現在選択されている記事は以下のとおりです。


題名:パワードモンスターがきっかけかと 名前:せな
2016/03/02(Wed) 15:03 No.115  HomePage


ああ、なるほど。オンドゥルとかの。私は剣と電王が好きなので丁度ですねぇ・・・。

恐らくですが、ウルトラ怪獣シリーズ600円時代の方向転換はパワードモンスターシリーズだと思います。
あのソフビがかなりファンにヒットしたことから、パワードモンスターシリーズを境に、リアル造詣と塗装も原作を強く意識したものへと変わっています。丁度新造詣ギエロン星獣や巨大ヤプールがそれですね。私も当時びっくりしました。

たしかに今は造詣こそ勝るとも劣らないですが、500の塗装精度はいただけないですねぇ。単純な塗装の仕上がりよりも、個人的には怪獣によって差がありすぎることのほうが懸念です。
テレスドンとか、もはやほとんど塗装してないですし。
アストロモンスもあれはいっそ塗らないほうがマシなんじゃないでしょうか・・・(特に口)

マグマ星人ですが、スタンダードサイズの出来の良さに比べていまひとつプロポーションがよくない印象を受けます(汗


この記事を修正するには投稿時に入力したパスワードを入力し実行ボタンを押します。 [説明]

処理:  記事No:  パスワード: