感じました。

認知神経リハにおける観察において、結果として生じる行為を生じさせるプロセスを観察する「内部観察」は人間機械論的な関わりから脱却するための重要な要素です。
同時に、主観と客観を治療対象とするための基盤でもあります。


最後に、ご参加してくださった受講生の皆さまには感謝申し上げます。
また学び合える機会を楽しみにしております。



題名:NCR Basic course2016北海道終了しました 
名前:NCRH事務局 2016/06/16(木) 23:20 No.1105  操作


1105の画像を原寸大表示します 今年も大盛況でフィナーレを迎えました!
【NCR Basic course2016北海道】

北海道内最高の研修会を提供するため
毎年様々な企画と共に開催している本コースも
現運営体制となり7回目を迎えることが出来ました。

80名の定員が2日で埋まり
追加席も含め106名もの先生方に
ご受講いただくことが出来たことに
講師スタッフ一同深く感謝しております。

【驚き 感動 自戒 決意】

様々な意識経験は
臨床に向かい、学びを深める
強い力となります。
今回のコースが多くのセラピストの成長と共に
患者様やご家族様の希望になることを
願っております。

貴重な時間を学びのために使っていただき
本当にありがとうございました。

***受講者の声***
☑過去の行為と現在の行為をつなげるといった関わりを意識し続けていたので共感したのと同時に少し自信が出ました。その人の主体性を大切にする関わり、今後も大切にしていきたいです。
☑明日からの臨床が変わると思いましたし、変えたいと思いました。楽しかったです。
☑3年連続で受講し、3回とも少しずつ良き学びになっています。年を重ねるごとに認知神経リハの理解が進むと共に脳の理解も深まった結果だと感じています。今年はこれを機にアドヴァンスコースを受講し、もっと臨床でも使用していきたいと思っています。
☑講師やスタッフの方々がかみ砕いて説明してくれたのでわかり易かった。興味のある分野だから楽しみながら勉強出来た。
☑率直に面白かったです。早く明日臨床に出て見直したいです。
☑行為は歴史を物語る、深かったです。自分自身の 8 年の臨床像と歴史を振り返り、明日に必ず活かします。後はクライアントが Happy になれるよう努力するのみです。
☑実技がたくさんあったので、考える、示す幅が広がった感じがします。また、失行に関しても実際の訓練場面がみれて参考になりました。
☑難しそうな印象がありましたが、今まで参加した勉強会とは全く違い、面白いなと思いました。自分の臨床に活用していけたらなと思います。
☑難しい内容もありましたが、とても深く、実技なども学べて、楽しかったです。2 年前に Basic を受けて、すごい衝撃でした。でも実際の臨床で応用していくことは難しく、今回再び受講させてもらいました。覚えていた知識もあれば、忘れていたこと、意識できていなかったことが多く、よい反省・復習の機会になりました。以前よりも理解できたこともあるため、今後訓練の組み立て方や相手を知ることを意識していきたいです。
☑ 感動しました。講師・スタッフ・受講者のみなさま、すべて素晴らしかったです。
☑ 患者様の本当に回復したい行為をしっかりと理解し、治療を組み立てて退院にむけて患者様とともにリハビリテーションを行っていきたいと思いました。自分の今までのリハビリテーションを見直す大きなキッカケになりました。
☑とても刺激的な 2 日間でした。自分がセラピストとして患者様を治療する責任やその役割の必要性を再認しました。今までなかった視点を知ることが出来、より、明日からの臨床へのモチベーションにもなりました。
☑認知神リハビリテーションを実施する上で大切にしている点を知ることが出来ました!またどのように治療を組み立てていくのか理解できてとても勉強になりました。講師の方々も丁寧に教えて頂きました。

他多数

  
 

題名:Re: NCR Basic course2016北海道終了しました 
名前:中村記念南病院 横山航太 2016/06/17(金) 08:56 No.1107  操作


ベーシックコースを受講された皆様お疲れ様でした。
さっそく臨床でも実践されている方も多いのではないでしょうか?
私が初めてベーシックコースを受講した頃は認知神経リハはまだ少数派で当時の職場では認知神経リハを用いて治療するスタッフは他に誰もいませんでした。
相談したくても相談できる人がおらず、支部勉強会などに毎月参加して勉強会スタッフの方に相談しながら少しずつ理解を深めていった記憶があります。
ベーシックコースは情報量も多く、1人で思考を整理するのは難しいという方も多くいらっしゃると思いますので、ぜひ支部勉強会やアドヴァンスコースへ参加して理解を深めていただければと思います。
毎年定員を大きく上回るベーシックコース。認知神経リハを実践する仲間が年々増えていくことを嬉しく思います。

  
 

題名:Re: NCR Basic course2016北海道終了しました 
名前:新札幌パウロ病院 高見宏祥 2016/06/17(金) 13:27 No.1110  操作


ベーシックコースを受講された皆様、お疲れ様でした。
充実した2日間だったと思います。

毎年さまざまな内容でコースが開催されておりますが、
今年は受講生とディスカッションできる時間が多く
大変貴重な時間を共有させていただくことができました。

ベーシックコースはあくまでベーシックなので、
これからアドバンスコースや学術大会、
地域の支部勉強会で皆様と一緒により知見を深めていければと思います。
また、皆様とお会いできることを楽しみにしております。

  
 

題名:Re: NCR Basic course2016北海道終了しました 
名前:函館稜北病院 菅原紘子 2016/06/17(金) 17:05 No.1111  操作


北海道ベーシックに参加された皆さん本当にお疲れ様でした。

今回初めて皆さんの前でランチセミナーという形でお話させて頂きました。
私自身の個人的な経験をお話させて頂きましたが、
皆さんの臨床実践するにあたり少しでもお役に立てていれば幸いです。

2日間という限られた時間ではありますが、学ぶ内容は膨大かと思います。
少しずつ臨床実践し、
各地での勉強会などで知識の整理、知識を増やしていきながら、
今後も一緒に学ぶ仲間として切磋琢磨していければ幸いです。

本当にお疲れ様でした。

  
 

題名:Re: NCR Basic course2016北海道終了しました 
名前:新札幌パウロ病院 竹中準 2016/06/18(土) 08:55 No.1112  操作


ベーシックコースに参加された皆様、おつかれさまでした。
講義にディスカッション、実技から症例への訓練の動画など、臨床のイメージがつきやすい
非常に濃い内容であったと思います。

今回コースで学んだことを臨床で実践していく上で、新たな疑問点が出てきた時や
新たな知見を学びたい時は近くで開催されている支部勉強会にお越しください。
一緒に勉強する仲間が増えることを嬉しく思います。

また皆様にお会いできることを楽しみにしております。

  
 

題名:Re: NCR Basic course2016北海道終了しました 
名前:北海道認知神経リハ会長 木賊 2016/06/18(土) 12:26 No.1113  操作


北海道ベーシックコースが無事終了致しました。毎年、100名の方が受講され運営側も大変嬉しい次第です。参加者の皆さま、ありがとうございます。
北海道は広く、中々、勉強を継続的に続けたくても1人では辛いと思ってしまいますが、お近くの支部勉強会でそのフォローと一緒に勉強をしていく仲間が沢山おります。是非、支部勉強会にいらして下さい。

  
 

題名:Re: NCR Basic course2016北海道終了しました 
名前:kojima keisuke 2016/06/18(土) 12:27 No.1114  操作


本年度もスタッフとしてベーシックコースに参加させていただきました。
スタッフとして参加するのも3回目になりますが、毎回勉強になることが多く、感謝しております。
コースまでの準備などを通して、人間としてもそうですが、セラピストとしても今後より高みを目指していかないといけないと心に誓う機会になりました。
これからアドバンス、マスターコースに参加する方々も一緒に高みを目指していきましょう。

  
 

題名:Re: NCR Basic course2016北海道終了しました 
名前:木村 絵梨 2016/06/18(土) 12:30 No.1115  操作


認知神経リハビリテーションベーシック2016(北海道)

コースご参加頂いた先生、また一緒にコース準備を進めてきた先生お疲れ様です。

私自身コースに関わらせていただけたことで、準備段階での再学習できました。
当日でこの治療の継続していきたいという強い思いを確認できました。

私は2回目再受講した時から、少しずつ治療を構築する思考になってなってきたように思います。
なのでベーシックコース開催時は、自分がベーシックコースを受けていた頃のことを、いつも思い出します。

今回の講師の先生方は私がベーシックコース受講時と殆ど同じ先生です。
年月が経っても講師の先生の治療や思考の深さに驚き、そして尊敬いたます。

何か一つの事を継続するということが苦手な私ですが、この勉強だけは今現在も続いています。
そして今はただ前に進むことでしか、継続していけないなと感じています。
まだまだ学習が足りてません。
だから頑張っていきたいです。

こういった振り返りや、自分の意思はどこに向かっているのかが、見えてくるのが、原点のベーシックコースのように思います。

北海道で認知神経リハビリテーション士が少しずつ誕生する事を願っています。

Buon lavoro!(よい仕事を!)



題名:札幌支部7月勉強会【基礎編】お知らせ  名前:ETCHーS事務局 2016/06/15(水) 22:53 No.1104  操作


1104の画像を原寸大表示します 札幌支部定期勉強会 基礎編(7月)のご案内をさせていただきます。

テーマ:「認知神経リハビリテーションの病態分析」

今回は、認知神経リハビリテーションの病態分析として
片麻痺や整形外科疾患の学習を阻害する因子(特異的病理)がテーマとなります。

片麻痺の病態を「痙性」として一括して捉えるのではなく、
4つの特異的病理に区分して分析します。

また、整形外科疾患においても中枢神経系への情報伝達の異常をきたす
情報器官としての運動戦略の異常という要素も考慮しております。

そういった行為の機能システムの変質に対する評価(外部観察・内部観察)
について基本的な所から御講義させていただきます。

・認知神経リハビリテーションをこれからはじめてみたい!
・少しわかってきたけれど、どう始めればいいかわからない
・なぜ、この訓練をしているのかが分からない

このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
基礎編は理論・症例・実技をトータルにわかりやすく解説する内容になっております。

これから学び始めたい方、もう一度基礎的な視点を学びたい方を対象としております。


ご興味のある方は同僚・友人お誘いあわせの上ご参加ください。


テーマ:「認知神経リハビリテーションの病態分析」
講師:高見 宏祥先生 (新札幌パウロ病院 理学療法士)

日時:平成28年7月15日(金) 19:00〜21:00 (受付18:30〜)
会場:社会医療法人 医仁会 中村記念南病院
   札幌市南区川沿2条2丁目3番1号 (国道230線沿い)
アクセス:http://www.nmh.or.jp/minami/introduction/access.html 

費用:200円(資料代として)

定員:20名(先着順)

申し込み方法:当ホームページのトップ画面にある【各支部勉強会のお申込みはこちら】の【札幌基礎】からお申し込みよろしくお願いいたします。

※また、携帯電話のメールアドレスでの返信エラーが発生する可能性がございます。
 携帯電話以外のメールアドレスでのお申込みをよろしくお願いいたします。

※毎月、早急に定員に達しております。ご興味がありましたらお早めにお申し込み下さい。
※OTの方は日本作業療法士協会の障害教育精度における基礎ポイント1ポイントが認定されます。




題名:札幌支部6月勉強会 【基礎編】 開催報告 
名前:札幌支部事務局 2016/06/07(火) 12:26 No.1103  操作


1103の画像を原寸大表示します 昨日、札幌支部勉強会 【基礎編】 札幌東地区 が
新札幌パウロ病院で初めて開催されました。

テーマは5月に中村記念病院で講義した「認知理論という考え方」について
新札幌パウロ病院の高見 宏祥先生に解説していただきました。

人が行為を遂行するために
・ どのように運動イメージを使うか
・ どのように認知過程を活性化するか
・ どのように予測と結果の比較照合を行うか
・ 対象との適切な相互作用のために、どのような情報を収集するか

といった点について、実際の患者さんの動画を見ながら
わかりやすく教えていただきました。

講義の後はスポンジや五目板、レーゴリなど道具を使用して
上肢・下肢・体幹それぞれの実技練習を行いました。

受講生の方々からは
「これならまっすぐ立ち上がれそう」
「この訓練で体幹の正中性がとれそう」
などの声も聞かれ、明日から実践できる内容で
あったと思います。

初めて認知神経リハビリテーションを勉強された方も
多くいらっしゃいました。

次回の札幌東地区勉強会は8月に開催する予定です。
参加された方々、おつかれさまでした。



題名:第38回十勝支部勉強会のお知らせ  名前:ETCH-o nakajima 2016/05/02(月) 22:51 No.1091  操作


1091の画像を原寸大表示します  今月は「パーキンソン病」をテーマとした内容で行う予定です。
 大脳基底核の機能とパーキンソン病の病態について学び、どのような訓練を構築すべきかを共有できればと考えております。
 今月も皆様の参加をお待ちしております。


講 師:中島裕介 (十勝リハビリテーションセンター 理学療法士)
テーマ:「パーキンソン病」
日 時:5月27日(金)  19:00〜20:30
会 場:帯広協立病院 1F 作業療法室 
参加費:200円(資料代として)
定 員:10名

※お申し込みは下記URLの申し込みフォームまたはETCHホームページトップからお願い致します。
http://kokucheese.com/event/index/396154/

※OTの方はこの勉強会で日本作業療法士協会の生涯教育制度における基礎コース1ポイントが認定されます。

十勝リハビリテーションセンター 理学療法士 中島裕介

  
 

題名:Re: 第38回十勝支部勉強会開催報告  名前:ETCH-o nakajima 2016/05/27(金) 22:06 No.1102  操作

今回はパーキンソン病というテーマで、大脳基底核の構造・機能的連結から
パーキンソン病の病態、症例・実技を交えた訓練についての内容で行いました。

受講者からは
「脳の機能と病態の関係の説明が理解しやすかった。」
「症例と実技についての具体的な内容がイメージしやすくよかった。」
などの感想が聞かれていました。

今回は内容量が多く、十分に実技の時間が取れなかったため、来月は継続し実技にて行っていきます。
今月もご参加いただきありがとうございました。
来月もよろしくお願い致します。



題名:旭川支部5月勉強会開催報告  名前:旭川支部事務局 2016/05/27(金) 00:24 No.1101  操作


1101の画像を原寸大表示します 掲示板では案内していませんでしたが、
本日旭川支部の5月の勉強会が開催されました。

伊藤翼先生による
「認知過程と運動学習」というテーマで
認知神経リハの基礎を学ぶことができました。

最後のワークでは参加者各自が楽しそうに
自身の運動の学習を認知過程に当てはめながら
実践していました。
何をやっているかよくわからない写真がまた
楽しさを物語っていると思います。

初学者から経験者まで楽しみながら
学べる内容であったと思います。

参加された皆様お疲れ様でした!
次回は6月23日に開催します。
近日募集開始致します!



題名:札幌支部臨床編(6月)勉強会のご案内  名前:札幌支部事務局 2016/05/25(水) 17:02 No.1100  操作


6月の札幌支部勉強会を開催する運びとなりましたのでお知らせ致します。

6月の札幌支部勉強会〜臨床編〜は
「脳科学から考える上肢と手指の随意運動の回復」
というテーマで開催します。

認知神経リハビリテーションを日頃から実践されているセラピストの方々は
注意や運動イメージを用いることで伸張反射の異常や異常な放散反応を 制御出来るという体験をすることは多いかと思います。

それらの異常要素を制御出来ることによって痙性麻痺は治療の対象となります。
ですが、随意運動がほとんど見られない運度麻痺については治療が難渋することが多いのではないでしょうか?

今回はそんな運動麻痺の回復、特に上肢と手指の随意運動の回復について
脳科学的な知見に基づいた仮説と治療法略を提案出来ればと思っております。

ご興味のある方は同僚・友人お誘いあわせの上ご参加ください。

テーマ:「脳科学から考える上肢と手指の随意運動の回復」

講師:横山 航太先生 (中村記念南病院 作業療法士)

日時:6月28日(火)19:00〜21:00 (受付18:30〜)
会場:医療法人 明日佳 札幌宮の沢脳神経外科病院
住所:札幌市西区西町南20丁目1番30号
費用:200円(資料代として)
定員:20名(先着順)

申し込み方法:当ホームページの専用フォームより申し込み下さい

※【札幌臨床】の方からお申し込みよろしくお願いいたします。

※また、携帯電話のメールアドレスでの返信エラーが発生する可能性がございます。
 携帯電話以外のメールアドレスでのお申込みをよろしくお願いいたします。

※毎月、早急に定員に達しております。ご興味がありましたらお早めにお申し込み下さい。
※OTの方は日本作業療法士協会の障害教育精度における基礎ポイント1ポイントが認定されます。



題名:函館支部6月勉強会のご案内  名前:函館支部 2016/05/25(水) 15:56 No.1099  操作


1099の画像を原寸大表示します 今月も函館支部勉強会を開催する運びとなりましたのでお知らせ致します。

今月の支部勉強会は、
『認知神経リハビリテーションを行う上での観察のポイント』
というテーマで勉強会を行います。

今回の勉強会では、認知神経リハビリテーションでの観察の方法について学習していきます。

認知神経リハビリテーションでは観察を大きく病態観察と病態解釈にわけています。
病態分析の中に、外部観察・内部観察があり、どのように動いているか観察(外部観察)し、その運動がどのような情報処理、なぜそうように動いているのか観察(内部観察)していきます。

なぜそのように動いているか解釈する事は、
どのように行為を回復させられるか訓練を組み立てていく上で重要になってくると思います。

内部観察の視点などは多岐に渡る為、
臨床で行っているけどもう少し知識を深めたい
観察の幅を広げたい
解釈の仕方のバリエーションを増やしたい
という方もいらっしゃると思います。

今回は観察の考え方や診方の基本的な学習と、実際の症例を通した観察の方法について学習していきたいと思います。

初学者の方を始め、たくさんの方のご参加をお待ちしています。お気軽にご参加下さい。
※募集定員に早めに達する事がありますので、ご参加を検討されている方は早めにお申し込み下さい。

【テーマ】
『認知神経リハビリテーションを行う上での観察のポイント』
講師:中田 俊博 函館脳神経外科病院 理学療法士
                                  
■開催日時:平成28年6月21日(火曜日)
      18時30分から1.5時間程度
■場所:函館脳神経外科病院 リハビリ室
■駐車場:無料 
■参加費:200円 (資料代として)
■定員:20名 完全先着順です(初学者の方も大歓迎です!)。お早目にお申込み下さい。
■締切:平成28年6月18日(土曜日) 12:00
■申し込み方法
北海道研究会ホームページ:トップページの勉強会申し込みアイコンの函館へアクセスして、そこからお申込みください。
http://etch.eco.coocan.jp/


[現行ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55]
[過去ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]
以下のフォームから自分の記事を修正/削除できます [説明]

処理:  記事No:  パスワード:


今日: 1
07/21 () 1
07/20 () 1
07/19 (金) 1
07/18 (木) 4
07/17 (水) 2
07/16 (火) 3
07/14 () 2
合計: 58046

- aimix-BBS無料レンタル掲示板 [掲示板の作成はこちら] -

script - Kent-web