現在選択されている記事は以下のとおりです。


題名:Re: Ninja320の主鏡セル脱装着 名前:横尾 潔
2018/03/01(Thu) 23:16 No.880 


えっと、これはですね、一部のトラス鏡筒のように斜鏡と主鏡の
位置関係が固定されていない場合は、斜鏡の調整が頻繁に必要に
なりますが、Ninjaのようにほぼ一定の場合は、トラブルがない
限り斜鏡の調整の必要は基本的にないです。もし必要になった場
合でも元に戻るだけなので。

ただ、斜鏡セルが樹脂などの柔らかい材質の場合は必要になりま
す。私の44Cmや、Ninja-500には使われています。クラッチ
プレートを入れると逆に振動などで斜鏡が回りやすくなることも
あるので注意してください。

多くの人が斜鏡を調整しようと思うきっかけが、レーザーコリ
メーターを初めて使った時で、接眼部のガタや取り付けねじを締
め付けたことで接眼部の軸とレーザーの軸が狂っているのに気づ
かず、主鏡に映るレーザー光を見てびっくりする、というパター
ンです(^^;。特に斜鏡の調整は十字線付きの光軸修正アイピース
で行うのが間違いないと思います。

最近はデジカメの進歩で天体写真全盛ですから、眼視派は寂しい
時代になってしまいました。ところでF高原というのは?。良さ
そうなところですが、もう少しヒントをお願いします(^^;。


この記事を修正するには投稿時に入力したパスワードを入力し実行ボタンを押します。 [説明]

処理:  記事No:  パスワード: