北海道認知神経リハビリテーション研究会 掲示板

このエントリーをはてなブックマークに追加

[表示切替]  [HOMEに戻る]  [留意事項]  [記事検索]  [携帯URL]  [管理用]
この掲示板は北海道にて認知運動療法を実践するセラピストのため開設されております。
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP

名前
メール
題名
本文※必須
URL
添付FILE 上限500KB
パスワード 英数字で8文字以内(記事修正用)
文字色
画像認証
認証用数字  *   (画像の数字を入力して下さい)

題名:札幌支部臨床編9月開催報告  名前:NCR-S事務局 2016/09/30(金) 21:22 No.1152  操作


1152の画像を原寸大表示します 9月27日に札幌支部臨床編勉強会を開催されました。
今月は「回復を諦めない認知神経リハビリテーションの実践」として
左視床出血に対する症例提示を行いました。

皆さんは感覚障害のある方に対してどの様にアプローチを変化させてますか?
また、感覚障害とは実際に感覚だけが原因なのでしょうか?

今回は、観察から治療展開について症例を提示し、
注意や身体表象の視点から認知過程の捉え方、
訓練の組み立て方や詳細な訓練方法を解説していただきました。

実技体験でも、インフォメーション的な実技ではなく、
より臨床に近い内容で実際の問いかけや操作の仕方などを体験していただきました。

受講生からも具体的な質問や訓練の細かな視点について
ディスカッションすることができ、こちらも色々と勉強させていただきました。

今後も臨床編はより具体的に、臨床へ役立つ内容を企画していきたいと思います。
受講された方々、ご受講いただきありがとうございました。



題名:函館支部9月勉強会のご案内  名前:函館支部 2016/09/09(金) 21:49 No.1146  操作


1146の画像を原寸大表示します 今月も函館支部勉強会を開催する運びとなりましたのでお知らせ致します。

今月の支部勉強会は、
『なぜ治療に道具が必要なのか―道具に触れる―』
というテーマで勉強会を行います。

今年度は実際の症例をみながら、
認知神経リハビリテーションの基本概念を中心に勉強会を行ってきました。

臨床で認知神経リハビリテーションを実践していくにあたり、
治療を行う上で道具はとても重要になってくると思います。

治療を進めて行くうえで、
この道具はどんな治療に使っていけるのか?
どういうふうに患者さんをガイドすればよりよい治療が展開出来るのか?
どのように段階をつけて訓練を組み立てていけばいいのか?

臨床場面で悩むこともあると思います。

今回の勉強会では、
実際に道具を使用して体験しながら、道具の必要性やガイド方法などを学んでいければと思います。

初学者の方を始め、たくさんの方のご参加をお待ちしています。お気軽にご参加下さい。
※募集定員に早めに達する事がありますので、ご参加を検討されている方は早めにお申し込み下さい。

【テーマ】
『なぜ治療に道具が必要なのか―道具に触れる―』
講師:函館支部スタッフ                            
■開催日時:平成28年9月23日(金曜日)
      18時30分から1.5時間程度
■場所: 函館脳神経外科病院 リハビリ室
■駐車場:無料 
■参加費:200円 (資料代として)
■服装:実技を行いますので、動きやすい服装でお越しください。
■定員:20名 完全先着順です(初学者の方も大歓迎です!)。お早目にお申込み下さい。
■締切:平成28年9月20日(火曜日) 12:00
■申し込み方法
北海道研究会ホームページ:トップページの勉強会申し込みアイコンの函館へアクセスして、そこからお申込みください。
http://etch.eco.coocan.jp/

  
 

題名:函館支部9月勉強会開催報告  名前:函館支部事務局 2016/09/25(日) 19:54 No.1151  操作

1151の画像を原寸大表示します 9月23日に9月の函館支部勉強会が開催されました。
今月の勉強会では、
治療を行っていくうえで重要になってくる『道具』についての勉強会を行いました。

はじめに函館脳神経外科病院の中田さんより、
なぜこの治療に様々な道具を使用するようになったのか歴史からお話しをしてもらいました。
”道具は現実世界を単純化して抽出するもの”
運動を組織化する能力を身につけていくために、情報と道具を結び付けていきながら治療していくことの重要性を再認識出来ました。

その後は、傾斜板・ステック・五目板の実技を行いました。
どんな目的をもってこの道具を使用するのか?
どこに注意するのか?
どのようにアシストするのか?

実際に行うことで、セラピスト側、患者側の”感じ方”が分かったと思います。

今後も実技練習を交えながら、
明日から臨床で使用していけるような情報を提供していければと思います。
参加された皆さんお疲れ様でした。



題名:胆振支部9月勉強会開催  名前:小郷 健介 2016/09/22(木) 20:59 No.1150  操作


9月21日に胆振支部勉強会が行われました。

今回は木村絵梨先生に「脳の中の身体からみた失語症」をテーマにお話しして頂きました。

前半の講義では認知神経リハビリテーションではどのように失語症を治療していくかを後半では実習を含めた内容でした。

私は理学療法士の視点から患者さんの特異的病理や外部観察そしてそれらの現象が認知過程のどの要素の問題なのかを臨床場面では心がけていましたが、今回の講義を受けて認知神経リハビリテーションにおける失語症の治療も言語を行為として捉えどのように認知過程を活性化させることで回復を図ることができるのかという点で理学療法士、作業療法士、言語聴覚士は共通の視点を持ちながら関わっていくことが重要と感じました。

参加された受講生は理学療法士、作業療法士、言語聴覚士と様々な職種であり、そしてリハビリテーションを進めていくうえで常に仲間という存在です。

今回、職種は違えども行為の回復を図るといった共通の目標をもった仲間たちで失語症の治療、マイブリッジカードを使った歩行訓練を体験できたことはとても貴重な経験でした。

このような貴重な機会をつくていただいて参加して頂いた先生方や運営を手伝っていただいた先生方に感謝申し上げたいです。
そして木村絵梨先生、大変素晴らしい講義を聴かせて頂き本当にありがとうございました。



題名:ブラッシュアップセミナー2016 開催報告 
名前:NCRH事務局 2016/09/20(火) 20:36 No.1149  操作


1149の画像を原寸大表示します ≪受講者様アンケートより≫
★他の勉強会よりも印象に残りました。
 今後も患者様の為に臨床で認知を少しずつ取り入れていきたいと思います。

★充実した講義内容と密な実技指導ありがとうございました。
 Basic受講時にはあまり理解できませんでしたがプロフィールチェックシートを見ることで内容がわかりました。

★世界観にひたることができました。
 患者さんを良くする(より良く治療する)事に諦めない気持ちがとても感じ取ることができました。


9月19日にブラッシュアップセミナーが開催されました。

症例を通して認知神経リハビリテーションの臨床思考と実技を体験する事をテーマに

木村正剛先生より実践する手続きの講義のあと
横山先生と高見先生から中枢神経疾患、整形外科疾患それぞれ症例の動画を提示しながら観察から訓練を解説していただきました。

今回は各講義の後に症例で実践した治療実技を臨床に近い形で、目的や内容についてより細かな視点で体験していただきました。

最後に紅茶を飲みながら、学習の定着のためにグループごとで振り返りを行いました。

ブラッシュアップセミナーはスキルアップセミナーです。
参考書などには書かれていないより具体的な訓練の進め方
内部観察から訓練の構築
認知過程を活性化させるために訓練の工夫など
講義と実技で行う事で臨床スキルと高める内容になっております。

今後も様々な企画運営をしてまいります。
ご参加していただいた皆様、ありがとうございました。



題名:オープンセミナー釧路 ご案内  名前:NCRH事務局 2016/09/14(水) 13:54 No.1148  操作


1148の画像を原寸大表示します 認知神経リハビリテーションについて...
・興味があるけれど、なんか難しいそう
・テキストを読んでみたけれど、よくわからない
・周りで実践している人がいなく、イメージがつかない

そんな方々に朗報です!

オープンセミナーは北海道認知神経リハビリテーション研究会のスタッフが各地域へ回り、
認知神経リハビリテーションをわかりやすく解説する貴重なセミナーです。

毎年、各地域さまざまな会場で行うので、来年も同じ地域で行う確証はありません。

認知神経リハビリテーションとは運動の反復では解決できない
問題を解決する為「脳の中の身体」を治療する認知理論です。

オープンセミナー釧路では認知神経リハビリテーションについて、
脳卒中片麻痺の症例を通した解説・実技を行う内容になっております。

苦手な方も多い脳科学や認知理論について、より臨床に近い形で進めていくので、
皆さんの日々の経験と照らし合わせることができるので内容が入りやすく、
テキストを一人で読んで学ぶより圧倒的に高い学習効果が期待できます。

皆さんの臨床が変わるチャンスです。
ぜひこの機会をお見逃しのないよう奮ってご参加ください。

本セミナーで学べる内容とは!?

☑テキストよりも圧倒的にわかる講義で学べる
☑自らの臨床に対する疑問を解消できる
☑従来の臨床との違いを知り新しい視点を拡張することができる
☑認知神経リハビリテーションの臨床場面を知ることができる
☑認知神経リハ士による実技実践を体験することができる
☑痙性麻痺のより詳細な観察を知ることができる
☑姿勢動作分析の先にある内部観察を知ることができる


セミナープログラム
09:30〜09:55 受付
10:00〜12:10 「認知神経リハを見る・知る・体験する」高見宏祥
(実技、途中休憩あり)
13:00〜15:10 「認知神経リハで観察する・創造する」横山航太
(実技、途中休憩あり)
15:20〜16:00 「臨床と理論を結ぶ学習の定着」 木村正剛


日程:平成28年11月19日(土)
テーマ:臨床を変える、脳の中を治療するリハビリテーション
〜脳卒中片麻痺に対する実践的アプローチ〜

講師:木村正剛先生 日本認知神経リハビリテーション学会 理事
   高見宏祥先生 新札幌パウロ病院
   横山航太先生 中村記念南病院

会場:星が浦病院3階会議室  釧路市星が浦大通3-9-13
時間:10:00〜16:00(9:30 受付開始)
参加費:会員1000円、非会委員2000円
 ※会員とは日本認知神経リハビリテーション学会員
(早期割引 会員500円、非会委員1500円 9/8まで)
定員:30名
募集期間:9月12日(月)〜10月17日(月)
早期特典:9月19日まで

申し込み方法:当ホームページからお申し込みをお願いいたします。



題名:札幌支部基礎編10月勉強会のご案内  名前:NCRH-S事務局 2016/09/14(水) 13:21 No.1147  操作


1147の画像を原寸大表示します テーマ:「中枢神経疾患に対する訓練の進め方」


勉強会学習内容レベル
★〜★★★


★ これから初めて学ぶ・学び始めて間もない人
★★ 勉強会やセミナーに参加したことがある人
★★★ BASIC CORSEや定期的に勉強会に参加している人
★★★★ 臨床で実践してる人
★★★★★ 自分の臨床を認知神経リハで他者の説明できるひ人

あくまで大まかな基準です。
内容に合わせてステップアップ、復習の場としてください。



基礎編では今まで理論や観察をテーマに開催しました。

今回は中枢神経疾患の訓練について症例を通して
臨床に近い形で解説していきます。


学習のポイント
✓内部観察から、訓練を設定していく方法
✓訓練の具体的な問い掛けや、操作の仕方
✓上手くいかなかったときの、訓練の変更の仕方


今回はプロトコールにそって問題・仮説・検証
までの一連の流れがわかる内容になっております

症例動画を多く使用して解説していきますので
実際の臨床場面をあまり目にしたことのない方に
おすすめの勉強会になっております。

後半では、実技練習も予定しておりますので、
明日からの臨床に役立てていただければと考えております。

ご興味のある方は同僚・友人お誘いあわせの上ご参加ください。

テーマ:「中枢神経疾患に対する訓練の進め方」

講師:高見 宏祥先生 (新札幌パウロ病院 理学療法士)

日時:平成28年10月17日(月) 19:00〜21:00 (受付18:30〜)
会場:医療法人 中山会 新札幌パウロ病院
   札幌市厚別区厚別東2条6丁目4番1号
http://www.byo-in.com/access/

費用:200円(資料代として)
定員:20名(先着順)

申し込み方法:当ホームページのトップ画面にある
【各支部勉強会のお申込みはこちら】の
【札幌基礎】からお申し込みよろしくお願いいたします。


※また、携帯電話のメールアドレスでの返信エラーが発生する可能性がございます。
 携帯電話以外のメールアドレスでのお申込みをよろしくお願いいたします。
※OTの方は日本作業療法士協会の生涯教育精度における基礎ポイント1ポイントが認定されます。



題名:十勝支部9月勉強会のお知らせ  名前:ETCH-o nakajima 2016/08/30(火) 19:27 No.1145  操作


1145の画像を原寸大表示します  9月の十勝支部勉強会のお知らせをさせていただきます。
 今月は「中枢神経疾患に対する認知神経リハビリテーション」をテーマとした内容で行う予定です。
 皆様は片麻痺に対する介入をどのようにされていますでしょうか?
 認知神経リハビリテーションでは片麻痺の治療を考える際に運動の異常要素として生じている「痙性」を段階的に分けて解釈を行います。
 また、患者様の行為を外部と内部から観察し、その評価から治療を組み立てていきます。
 今回は認知神経リハビリテーションの視点からの解釈の仕方と訓練について一緒に考えていけたらと思います。
 皆様の参加をお待ちしております。

講 師:中島裕介 (十勝リハビリテーションセンター 理学療法士)
テーマ:「中枢神経疾患に対する認知神経リハビリテーション」
日 時:9月30日(金)  19:15〜20:45
会 場:十勝リハビリテーションセンター 3F 大会議室 
参加費:200円(資料代として)
定 員:20名

※お申し込みはNCRHホームページトップからお願い致します。

※OTの方はこの勉強会で日本作業療法士協会の生涯教育制度における基礎コース1ポイントが認定されます。

十勝リハビリテーションセンター 理学療法士 中島裕介



題名:8月札幌支部臨床編開催報告  名前:札幌支部事務局 2016/08/27(土) 17:33 No.1144  操作


1144の画像を原寸大表示します 8/23(火)に札幌支部勉強会【臨床編】が札幌宮の沢脳神経外科病院で行われました。
今回は「身体所有感と運動主体感〜NCR導入時のポイントと注意点〜」をテーマに札幌宮の沢脳神経外科病院の高橋秀和先生に解説していただきました。

当日は台風がきており天候が心配されていましたが、勉強会が開催された時間は台風も通り過ぎ、たくさんの先生に来ていただきました。
今回解説していただいた内容としては認知理論も含め、身体所有感・運動主体感の概要や臨床でどのように実践していくか手順やポイントを症例を交え、教えていただきました。
実技では実際に身体所有感・身体主体感を呈しているクライアントにどのような問いをしていくか学び、充実した時間を過ごせました。
臨床場面で「自分の体じゃない感じがする」、「脚が重い」などクライアントから様々な訴えが聞かれますが、本勉強会での知識を臨床でも活かし治療展開をしていきたいと考えます。

また次回の札幌支部勉強会臨床編は9/27(火)に札幌宮の沢脳神経外科病院にて「回復を諦めない認知神経リハビリテーションの実践〜左視床出血により重度感覚障害を呈した症例〜」というテーマで新札幌パウロ病院の高見宏祥先生を講師として迎え開催予定です。皆さんの参加を心よりお待ち申し上げます。



題名:旭川支部 8月定期勉強会 開催報告!  名前:旭川支部事務局 2016/08/26(金) 20:56 No.1143  操作


1143の画像を原寸大表示します 先日、旭川支部の定期勉強会が開催されました。

今回は札幌より木村正剛先生をお呼びし
「20分で体幹の対称性を改善させる思考と技術」という
テーマで体幹の対称性という機能の重要性をお話していただき
不安定版を使用した実技を中心に学びを深めました。

認知神経リハの勉強自体が初めてという参加者もいましたが、
皆さん実技の中では主体的に参加されており、
とても良い雰囲気の中勉強会を終えることができました。

参加者の皆様お疲れ様でした。
9月の勉強会は9月30日に行います。
詳細が決まり次第ご連絡致します。



題名:札幌支部勉強会 基礎編(9月) お知らせ 
名前:札幌支部事務局 2016/08/24(水) 08:28 No.1142  操作


1142の画像を原寸大表示します 札幌支部勉強会(9月)基礎編のご案内です。


勉強会学習内容レベル
★〜★★

★     これから初めて学ぶ・学び始めて間もない人
★★    勉強会やセミナーに参加したことがある人
★★★   BASIC CORSEや定期的に勉強会に参加している人
★★★★  臨床で実践してる人
★★★★★ 自分の臨床を認知神経リハで他者の説明できるひ人

あくまで大まかな基準です。
内容に合わせてステップアップ、復習の場としてください。


テーマ:「中枢神経疾患に対する訓練の進め方」

基礎編では今まで理論や観察をテーマに開催しました。
今回は中枢神経疾患の訓練について症例を通して解説していきます。

✓中枢神経疾患の病態解釈から治療仮説を解説
✓感覚訓練ではなく、認知過程を活性化するとは何かがわかる
✓認知神経リハビリテーションの道具の意味がわかる

後半では、実技練習も予定しておりますので、
明日からの臨床に役立てていただければと考えております。


ご興味のある方は同僚・友人お誘いあわせの上ご参加ください。


テーマ:「中枢神経疾患に対する訓練の進め方」
    
講師:高見 宏祥先生 (新札幌パウロ病院 理学療法士)

日時:平成28年9月7日(水) 19:00〜21:00 (受付18:30〜)
会場:社会医療法人 医仁会 中村記念南病院
   札幌市南区川沿2条2丁目3番1号 (国道230線沿い)
アクセス:http://www.nmh.or.jp/minami/introduction/access.html 

費用:200円(資料代として)
定員:20名(先着順)

申し込み方法:当ホームページのトップ画面にある【各支部勉強会のお申込みはこちら】の

【札幌基礎】からお申し込みよろしくお願いいたします。


※また、携帯電話のメールアドレスでの返信エラーが発生する可能性がございます。
 携帯電話以外のメールアドレスでのお申込みをよろしくお願いいたします。

※毎月、早急に定員に達しております。ご興味がありましたらお早めにお申し込み下さい。
※OTの方は日本作業療法士協会の障害教育精度における基礎ポイント1ポイントが認定されます。


[現行ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55]
[過去ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
以下のフォームから自分の記事を修正/削除できます [説明]

処理:  記事No:  パスワード:


今日: 1
04/19 (金) 1
04/18 (木) 3
04/17 (水) 20
04/16 (火) 11
04/15 (月) 14
04/14 () 3
04/13 () 3
合計: 57746

- aimix-BBS無料レンタル掲示板 [掲示板の作成はこちら] -

script - Kent-web